Billboard JAPAN


Special Contents

THE BACK HORN 『アサイラム』インタビュー

THE BACK HORN 『アサイラム』 インタビュー

 まるで1曲1曲がアルバムのような超大作『アサイラム』完成。2010年、日本のロックシーンは面白い新人バンドもたくさん生まれており、大きな盛り上がりを見せている。とは思うが、CD不況の影響は絶大で、ロックはロックを愛する者の為だけの音楽になりつつあるのも確かだ。しかし、2000年代のロックシーンをがむしゃらに走ってきたバックホーンが今、音楽としてもメッセージとしても人間を強烈なパワーでもって、過去最高の説得力を持って捉えたアルバムを完成させたことは、希望として大いに成立する。そんな万人の心を激しく撃つであろう『アサイラム』について、メンバー4人が語ってくれた。

戦っている人がパワーをもらえる拠り所として

--ニューアルバム『アサイラム』完成。今作を作っていく上でテーマやコンセプトはあったんでしょうか?

松田晋二(dr):「こういう明確なテーマで、こういう世界観で作っていこう」っていうのは全くなしで。一人一人の中で詞や曲について考える時間はたくさんあって、それをみんなのところに持って行って作業していくと、どんどんバックホーンの形には自然となっていく。そこで初めて1曲1曲をみんなで練り上げていく。だからその作業に入るまでは「次のアルバムはどうしようか?」って話し合うこともなかったんですよ。

--映画「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」主題歌の話はそのアルバム制作の過程で急きょ決まった感じだったんですか?

松田晋二:話自体は去年末~年明けぐらい。こっちも良い感じでレコーディングしていた時期で「ドラマティックな曲でもう1枚シングル出してからアルバムは良い流れだな」って見えていたところもあったので、ガンダム00の話はタイミング的にすごく良くて。

--前作『パルス』はTVアニメ「機動戦士ガンダム00」エンディングテーマ『罠』が出来たその影響が顕著に出たアルバムで。今回の『閉ざされた世界』はアルバム『アサイラム』にどんな影響を与えましたか?

菅波栄純(g):だんだん質問が深くなってきましたね(笑)。

(註:彼と山田将司(vo)はこのインタビュー前にもう1本インタビューを受けており、重厚な質問にいくつも答えている。思わず笑ってしまうぐらいに)

--まだ全然深くないです(笑)。

岡峰光舟(b):『罠』はアルバム『パルス』を作る上での最初の段階で出来て、そういう意味では核になったんだけど、今回のアルバム制作において『閉ざされた世界』は時期的に一番最後なんですよね。だから今回は後からアルバムをキュッ!って締めるような存在になったかもしれないです。

松田晋二:あと、水島精二監督(「機動戦士ガンダム00」の監督)との関係性とか、自分たちの世界観とバックホーンの世界観の繋がりとか、そういうものは『罠』で1回築き上げているので、もはや今回は自分たちが「これだ!」って思った曲であれば、ほぼ間違いなく「劇場版 機動戦士ガンダム00」のオープニングにも相応しいものになるんじゃないかなって。それが安心材料になっていたので「自分たちのどんな想いを閉じこめるか」っていう部分を優先してましたね。

--その『閉ざされた世界』も収録されたニューアルバム。『アサイラム』というタイトルを付けたのは?

岡峰光舟:前から気になっていた単語で、頭の中にはずっとあったんですけど、特に調べたことはなかったんですよ。で、俺らは曲順まで整ったときにアルバムのタイトルを考える傾向があるんですけど、そのタイミングでアサイラムについて調べてみたら、保護施設とか聖域とか収容所っていうちょっと難しい感じで。でも俺は「俺らがやっていること自体もそういうことなんだろうな」って思ったし、今回のアルバムは特に今戦っている人、戦おうとしている人と一緒に一歩踏み出すような印象だったし、そういう人たちがちょっとしたパワーをもらえる“拠り所”として聴いてもらえたら良いなと思ったので『アサイラム』にした感じですね。

--その『アサイラム』の収録曲たちを聴かせて頂いたのですが、どれもこれもとんでもないですね! プログレッシブというか、1曲の中にたくさんのドラマが詰め込まれている。

松田晋二:結果的にそうなったんだと思いますね。曲を作り上げていく段階では、それをアルバムに入れるとか、シングルにするとか、狙いはなかったので。そうなると、すべてを得意の方法論で作っていくことに成りかねない危険性があるんですけど、結果的に全部が似るようなことはなく。しかも1曲1曲がある種おなかいっぱいにさせる内容になりましたね。『パルス』のときはわりと「ヘヴィな曲がこれぐらいあったら、静かな歌も欲しいな」とか、そういう全体を見た上でのアルバム作りをしていたんですけど、今回はそうじゃなかったので。

--2010年の一発目に『コオロギのバイオリン』というバンド史上最長の8分を超える大作を発表しましたよね。ファンに分かり易く言うと、どれもあの曲ぐらいのインパクトがある。そうした曲をたくさん誕生させられた要因って何なんでしょう?

