Billboard JAPAN


Special Contents

タカヒロキ対談インタビュー ~柴田隆浩(忘れらんねえよ)&タナカヒロキ(LEGO BIG MORL)おもしろまじめな活動を続けるユニット「タカヒロキとは何者か?」



タカヒロキ インタビュー

 「忘れらんねえよ」の柴田隆浩(Vo.Gt)と「LEGO BIG MORL」のタナカヒロキ(Gt)によるアコースティック・ユニット「タカヒロキ」が、年明けのビルボードライブに初出演する。タナカが柴田のサポートをする形で始まった同ユニットは、2018年に初の東名阪ツアー【あなたが犬にしてくれればいいのにTour】を開催、2019年にはモーション・ブルー・ヨコハマでの新春公演に続き、【歌っていいともツアー】と題して再び東名阪ツアーを行う等、お互いのバンド活動の間隙を縫うようにライブを行っている。ユーモアたっぷりのビジュアルやステージングで笑わせる反面、会場限定音源「優しさの使い道」では美しい楽曲を聴かせる等、おもしろまじめな活動を続ける2人に、ビルボードライブ初出演に向けて話を訊いた。なんと、これが記念すべきメディア初登場となるインタビュー。「どっきりかと思った」とのこと。

音楽で人生を充実させようっていう気持ちになったときに、好きな友だちと2人でやったら面白そうだなと思った(柴田隆浩)

――ビルボードライブに初出演ということでインタビューさせてもらうんですけど、タナカさんはどっきりだと思っていたらしいですね。

柴田隆浩(以下:柴田):あ、「まさかビルボードから取材を受けるなんて」っていう?

タナカヒロキ(以下:タナカ):そうそう。みんなで俺らのことをバカにするのかなと(笑)。

柴田:ははははは(笑)。まあ、決して褒められるようなユニットではないからね。

――それぐらい、当の本人たちもビルボードライブに出演することに驚いているということですか?

タナカ:はい……えっ!?驚かないですか普通。

――もちろん、驚きました(笑)。

柴田:でも何か、テンションは上がってますね。大学生が超高級レストランに予約して行く前、みたいな。「パチンコで勝ったから行こうぜ!」っていう、そんなノリですね。普段だったら行けないけど(笑)。


takahiroki

――今回のインタビューは、ビルボードライブに来るお客さん向けに「タカヒロキとは何者か?」というのを知ってもらおうと思っています。

柴田:(ファンの方以外の)一見さんって来るんですかね?

タナカ:ビルボードライブのファンの方が、「今日は誰がやってるんやろ?」って観に来ることもありますよね。僕ら、それで前に一回ミスを犯しているので(笑)。

――モーション・ブルー・ヨコハマに出演したとき(2019年1月6日)のことですか?

タナカ:そうです。モーション・ブルー・ヨコハマのライブは、基本的にはタカヒロキを観に来たお客さんだったんですけど、1つのテーブルに老夫婦のお客さんがいらっしゃって。たぶん、モーション・ブルーに良い音楽と美味しい食事を楽しみにいらっしゃったと思うんですけど、「残念、ハズレです!」みたいな(笑)。

一同:(笑)。

柴田:あれはちょっと、ライブ中に反省したよね?「タカヒロキです、すみません」って。

タナカ:そこから1時間、老夫婦の視線ばっかり見てたもん。

柴田:でもたぶん、最終的には楽しませられたと思う。ライブってジャンルとか関係ないじゃないですか?本当に良いライブだったり良い音楽だったり、面白いことをやってれば、誰でもグッとこさせる自信だけはあるから。そういうのが楽しいんだよね?

タナカ:そうだね、それは普段のライブハウスには絶対ないからね。

――今回もそういうお客さんがいらっしゃるかもしれません。ということで、基礎知識として2人の馴れ初めから教えてもらえますか。

タナカ:馴れ初め(笑)。

柴田:まあ、「イケメン同士が邂逅した」ということです。ひと言で言うと。

タナカ:これ書かなくていいですから。

柴田:「俺よりイケメンなやつはどこにいる?」みたいなところで。

タナカ:道場破り的なこと?

