Billboard JAPAN


Special Contents

城南海 『綾蝶~アヤハブラ~』インタビュー

城南海 『綾蝶~アヤハブラ~』 インタビュー

 4年半ぶりの新アルバム『綾蝶~アヤハブラ~』にはどんな意思が込められているのか。刺激を与えてくれる友でもある熊木杏里や田中れいな(LoVendoЯ/モーニング娘。OG)の存在。レギュラー出演番組『徳光和夫の名曲にっぽん』で衝撃を与えてくれた演歌界の大御所の魅力、そこから学んだもの。城南海の4年半の成長を交えながら語ってもらった。

刺激をくれる熊木杏里や田中れいな/演歌界の大御所の魅力

--前回のインタビュー直後に、出産したばかりの熊木杏里とのツーショット写真公開してましたよね。

城南海:あれは杏ちゃんの家に遊びに行ったときの写真です。お子さんが産まれて赤ちゃんの写真がたくさん送られてきて(笑)「すごく可愛いなぁ。早く会いたいなぁ」って思ってたんですけど、杏ちゃんはなかなか外に出られないので家へお邪魔して、お茶して。赤ちゃんを抱っこして、今作『綾蝶~アヤハブラ~』にも収録されている「童神~私の宝物~」を歌ってあげたんですよ。そしたら「泣くなよーや♪」のところで「オギャー!」って泣き出して、爆笑。

--(笑)

城南海:「さすがウチの息子」って言ってました(笑)。

--田中れいな(LoVendoЯ/モーニング娘。OG)と遊んでる写真も公開してましたけど、2人でどんな話をするの?

城南海:よく聞かれるんですよ、それ。LoVendoЯのライブの話とかも聞きますけど、基本的に女子トークしています。同世代なんで、ファッションの話もするし、近況報告したり……まぁ大体は他愛もない話をしてますよ(笑)。

--刺激を受けたりはする? 2人の音楽やステージとの向き合い方とか、スタイルとか、考え方に。

城南海:そうですね。杏ちゃんは母になったので。母になるって女性として一番の転機だし、世界観が変わると思うんですよ。前作のシングル『チョネジア~天崖至目我~』のカップリング曲に「アンマ」(奄美の言葉でお母さんという意味)という曲があるのですが、この曲を歌うときも杏ちゃんに母性とかお母さんの気持ちを勉強させてもらいました。子供を抱いているときの“お母さん”の表情は本当に素敵です。包み込むような温かさとか、かけがえのない宝物を抱えている感じとか、良いなぁって思います。

--対談やりたいですよね。自分の音楽やシマ唄を世に広めていく為にも異種対談は効果的だと思うので。

城南海:そうですね。杏ちゃんとは共通のファンの方も結構いるんですけど、れいなとは全く別のファン層になるので、そういうところで一緒にライブするときってすごく得るものがあるんですよね。化学反応がある。あと、れいなは私の知る中でも特にステージでキラッキラする人なんです。モーニング娘。は卒業したけど、ずっと歌っている人なんだろうなと思って。同じ歳にして彼女はもう10年以上第一線で歌ってきているので、そういう意味でもすごく刺激を受けますし。

--あと、城さんってBSジャパン『徳光和夫の名曲にっぽん』にレギュラー出演していて、北島三郎さんとか小林旭さんとか八代亜紀さんとか、とてつもない大御所歌手といつもご一緒してますよね。そこでの出逢いも大きいというか、学べるものも大きいのかなって。

城南海:大きいですね~。毎回ゲストがレジェンドの方ばかりで……めちゃくちゃ緊張するんですけど、本当にいろいろなことを経験されてきた方ばかりなので、歌い続けている姿勢とか、ステージに立つということに関して一番大事なことを熟知されていらっしゃるんですよね。そういう方からじかにお話を聞けることって普通は有り得ないんですけど、こういう番組を通して「あ、だからこんなに長くたくさんの方から愛されてるんだろうな」って気付きを得られるのは有り難いですね。

--今名前を挙げた方々って、生で聴いたときの歌の迫力が凄いじゃないですか。世界観の作り方もちょっと神懸かってるし。

城南海:ちょっと違いますよね。別の次元。圧巻!だし、スタジオの中で直接拝見させていただいているんですけど、呼吸するのも忘れるぐらいですよ。先日、天童よしみさんが出演されて、やしきたかじんさんの「やっぱ好きやねん」を歌われていたんですけど……もう涙を浮かべながら歌われているんです。その迫力というか、想いがすごく伝わってきて。そういう毎回毎回「永久保存版だな」って思う、ビシビシと歌心を感じさせるシーンばかり。あと、やしきたかじんさんの回でもうひとりゲストに上田正樹さんが……