松田晋二:曲を作ってきた人たちが素晴らしかった。

一同:(爆笑)

--曲を作り上げていくそのプロセスや方法が変わった訳ではないんですか?

岡峰光舟:最初の種を持ってくる人が多様化したっていうのが大きい。なんだかんだで昔は栄純がメロディとかまで持ってくることが多かったけど、今回は完璧にして持ってきたのって3つ、4つぐらい?

菅波栄純:そうだね。あと、やり方も多様化してっからな。

岡峰光舟:個々のアレンジ能力も上がったから、その曲の良いところを見つけるのも巧くなったし、誰かが持ってきた軸があったとして、その曲をレベルアップさせるのも巧くなった。だからパッと聴きでは誰が作った曲なのかは分かりづらくなってる。

--4人の演奏だけじゃなく作曲家やアレンジャーとしての個性が1曲の中にある。それも爆発してる。これってなかなか辿り着けない領域だと思うんですが。自分たちではどう思いますか?……って答えづらい質問だとは思うんですが(笑)。

菅波栄純:辿り着けないッスね、とか言えないですね(笑)。

岡峰光舟:でも、曲を作ってるときに思ったんですけど、山田と栄純は集中できる時間が長いんですよ。俺は3,4時間やってると「うわぁぁ!」ってなっちゃうんだけど、2人は昼間から夜10時ぐらいまでずーっとやり続けられる。質問の答えになってないと思うんですけど「すげぇな!」と思って。飯食うのとか忘れちゃうんですよ。俺とかお腹空いてきちゃって「いいの?みんな、食わなくていいの?」みたいな。

一同:(爆笑)

菅波栄純:でもそこは意外とそれぞれ違った方が良い気がしていて。バラバラの方が風穴が空くんですよ。例えば、光舟が「飯、食わね?」って提案すれば、そこで我に返って何かに気付いたり、そこからまた長く集中できたりすることもあるし。そこの多様さも含めて、あらゆる面でいろんな方法が生まれてきて、自分らの資質がレベルアップしたことでそれを使いこなせるようになってる。そういうのを目指していたところもあって。ひとつのやり方だけじゃなくて、何から曲が生まれてもいいっていうやり方。そうやっていれば絶対に新鮮な気持ちでやっていけると思うし。今回はそれがまたひとつレベルアップした感があります。

山田将司:アレンジ能力がみんな高いっていうのは感じます。あと、意見が分かれるときもあるけど、みんなが納得するところに最後は行き着くから、それが一番良い形を生んでいくんだなって。「今までより新しいな」って思うアレンジとかって、とんでもないことがきっかけで生まれたりするんですよ。

菅波栄純:間違った音だったりな。

山田将司:そう思う音だったりとかが、新しかったりするから。最終的にみんながそれに納得して良いアレンジが出来るっていう。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 天使がハープを持って舞い降りてきた(笑)
  3. Next >
天使がハープを持って舞い降りてきた(笑)

--これまでも4人でひとつを創り上げている感というのはあったんですが、今回は決してひとつの脳みそでは辿り着けない境地をしっかりと感じさせるんですよ。1人でこれを作れたら天才だと思うし。

菅波栄純:1人で作ってたとしたらイっちゃってるよね、その人ね(笑)。

岡峰光舟:カオスだな。

山田将司:そんなに新しいことを目指した感じじゃないんだけど、同じものを生み出しても面白くないはずだから。で、自分らが盛り上がれることをやろうとしているので、それが単純に曲にも出てる。

--また、1曲1曲の構成もそうなんですが、使っている音だったり歌唱法が新しい曲もたくさんありますよね。それは1曲目『雷電』から誰もが感じると思うんですが、あの歪なアラビアンは誰のアイデアなんですか?

山田将司:これは栄純。

--あぁ~。

菅波栄純:「あぁ~」って(笑)。

岡峰光舟:でもこれに関しては絶対俺らからは出てこない!

--納得してしまいました。

山田将司:ただ、最初は自信を持って出した感じじゃなかったよね。「こんなんもあるけど」みたいな。

菅波栄純:そうです。自信なかったです。

--(笑)。

菅波栄純:ひとりで作っているときはすげぇ自信あったんですけど、みんなのところに持って行ったら「否定されたらどうしよう?」って思って。

山田将司:すごく自分の趣味っていうか、ブロマイドとか見せてる感じの恥ずかしさだよな。

菅波栄純:そうそう。自分の趣味がすごく出てるんだよ。元々すげぇストレートな熱いリフを持ってて。で、最近になって歪なアラビアンのリフが生まれてきて「このストレートなやつとカオスなやつが融合したら、聴いたことがない音になるんじゃないか」と思って。そっから探っていった感じですね。

--4曲目の『再生』。この疾走感の中でよくここまで様々な要素を上手く詰め込めましたね?

