Billboard JAPAN


Special Contents

Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー



Quarter Century『SPEED STAR』インタビュー

 2020年でデビュー30周年のLINDBERG・小柳“Cherry”昌法と、アニメ『ONE PIECE~呪われた聖剣』主題歌などでお馴染みの寺田岳史(ex.晴晴゛)。J-POPをこよなく愛するふたりが新ユニット・Quarter Centuryを結成! 年の差四半世紀の彼らが如何にして出逢い、共に音楽を奏でることになったのか。デビュー作『SPEED STAR』発売直前に語ってくれた。あらゆる年代のJ-POPフリークにご覧頂きたい。

「フラれたらどうしよう?」ってマジで不安だったんですよ(笑)

--まず岳史さん(以下、ガクシ)とCHERRYさん(以下、チェリー)が出逢った経緯を教えてもらえますか?

Quarter Century「SPEED STAR」
Quarter Century「SPEED STAR」

チェリー:初めて会ったのは、2002年か2003年ぐらいじゃなかったっけ?

ガクシ:僕が17歳か18歳ぐらいのとき、晴晴゛でソニーからデビューする前にアーティスト寮に入っていたんですが、そこにスタジオがありまして。いろんな人が出入りしていたんですけど、いきなりLINDBERGのチェリーさんがぽこっと現れたんですよ。「なんでここにチェリーさんがいるんだろう?」と驚いたのが最初の出逢いですね。

チェリー:2002年でLINDBERGが1回解散した後に、NSPのバックバンドを務めていたんです。当時のイベンターの人が紹介してくれたんですけど、その流れでスタジオに入ったときに偶然出逢っちゃった。

ガクシ:それからしばらく時が経って、晴晴゛も解散したあとの話になるんですけど、Whiteberryの前田由紀がウチの事務所に入ってきたんです。それで「夏祭り」を歌いに行くキャンペーンで全国各地を一緒にまわっていまして、7年前ぐらいかな? 青森県のお祭りに出演したときに「あれ?晴晴゛のガクシくんじゃない?」と声をかけて下さったのがチェリーさんだったんです。でも、僕は最初の出逢いから十数年経っているし、当時はクソガキだったからただただポカーンとしていたんですよ。なので「なんでLINDBERGのチェリーさんが僕なんかに声をかけてくれるんだろう?」と思って、昔のスタッフとかにも連絡しまくって確認したら「アーティスト寮で会ったときのことを憶えていてくれたんじゃない?」って。

チェリー:その時は坂本サトルくんのソロプロジェクトに参加していたんですけど、青森は彼の故郷だったんです。それで「地元でライブする」って言うから僕も行って、本番前のステージ袖で見かけて「あれ?」みたいな。

ガクシ:そうなんです! そんな中、大先輩のチェリーさんが僕なんかのことをちゃんと憶えてくれていたのに、本当に失礼な話なんですが、自分は最初の出逢いをしっかり憶えていなかったんですよね~。なので、打ち上げの時に正座してめっちゃ謝りました(笑)。

チェリー:正座は嘘(笑)。

ガクシ:あと、チェリーさんはスーパーミュージシャンだから、僕の師匠筋の方やお世話になった人たちとも仕事されていて、共通の知っている人たちとの仕事の話で会っていなかった期間を埋められる、そんな打ち上げになったんですよね。そこから仲良くさせて頂けるようになったんですけど、2020年に僕もこの業界に入ってからちょうど20周年を迎えることになりまして、LINDBERGさんもデビュー30周年、そして、チェリーさん自身も還暦を迎えたりと。そんないろんなアニバーサリーが詰まった年にどうしても一緒に何かをやりたかったんです。あと、僕はソロシンガーで活動するよりも「相方が必要だ」と常々思っていたんですけど、どう考えても『小柳“Cherry”昌法』しかいなかったんですよね。

--なるほど。

Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー
▲左から:チェリー/ガクシ

ガクシ:「同じ世代でバンド組める人なんていくらでもいるじゃないか」と思われるかもしれないんですけど、そうじゃないんですよね。僕は理想的な相方を求めていたんですよ。で、恐縮ながら、自分と並んだときの身長や髪型といったビジュアルワーク的な相性もそうだし、腕は確かだし、ネームバリューもあるし、チェリーさんは僕にとってまさしく理想的な相方だったんです。それで、僕から「一緒にやってください」と告白するわけなんですけど、コクる前日から緊張して眠れなくて!

