Billboard JAPAN


Special Contents

BABYMETAL、10周年記念インタビュー 道無き道を行く彼女たちの10年を振り返る



 BABYMETALが10周年を迎える。

 メタルとダンスを組み合わせたそのあまりにも独特なスタイルが物議を醸したのも今や昔。国内外での勢力的なライブ活動を通して磨かれたパフォーマンス力を武器に世界中の名だたるメタルレジェンドたちからの支持を集め、アルバムチャート「Billboard 200」では初登場13位を記録するなど、BABYMETALはメタルの枠を広げる“未来”として語られる存在にまで成長した。

 メタルとは縁遠い存在だったはずの彼女たちは、どのようにメタルと出会い、そしてその過酷な道を駆け抜けてきたのか。10周年を記念したベストアルバム『10 BABYMETAL YEARS』のリリースを2020年12月23日に控えるSU-METALとMOAMETALに、BABYMETALとしての10年を振り返ってもらった。

メタリカのライブが鮮烈なメタル体験をもたらした

――今日はBABYMETALの10年間を振り返りたいと思います。SU-METALさん、MOAMETALさんともに当初はメタルを知らなかったとのことですが、メタルの魅力に気づいたタイミングを教えてください。

SU-METAL:2013年の【サマーソニック】でメタリカさんのライブを観させていただいたときですね。それまでCDでメタルを聴いていたんですけど、初めてライブを体験したら音が心にドスンと刺さってきたんです。「メタルって、耳じゃなくて心に刺さるものなんだな」って。それだけ強い音楽がこの世に存在していることに驚いて、メタルは素敵な音楽だと気づきました。

MOAMETAL:私は「ド・キ・ド・キ☆モーニング」の音源を聴いたとき、初めてメタルという音楽に出会いました。そこからメタルについてちょっと勉強し始めたんですけど、MVを観ても白塗りの怖い人たちが出ているし、音源を聴いてもだいたいみんな叫んでて何を言っているのかわからなくて、しばらくは「メタルの魅力ってなんだろう…」と思っていたんです。でも、私もSU-METALと一緒で、2013年にメタリカさんに出会ってメタルのかっこよさに気づいて殻を破りました。そうして、今では気が向いたらメタルを聴くような人間になりました(笑)


▲BABYMETAL「ド・キ・ド・キ☆モーニング」

――音源とライブでは何が違ったのでしょうか?

SU-METAL:そもそも音量の差があって「風が吹いているんじゃないか?」っていうくらいの音圧があるんですよね。そういう“全身で音楽を感じる”という体験もおもしろかったですし、あとはやっぱりオーディエンスの力ですね。それまで観てきた普通のライブでは見たことないような…

MOAMETAL:サークルモッシュして、ダイブしてっていう(笑)。

SU-METAL:そうそう(笑)。それも含めて「今まさにここで音楽が作られている」っていう感じがしたんですよね。これはBABYMETALのライブでもそうなんですけど、メタルのライブではアーティストとお客さんが一体となって空間を作り上げている感じがすごい素敵だと思いますね。

――初期のBABYMETALのライブは音源に合わせてパフォーマンスする形式でしたが、2012年10月には初めてバンド演奏によるライブが披露されました。どのように違いを感じましたか?

SU-METAL:私はそれまで生のギターやドラムの音をちゃんと聞いたことがなかったので、その時点で新鮮でした。そして初めてバンド形式で披露した曲が「イジメ、ダメ、ゼッタイ」だったんですけど、音が全然違っていて、何度もライブで歌ってた曲なのに、はじめましての曲に聞こえたんですよね。あれはもうびっくりしました。


▲BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

MOAMETAL:私もリハーサルの時に神バンドさんの演奏を聴いて、音の違いに衝撃を受けましたね。それと音源だけで聴いていた時って、ギターが何を鳴らしているのかとか、全然わかっていなかったんです。でも、スタジオに入って神バンドさんが弾いている手元を見たときに、一つ一つの楽器が一曲を成り立たせているということに改めて気がつくことができて鳥肌が立ちました。

――バンド形式になってから、お客さんの反応も変わりましたか?