岡峰光舟:そういう展開が多い曲を作りたくて。それこそ組曲みたいに場面が変わっていって、でもひとつのストーリーとして成り立つものを作りたくて、ひとつのきっかけを持って行ったんですけど、ここまで広がるとは思わなかったですね。

松田晋二:合宿であのコーラスのところを作ってたんだよな。組曲のイメージをみんなで分かり合う会があって「俺はこういうのが組曲だと思うんだけど」って出し合って。そんな中でバーン!って広がっていくところはコーラスが出てくるなってイメージを一致させて、あの場面が生まれてきたんです。

--まさかの、あのエンディング。涙を誘うパートが待っているとは、イントロを聴いた段階では誰も気付かないですよね、きっと。

菅波栄純:最後、感動しますよね。

--その手の衝撃を与えたい。っていうのは今回のアルバムを制作していく上で、4人の中に強くありましたか?

岡峰光舟:『再生』のあの最後のメロディも持ってはいたんですけど、まさかアレと合体するとは思ってなくて。試しに合わせてみたら「あれ?めちゃハマるな」ってなった感じですね。今回のアルバムは全体的にAメロ、Bメロ、サビみたいな流れに拘らなかったのかもしれない。

菅波栄純:感情の赴くままに作っていったら、こうなってた。

--あと『羽衣』の質感もバックホーンとしては新しいですよね。すべてが脱力しているんだけど、その奥底に熱を感じさせるというか。自分たちではどんな印象を持たれていますか?

山田将司:「変な曲、出来たな」って感じですね。あのギターのフレーズを発見したときに、それだけで全部が完成したって言ってもいいぐらい、スケール感のある響きが出来たなって。

岡峰光舟:山田が持ってきたデモの段階で、天使がハープを持ってるようなイメージが浮かんだんですよ。そういうふわっとした感じが新しいなと思って。

菅波栄純:あと、ベースとドラムだけのイントロって初めてじゃない? あれは格好良い。なかなか聴かないよね、あのサウンド。

岡峰光舟:あれは山田の指定で。イントロだけ聴いたらすげぇガレージの曲が始まったと思いますよね。ガッシャガシャしてるし。そしたら天使がハープを持って舞い降りてきた(笑)。

--続く『海岸線』も「これ、ギター弾いてるの、栄純さんじゃねーな」って最初は思ったぐらい、新しさを感じました。

岡峰光舟:その感想は俺らからも出ましたからね。

菅波栄純:「嘘つけぇ!」って(笑)。

山田将司:「俺、ドトールにいるんじゃねぇーんだけど」って。

一同:(笑)

菅波栄純:逆に褒め言葉、すげぇ褒め言葉として受け取りました。そもそもはそのとき俺が聴きたい音楽として出てきたんですけど、この曲は別世界に誘うというよりかは、側にいて一緒に立ってるイメージで。「フッと力が抜けるような曲をやりてーな」って単純に思ったんです。で、メロディ作っているときに仮歌詞として「海岸線」って言葉が出てきたんですよ。そこで景色が見えて、そのままメロディを完成させて。爽やかっしょ?

--爽やかっす。まずタイトルで驚いて「どんな海岸線なんだろう?」って思ったら、イメージ通りの海岸線で。テトラポットが出てきたりして。

菅波栄純:すげぇ壮大な、ドラマティックな曲も好きだけど、実際の俺らは海岸だって好きだし。僅かな心の動きみたいなものを書きたいときもある。そういうのも自分で聴いてて「良い曲だなぁ」って思ったりするし。

松田晋二:あと、あんまり子供っぽくないから良いんじゃないですか。甘酸っぱすぎると「そんな年齢でもないだろう?」ってギャップも出てくるし、背伸びしすぎると「そんなにオシャレな人間じゃないだろう?」ってなるだろうし。そういうところでの、一番今の年齢や状態に近い、爽やかさでもあり、脱力感でもある。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 自分らだけじゃなくて、一緒に捕まえに行きたい
  3. Next >
自分らだけじゃなくて、一緒に捕まえに行きたい

--8曲目『太陽の仕業』では、山田さんが新境地へ突入したと思いました。序盤で荒くれるだけ荒くれたかと思えば、優しさも求められて、雄叫びも上げて、最後は確かな意志を持って歌い上げる。これほどボーカルに多くを求める曲も珍しいと思うんですが。

山田将司:そうっスかね?