--大阪ブルース界の二大巨頭じゃないですか。

城南海:そうなんですよ。やしきさんと共演する場はあまりなかったと思うんですけど、やしきさんを取り上げる番組に上田さんに来て頂いて。「線路は続くよどこまでも」のロックバージョンを歌って頂いたんですけど、もう惚れてしまいました。あと、歌手の方にはもともとシマ唄や民謡を歌われてきた方も結構多いので、そういう日本のルーツとなる音楽の大事さも改めて感じています。

--日本のルーツとなる音楽。演歌もそうだし、シマ唄もそうだし、どう足掻いても日本人にしか表現できない歌がある訳ですけど、そこって日本の若者からの関心は薄いですよね。どう感じてますか?

城南海:私の周りの40代ぐらいの方々が「昔はロックしか聴かなかったけど、最近になって演歌の良さに気付いた」とおっしゃっているのをよく耳にします。私の世代でも例えば坂本冬美さんの「また君に恋してる」とか、よく知っている曲はあるし、何かきっかけがあれば若い人にも沁みる音楽なんですよ。私も平成生まれとしてどう思うかを『徳光和夫の名曲にっぽん』でもお話しさせていただきました。東京オリンピックも決まったことですし、これからどんどん日本が注目される機会が多くなると思うんです。

--2020年に向けての流れって重要ですよね。J-POPやアイドルの世界で活躍するトップスターが開会式や閉会式を盛り上げるのか、純日本製の唄にフォーカスが当てられるのか。

城南海:ちょっと先の話ではあるけど、皆さん、頭の隅っこにオリンピックっていうのがあるから、どういう風に日本の良さを出していけばいいのかは考えていると思うんです。奄美のシマ唄は、神様の言葉を代弁する存在がいて、その人たちの言葉が残って唄になってるんです。先日、奄美出身の朝崎郁恵さんから「あなたは神の言葉を歌っているんだから、絶対に神様はあなたを良い方向に導いてくれる。だからずっと歌い続けなさいよ。奄美のシマ唄は本当に貴重な財産だから、絶対に残していかなきゃいけない。自分が江戸時代に生きていたおばあちゃんから教えてもらったことを、今度は私があなたたちに教える番だから」と、おっしゃっていただきました。やっぱりそういうものを日本が注目されるときに発信していかなきゃいけない、と思います。

--故に城南海はポップスを歌っている部分もあるんでしょうか?

城南海:元々シマ唄は口伝口承で伝えていっていたもので、歌い手というよりは語り部なんですよ。想いを伝えるということがすごく大事で。でも私は純粋なシマ唄の歌手ではないから、島に住んでいる人とはまた別で、島を出ているからこそできることをやっていきたくて。グインという歌い方とか、島の心をちゃんと入れた自分なりの音楽を作って、そこでいろんな人と一緒にっていきたいですね。れいなとライブするにしても、自分の形で島の良さというものを知ってもらうことが、私にとっては使命だなって。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. アルバム『綾蝶~アヤハブラ~』に込められた想い
  3. Next >
イベント

情報ニューアルバム「綾蝶~アヤハブラ~」リリース記念イベント

■鹿児島・オプシアミスミ 1F 中央イベント広場
日時:2014年3月21日(金・祝) 17:00

■福岡・大丸 福岡天神 エルガーラ・パサージュ広場
日時:2014年3月22日(土) 13:00
詳しくはオフィシャルサイトへ
http://www.kizukiminami.com/

アルバム『綾蝶~アヤハブラ~』に込められた想い

--なので、城南海が歌うポップスには、強烈に日本を感じます。フォーマットがどんなものであっても。自分ではどう思います?

城南海前回のインタビューでもお話ししたかと思うんですけど、奄美は日本の良さをすごく残している島で、平家の人たちが来て伝えていったものが今の奄美の文化や言葉のベースになっている。「こんにちは」の方言「うがみんしょーらん」も“拝みて候”だし、そういう今の日本から消えつつある、ほとんどは消えてしまった日本の古い言葉や文化が逆に奄美には根付いて生きている。それを知っている人ってあんまりいないんじゃないかなと思うので、そこで生まれ育ってこの声をもらった私としては、日本の良さというものをちゃんと歌って、伝えていかないといけないって思ってます。

--それは今回のアルバム『綾蝶~アヤハブラ~』にも反映さえていますよね。今作、自分では仕上がりにどんな印象や感想を?