SU-METAL:全然違いました。なんかノリが立体的になったんですよね。

MOAMETAL:うん、そうだね。

SU-METAL:それに一つ一つの音が際立っているから、ダンスと合わせた時によく見えるようになったと思います。そして、なぜここでこの振り付けがついているのかという意味もよく分かるようになりました。

MOAMETAL:私も振り付けについてそう感じました。それと、音源でのパフォーマンスって、私たちがそれに確実に合わせなきゃいけないものじゃないですか? でも、神バンドさんは私たちが何をやっても合わせてくれるので、すごくライブ感が強くなったと思います。他にもライブをやっていく中でいろんな発見がありました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. BABYMETALの新しいフェーズを作った、重要曲「ギミチョコ!!」
  3. Next >

BABYMETALの新しいフェーズを作った、重要曲「ギミチョコ!!」

――その後、BABYMETALは国内外で躍進を続け、もはや当初の“アイドル”でもなければ、純粋な“メタルバンド”ともまた違う「BABYMETAL」としか呼べない存在になりました。そんな変化の歴史の中で「BABYMETALが“新しいフェーズ”に入った」と感じた瞬間があれば教えてください。

MOAMETAL:私は「ギミチョコ!!」が動画サイトにアップされたときですね。なんとなく、何かが変わったような感覚がありました。それまでも海外の方が応援してくれているというのはなんとなく理解していたんですけど、「ギミチョコ!!」のMVに全然知らない国の言葉でコメントがついているのを見たときに、「本当に海外にもお客さんがいるんだ」って気づいたんです。その時にうれしいと思ったのと同時に、BABYMETALのメンバーとしての自分の意識がちょっと変わるのを感じました。


▲BABYMETAL「ギミチョコ!!」

――「ギミチョコ!!」は、曲に合わせて小さな子どもが踊る映像なんかも話題になりましたよね。

MOAMETAL:「ギミチョコ!!」は街中でもたまに聴くことがありますね。「BABYMETALは知らないけど『ギミチョコ!!』は知ってる」みたいな人もたくさんいて、フェスで盛り上がることも多いですね。

SU-METAL:うん。「あ、この曲知ってる」っていう反応がありますね。

MOAMETAL:だから、すごく大事な一曲です。

――レコーディングしてるときなど、「ギミチョコ!!」に対して人気曲となる予感はありましたか?

MOAMETAL:全然こんなに流行るとは思っていなかったです。そもそも「ギミチョコ!!」は、レコーディングしたけど“まだ世に出ない曲”だと思ってましたし。Aメロの「あたたたたーた」とか、レコーディングしてるときは仮歌だと思ってたんですよね(笑)

――えっ?(笑)

MOAMETAL:BABYMETALの曲って、基本的に完成するまでにすごく時間がかかるんですよ。一度録音したのを録り直すこともありますし、録って一回忘れることもあるんです。

SU-METAL:ほぼ完成っていうところまで行って、そこから2~3年眠る曲もありますね。

MOAMETAL:いつ曲が世に出るか分からないっていう(笑)。

SU-METAL:だから「ギミチョコ!!」については、「えっ、もう次のライブで披露するの?」と思ったし、Aメロはあれから変わるものだと思ってたから「えっ、このままなの?」みたいな(笑)。

――(笑)。しかし、そうして海外への足掛かりを掴んで以降、2016年の2ndアルバム『METAL RESISTANCE』ではアルバムチャート「Billboard 200」で39位にランクインし、坂本九以来53年ぶりのTop40入りを果たしました。その後、2019年の3rdアルバム『METAL GALAXY』は同チャートで初登場13位を記録。拡大していくセールスや世間の反応についてどのように感じましたか? やはりブレイクの実感はありましたか?

MOAMETAL:(SU-METALに向かって)あった?

SU-METAL:(MOAMEALに向かって)あったかな?