岡峰光舟:自分で蒔いた種だもんね。

山田将司:まぁでも実際には自然に歌うことが出来ました。まずAメロを作って、Bメロとサビはみんなでスタジオで考えたんだけど、感情的な部分も一緒に生まれていったので。

菅波栄純:最初にギターのリフ聴いただけで、腸がねじれていったときのことを思い出しましたね。この曲、ちょっとイっちゃってるじゃないですか。そういう曲を久々にやれるワクワク感があって。でもサビのメロディとかよくよく聴くと凝ってるし、良いんですよね。「融合してんなぁ」って感じがします。他の曲もいろいろ融合してるんだけど、自然に融合してる曲が揃っているのかもしれないですね。あと『太陽の仕業』っていうタイトルが半端なく良い。

松田晋二:レコーディングに入る前の日に、今回新しいエンジニアの人とやるってことでスタジオの近くに飯食いに行ったんですよ。で、軽く飲みながら他愛もない話をしていく中で「何もかもが太陽の仕業なんじゃないのか」みたいなことを将司が言ったんですよ。そしたらエンジニアの人も「その言葉いいね。そんな曲が出来たりして」みたいなことを言ってて。

菅波栄純:実は密かにメモってました(笑)。

松田晋二:俺もメモってたんですけど、最初「アルバムのタイトル、それで決まり」ぐらいのこと言ってて。でもすでに『太陽の中の生活』っていうアルバム出してるから、また“太陽”って訳にはいかないと(笑)。そんな中、この曲の展開に対応する歌詞を作ったり、ひとつのストーリーを作るのに苦労してて。Aメロはすごく温度のある言葉が必要だし、Bメロは情景的なつながりのシーンになるし、サビでは何かが分かったような言葉が欲しい。そんなことを考えながら何回も何回も聴いてたら、灼熱のイメージが出てきて。都会のコンクリートの暑さ。そしてちょっとハードボイルド的な、でも実は痛みを抱えている奴らのイメージも出てきて、そのタイトルに『太陽の仕業』がハマったんですよね。

--今回のアルバムは歌詞に関しても新ステージへと踏み出した印象を受けました。もはや光を求めるのは大前提にあるような気がしたんですが、そこはどうでしょう?

松田晋二:生きていくってこと自体をしっかり認めたときに、絶望と希望、闇と光の対比だけじゃ成り立たないというか。今ここで生きて、それが続いていくことを根底で認識した上での物語、歌詞での表現になってるなと思います。

--人間が光を求めるのは必然で。でも誰もが上手く光を手に出来ない。だから「走り出せ」「目指してゆけ」「舞い上がれ」「明日へと繋がっていく」といったワードを迷いなく使っていく。使っていきたい。そんな想いや発想だったりしますか?

菅波栄純:ただ発破かけるんじゃなくて、時々『再生』の「悲しみも愛せずに一人咲いている」みたいなフレーズが反対側の引力として存在しているから、リアリティが出るのかなって。今回のアルバムは全体的にそうで、ただ光に向かっていくようなものでは無くなっていってる。ちゃんと影を引きずって歩いてる。

山田将司:あと、歌詞と言えども、自分の生活と直結したノンフィクションな物語を書きたいなと思うから、そこに気持ちを入れると光が欲しくなりますよね。光を本気で掴まえたいと思うし。その気持ちを歌っていくことに抵抗はもう全然ないし。

--そこへの影響として、4人の価値観や思想が少しずつ変わって、自らを取り巻く環境が昔に比べて確実に変わっていった。みたいなところもあるんでしょうか?

松田晋二:自分たちの状況が反映された音楽があって、それに共感する状態の人たちが欲してくれて。俺たちがリアルを曝け出せば出すほど、自分たちに近い距離感で聴いててくれた人たちがいて。そういう繋がりがあればあるほど、自分たちはちょっとでも先に行くべきだと思うし。俺たちが真剣に音楽をやったらやった分だけ必要としてくれる人がいる。その事実に対する自信が今はあって。だから自分たちは同じことだけをやっていく訳にはいかない。もちろん、嘘の表現をすることもできないし。そういう進み方だと思うし、これからも本当に歌うべきことを4人で探して音楽を作っていくと思いますね。

菅波栄純:あと、音と歌詞といろいろ含めて音楽じゃないですか。だから歌詞だけじゃなく、全部で言いたい。言葉に出来ないところも含めて、光だったら光の印象も含めて音に閉じ込めたい。

--そうした音楽を全身全霊で届けていく中で、聴いてくれる人々がどうなってくれたら自分たちとしては理想的ですか?

松田晋二:「このアルバム聴いたから、よし!明日も歩いて行こうかな」っていう。本当にそんぐらいのことなんですよね。「告白しろ」とか「会社辞めるって言え」とか(笑)そういうことじゃなくて。自分たちもそうなんですよ。「雨降っててじめじめしてっから、カラッとした音楽聴こうかな」とか「真冬に真夏の曲聴くと、意外に良い」とか。それしかできないと思うし、でもそれが最大にできることだと思う。それは『アサイラム』というタイトルでも表現してるし。あと、バックホーンって言葉が音楽を引っ張っていく曲も今までいっぱいあったと思うけど、詞と曲が上手く同居して絡み合いながら、お互いを引き立て合いもしながら、音楽を作れるのが一番最強だなって思うんですよね。で、今回のアルバムは正にそうなっていると思います。

--そのアルバムの最後を飾る『パレード』は実に力強くて、爽快で、笑顔が零れました。この曲はどんな背景や想いから生まれたんでしょうか?