柴田:そうそう。それで最終的にぶつかりあったっていう、頂上決戦ですね。

タナカ:まあ、そうですね。

――なるほど、老夫婦のとまどいがわかりました。

柴田・タナカ:ははははは(笑)。

――タナカさんが、2016年頃からサポートギタリストとして忘れらんねえよのライブに参加したことがタカヒロキ結成のきっかけになっているそうですが、そもそも、その前に忘れらんねえよとLEGO BIG MORLで対バンをしていたときはどんな関係だったのでしょうか。

タナカ:対バンはしていたんですけど、かといって昔からの盟友、みたいな感じでもなかったんですよ。ジャンル的にもそうなんですけど。

柴田:そうだよね?LEGOのツアーに呼ばれたのが最初だったんですけど。あれ、なんで呼んでくれたの?

タナカ:1回、たまたま仙台で同じ日にライブがあったときに、僕らは僕らで打ち上げをしていて、忘れらんねえよはBLUE ENCOUNTと打ち上げをしていたんです。それで、飲み足りない僕とうちのヴォーカル(カナタタケヒロ)が、ブルエンとも仲が良いから、打ち上げに乱入しようっていうことで行ったら、何故か柴田さんとうちのボーカルがハモり出して。最後、何故かディープキスしてましたから(笑)。

柴田:したね。でも、なぜかずっと距離が縮まらないんだよなあ(笑)。

タナカ:それで、たぶん柴田さんもLEGOといえば「しゃらくせえバンドだ」っていうところから変わったと思うんですよ。


柴田:そう、やっぱり偏見があったから。でも、忘れらんねえよに対してもあったでしょ?

タナカ:ないないない!だって僕ら結局、パンクバンドとかも好きやし、そういうバンドとかも対バンしてたし、オープンマインドやから。そのときに酒の席で仲良くなって、僕らのツアーに呼んでみようよってなって、快く出てくれて。次に忘れらんねえよが僕らを呼んでくれて、というのを何回か繰り返したんです。そうしたら急に、サポートの話をいただいて。

柴田:なんとなく直感で。【ROCK IN JAPAN FESTIVAL】に出てもらったのが最初なんですけど、スペシャルな場所でスペシャルな人を呼びたいなという感じで、ヒロキ君をお願いしたんです。そうしたら出てくれて、そこからサポートをずっとやってもらって。それで、最後の梅津君(元メンバーの梅津拓也)の卒業ライブ(2018年5月1日 Zepp Tokyo 忘れらんねえよ10周年&梅津卒業ワンマン【サンキュー梅ックス】)に向けてやってる【ツレ伝ツアー】のときに、特に仲が深くなって行ったのかもね。

タナカ:そうだね。梅津君が辞めるかもという話が出たツアーやったから、各地の打ち上げでもそういう話が多かったし。その中で、梅津君と一緒に僕とドラムのサポートをしていたマシータさんも一回忘れらんねえよから離れるっていう話になって。でも、柴田さんとせっかくこうやって良い感じになっている中で、また一緒にやりたいなあって、漠然と思っていたんです。

柴田:俺はZeppが終わったらそのときのチームを解体して、完全にゼロから始めようと決めていて。やりたい表現があるから、新しい体制にしようと思っていたわけで、それはもう変えるつもりはなかったんだけど、でも「寂しいなあ」って。マシータさんもそうなんですけど、ヒロキ君とまったく関係がなくなっちゃうということが、嫌だなと思って。マネージャーともそういう話をしていて、「せっかくだし、何かやらない?」って言っていたんです。それなら、アコースティックユニットをやったら面白いんじゃないかなって。


――ユニット結成時に、どういう方向性で行くかみたいな話をしましたか。

タナカ:いや、ほんまに「なんかやらない?」ぐらいの感じでした。まだサポートメンバーが揃っていなくてフェスに出演するときに、僕がアコギを弾いて柴田さんが歌うパターンのサポートもあったんですよ。だから、これをもっとオリジナリティを出してやれれば、確かにアコースティックユニットに見えるなと思って。

柴田:あと、俺はそのときに、単純に面白いことをしたいなと思っていて。それまでに「バンドが売れなきゃ」とか「このアルバムを世の中に広めなきゃ」とか、そういうことばかり考えていたんです。そこから梅津君が抜けて、完全に疲れ果てて「もういいや」ってなっていて。それで自分のやりたいこととか楽しいこと、音楽で人生を充実させようっていう気持ちになったときに、好きな友だちと2人でやったら面白そうだなと思ったし、やらない理由はなくねえ?って半分軽いノリもあるし、でも自分のこれからの生き方としてはちゃんとした決断というか…

タナカ:まあ僕の中では、途中から謎の使命感みたいなものが生まれました。初めは受け身だったところがあるんですけど、途中から、今の柴田さんにとって、タカヒロキがバンドやなって気が付いて。

柴田:ああ、そうなんだよ!

