Billboard JAPAN


Special Contents

リスナーに寄り添う音楽を―― 「Myra」がヒット中のTani Yuuki 等身大インタビュー



Tani Yuukiインタビュー

 テンポの良いメロディに<愛してるよMyra 腕の中でmy love>と韻を踏んだ歌詞が中高生を中心にヒットし、「Myra」は2020年7月LINE MUSIC月間チャートで見事1位を獲得。再生回数や影響力などを総合的に判断して生成された国内週間楽曲ランキング“TikTok HOT SONG Weekly Ranking”では、8週連続でトップ10をキープするなど、SNSで高い人気を誇っている。今年から音楽ヒットのサイクルとして、TikTokから火が付き、ストリーミングやカラオケで急上昇という流れが確立してきているが、ストリーミングや動画再生など8つの指標を合算したBillboard JAPAN総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”でも「Myra」は最高14位、ストリーミング・チャートでは9週にわたってトップ20をキープと、確かな結果も出しており、まさに2020年を代表する1曲になりつつある。

 その「Myra」を作詞・作曲・編曲まで全て手掛けたのがシンガーソングライターのTani Yuukiだ。1998年生まれの現在21歳の若きクリエイターは、WHITEBOXというアカペラグループにも所属し、ソロそしてグループで表情を使い分け、ファンを魅了している。

 「Myra」の勢いそのままに、夏らしいEDMサウンドの新曲「Life is beautiful」を配信リリースしたばかりのTani Yuukiのメディア初インタビューをお届け。ヒットの瞬間や、彼が音楽の道に進んだきっかけ、そして新曲について大いに語ってもらった。

僕と同じような状況の子たちを
元気づける歌を作れたらいいなと思って

――7月1日のサブスク解禁を機に、様々な音楽プラットフォームで急上昇を見せた「Myra」ですが、全国的な認知度が広がっている状況を当時はどう感じていらっしゃいましたか?

Tani Yuuki:バズってる瞬間を僕、見ていたんです。それまで投稿していた動画のいいね数が100とか200とかだったんですけど、いきなり500に増えて、再生回数も1kって出たので「あれ、バズったかも!?」って。そこで一回タブを閉じて、しばらく時間を置いたら結構伸びていきました。そこからたくさんのフォロワー数を持ってらっしゃる方が僕の曲を使ってくれるようになって、それでより徐々に広がっていったと思います。

――TikTokerが使ってくれたことで、よりこの曲が使われるようになったんですね。

Tani Yuuki:最初は女性のTikTokerさんが使ってくれることが多くて、ファンがいっぱいいらっしゃるTikTokerさんが使ってくれたのがすごく大きかったと思ってます。

――TaniさんのTikTokアカウントを見ると、ご自宅で歌われている姿を撮影した投稿がほぼメインですが、TikTokをやり始めたきっかけは何だったんですか?

Tani Yuuki:最初はあまり力を入れてなかったんですが、WHITEBOXのメンバーが動画を投稿し続けてくれたおかげでフォロワーが増えたんです。それをきっかけに、TikTokも頑張れば伸びるかもしれないと思って、キャッチャーな歌を投稿していこうと思って投稿した最初の曲が「Myra」だったんです。数字を伸ばそうと思って、それからは毎日、頻繁に投稿するようになりました。

@yu___09___11

知らない方がいいことってあるよね。##Myra##歌ってみた##弾き語り男子##オリジナル##ラブソング##TaniYuuki##WHITEBOX ##オリジナルネタ募集中 ##tiktokでゲーム中 ##キッチンペーパーチャレンジ ##いきなりドッキリ

♬ Myra - Tani Yuuki

@yu___09___11

【オリジナル】おかえり/TaniYuukiあなたがここへ笑顔で帰るまで。#T#aniYuuki#お#かえり#オ#リジナル曲#弾#き語り男子#W#HITEBOX#お#すすめ#夏#の歌うま

♬ オリジナル楽曲 - Tani Yuuki

――Taniさんは、Tani Yuukiとしてのソロ活動もありながらも、WHITEBOXやUNLOVITなど、いろいろなプロジェクトに関わられていますね。今では作詞・作曲・編曲までご自身で全てこなされていますが、小さい頃から音楽活動をされていたんですか?