チェリー:ハハハハ!

ガクシ:「フラれたらどうしよう?」ってマジで不安だったんですよ(笑)。だって、断られてしまったら、もう誰も相方にしたい人なんていないわけですから!「チェリーさんにフラれたらもう諦めよう」ぐらいの気持ちだったんです。で、眠れぬ夜が明けて電話するわけです。「僕と一緒にデビューしませんか?」とコクって。そしたら「LINDBERGのアニバーサリーツアーも控えているから、スタッフにも確認してみないと。一緒にやるとなったら真剣にやりたいし。だから半日ぐらい時間くれる?」ということで、その返事を待っている間は心臓バクバクですよ! ケータイの前でずーっと待機していました。

--エピソードが完全に恋愛ですね(笑)。

チェリー:不思議な感じですよね(笑)。

ガクシ:だって、いろいろ考えると思うんですよ。年の差もかなり離れていますし、自分の親と同世代ですから。相手の気持ちになって考えてみたら「なんでこんなクソガキと付き合わなきゃいけねーんだ」と思うかもしれないじゃないですか! そんなことを考えながら半日過ごしていたんですけど、夕方ぐらいにチェリーさんから電話が来て、それをワンコールで取って(笑)。「OKです!よろしくね!」と。めちゃくちゃ嬉しかったんですけど、もう『あしたのジョー』のラストシーン状態でしたね。部屋のすみっこで燃え尽きていました(笑)。

NEXT PAGE
  1. 僕は90年代の音楽がどうしても好きなんですよね
  2. Next >
インタビュー写真

Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー


僕は90年代の音楽がどうしても好きなんですよね

--そうして見事ここにQuarter Centuryを結成するに至ったわけですけど、チェリーさんはガクシさんに対してどんな印象を持たれていたんでしょう?

Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー
▲チェリー

チェリー:久しぶりに会ったときは『社長さん』のイメージだったんですよね。「ギタリストなんだけれど、今は事務所の社長さんもやっているんだ」って。で、社長になる人って考え方とか行動とかいろんなことが僕らとは違うと思っていたので、やっぱり「ちゃんとしてる」っていうかね。歳は下なんだけど、細かいところまで神経が行き届くし、先のこともちゃんと考えているし。その「ちゃんとしてる」人からコクられたので(笑)、これはちゃんとやっていけるかもしれないなと思いました。そもそも25歳年下の人からコクられることってなかなかないんですよ。それは純粋にうれしかったです。若者と一緒に音楽をやれるのはワクワクするし。あと、コンセプトが「90年代のポップスをもう1回掘り起こしていこうじゃないか」みたいな話だったので、それは僕にとってはすごく自然なんですよね。だから全然気負いもなく「一緒にやりましょう」と。

--では、音楽家としてのガクシさんにはどんな印象を?

チェリー:曲もすごくポップでキャッチーなモノを書けるし、ギタリストとしても細かいところまですごく拘りがある人なので、多彩だし、面白いミュージシャンだなと思います。ただ、ライブはまだ1回しか一緒にやったことがないんですよ。だから、ふたりでこれからどんなパフォーマンスをしていけるのかもすごく楽しみです。

--ガクシさんは、チェリーさんがドラマーを務めるLINDBERGには、どんな印象を持たれていたんですか?

Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー
▲ガクシ

ガクシ:LINDBERGと言えば「今すぐKiss Me」や「BELIEVE IN LOVE」でハマった人がほとんどだと思うんですけど、僕は『平成イヌ物語バウ』というアニメがきっかけで好きになったんです。小学校3,4年生の頃に観ていたアニメなんですけど、その主題歌「大キライ!」と「二人きりで行こうよ」をLINDBERGが手掛けていて。学校の帰り道、その2曲を口ずさみながら歩いていましたね。なので、チェリーさんに初めて逢った時は「あっ!バウの人だ!」っていうのが心の叫びでした。当然ながらLINDBERGのチェリーさんはスゴイ人なんですが、あえてスゴい人と思わないようにしているんですよね。なぜなら、大先輩が相方ってことを意識してしまうと緊張して本来の力が発揮できないからなんです(笑)。だから僕からコクっておいてアレなんですけど、フラれたほうが気がラクだったかもしれませんね。

一同:(笑)

ガクシ:これだけスゴい人と何かやるというのは、やっぱりプレッシャーでもあるんですよ。僕はメンタルがあんまり強くないんで(笑)。事務所の社長としては冷静に捉えられるんですけど、アーティストとしてはふたりが並んでいる写真を見るだけでちょっとビビっちゃうんですよね!