MOAMETAL:ないと思います(笑)。

――いや、すごい記録を打ち立てたはずなんですけど(笑)。

SU-METAL:BABYMETALって毎回与えられるハードルが高くて、なぜか凄くアウェーな会場でのライブを経験する機会が多いんですよ。だからブレイクしたと気づく機会があんまりなかったんだと思います。チャートを見たときに「あ、こんなにBABYMETALって知られてるんだ」って気づくような感じはあっても、なんでかキツネ様はさらに大きな課題を与えるので、はっきり自覚することも調子に乗ることもなく…って感じでしたね。

――なるほど。

SU-METAL:でも、2016年頃にBABYMETALが新しいフェーズに入ったと感じる部分はありました。私たちは2014年頃から海外を回りはじめていたんですけど、当時BABYMETALは全然知られていなかったので、メタルフェスでも「なんでこんな小さな子たちがいるんだ?」とか「本当に歌えるの?」みたいな感じの反応だったんです。でも、2016年に2ndアルバム『METAL RESISTANCE』を発売して、ウェンブリーアリーナでライブをしたり、いろんなフェスに出たりした頃から、廊下ですれ違う人たちに「BABYMETALでしょ」って声をかけられる機会が増えてきて、海外での反応が変わってきたのがわかったんです。


▲BABYMETAL「Distortion」- LIVE AT DOWNLOAD FESTIVAL 2018

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 逆境を乗り越え続けてきた、BABYMETALの海外ツアー史
  3. Next >

逆境を乗り越え続けてきた、BABYMETALの海外ツアー史

――当初は海外でライブをすること自体がアウェーだったと思うのですが、そうした逆境をどのようにBABYMETALは乗り越えてきたのでしょうか?

MOAMETAL:私たちは「いつも通り」って言葉をいつも言うようにしているんですけど、アウェーな場所でもあえて意気込まないようにはしてますね。どんな会場だとしても、いつも通りのBABYMETALを届けないと何も伝わらないと思うので、「BABYMETALとしていつも通りやる」ということ以外は何もしてないです。

――それだけBABYMETALとして鍛え上げてきたものに自信を持っている、と。

SU-METAL:BABYMETALは本当にライブで鍛え上げられてきたグループだと思っています。他のアーティストさんに比べてライブ本数は少ないと思うんですけど、一つ一つのライブで得られる経験値は積んでいるつもりなので、そこには自信を持っていますね。

――経験値とは具体的にどのようなものでしょうか?

SU-METAL:例えば2014年にイギリスの【Sonisphere Festival UK】に出演したときは、まだフェスが何なのかもよくわかっていなかったんですよね。「大きいステージだよ」って聞いていたんですけど、ステージに出てみたらいきなり5万人ものお客さんがいて、ほぼみんな私たちのことを知らないような状況だし、ステージの環境もそれまで経験したものと全然違えば、音もいつもと全然違うっていう(笑)。


▲BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」- Live at Sonisphere 2014,UK

MOAMETAL:フェスの時はリハーサルがないし、音のチェックもできない会場もあるくらいなので、もうほとんどぶっつけ本番ですね。

SU-METAL:だから本番中に「今日こんな感じだね」ってアイコンタクトしたり…

MOAMETAL:あとはもう自分のことを一生懸命やって、相手を信頼するしかないですね。

SU-METAL:海外だと会場が毎回違うし、土地によって標高も違えば、空気の乾燥度合いも違いますからね。そういう毎日“はじめまして”な環境でライブを繰り返しているので、環境適応能力みたいなものはすごく身に付いていると思います。

――ひたすら過酷な環境でのライブを繰り返してきたわけですね。

MOAMETAL:最近はアウェーが超好きなんですよ。アウェーな会場でお客さんが盛り上がって、どんどんキツネサインを上げていってくれる瞬間がすごく好きですね(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 道なき道を走り続け、海外で得た数々の経験と仲間
  3. Next >

道なき道を走り続け、海外で得た数々の経験と仲間

――『10 BABYMETAL YEARS』は、BABYMETALの10年間を10曲に凝縮したベストアルバムだと思います。このトラックリストを見てどう感じましたか?



SU-METAL:シンプルに「BABYMETALのベストアルバムだな」と思いました。初めて聴く方にはこの1枚でBABYMETALが伝わると思うし、ずっと応援してくださったファンの方には「ド・キ・ド・キ☆モーニング」から順番にそれぞれの曲の物語やBABYMETALのヒストリーを思い起こしていたただける作品だと思います。

MOAMETAL:「この1枚には、BABYMETALの10年間が詰まりに詰まっているな」と感じました。実際、私自身これを聴いて、これまでの10年間のことが蘇りました。10年間歩んできた“今のBABYMETAL”を象徴する最高のアルバムになったんじゃないかと思います。

――世の中には2枚組のベストアルバムも珍しくない中、10年間を10曲に収めた潔さが印象的です。

MOAMETAL:そうなんですよね。収録されなかった曲たちを思って、寂しいなと思う部分もあります(笑)。でも、BABYMETALは1曲の密度がすごいので、この10曲聴くだけで私は満足できました。

――『10 BABYMETAL YEARS』の10曲の中で、BABYMETALの歴史にとって最大のターニングポイントとなった楽曲はどれだと思いますか?