Tani Yuuki:中学2年生の時に部活でケガをしちゃって、普段の生活ができない時期があって、ちょっと落ち着いた時に、おじいちゃんからもらったアコースティックギターをストレス発散で触ったのが音楽を始めたきっかけでした。そこからギターと歌の練習をして、高校に入ったあとも楽しく続けていたので、この道で行こうと決めて専門学校に行ってオリジナルを作り始めたんです。WHITEBOXを組んだのは高校2年か3年くらいで、そこからしばらく連絡を取ってなかったので、なんだかんだ、ちゃんと動きだしたのは専門学校に入ってからでしたね。

――ピアノは習ってましたか?

Tani Yuuki:いや、ピアノを習ったことなくて、専門に入ってから独学で身に付けました。ギターも独学で、スピッツの「チェリー」で「Fが押さえられない!」って練習して弾けるようになりましたね。

――そうなんですね(笑)。中学校で周りに音楽をやってるお友達はいましたか?

Tani Yuuki:中学校では後輩にちょっといたんですけど、ユニットとかバンド組んだりみたいな子はいなくて、ほぼ一人でやってましたね。

――PC機材を本格的に学んだのも専門学校ですか?

Tani Yuuki:PCは専門を卒業してからで……

――じゃあ、まだ1年ぐらいですね。

Tani Yuuki:DTM(デスクトップミュージック)を始めたのは専門を卒業してからなので、1年ぐらいですね。ずっとパソコンを持ってなくて、WHITEBOXの動画の歌とかはiPadのGarageBandで録ってグループのリーダーであるホワイトくんに送ってました(笑)。専門に行ってた時もそういうコースにいたわけではないので、触りみたいな基本はホワイトくんから教えてもらって、そこからは自分でやりました。

――音楽をやりたいと思った決定的な出来事とかあったんですか? 誰かに歌を褒められたとか、誰かの曲を聴いて、「僕もこの人みたいに歌いたい」って思ったとか?

Tani Yuuki:誰かに影響されたといえば、母の実家におじいちゃんのギターとおじさんの生ドラムがあって、「ギターかドラム、どっちにしようか?」って思った時に、僕、その時にゆずが好きだったので、アコギだったら歌いながら弾けるって思ってアコギを選んだんです。あと、中学生の時に病気で学校に通えなくなっちゃって、成績もボロボロで内申点も足りず、行ける高校がどこにもなくて……勉強もできないし、特にやりたいこともないし、行きたいとこもないし、「今の自分に何が残ってるんだろう?」って考えたときに、「オレ、今音楽しかやってないな」って思ったんです。病気のときって、こう、(心が)すごく腐っちゃうんですよね。僕と同じような状況の子っていっぱいいると思うし、そういう子たちを元気づける歌を作ったり、歌えたらいいなと思って音楽の道に進みました。

――今こうしてたくさんの人に聴かれているので、Taniさんの夢がまさに叶っている時だと思います。私が持っている音楽の感覚とTaniさんのような20代前半の方の感覚はちょっと違うのかと思うんですが、CDを買ったり、レンタルショップに通ったり、毎週音楽番組を観たりする、というようなことをTaniさんはされてましたか?

Tani Yuuki:人生でCDを買ったのは、片手に収まるぐらいの回数しかないですね。でも『Mステ』は毎週観てました。音楽を聞くのは、ほぼストリーミングですね。

――その数少ないCDはどなたの作品なんですか?