タナカ:忘れらんねえよは今、結局1人じゃないですか?僕とかマシータさんをクビにしてYESとしか言わない後輩を集めてやっていて。

柴田:そんなことないけど(笑)。自分の小さな王国を作ってる(笑)。

タナカ:そうそう、小さな村を作って「よしよし」って言うてるから(笑)。でも本当に変な意味じゃなくて、「これ、こっちの方が良くないですか?」「いや、こっちだよ」とか話せる環境があることが、ミュージシャンとして僕にも柴田さんにもプラスになればいいなと思って、意見してます。

柴田:いやそれは本当、言う通りで。やっぱりバンドってそうじゃないですか?自分のやりたい表現を突き詰めて、そこに今のメンバーはどんどんアイディアを乗っけてくれるんですけど、基本的には、否定されることはないんですよね。僕がそういうふうにお願いしてる。でもタカヒロキの場合は、それがあるから。

タナカ:「こっちの方が良くないですか?」っていう議論があるんです。

柴田:「ああ、確かに。じゃあ俺こっち引っ込めるわ」とか、「これ乗っけたらどう?」っていう、自分のバンドではできないことをやれてますね。あと、お客さんとの関係性ができてくるのが面白くない?例えばこの前、お客さんとしてLEGOのイベントを観に行ったとき、MCで僕のことを話してくれたんです。そうすると、お客さんがギャハハハって笑うんですよ。そういうのってすげえ面白いなと思っていて。普通に暮らしてたら、LEGOのお客さんが忘れらんねえよのことを知ってくれるタイミングなんてなかなか無かったのに、今は当たり前のように知っていて。「柴田は~」って言うだけで苦笑みたいな感じになってる(笑)。

タナカ:まあ、逆も然りです。

柴田:そういうのが面白いよね。今年の【ツレ伝スペシャル】(2019年8月14日 渋谷クラブクアトロで行われた、眉村ちあきを加えた3組によるライブ【美男と美女とその他】)のとき、だいちゃん(ドラムのアサカワヒロ)が体調不良でいなくて、キンタ君(カナタタケヒロ)とヒロキ君の2人のアコースティックで出たんだけど、そのときもうちのお客さんがウワ~!って盛り上げるんですよ。それに、良いライブだったし。そういうのが新鮮だし、悪くないな~と思っていて。


takahiroki

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. タカヒロキのライブって、お客さんとの距離が近くて人懐っこい感じなんですよ(タナカヒロキ)
  3. Next >

タカヒロキのライブって、お客さんとの距離が近くて人懐っこい感じなんですよ(タナカヒロキ)

takahiroki

――会場限定盤で発表した2曲(「優しさの使い道」「たとえば夏」)を聴くと、すごく美しいメロディと歌詞ですよね。

柴田:そうなんですよ。

タナカ:ああいう、ノスタルジックなメロディや言葉が、タカヒロキには合ってるなって途中から気付いたので、そういう方向になっているのはありますね。

柴田:あと、今どきああいう曲ないからね。バンドでもちょっとやりにくいというか。

タナカ:確かに、忘れとかLEGOでは絶対無理かもしれない。アルバムの中の曲だったらいいかもしれないけど。

柴田:だけど、タカヒロキでやると意味があるというか。

タナカ:そう、それがリード曲になるという。

――曲についてはわかったんですけど、ビジュアルは、いいとも青年隊風とかクールな感じだったりとか、その都度が変わってますよね。「タカヒロキではこうしたい」みたいなイメージってあるんですか?