SU-METAL:この中で私が一番好きな曲が「Road of Resistance」なんです。BABYMETALの曲はライブで育つ曲が多いし、そこで初めて理解できる曲もあるんですけど、これはまさにライブで披露して初めて意味がわかった曲です。2014年に初めての海外ツアーを回って、その最終公演としてイギリスでワンマンをしたときに、最後に初披露したこの「Road of Resistance」をみなさん一緒に歌ってくれたんですよ。アウェーな海外でライブを続けたツアーの最後にすごく“ホーム”を感じて、そこで初めて「私たちが1年間やってきたことの意味って、こういうことだったんだ」と気づくことができました。あの瞬間、みんなの歌が応援歌に聞こえたし、「道なき道を進む」というこの曲のテーマが理解できました。「私たちはこれから海外でBABYMETALを切り拓いていくんだ。道なき道を行くんだ」って。そういう意味で凄く支えられた曲だし、いまだにこれを歌うと応援歌に聞こえます。各地のライブもこの曲の景色で覚えています。


▲BABYMETAL「Road of Resistance」- Live in Japan

MOAMETAL:私もターニングポイントとしての一曲を選ぶなら「Road of Resistance」なんですよ。SU-METALが言ったように私たちの進むべき道を切り拓いてくれた曲だし、道なき道を行くBABYMETALらしさが詰まった「この曲なしでBABYMETALは語れない」っていう一曲ですね。でも、あえて違う曲を挙げるとすれば「ギミチョコ!!」です。やっぱりターニングポイントになった曲だと思うので。

――道なき道を行くような海外ツアーを重ねてきた中で、BABYMETALはどのように変わったと思いますか?

SU-METAL:世界では日本の常識が通用しないことがたくさんあるし、国によってメタルの文化もちょっとずつ違うんですよね。それを実際に見ることができるというのは、日本でだけライブをしていたらできない経験だと思っています。だから、今の自分たちがこれほどのパフォーマンスをできているのは、世界を回ってきたおかげだと思いますね。

MOAMETAL:私もそう思います。日本だけで活動していたら今のBABYMETALはいないだろうなって。海外でいろんなことを自分たちの目でしっかり見て、いろんなアーティストさんと関わらせていただく中で、たくさんのことを学んできました。だからこそ日本に帰ってきたときに、いつも待っていてくださる方々に最高のパフォーマンスを届けられていると思っています。海外もあって、日本もあって、それでBABYMETALはちゃんと存在しているんだって。

――世界中のメタルバンドやメタルファンとコミュニケーションする中で、何か発見はありましたか?

SU-METAL:みなさんすごく優しいですね。メタリカさんとかジューダス(・プリースト)さんとか、みなさんが神と崇めているような方とお会いしても、親戚みたいな感じなんですよね。拙い英語でフランクにお話しさせてもらった後、ライブを観に行って「すごい人だった!どうしよう!」みたいになることがたくさんあります(笑)

MOAMETAL:レッチリさんとツアーを回らせていただいた時、ドラムのチャドさんは毎日私たちの楽屋にいてずっと世間話をしていたんですよ。「好きな食べ物は何?」とか言って。優しく接してくれる人たちばかりで、可愛がってもらえて幸せだなと思います。レッチリさんとは本当はEUだけ一緒にツアーをやるはずだったのに、最終的にはUSツアーにも呼んでもらえて、すごく嬉しかったです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. METAL RESISTANCE最終章。10周年のその先に向かって
  3. Next >

METAL RESISTANCE最終章。10周年のその先に向かって

――BABYMETALは2013年からメタルの復興を目的に「METAL RESISTANCE」を掲げて活動を続けてきました。2021年には、日本武道館ワンマンライブ10公演【10 BABYMETAL BUDOKAN】で“METAL RESISTANCE最終章”を迎えることが発表されていますが、メタルの復興は果たされたと思いますか?