城南海:4年半ぶり、念願の2ndアルバムリリースということで「やっと出来たぁ」と思ってます。あと、まずタイトルを考えるときに奄美の言葉にしたいなって思っていました。元々「綾蝶(アヤハブラ)節」っていうシマ唄があるんですけど、それは兄の影響で私も好きで歌っていたんです。その曲が実は遠い親戚の、坪山豊さんという唄者の方が作った曲だったんですよ。島を出て行く人を蝶々に例えている歌で「なんで島を離れていくの? 都会の綺麗な花に憧れて出ていってしまったね。いつでも待ってるから戻ってらっしゃい」という内容なんです。島には大学もないし、仕事もあまりないので、大体の人は高校を卒業すると島を離れるんです。だから私は「綾蝶節」は島を離れて行く人へ歌っている唄だと解釈しています。

--なるほど。

城南海:ある意味、島を離れていった人への応援歌みたいな。そういうところに私も支えられていたし、島に帰る度に「おかえり」って迎えてくれる人がいて、島を離れて10年以上経っているけど、帰れる場所があるっていうのは良いなって思うから。この4年半の間も何度も地元に帰ってパワーをもらっていたので、今回は『綾蝶~アヤハブラ~』っていうタイトルにしました。また、その間にリリースしてきたシングルや制作してきた曲を並べてみたときに、夕方~夜~朝になっていく流れになるなと気付いて、導かれていたんだなって思いました。あと、4年半分のアルバムなので、1曲いっきょく声がかなり違うんですよ(笑)。たとえば1曲目「ずっとずっと」は4年ぐらい前に録ったもので、2曲目『チョネジア~天崖至目我~』は一番最近のシングルなので、そういったところでも私が4年半で辿ってきた道というものも感じてもらえると思います。

--今作の最後に収録されている「ヒカリあれ」は川村結花さん作詞作曲ですが、これは城南海が歌っていく上での根底にあるメッセージでもあるんじゃないですか?

城南海:とてもそう思います。「アイツムギ」(城南海デビューシングル)のときから思ってはいたんですけど、川村さんは本当に私の中のものを曲にとてもよく投影してくれる。だからすごく心に入ってくる。私の中で「アイツムギ」と「夢待列車」と「ヒカリあれ」は繋がっていて、この曲は囁くように語る。それこそ語り部のように歌いたいなと思って。良い意味で無の状態になって歌うというか、天と大地と繋がっているような感じで歌えたんです。

--なるほど。

城南海:私、学生の時に転校が多かったんです。途中で転校してしまった小学校のときの同級生が、私がデビューしたって聞いてライブに駆け付けてくれたときは嬉しかったですね。歌が繋いでくれている縁って、環境変化が多かった私にとってはとても大切なんです。「あ、歌が繋いでくれているんだ」って感じることがここ数年でいっぱいあって。だから辛いときも、泣きじゃくりたいときも、その歌が繋いでくれる縁によって支えられている。

--故にネガティブな自分を見せずに済んできた?

城南海:そうですね。でも最近はそういう部分も音楽では出してもいいと思っています。多かれ少なかれ人の心の中にモヤモヤしたものとか痛みとか苦しみってあると思うから、私の音楽と共感してもらえるのであれば、私の声に多分それが出ているんだろうなと思います。この「ヒカリあれ」もそうなんじゃないかな……。私は嫌なことがあってもなかなか外に出せないタイプなのですが、音楽という形で表現していければいいんじゃないかな、と最近特に思います。ただ、それをあえて言葉にするというよりかは、勝手に自分の声に出てくるものだと思うので、自分の中から出てくる音とか声をそのまま出していればいいのかな、と。今回のアルバムの中では「Silence」などの曲に特にそういうものが出ていると思います。

--根っからの唄者ですね。歌がなかったらどうなっていたか分からない?