柴田:特にないです。

タナカ:ほんまに、ビジュアルイメージだけに関しては、何にも定まってないです。

柴田:思いつきでいいというか、これで武道館にたどり着きたいとか思ってないし(笑)。楽しく生きるための、僕の人生の中の大事な1つの要素っていうことだから。義務じゃないもんね?まあ、年1ではやりたいっていう、半ば義務みたいなところもあるけど(笑)。

タナカ:【歌っていいともツアー】のときに、ちょっと詰め込み過ぎて自分らがしんどかったときはありました。あれだけアー写でコミカルにしてるんやから、面白くないとあかん、でも音楽はしっかりせなあかん、オリジナルも作っておこうってやってたら、お互いのバンドもやっている中で、「あれ?ヤバいヤバい!」ってなってきて。だからこそ、今回はビルボードさんでしっかり音楽をやろうっていうところに繋がってるんですけどね。

takahiroki

――ビルボードではどんな曲をやるか考えてます?

タナカ:新曲は持って行きたいですね。

柴田:あとは、自分たちがしっかり音楽を楽しめばいいと思う。それと年1だから、演出は多少スペシャルなものにしたいですよね。ゲストを呼ぶとかね?

タナカ:そんなに友だちいないですけどね?あと、新年やから、この日が今年初ライブですっていう人たちもいると思うから。

柴田:だって俺たちもそうでしょ?

タナカ:そうかもしれない。年明けで、みんないい感じにまだおめでたモードじゃないですか?そこに甘えて、僕らもパーンと開いたライブを出来たらなと思ってます。

柴田:テーブルクロス引き合戦とかね。

タナカ:合戦!?

柴田:なんか、そういうのをやりたいんですよね(笑)。

タナカ:あと、東京はステージ後ろのカーテンが開きますよね。

柴田:開いたところに誰かいるってできるんですかね?

タナカ:ははははは!

柴田:開いたところにフンドシ姿のキンタ君がいたら面白いかも(笑)。

タナカ:それは面白い(笑)。あと、うちのボーカルはデカいんで、「進撃の巨人」みたいに外から覗いてたら面白いですね。

柴田:いいね(笑)。

――曲についても色んな曲が飛び出すことを期待していいですか?

柴田:もしかすると、ちょっとスタンダードナンバーとかも面白いかもなって思ったんだよね。

タナカ:例えば?

柴田:俺らができる範囲で言うと、ビートルズの曲とか、そっち系の。

タナカ:なるほどね。英語歌えるの?

柴田:大丈夫、大丈夫。ビルボードって、洋楽のイメージがありますよね?「Smells Like Teen Spirit」(ニルヴァーナ)とかは?だってMTVのアンプラグドでやったニルヴァーナのライヴ、超カッコイイからね。


タナカ:ああ~そうだね、最高。

柴田:そういうノリを入れてもいいかもね。

――ビルボードライブではその日の公演限定の特別なカクテルやフードを出すこともできるそうです。

柴田:マジすか!?

タナカ:それいいですね。どうしよう?

柴田:ドリンクをそれぞれがプロデュースするというのもいいし、なんか2人で作るとか。

タナカ:まだお正月気分の時期だし、お酒を飲んでほしいなあ。全然お酒詳しくないけど、考えよう。

柴田:どっちの酒が売れるか対決するとかね(笑)。面白いから何かやりたいですね。

タナカ:考えときます!

――では、最後に改めてビルボードライブに向けて意気込みをお願いします。

タナカ:こんな素晴らしいところでライブをやらせてもらえる機会はもうないので。……ないんかな?

柴田:いや、あるでしょ?LEGOでもあるんじゃない?

タナカ:ああ、そうか。忘れらんねえよはないと思いますけど。

柴田:ははははは(笑)。

タナカ:だからこそ、観ておいてほしいと思います。ちゃんと仕上げてきますので。年の頭でコケたら1年間へこむので、みなさん是非一緒に作りあげてほしいです。タカヒロキのライブって、お客さんとの距離が近くて人懐っこい感じなんですよ。そこを楽しんでもらえるような、ラフなんだけどカッコイイっていうライブを観てもらえるようにしたいです。ビルボードで良い景色を見たいです。是非来てください。

柴田:一緒に、非日常を体験できればいいんじゃないですかね。みんなで高級レストランに行くみたいなノリで。タカヒロキとお客さんで、「ちょっと、ビルボードに乗り込んでみようぜ!」みたいな、そんなノリで観てもらえればと思います。一緒にドキドキしましょう。

タナカ:「みんなで渡れば怖くない」的なね?