Tani Yuuki:RADWIMPSがすごく好きで、一番最近はRADWIMPSの『ANTI ANTI GENERATION』です。あと、小学5~6年の時に、親に連れられて杉山清貴さんのライブに行ったんです。そこで「ひまり」っていうユニットが前座をやられていて、ゆずチックな方たちなんですけど、ライブ会場で買ったひまりさんのCDが、僕が人生で初めて買ったCDです。Yuuki君ってサインも書いてもらったんですよ(笑)。

――(笑)。ゆずチックなアーティストや、そういうジャンルの曲に惹かれやすいんですね。

Tani Yuuki:最初に触った楽器がアコギだったっていうのもあって、結構アコースティックな曲を聞くことが多かったですね。専門に入ってから違うジャンルの子とユニット組んだり、バンドを組んだりして、色々な刺激をもらって、いろんな曲を聞くようになり、作る曲の幅も増えていきました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「Myra」には、今までの僕が入ってる
  3. Next >

「Myra」には、今までの僕が入ってる

――やっぱりTaniさんと言えば、ギター一本で歌う姿がイメージとして定着していると思います。「Myra」は途中でピアノからギターに移っていって、最後は前半と全然違う曲の流れになってとても綺麗でした。アナログな楽器の部分もあれば、後ろでビートがしっかり聴こえたり、音が何層にも重なったりして、デジタルな部分も見事にミックスされているとも思います。この曲はいつ頃作られたんですか?

Tani Yuuki:初めてワンコーラスを投稿したのが今年の3月だったんですけど、その時は全体的なぼやっとしたイメージしかなく、特にDメロはその後から作り始めたので、ワンコーラスができた時は全体像のようなものは考えてなかったです。


――この曲は、ある人との切ない別れを想像させるストーリーがありますが、ワンコーラスを作り始めた時は、そういった展開は特に描いてなかったんでしょうか?

Tani Yuuki:そこはすごく考えてました。「Myraって誰なの?」ってよく聞かれるんですけど、ある女の子の名前としてMyraを使っているだけで、実名ではありません。失恋した時って自分の気持ちを守るために、虚勢を張るじゃないですけど、いろんな感情で守ってると思うんです。僕は当時、相手をディスっちゃうような曲ばかり書いていたんですけど、時間が経って、客観的に見れる自分で、その時の自分の素直な気持ちを書いたらどうなんだろうと思って書きました。

――“My love”と“Myra”のサウンドが似ていますが、先に出たのはどっちだったんですか?

Tani Yuuki:Myraが先ですね。めっちゃ名前は考えました(笑)。僕、韻を踏むのを好きなんですけど、RADWIMPSとか(野田)洋次郎さんの曲がすごく好きで、特に歌詞は影響が強いと思います。

――「Myra」は本当に韻だらけで、それがカッコよくて、すごく緻密に丁寧に作られている印象があります。洋楽では韻を踏むのが当たり前だったりしますが、韻を踏みつつ、内容も伝えるって至難の業だと思うんです。韻を考えると二重の手間がかかるなと……

Tani Yuuki:めちゃめちゃムズイです。曲によってはこじつけになっちゃう時とかもあって、例えば<夢の中へdiver>の“diver”は潜っていくという意味で通じるのですが、感覚的には違和感があるので、こういうことは起こりうるのかなと思ってます。

――意味よりも音を優先することもありますよね。でも“diver”と“liar”が韻を踏んでいて、liar(嘘つき)を使うことで、その女性がどういう女性なのかが瞬時に分かります。歌詞もサウンドも丁寧に作りこまれていて、そういったところがリスナーに響いているのかなと思いました。

Tani Yuuki:この曲は今まで僕が出会った人たちの要素が盛り込まれた曲だと思っていて、Bメロのコード進行は、専門学校の時に「このコード進行エモいんだよ」ってギターの先生に教えていただいたものだったり、ラストのサビには違うプロジェクトでご一緒させていただいた音楽プロデューサーさんの曲調とかコーラスとかエッセンスが入っています。ギターとかピアノとかアコースティックな部分に僕が残っていて、今までの僕がこの曲に入ってる感じです。

――それは面白いですね。お話が変わるのですが、Taniさんって洋楽も聞きますか?

