Billboard JAPAN


Special Contents

瑛人「香水」上回る勢いで大注目! TikTok発「ポケットからきゅんです!」総再生数3億回超え



瑛人「香水」上回る勢いで大注目! TikTok発「ポケットからきゅんです!」総再生数3億回超え

 2020年は音楽業界にとって苦難の年となった。新型コロナのパンデミックによって緊急事態宣言が発令、自粛要請によってライブやコンサートがことごとく中止を強いられ、作品のリリースも延期せざるを得ない状況になったりと、すべてのアーティストがこれまで通り活動できなくなってしまった。しかし、そんな状況下においても日本中の老若男女に愛され、2020年を代表するヒット曲が次々と動画投稿アプリ・TikTokから生まれている。

 その最たる例が最近ではお茶の間でもおなじみの瑛人「香水」。2019年4月の発売当初はさほど注目されることのなかった今作は、TikTokユーザーに発見されるなり幾多数多の動画のBGMとして使用され、中島颯太(FANTASTICS from EXILE TRIBE)やチョコレートプラネット、香取慎吾らのカバー動画も大きな反響を呼んで、発売から約1年の時間をかけて大ヒット。歌詞に出てくる「ドルチェ・アンド・ガッバーナ」のキャッチーさも手伝って、最近では幼い子供たちが歌う動画も急増し、瑛人本人へのメディア出演依頼も殺到している。

瑛人「香水」上回る勢いで大注目! TikTok発「ポケットからきゅんです!」総再生数3億回超え

 今回の記事では、そんな「香水」に続く勢いで注目を浴びている楽曲にフォーカスしたい。それは、2020年6月にTikTokに投稿された15秒のキュートなオリジナルソング「ポケットからきゅんです!」。同曲は投稿から2か月しか経っていない2020年8月時点で225万人ものTikTokユーザーがピックアップ(瑛人「香水」は発売から1年で10万人)。子犬や子猫などの愛らしいペットの動画、人差し指と親指を交差させてハートを作る「きゅんです」ポーズの動画などのBGMとして続々と使用され、わずか2か月で関連動画の総再生数は3億回を突破。Billboard JAPANのTikTok週間楽曲ランキングでも11週連続TOP5入りを果たしている。

 なお、渋谷トレンドリサーチ調べで「きゅんです」は、「ティーンの間で流行したものベスト5」で堂々1位を記録。TikTokだけでなく、Instagramでも2020年上半期7位のトレンドとなっており、アンダー22ageの間での認知度は90%以上となっている。今年の流行語大賞にノミネートされそうな勢いだ。それに伴い、同曲もTikTokの歌唱ライブ配信企画で初ライブを披露すると、各サブスク音楽配信サービスにて一斉配信。USENでも全国的にヘビーローテーションされ、第一興商(DAM)などでのカラオケ配信もスタートと、TikTokから生まれた「ポケットからきゅんです!」はあらゆるメディアへと飛び火し、今年来年と音楽シーンを代表する大ヒット曲になりつつある。

瑛人「香水」上回る勢いで大注目! TikTok発「ポケットからきゅんです!」総再生数3億回超え

 そんな「きゅんです」ポーズと共に大注目を集めている「ポケットからきゅんです!」を歌うのは、同曲がデビュー作となる女性シンガーソングライター・ひらめ。その歌声も、歌詞も、メロディーも、すべてがハートフルで胸が文字通り「きゅん」となるような楽曲を得意とする、TikTok発の新世代アーティストである。近年は楽曲そのものの力だけでは大ヒットが生まれづらく、総合的なアーティストブランド力がないと売れることは難しくなっていたが、ひらめも瑛人同様に純粋な歌の魅力で新しい時代を切り開いていく逸材。ここからまだまだ有名になっていくであろう「ポケットからきゅんです!」とひらめに今後も注目してほしい。

TEXT:平賀哲雄

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    50セント、一転してトランプ大統領再選支持を撤回

  2. 2

    LiSA、「炎」が米ビルボード・グローバル・チャートTOP10入り

  3. 3

    2020年【ロックの殿堂】入り記念式典、豪華アーティスト勢揃いの予告映像解禁

  4. 4

    ハリー・スタイルズ、地元英マンチェスターに新設されるアリーナ開発に携わる

  5. 5

    ビッケブランカ VS 岡崎体育、コミカルで仲の良いMVメイキング映像を公開

HOT IMAGES

注目の画像