山田将司:これは骨組みを俺が持っていって。イントロのリフがあって、最初のAメロと歌詞のイメージはもうあったんですよね。そこから作っていったんですけど。あと、ここまでストレートに今の気持ちを歌うような歌詞を書いたことが無かったから、書いてみようと思って。書いたときは相当熱い奴でしたね。いや、書いたときだけじゃなくて。

岡峰光舟:そっから冷めていったみたいな。

一同:(笑)

山田将司:あと、さっきから「光、光」って言ってるけど、光を捕まえる為にも「一緒に行こう」っていう気持ちはありますね。みんな捕まえたいけど、捕まえに行くのは難しいし、闇は無防備でも自然と入ってくるけど、光って自然と入ってこない。こっちがちゃんと気持ちを持たないと。でも難しいからこそ、それだけの喜びもやっぱりあると思うし。それを自分らだけじゃなくて、一緒に捕まえに行きたい気持ちがあるんですよね。

--そういう音楽を通してのぶつかり合いが出来る相手をもっともっと増やしていきたい気持ちもありますか?

菅波栄純:出逢っていて、最終的にそういう相手がたくさんになっているのが良いな。無理に増やすとかじゃなくて。

松田晋二:でもいなくなるのは嫌ですけどね。ちょっとずつちょっとずつ。あと『アサイラム』だからって一時的な居場所として使って、どんどんどんどん旅立って行かれるのも寂しい。

--(笑)。なんで今の質問をしたかと言うと、今、シーン全体的にCD売れないじゃないですか。自分はそれって音楽の力が無くなったからじゃなくて、力ある音楽をまだまだ多くの人が知らないからだと思っていて。こんなにすげぇ力をくれるアルバムってものの魅力や有意義さを知る人が増えれば、この危機的状況を打破できるんじゃねーかってどっかで信じてるんですよね。そういうことって考えたりしますか?

松田晋二:音楽っていろんな形があると思うんですけど、1曲だけ聴くよりはやっぱりアルバム聴いてほしいと思うし、アルバム1枚だけ聴くよりそのアーティストを聴いてほしいなと思うし。バンドだったらバンドのヒストリーも気になっちゃうぐらいの聴き方が楽しいと思うんですよね。その1曲の向こう側にはもっと素晴らしい世界が待っているので、1曲が好きになったらせめてアルバムまでは聴いて「こんな世界が待ってた」って驚いてほしいなって。

--今、バックホーンが目指している場所だったり、状況ってどんなものだったりするんでしょうか?

松田晋二:本当にね、それを語り合ったことはないですし、そもそも始まりの段階で「俺たちの目標地点はここだから、そこへ向かう為に」みたいなヴィジョンが全くなくて。でも有り難いことに今の自分たちの状況があって。そうやって階段を昇ってきた実感があるから、ますます最終的な目標とかは意識しないで活動するようになってる。これは俺個人の意見かもしれないですけど、それを設定しちゃった段階でもう限界が見えてるように感じちゃうんですよね。だったら音楽の力を信じて、音楽が好きだって人たちに今日話したようなことを音楽を通して伝えていく。その為に出来るだけ余計なことは考えたくないし、余計な成分も入れたくないと思ってます。

THE BACK HORN「アサイラム」

アサイラム

2010/09/15 RELEASE
VICL-63656 ¥ 3,086(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.雷電
  2. 02.ラフレシア
  3. 03.戦う君よ
  4. 04.再生
  5. 05.羽衣
  6. 06.海岸線
  7. 07.ペルソナ
  8. 08.太陽の仕業
  9. 09.閉ざされた世界
  10. 10.汚れなき涙
  11. 11.パレード

関連キーワード

TAG

関連商品

孤独を繋いで
THE BACK HORN「孤独を繋いで」

2017/07/05

[CD]

¥1,296(税込)

孤独を繋いで
THE BACK HORN「孤独を繋いで」

2017/07/05

[CD]

¥2,160(税込)

あなたが待ってる
THE BACK HORN「あなたが待ってる」

2017/02/22

[CD]

¥1,512(税込)

あなたが待ってる
THE BACK HORN「あなたが待ってる」

2017/02/22

[CD]

¥1,080(税込)

With You
THE BACK HORN「With You」

2016/10/19

[CD]

¥1,296(税込)

With You
THE BACK HORN「With You」

2016/10/19

[CD]

¥2,160(税込)

運命開花
THE BACK HORN「運命開花」

2015/11/25

[CD]

¥2,916(税込)

運命開花
THE BACK HORN「運命開花」

2015/11/25

[CD]

¥3,564(税込)

悪人/その先へ
THE BACK HORN「悪人/その先へ」

2015/09/02

[CD]

¥1,296(税込)

悪人/その先へ
THE BACK HORN「悪人/その先へ」

2015/09/02

[CD]