Tani Yuuki:ミーハーなんですけど、お父さんがクイーンとか洋楽がすごく好きで、小さな頃から車で流れてたので洋楽に抵抗はないです。最近はアヴィーチーをよく聞いてました。あとエド・シーランと、専門の子にめちゃめちゃ勧められてエリック・クラプトンを聞いてた時期もありました。たまにクイーンも聞きたくもなりますし、ジャスティン・ビーバーなど、すごくメジャーな曲ばかりですが洋楽も聞きます。

――新曲の「Life is beautiful」がカイゴのような夏っぽい爽やかなトロピカルハウスだったので、もしかしたら普段からEDMを聞いてらっしゃるのかと思って洋楽のことを聞きました。

Tani Yuuki:アヴィーチーの「ザ・ナイツ」を聞いた時に、こういうEDMのエッセンスを取り入れた曲を作りたいと思ったんです。後半に「ヘイ!」みたいな掛け声が入ってるんですけど、そこはアヴィーチー感強めです(笑)。


――惹かれた部分を反映させたんですね。

Tani Yuuki:そうですね。コロナになる前から作り始めていて、それまではWHITEBOXのメンバーと集まって動画を撮るみたいな制作合宿をちょくちょくやっていたんですけど、コロナになってからは思うように会うこともできず、3~4か月も会ってなかったりして、歌の後半は友達や家族とか大切な人のことを歌っています。「次はいつ会えるんだろう?」って、こんな状況になって考えさせられた部分もあって、この状況は自分だけでも、ごく一部の人だけでもなく、全員がそう感じていることだと思うので、暗い世の中になっているからこそ、明るい曲を出したいって思いました。

――この曲も“Hey yo”と“成功”法、“迷路”と“平行”線など、韻がたくさん踏まれていますが、歌詞はスラスラと作れましたか?

Tani Yuuki:「Myra」はわりと早くできたんですけど、この曲は結構時間がかかりました。棘があるのは嫌だったし、面と向かって頑張れと言われるとキツイというか、ガツガツしすぎてると、ちょっとしんどいかなって思って、言葉選びに結構時間がかかりましたね。ワンコーラスは自由に作って、そのワンコーラスを基準にして、歌詞を作っていきました。サビが最初にできたと思います。一番伝えたいところから作ってると思いますね。一番難しかったというか、すごく考えこんだ気がするのはBメロです。

――メロディはどうでしたか? 比較的最初からサラっとできました?

Tani Yuuki:僕、お風呂に入ってる時にサビのメロディとか歌詞のワンフレーズが出てくることが多くて、そこから広げていくことが多いんです。「Myra」はそういうタイプだったんですが、「Life is beautiful」は伴奏から作りました。DTMでがっつりトラックを作ったことがあまりなかったんですがやってみようと思って、その後にメロディと歌詞を考えました。こういう作り方は初めてだったり、いつもと曲調が違うのもあって普段よりも時間がかかったと思います。

――ところどころで英単語が使われてますし、発音も気にして歌われてますよね? 「Myra」でもLとRの使い分けをハッキリさせていたかと思います。

Tani Yuuki:結構気にしてますね。寄せてというか、僕、英語は喋れないんですけど、発音は綺麗なほうが耳馴染みがいいと思っているので、気にしてます。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 等身大でいようとーー
    身近に感じてもらえるように
  3. Next >

等身大でいようと思っています――
身近に感じてもらえるように

――「Life is beautiful」がTikTokに投稿されたのが4月後半だったので、約4か月を経て、ついにリリースを迎えましたね。今回はミュージックビデオも作られましたが、内容について、何か希望を出されたんでしょうか?

Tani Yuuki:曲のイメージが夜なので、その雰囲気に合わせてネオンっぽくしてもらいました。<夢を歌い叫んで 出会えてよかったって 笑いながら踊り明かそうぜ>っていうサビの歌詞のように、クラブで盛り上がるとか、友達と夜にキャンプファイアをするっていうようなイメージを伝えて、作ってもらいました。自宅で撮っているのとは段違いで、比べ物にならなかったです。