城南海:そうですね(笑)。私、上京する前の日に夢を見て、磨りガラス一枚で隔てられた外の世界と中の世界があって、私は中にいるんですけど、音が一切しないんですよ。喋っても聞こえない。そこに人はいっぱいいるんですけど、無音なんですよ。それで「マネージャーさんに上京できないって電話しないと!」って一生懸命に公衆電話を探している夢で……。

--結構、壮大な夢ですね(笑)。映画みたい。

城南海:ちょっとリアリティーがある夢だったんです。それで「自分の中で音がないっていうことへの恐怖感って凄いな!」と感じて。ずっと音楽で生きてきたから「これから歌うぞ、上京するぞ」ってときに音がなくなったら、絶望感しかなくて。それで「あー、やっぱり自分は音楽なんだな」って気付かされて。

--見事なタイミングで見ましたね。また、こうして4年半ぶりにアルバムを出せたこと自体には、どんな感慨を持たれていますか?

城南海:嬉しいです。ファンの方もすごく首を長~~~~くして待っていただいていたと思うので(笑)。アルバムに収録されている曲たちが本当に蝶々みたいに羽ばたいていってくれたらいいなって。夕方から夜になって、暗闇と自分しかないような時間帯もあって、ちょっとずつ光が射してきて、希望が見えてくる。その流れの中で私の歌声が沁み込んで、寄り添えることができたらいいなぁって思います。

--ツイッター見てたらもう新曲のレコーディングに入っているみたいで。展開早いですね。

城南海:まだ詳細は話せないんですけど、パーカッションで大好きなスティーヴ エトウさんに入っていただいて。

--「一緒にレコーディングしてたハブ大使ってどんな方なんですか?」って聞こうと思いながら、よくよく写真見たらスティーヴ エトウさんで(笑)。なんでハブ大使って呼ばれているんですか?

城南海:スティーヴさんは今年で奄美大島来島11周年で。奄美でとても有名なハシケンさんっていうアーティストのお姉さんが、スティーヴさんを初対面でいきなり「奄美行こうぜ」って連れてきたそうなんです。そこから「なんだ?この島は!」と魅了されてしまい、それから誰よりも島に詳しいし、誰よりもしまんちゅになってしまって。それって嬉しいじゃないですか。とても素晴らしいパーカッショニストで、音楽を通して島の魅力も発信してくれて。で、奄美には原ハブ屋っていうハブの小物を製作しているお店があって、そのお店のマスターからハブ大使に任命されたんです。

--(笑)

城南海:任命式をやったんですけど、マスターが手書きで「ハブ大使」って(笑)。そういうゆるーい感じで。そんなハブ大使とコラボレーションした新曲も楽しみにしていてください!

Music Video
イベント

情報ニューアルバム「綾蝶~アヤハブラ~」リリース記念イベント

■鹿児島・オプシアミスミ 1F 中央イベント広場
日時:2014年3月21日(金・祝) 17:00

■福岡・大丸 福岡天神 エルガーラ・パサージュ広場
日時:2014年3月22日(土) 13:00
詳しくはオフィシャルサイトへ
http://www.kizukiminami.com/

城南海「綾蝶 ~アヤハブラ~」

綾蝶 ~アヤハブラ~

2014/02/26 RELEASE
PCCA-3998 ¥ 3,240(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ずっとずっと
  2. 02.チョネジア ~天崖至□~
  3. 03.童神 ~私の宝物~
  4. 04.ウタゴエ
  5. 05.Silence
  6. 06.ルナ・レガーロ ~月からの贈り物~
  7. 07.小夜啼鳥
  8. 08.夢の地図
  9. 09.夢待列車
  10. 10.兆し
  11. 11.ハルカゼ
  12. 12.私大陸
  13. 13.ヒカリあれ

関連キーワード

TAG

関連商品

ユキマチヅキ
城南海「ユキマチヅキ」

2017/11/22

[CD]

¥2,800(税込)

あなたに逢えてよかった
城南海「あなたに逢えてよかった」

2017/07/19

[CD]

¥1,296(税込)

月下美人
城南海「月下美人」

2016/11/16

[CD]

¥3,000(税込)

尊々加那志~トウトガナシ~
城南海「尊々加那志~トウトガナシ~」

2015/11/04

[CD]

¥3,000(税込)

ミナミカゼ
城南海「ミナミカゼ」

2015/06/17

[CD]

¥3,000(税込)

サクラナガシ
城南海「サクラナガシ」

2015/01/21

[CD]

¥3,000(税込)

ただ一つ
城南海「ただ一つ」

2014/11/19

[CD]

¥1,404(税込)