¥2,160(税込)

パルス
THE BACK HORN「パルス」

2014/04/09

[CD]

¥2,592(税込)

THE BACK HORN
THE BACK HORN「THE BACK HORN」

2014/04/09

[CD]

¥2,592(税込)

暁のファンファーレ
ザ・バックホーン「暁のファンファーレ」

2014/04/09

[CD]

¥2,916(税込)

暁のファンファーレ
ザ・バックホーン「暁のファンファーレ」

2014/04/09

[CD]

¥3,456(税込)

シンメトリー/コワレモノ
ザ・バックホーン「シンメトリー/コワレモノ」

2014/02/19

[CD]

¥1,836(税込)

シンメトリー/コワレモノ
ザ・バックホーン「シンメトリー/コワレモノ」

2014/02/19

[CD]

¥1,296(税込)

戦う君よ
THE BACK HORN「戦う君よ」

2010/04/21

[CD]

¥1,234(税込)

戦う君よ
THE BACK HORN「戦う君よ」

2010/04/21

[CD]

¥1,851(税込)

創造のパルス
THE BACK HORN「創造のパルス」

2009/07/22

[DVD]

¥4,629(税込)

創造のパルス
THE BACK HORN「創造のパルス」

2009/07/22

[DVD]

¥5,143(税込)

太陽の中の生活
THE BACK HORN「太陽の中の生活」

2008/09/03

[CD]

¥2,571(税込)

ヘッドフォンチルドレン
THE BACK HORN「ヘッドフォンチルドレン」

2008/09/03

[CD]

¥2,571(税込)

パルス
THE BACK HORN「パルス」

2008/09/03

[CD]

¥3,086(税込)

パルス
THE BACK HORN「パルス」

2008/09/03

[CD]

¥3,600(税込)

覚醒
THE BACK HORN「覚醒」

2008/05/21

[CD]

¥1,234(税込)

THE BACK HORN「罠」

2007/11/14

[CD]

¥1,234(税込)

ライブ イン ザ サン
THE BACK HORN「ライブ イン ザ サン」

2007/11/08

[DVD]

¥2,551(税込)

THE BACK HORN
THE BACK HORN「THE BACK HORN」

2007/05/23

[CD]

¥3,086(税込)

美しい名前
THE BACK HORN「美しい名前」

2007/03/21

[CD]

¥1,234(税込)

美しい名前
THE BACK HORN「美しい名前」

2007/03/21

[CD]

¥1,234(税込)

THE BACK HORN「声」

2006/12/20

[CD]

¥1,234(税込)

THE BACK HORN「声」

2006/12/20

[CD]

¥1,234(税込)

ライブ イン ザ サン
THE BACK HORN「ライブ イン ザ サン」

2006/09/27

[DVD]

¥3,909(税込)

太陽の中の生活
THE BACK HORN「太陽の中の生活」

2006/04/19

[CD]

¥3,600(税込)

カオスダイバー
THE BACK HORN「カオスダイバー」

2006/03/22

[CD]

¥1,234(税込)

カオスダイバー
THE BACK HORN「カオスダイバー」

2006/03/22

[CD]

¥1,543(税込)

初めての呼吸で
THE BACK HORN「初めての呼吸で」

2006/02/08

[CD]

¥1,234(税込)

ブラックホールバースデイ
THE BACK HORN「ブラックホールバースデイ」

2005/12/16

[CD]

¥1,234(税込)

ブラックホールバースデイ
THE BACK HORN「ブラックホールバースデイ」

2005/12/16

[CD]

¥1,851(税込)

産声チェインソー
THE BACK HORN「産声チェインソー」

2005/09/22

[CD]

¥2,365(税込)

産声チェインソー
THE BACK HORN「産声チェインソー」

2005/08/24

[CD]

¥1,800(税込)

イキルサイノウ
THE BACK HORN「イキルサイノウ」

2005/08/24

[CD]

¥2,571(税込)

心臓オーケストラ
THE BACK HORN「心臓オーケストラ」

2005/08/24

[CD]

¥2,571(税込)

人間プログラム
THE BACK HORN「人間プログラム」

2005/08/24

[CD]

¥2,571(税込)

ヘッドフォンチルドレン
THE BACK HORN「ヘッドフォンチルドレン」

2005/03/16

[CD]

¥3,240(税込)

キズナソング
THE BACK HORN「キズナソング」

2005/01/26

[CD]

¥1,234(税込)

キズナソング
THE BACK HORN「キズナソング」

2005/01/26

[CD]

¥1,234(税込)

爆音夢花火
THE BACK HORN「爆音夢花火」

2004/11/03

[DVD]

¥3,909(税込)

コバルトブルー
THE BACK HORN「コバルトブルー」

2004/11/03

[CD]

¥1,234(税込)

コバルトブルー
THE BACK HORN「コバルトブルー」

2004/11/03

[CD]

¥1,234(税込)