チェリー:ハハハハ!

ガクシ:それは音にも出ちゃうから、あんまり考えすぎないようにしないとなって。たまに手が震えているときとかあるんで(笑)。でも、チェリーさんは物凄くやさしい人だし、一緒に音楽を作っていてやりやすいところがたくさんあって。

チェリー:一緒に音を出すと「やりやすい」「歌いやすい」と言ってくれる。そういう人が増えていくのは嬉しいことで。歳だけは取っていくんですけど(笑)、それだけ積み重ねてきた分、アーティストとの繋がりも増えていって、そこから吸収できることもたくさんあったし、それをQuarter Centuryでも活かしていきたいなと思っています。

--チェリーさんの持つリズムやグルーヴって親しみやすいじゃないですか。知らず知らずに僕らの体に沁みついているモノなので、チェリーさんほど「90年代のポップスをもう1回掘り起こしていこう」というコンセプトに相応しいドラマーもいないですよね。

ガクシ:まさにその通りで! 僕は90年代の音楽がどうしても好きなんですよね。一度聴いたら忘れられないキャッチーさがある。学校の帰りに口ずさんでいた「二人きりで行こうよ」はチェリーさんが作曲しているんですけど、やっぱりキャッチーだからずっと自分の中に残っていると思うんですよね。いまだに歌いますし。で、CMでも何でもそうなんですけど、結局、90年代の曲が使われることが多いから、新しい音楽を否定するわけではないんですけれども、90年代の音楽の良さを今の時代に再現したらどういう化学反応が起きるのかなって。それがチェリーさんと音楽をやっていく上での楽しみなんですよね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. J-POPの良さを僕らが世界中に伝えられたら
  3. Next >
インタビュー写真

Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー


J-POPの良さを僕らが世界中に伝えられたら

--そのユニットの名前をQuarter Centuryにしようと思ったのは?

Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー

ガクシ:去年の冬ぐらいに都内の喫茶店で、ふたりで打ち合わせしてた時、ふとチェリーさんが「そういえば、俺らって歳いくつ離れてるんだっけ?」って言い出して、25歳差であることに気が付いて。そしたら「四半世紀かぁ。四半世紀って英語にすると何なんだろう?」って調べたら、Quarter Centuryだったんですよね。それで「じゃあ、Quarter Century、クオセンでいきますか?」みたいな。25歳差の2人組っておそらく音楽シーンにいないと思うんですよね。だって、それだけ年齢が離れていたら普通は音楽性も違うじゃないですか。でも、チェリーさんはそれを感じさせない人だったんです。いまだに「この人、本当に俺の25歳上なのかな?」って不思議に思いますもん。でも、だからこそ「90年代のポップスをもう1回掘り起こしていこう」というコンセプトにも自然に打ち込める。

チェリー:すごく自然だよね。

ガクシ:あと、僕はアニメでLINDBERGを好きになり、自分も『ワンピース』や『ガンダム』の楽曲を手掛けてきました。なので、いずれクオセンでもアニメの曲を作れたらなという想いもあるんです。僕らにとってそれもすごく自然なことだと思うので。

--そんなクオセンのデビュー作『SPEED STAR』。実際に一緒に作ってみていかがでした?

Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー
▲『SPEED STAR』ジャケット

チェリー:曲がすごくキャッチーなので、自然に演奏できたんですよね。なので、逆に凝ったことをあんまりしないようにしました。

ガクシ:もちろん僕も一緒にレコーディングに入ったんですけど、ひとつお願いしたんです。「あんまり上手く叩かないでください」と(笑)。「ベテランの凄腕ドラマーが叩いていると思わせないように、2,30年ぐらい前に戻った感じでお願いします」って。

チェリー:要するに「オヤジ感を出すな」っていうことなんですよ(笑)。でもね、LINDBERGを再結成したときも、昔の曲を演奏するとノリがおっさんになっちゃっていて、みんなで「若返ろう、若返ろう」って意識しながら演奏してきていたので、そのおかげでガクシくんのリクエストにも応えられました。

--あらゆる年代の演奏が出来るんですね。

ガクシ:チェリーさんは、矢沢永吉さんや頭脳警察などの大御所のバック、その一方で新人アーティストのドラムも叩いているので、めちゃくちゃ幅が広いんですよ。なので、いずれは難しい曲にも挑戦したいんですけど、まずクオセンの第一弾としては「キャッチーであること」が最重要だったので、今回は若返ってもらいました(笑)。難しいことをやろうと思えばいくらでも出来ちゃうと思うんですけど、それって90年代のJ-POP的ではないので。あと、チェリーさんとハイレベルな音楽をやっている先輩方に対抗しようとも思っていないので、クオセンのチェリーさんはキャッチーでいてもらいたいなと。実際、理想的なドラムをレコーディングしてくれて、そのおかげで僕も気持ち良く歌えましたし、ギターも弾くことが出来ました。ダントツですよ! こんなに踊りやすい土台を用意してくれるドラマーは、チェリーさん以外にいないと思います。

--本当に理想的な相方だったんですね。

LINDBERG / 今すぐKiss Me
LINDBERG / 今すぐKiss Me

ガクシ:こちらの要望に対するレスポンスがめちゃくちゃ速いんです。ひとつ伝えたらいくつも形にして返してくれる。なので、1日に10曲録ったこともあるんですよ。まわりから「そんなの無理だよ」って言われましたけど、予定より3時間ぐらい早く終わって、余った時間で寿司食いましたからね(笑)。基本的に一発録りでレコーディングしまくって来ている人なんですよ。

チェリー:そうなんです。短期決戦型なので、何度も録り直すとだんだんダメになっていくタイプなんです(笑)。だから序盤で決める。それはデビュー当時から変わらないですね。LINDBERG「今すぐKiss Me」のドラムイントロも、プリプロまで無かったんですけど、本番でアドリブで叩いてみたらそのまま採用されたモノなんですよ。

--90年代最も有名なJ-POPのイントロはアドリブだったんですね!

ガクシ:そういうちょっと抜いている感じ。たくさんのドラマーの方がソレを必死に練習して習得しようとしているわけですけど、チェリーさんは自然体で体現できちゃうから本当に凄いなと思います。

--そんな最強の相方とデビューするクオセンですが、最後に、今後の夢や目標があったら教えてください。

ガクシ:ライブが出来る状況になったら、打ち上げがしたいです。早くチェリーさんと呑みたい(笑)。最高のライブをやって、大好きなスタッフたちも交えて最高の酒を呑む。そういう1日1日を大事にしていけるような音楽ライフを歩んでいきたいですね。

チェリー:いろんなところに行ってみたいですね。日本はもちろん、アジアでもヨーロッパでもどこでも良いんですけど、どこに行っても喜んでもらえるようなユニットになりたいなと思いますね。

ガクシ:日本のJ-POPの良さを僕らが世界中に伝えられたら、そんなに嬉しいことはないですね。そういうユニットになれるように頑張ります!

Interviewer:平賀哲雄

Quarter Century「SPEED STAR」
インタビュー写真

Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー Quarter Century『SPEED STAR』デビュー記念インタビュー

Quarter Century「SPEED STAR」

SPEED STAR

2020/07/01 RELEASE
AFR-1 ¥ 1,320(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.SPEED STAR
  2. 02.ヒーロー
  3. 03.雨

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】嵐「Face Down : Reborn」がDLソング首位浮上、NiziUは初登場2位

  2. 2

    BTS、10月公開『きみの瞳が問いかけている』主題歌に 横浜流星「BTSさんのお力をお借りしてこの作品も沢山の方々に観て頂けたら」

  3. 3

    坂上忍、木下優樹菜の不倫疑惑に「そんなあほなことやるの」 「彼女に新しいスキャンダルがあった」

  4. 4

    Spincoaster、音楽ライブ配信情報アプリ「TUNE」をリリース

  5. 5

    ルイス・コール、2019年に行われたビッグバンド編成での圧巻ライブ映像&音源を公開

HOT IMAGES

注目の画像