綾蝶 ~アヤハブラ~
城南海「綾蝶 ~アヤハブラ~」

2014/02/26

[CD]

¥3,240(税込)

チョネジア~天崖至□~
城南海「チョネジア~天崖至□~」

2013/11/20

[CD]

¥1,337(税込)

夢待列車
城南海「夢待列車」

2013/03/06

[CD]

¥1,028(税込)

夢待列車
城南海「夢待列車」

2013/03/06

[CD]

¥1,646(税込)

アイツムギ/幸せの種
城南海「アイツムギ/幸せの種」

2012/06/20

[CD]

¥1,028(税込)

兆し
城南海「兆し」

2011/09/07

[CD]

¥1,234(税込)

童神 ~私の宝物~
城南海「童神 ~私の宝物~」

2010/04/14

[CD]

¥1,080(税込)

加那-イトシキヒトヨ-
城南海「加那-イトシキヒトヨ-」

2009/08/19

[CD]

¥3,024(税込)

加那-イトシキヒトヨ-
城南海「加那-イトシキヒトヨ-」

2009/08/19

[CD]

¥3,240(税込)

白い月
城南海「白い月」

2009/07/22

[CD]

¥1,080(税込)

誰カノタメニ/ワスレナグサ
城南海「誰カノタメニ/ワスレナグサ」

2009/04/15

[CD]

¥1,080(税込)

アイツムギ
城南海「アイツムギ」

2009/01/07

[CD]

¥1,080(税込)

ウタツムギ
城南海「ウタツムギ」

2019/05/08

[CD]

¥3,024(税込)

ウタツムギ
城南海「ウタツムギ」

2019/05/08

[CD]

¥6,264(税込)

懐かしい未来へ
奄美大島唄島プロジェクト「懐かしい未来へ」

2018/12/08

[CD]

¥1,620(税込)

ユキマチヅキ
城南海「ユキマチヅキ」

2017/11/22

[CD]

¥2,800(税込)

あなたに逢えてよかった
城南海「あなたに逢えてよかった」

2017/07/19

[CD]

¥1,296(税込)

ミナミカゼ
城南海「ミナミカゼ」

2015/06/17

[CD]

¥3,000(税込)

サクラナガシ
城南海「サクラナガシ」

2015/01/21

[CD]

¥3,000(税込)

ただ一つ
城南海「ただ一つ」

2014/11/19

[CD]

¥1,404(税込)

夢待列車
城南海「夢待列車」

2013/03/06

[CD]

¥1,028(税込)

夢待列車
城南海「夢待列車」

2013/03/06

[CD]

¥1,646(税込)

アイツムギ/幸せの種
城南海「アイツムギ/幸せの種」

2012/06/20

[CD]

¥1,028(税込)

兆し
城南海「兆し」

2011/09/07

[CD]

¥1,234(税込)

童神 ~私の宝物~
城南海「童神 ~私の宝物~」

2010/04/14

[CD]

¥1,080(税込)

加那-イトシキヒトヨ-
城南海「加那-イトシキヒトヨ-」

2009/08/19

[CD]

¥3,024(税込)

加那-イトシキヒトヨ-
城南海「加那-イトシキヒトヨ-」

2009/08/19

[CD]

¥3,240(税込)

白い月
城南海「白い月」

2009/07/22

[CD]

¥1,080(税込)

誰カノタメニ/ワスレナグサ
城南海「誰カノタメニ/ワスレナグサ」

2009/04/15

[CD]

¥1,080(税込)

アイツムギ
城南海「アイツムギ」

2009/01/07

[CD]

¥1,080(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】米津玄師「海の幽霊」が首位奪還、BUMP「月虹」/LiSA「紅蓮華」と接戦見せる

  2. 2

    milet、ドラマ『偽装不倫』主題歌を担当する新人シンガーソングライターの初ワンマン決定

  3. 3

    音楽オーディオ首位は嵐 オーディオ総売上金額は前年比98.8%と微減 2019年 上半期音楽ソフト売上動向発表【SoundScan Japan調べ】

  4. 4

    【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」史上初500万回超えでストリーミング8連覇 King Gnu「白日」は総再生回数5000万回突破

  5. 5

    音楽ビデオ首位は関ジャニ∞、作品別では『ボヘミアン・ラプソディ』に 2019年上半期音楽ビデオ売上げ動向発表【SoundScan Japan調べ】

HOT IMAGES

注目の画像