夢の花
THE BACK HORN「夢の花」

2004/07/21

[CD]

¥1,234(税込)

夢の花
THE BACK HORN「夢の花」

2004/07/21

[CD]

¥1,234(税込)

生命線
THE BACK HORN「生命線」

2003/08/20

[CD]

¥1,188(税込)

光の結晶
THE BACK HORN「光の結晶」

2003/06/18

[CD]

¥1,188(税込)

未来
THE BACK HORN「未来」

2003/01/22

[CD]

¥1,188(税込)

涙がこぼれたら
THE BACK HORN「涙がこぼれたら」

2002/08/28

[CD]

¥1,188(税込)

世界樹の下で
THE BACK HORN「世界樹の下で」

2002/05/29

[CD]

¥1,188(税込)

空、星、海の夜
THE BACK HORN「空、星、海の夜」

2001/08/22

[CD]

¥1,188(税込)

甦る陽
THE BACK HORN「甦る陽」

2001/06/20

[CD]

-

サニー
THE BACK HORN「サニー」

2001/04/25

[CD]

¥1,188(税込)

風船
THE BACK HORN「風船」

2000/09/25

[CD]

-

甦る陽
THE BACK HORN「甦る陽」

2000/04/25

[CD]

-

何処へ行く
THE BACK HORN「何処へ行く」

1999/09/22

[CD]

-

情景泥棒
THE BACK HORN「情景泥棒」

2018/03/07

[CD]

¥3,456(税込)

孤独を繋いで
THE BACK HORN「孤独を繋いで」

2017/07/05

[CD]

¥1,296(税込)

孤独を繋いで
THE BACK HORN「孤独を繋いで」

2017/07/05

[CD]

¥2,160(税込)

あなたが待ってる
THE BACK HORN「あなたが待ってる」

2017/02/22

[CD]

¥1,512(税込)

あなたが待ってる
THE BACK HORN「あなたが待ってる」

2017/02/22

[CD]

¥1,080(税込)

With You
THE BACK HORN「With You」

2016/10/19

[CD]

¥1,296(税込)

With You
THE BACK HORN「With You」

2016/10/19

[CD]

¥2,160(税込)

運命開花
THE BACK HORN「運命開花」

2015/11/25

[CD]

¥2,916(税込)

運命開花
THE BACK HORN「運命開花」

2015/11/25

[CD]

¥3,564(税込)

悪人/その先へ
THE BACK HORN「悪人/その先へ」

2015/09/02

[CD]

¥1,296(税込)

悪人/その先へ
THE BACK HORN「悪人/その先へ」

2015/09/02

[CD]

¥2,160(税込)

パルス
THE BACK HORN「パルス」

2014/04/09

[CD]

¥2,592(税込)

THE BACK HORN
THE BACK HORN「THE BACK HORN」

2014/04/09

[CD]

¥2,592(税込)

暁のファンファーレ
ザ・バックホーン「暁のファンファーレ」

2014/04/09

[CD]

¥2,916(税込)

暁のファンファーレ
ザ・バックホーン「暁のファンファーレ」

2014/04/09

[CD]

¥3,456(税込)

シンメトリー/コワレモノ
ザ・バックホーン「シンメトリー/コワレモノ」

2014/02/19

[CD]

¥1,836(税込)

シンメトリー/コワレモノ
ザ・バックホーン「シンメトリー/コワレモノ」

2014/02/19

[CD]

¥1,296(税込)

リヴスコール
THE BACK HORN「リヴスコール」

2012/06/06

[CD]

¥3,600(税込)

シリウス
THE BACK HORN「シリウス」

2012/03/07

[CD]

¥1,234(税込)

シリウス
THE BACK HORN「シリウス」

2012/03/07

[CD]

¥1,234(税込)

戦う君よ
THE BACK HORN「戦う君よ」

2010/04/21

[CD]

¥1,234(税込)

戦う君よ
THE BACK HORN「戦う君よ」

2010/04/21

[CD]

¥1,851(税込)

創造のパルス
THE BACK HORN「創造のパルス」

2009/07/22

[DVD]

¥4,629(税込)

創造のパルス
THE BACK HORN「創造のパルス」

2009/07/22

[DVD]

¥5,143(税込)

太陽の中の生活
THE BACK HORN「太陽の中の生活」

2008/09/03

[CD]

¥2,571(税込)

ヘッドフォンチルドレン
THE BACK HORN「ヘッドフォンチルドレン」

2008/09/03

[CD]

¥2,571(税込)

パルス
THE BACK HORN「パルス」

2008/09/03

[CD]

¥3,086(税込)

パルス
THE BACK HORN「パルス」

2008/09/03

[CD]

¥3,600(税込)

覚醒
THE BACK HORN「覚醒」

2008/05/21

[CD]

¥1,234(税込)

THE BACK HORN「罠」

2007/11/14

[CD]

¥1,234(税込)