――野外フェスのような灼熱の太陽の下でも、夜のドライブやキャンプファイアでも、両方の雰囲気にマッチする曲ですよね。

Tani Yuuki:コロナが落ち着いて、みんなでワーってできる日が来たら、この曲で思いっきり楽しんでほしいって密かに思ってます(笑)。

――出会いや成長が詰まった一曲ですね。

Tani Yuuki:この曲は僕が生きてきた21年間の一部分を描いています。最初の仲間との出会いはWHITEBOXとか専門時代の仲間のことを言っていて、2番頭のジェラシーの部分は、当時組んでいたユニットの相手がオリジナル曲をたくさん持っていて、自分よりもバリバリ音楽活動をしていて、上手くて、自分と比べてしまったときのことを歌っています。後半は今のこの状況にマッチしている歌詞なので、専門から今に至るまでの僕のことを書いた曲です。

――音楽仲間からの反応はどうでしたか?

Tani Yuuki:集まった時に一緒に歌いたいって言ってくれました。本当はMVにエキストラのような感じで出て欲しかったんですけど、今の状況もあって実現できなかったんです。

――SNSにはTaniさんの曲をカバーする動画がたくさんあがってますが、そういった動画やファンからの反応はチェックされてますか?

Tani Yuuki:めっちゃ見てます。SNSでバズった頃は本当に嬉しくて、全部に反応していたんですが、最近はちょっと追いつかなくて……。でも、そういう方たちのおかげで広がったので、すごくありがたくて、なるべく反応したいなって思っています。僕の曲を一番聞いてくれている子って学生さんが多いと思うんですけど、学校に行けていなかった子から「今日、学校に行けました」ってメッセージを届いたときは嬉しかったです。僕が音楽を始めたきっかけには「僕と同じような状況の子を元気づけたい」が根本にあるので、その思いが叶って嬉しかったです。ほかにも、その日あった出来事を教えてくれたり、物語のように長い文章でコメントを書いてくれたりする人もいて、見ちゃいますね。

――学生時代に触れた音楽って大人になっても覚えていることが多いので、Taniさんの音楽が今の学生さんたちのこれからの人生にも関わっていくと思うと不思議ですね。

Tani Yuuki:そうなってくれたらすごく嬉しいですし、ちょっとおこがましいですけど、寄り添えているのであれば、作り手としてはめちゃめちゃ嬉しいです。

――シンガーとして、作り手として、音楽作りの核となっているモノはありますか?

Tani Yuuki:素でそうなのかもしれないですけど、等身大でいようとはすごく思っています。背伸びしすぎないように、「Myra」とか「Life is beautiful」のように友達に話しているような話し言葉で書いたほうが、リスナーさんにより身近に感じてもらえるんじゃないかって思って大事にしています。

――「Life is beautiful」の反響が楽しみですが、今後やりたいことはありますか?

Tani Yuuki:ライブはやりたいですね。SNSの数字では見えますけど、実際ライブ会場でやったら、どのくらいの人が来てくれるんだろうって気になります。今の僕としてライブをやってみたいのと、これを機に今までやったことがなかったコラボや、全部自分で曲を作っているので、誰かと一緒に作ってみたいです。楽曲提供やプロデュースにもすごく興味があるので、将来もしできたらやってみたいですね。後世にも残るような、ずっと聞かれるような名曲や音楽を作っていきたいです。「Myra」と同じようにいくとは思っていないので、ここからが頑張り時だって思っています。

――もう次の作品に向けて動いているんでしょうか?

Tani Yuuki:はい。もう次の配信の曲は決めていて、フル尺では出来ているんですけど、これから歌詞を書いたりアレンジを変えたりするので、発表はもうちょっと先になりそうです。

――そちらも楽しみにしています。今日はありがとうございました。

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    50セント、一転してトランプ大統領再選支持を撤回

  2. 2

    LiSA、「炎」が米ビルボード・グローバル・チャートTOP10入り

  3. 3

    2020年【ロックの殿堂】入り記念式典、豪華アーティスト勢揃いの予告映像解禁

  4. 4

    ハリー・スタイルズ、地元英マンチェスターに新設されるアリーナ開発に携わる

  5. 5

    ビッケブランカ VS 岡崎体育、コミカルで仲の良いMVメイキング映像を公開

HOT IMAGES

注目の画像