SU-METAL:メタルが世間的にどうなったのかは、正直わからないです。もしかしたら、まだ敬遠する人もたくさんいるんじゃないかなと思います。でも、BABYMETALはメタルとJ-POPなどいろんなものを繋ぐ“架け橋”になっているとは思っています。海外では小さい子供たちもライブに来てくれるし、日本でも大きい会場では家族でコスプレして来てくださる方もいて、少しずつBABYMETALを通してメタルが気軽に楽しめるようになってきたとも感じています。また、この前ブリング・ミー・ザ・ホライズンのみなさんとお話しさせていただいた時に「BABYMETALはポップスで育ってきた女の子たちがメタルをやっているけど、今度はメタルバンドがポップスをやる番だと思う」と話していて、また逆の“レジスタンス”も生まれているんだなと感じています。この10年間活動していく中でメタルという音楽の幅はさらに広がったはずなので、そういう意味では「レジスタンスできているんじゃないかな」とちょっと思う部分はあります。

MOAMETAL:私としてはこれまで10年間歩んで得たものをきちんと見せるための期間というか、BABYMETALに出会ってくれた人たちに感謝をするための期間かなと私は思っています。

――武道館での10公演というのは前代未聞ではないかと思うのですが、どのようなライブにしたいと思っていますか?

SU-METAL:私たちは2014年に武道館で初めてライブをして、そこから海外に行ったんです。だから武道館は日本のみなさんにお見送りしてもらった場所という感覚があります。そういう意味で、“ライブで成長していくBABYMETAL”は武道館から始まったんじゃないかなとも私は思っています。だから、まずはその武道館に「海外を回って、こんなに大きくなったぞ」と見せつけたいなと思っています。それと2020年はコロナ禍でライブツアーできなくて、「ライブができないと、自分ってこんなにストレス溜まるんだ」と気が付くくらいだったので、今すごくエネルギーが溜め込まれているんですよね。それを発散したいという気持ちもありますし、10周年で10公演やるからには何か特別なことをやりたいなとも思っています。


▲BABYMETAL - LIVE AT BUDOKAN ~RED NIGHT & BLACK NIGHT APOCALYPSE~ Digest

MOAMETAL:武道館に限らず、同じ会場で10公演やるという経験はこれまでにないですし、それを武道館という場所でやらせていただけることが、まずすごく嬉しいです。今年はコロナの影響で予定していたアジアツアーが中止になって、楽しみが奪われてしまったというか「コロナさえなければ」と思ってしまう日々を過ごしていたので、まずは開催を発表できたことにすごく安心しています。確実に開催できるとは言い切れない状況ではあるんですけど、それでもこの発表だけでも何かみなさんの希望になればいいなって今は考えています。楽しみがやっと戻ってこようとしているので、みんな元気で武道館に集まれる日が無事に来ればいいなと祈っています。

――最後の質問です。BABYMETALのメンバーとして活動を続けたこの10年間で、何を失い、何を得たと思いますか?

SU-METAL:多分、それを考えるのが難しいくらい、いろんなものを得ていると思います。そもそもこの10年間が私にとっては10代という成長期の10年だったので、そんな時期に普通の人だったら経験しないような経験をして生きてきてしまっているんですよね。だから「普通に生きてたらどうなってたんだろう?」なんて想像もできないくらいです。でも、一番大きな変化は、ハートが強くなったことじゃないかと思います。アウェーな環境を楽しめるようになったり、自分を信じたり、仲間を信じたりできるようになりました。直感力みたいなものが身についたというか、普通に音楽をやっていても身につかなかったものが、BABYMETALのライブを通して身についている気がします。

そして、こうして考えても失ったものを思いつかないくらい、BABYMETALを通していろんな方々と出会えました。スタッフさんも本当に家族みたいな関係だし、ある意味MOAMETALも妹みたいな感じです。

MOAMETAL:私も一生懸命、失ったものを考えていたんですけど、得たものしかないです。失ったものに気づかないくらい、得ているものが多すぎて、それは幸せなことだなって今思いました。その中でも、一番「良いものをもらったな」と感じているのは、やっぱりBABYMETALと出会えたことです。この10年間でそこにいちばん感謝しないといけないと思うくらい、私はこのチームがすごい好きです。