ライブ イン ザ サン
THE BACK HORN「ライブ イン ザ サン」

2007/11/08

[DVD]

¥2,551(税込)

THE BACK HORN
THE BACK HORN「THE BACK HORN」

2007/05/23

[CD]

¥3,086(税込)

美しい名前
THE BACK HORN「美しい名前」

2007/03/21

[CD]

¥1,234(税込)

美しい名前
THE BACK HORN「美しい名前」

2007/03/21

[CD]

¥1,234(税込)

THE BACK HORN「声」

2006/12/20

[CD]

¥1,234(税込)

THE BACK HORN「声」

2006/12/20

[CD]

¥1,234(税込)

ライブ イン ザ サン
THE BACK HORN「ライブ イン ザ サン」

2006/09/27

[DVD]

¥3,909(税込)

太陽の中の生活
THE BACK HORN「太陽の中の生活」

2006/04/19

[CD]

¥3,600(税込)

カオスダイバー
THE BACK HORN「カオスダイバー」

2006/03/22

[CD]

¥1,234(税込)

カオスダイバー
THE BACK HORN「カオスダイバー」

2006/03/22

[CD]

¥1,543(税込)

初めての呼吸で
THE BACK HORN「初めての呼吸で」

2006/02/08

[CD]

¥1,234(税込)

ブラックホールバースデイ
THE BACK HORN「ブラックホールバースデイ」

2005/12/16

[CD]

¥1,234(税込)

ブラックホールバースデイ
THE BACK HORN「ブラックホールバースデイ」

2005/12/16

[CD]

¥1,851(税込)

産声チェインソー
THE BACK HORN「産声チェインソー」

2005/09/22

[CD]

¥2,365(税込)

産声チェインソー
THE BACK HORN「産声チェインソー」

2005/08/24

[CD]

¥1,800(税込)

イキルサイノウ
THE BACK HORN「イキルサイノウ」

2005/08/24

[CD]

¥2,571(税込)

心臓オーケストラ
THE BACK HORN「心臓オーケストラ」

2005/08/24

[CD]

¥2,571(税込)

人間プログラム
THE BACK HORN「人間プログラム」

2005/08/24

[CD]

¥2,571(税込)

ヘッドフォンチルドレン
THE BACK HORN「ヘッドフォンチルドレン」

2005/03/16

[CD]

¥3,240(税込)

キズナソング
THE BACK HORN「キズナソング」

2005/01/26

[CD]

¥1,234(税込)

キズナソング
THE BACK HORN「キズナソング」

2005/01/26

[CD]

¥1,234(税込)

爆音夢花火
THE BACK HORN「爆音夢花火」

2004/11/03

[DVD]

¥3,909(税込)

コバルトブルー
THE BACK HORN「コバルトブルー」

2004/11/03

[CD]

¥1,234(税込)

コバルトブルー
THE BACK HORN「コバルトブルー」

2004/11/03

[CD]

¥1,234(税込)

夢の花
THE BACK HORN「夢の花」

2004/07/21

[CD]

¥1,234(税込)

夢の花
THE BACK HORN「夢の花」

2004/07/21

[CD]

¥1,234(税込)

生命線
THE BACK HORN「生命線」

2003/08/20

[CD]

¥1,188(税込)

光の結晶
THE BACK HORN「光の結晶」

2003/06/18

[CD]

¥1,188(税込)

未来
THE BACK HORN「未来」

2003/01/22

[CD]

¥1,188(税込)

涙がこぼれたら
THE BACK HORN「涙がこぼれたら」

2002/08/28

[CD]

¥1,188(税込)

世界樹の下で
THE BACK HORN「世界樹の下で」

2002/05/29

[CD]

¥1,188(税込)

空、星、海の夜
THE BACK HORN「空、星、海の夜」

2001/08/22

[CD]

¥1,188(税込)

甦る陽
THE BACK HORN「甦る陽」

2001/06/20

[CD]

-

サニー
THE BACK HORN「サニー」

2001/04/25

[CD]

¥1,188(税込)

風船
THE BACK HORN「風船」

2000/09/25

[CD]

-

甦る陽
THE BACK HORN「甦る陽」

2000/04/25

[CD]

-

何処へ行く
THE BACK HORN「何処へ行く」

1999/09/22

[CD]

-

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    そらる、大阪/名古屋/京都/滋賀/福岡でラジオ生出演決定

  2. 2

    BUMP OF CHICKEN『aurora arc』が総合1位、米津玄師「パプリカ」をセルフカバー、『天気の子』世界観とリンクするMVが公開:今週の邦楽まとめニュース

  3. 3

    BTSのV、話題沸騰中のフィルターで老け顔に

  4. 4

    milet、ドラマ『偽装不倫』主題歌を担当する新人シンガーソングライターの初ワンマン決定

  5. 5

    『ストレンジャー・シングス』効果であの名曲がリバイバル・ヒット中、全米でのストリーミングが2,063%増

HOT IMAGES

注目の画像