写真

BABYMETAL「10 BABYMETAL YEARS」

10 BABYMETAL YEARS

2020/12/23 RELEASE
TFCC-86739 ¥ 4,400(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Doki Doki ☆ Morning
  2. 02.Headbangeeeeerrrrr!!!!!
  3. 03.Ijime,Dame,Zettai
  4. 04.Megitsune
  5. 05.Gimme Chocolate!!
  6. 06.Road of Resistance
  7. 07.KARATE
  8. 08.THE ONE
  9. 09.Distortion (feat.Alissa White-Gluz)
  10. 10.PA PA YA!! (feat.F.HERO)

関連キーワード

TAG

関連商品

BABYMETAL
BABYMETAL「BABYMETAL」

2014/02/26

[CD]

¥2,200(税込)

BABYMETAL
BABYMETAL「BABYMETAL」

2014/02/26

[CD]

¥4,180(税込)

メギツネ
BABYMETAL「メギツネ」

2013/06/19

[CD]

¥1,320(税込)

メギツネ
BABYMETAL「メギツネ」

2013/06/19

[CD]

¥1,980(税込)

メギツネ
BABYMETAL「メギツネ」

2013/06/19

[CD]

¥1,980(税込)

メギツネ
BABYMETAL「メギツネ」

2013/06/19

[CD]

¥1,980(税込)

イジメ、ダメ、ゼッタイ
BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

2013/01/09

[CD]

¥1,257(税込)

イジメ、ダメ、ゼッタイ
BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

2013/01/09

[CD]

¥1,885(税込)

イジメ、ダメ、ゼッタイ
BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

2013/01/09

[CD]

¥1,885(税込)

イジメ、ダメ、ゼッタイ
BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

2013/01/09

[CD]

¥1,885(税込)

ヘドバンギャー!!
BABYMETAL「ヘドバンギャー!!」

2012/07/04

[CD]

¥3,143(税込)

ヘドバンギャー!!
BABYMETAL「ヘドバンギャー!!」

2012/07/04

[CD]

¥1,257(税込)

ヘドバンギャー!!
BABYMETAL「ヘドバンギャー!!」

2020/12/23

[CD]

¥1,257(税込)

LIVE AT TOKYO DOME
BABYMETAL「LIVE AT TOKYO DOME」

2017/04/12

[Blu-ray Disc]

¥8,800(税込)

LIVE AT TOKYO DOME
BABYMETAL「LIVE AT TOKYO DOME」

2017/04/12

[Blu-ray Disc]

¥9,900(税込)

メギツネ
BABYMETAL「メギツネ」

2013/06/19

[CD]

¥1,320(税込)

メギツネ
BABYMETAL「メギツネ」

2013/06/19

[CD]

¥1,980(税込)

メギツネ
BABYMETAL「メギツネ」

2013/06/19

[CD]

¥1,980(税込)

メギツネ
BABYMETAL「メギツネ」

2013/06/19

[CD]

¥1,980(税込)

イジメ、ダメ、ゼッタイ
BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

2013/01/09

[CD]

¥1,257(税込)

イジメ、ダメ、ゼッタイ
BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

2013/01/09

[CD]

¥1,885(税込)

イジメ、ダメ、ゼッタイ
BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

2013/01/09

[CD]

¥1,885(税込)

イジメ、ダメ、ゼッタイ
BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

2013/01/09

[CD]

¥1,885(税込)

ヘドバンギャー!!
BABYMETAL「ヘドバンギャー!!」

2012/07/04

[CD]

¥3,143(税込)

ヘドバンギャー!!
BABYMETAL「ヘドバンギャー!!」

2012/07/04

[CD]

¥1,257(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【深ヨミ】5作連続で首位獲得 ジャニーズWESTのシングル直近5作の販売動向を調査

  2. 2

    聖飢魔II、地球デビュー35周年期間限定再集結活動を続行、有観客での大黒ミサツアー開催と教典の発表を宣言

  3. 3

    菅田将暉、大切な人への想いを歌う新曲「星を仰ぐ」配信リリース

  4. 4

    SARD UNDERGROUNDの3rdシングル「ブラックコーヒー」、アニメ『おかしなさばくのスナとマヌ』コラボによるショートMV公開

  5. 5

    常田大希率いるmillennium parade、ワンマン公演を配信【millennium parade Live 2020】

HOT IMAGES

注目の画像