柴田:そうそう(笑)。是非観に来てください。よろしくおねがいします。


takahiroki

関連商品

心臓の居場所
LEGO BIG MORL「心臓の居場所」

2017/03/29

[CD]

¥3,056(税込)

心臓の居場所
LEGO BIG MORL「心臓の居場所」

2017/03/29

[CD]

¥3,666(税込)

俺よ届け
忘れらんねえよ「俺よ届け」

2016/10/05

[CD]

¥1,760(税込)

俺よ届け
忘れらんねえよ「俺よ届け」

2016/10/05

[CD]

¥2,750(税込)

Strike a Bell
LEGO BIG MORL「Strike a Bell」

2015/06/17

[CD]

¥1,760(税込)

ばかもののすべて
忘れらんねえよ「ばかもののすべて」

2015/02/04

[CD]

¥1,222(税込)

ばかもののすべて
忘れらんねえよ「ばかもののすべて」

2015/02/04

[CD]

¥2,547(税込)

ばかもののすべて
忘れらんねえよ「ばかもののすべて」

2015/02/04

[CD]

¥1,019(税込)

NEW WORLD
LEGO BIG MORL「NEW WORLD」

2014/10/22

[CD]

¥3,410(税込)

NEW WORLD
LEGO BIG MORL「NEW WORLD」

2014/10/22

[CD]

¥2,860(税込)

僕らパンクロックで生きていくんだ
忘れらんねえよ「僕らパンクロックで生きていくんだ」

2013/06/12

[CD]

¥1,257(税込)

この高鳴りをなんと呼ぶ
忘れらんねえよ「この高鳴りをなんと呼ぶ」

2013/01/30

[CD]

¥1,257(税込)

忘れらんねえよ
忘れらんねえよ「忘れらんねえよ」

2012/03/07

[CD]

¥2,409(税込)

僕らチェンジザワールド
忘れらんねえよ「僕らチェンジザワールド」

2011/12/21

[CD]

¥1,100(税込)

CからはじまるABC
忘れらんねえよ「CからはじまるABC」

2011/08/24

[CD]

¥1,100(税込)

心臓の居場所
LEGO BIG MORL「心臓の居場所」

2017/03/29

[CD]

¥3,666(税込)

俺よ届け
忘れらんねえよ「俺よ届け」

2016/10/05

[CD]

¥1,760(税込)

俺よ届け
忘れらんねえよ「俺よ届け」

2016/10/05

[CD]

¥2,750(税込)

犬にしてくれ
忘れらんねえよ「犬にしてくれ」

2015/06/24

[CD]

¥2,530(税込)

犬にしてくれ
忘れらんねえよ「犬にしてくれ」

2015/06/24

[CD]

¥3,080(税込)

Strike a Bell
LEGO BIG MORL「Strike a Bell」

2015/06/17

[CD]

¥1,320(税込)

Strike a Bell
LEGO BIG MORL「Strike a Bell」

2015/06/17

[CD]

¥1,760(税込)

ばかもののすべて
忘れらんねえよ「ばかもののすべて」

2015/02/04

[CD]

¥1,222(税込)

ばかもののすべて
忘れらんねえよ「ばかもののすべて」

2015/02/04

[CD]

¥2,547(税込)

ばかもののすべて
忘れらんねえよ「ばかもののすべて」

2015/02/04

[CD]

¥1,019(税込)

NEW WORLD
LEGO BIG MORL「NEW WORLD」

2014/10/22

[CD]

¥3,410(税込)

NEW WORLD
LEGO BIG MORL「NEW WORLD」

2014/10/22

[CD]

¥2,860(税込)

僕らパンクロックで生きていくんだ
忘れらんねえよ「僕らパンクロックで生きていくんだ」

2013/06/12

[CD]

¥1,257(税込)

この高鳴りをなんと呼ぶ
忘れらんねえよ「この高鳴りをなんと呼ぶ」

2013/01/30

[CD]

¥1,257(税込)

忘れらんねえよ
忘れらんねえよ「忘れらんねえよ」

2012/03/07

[CD]

¥2,409(税込)

僕らチェンジザワールド
忘れらんねえよ「僕らチェンジザワールド」

2011/12/21

[CD]

¥1,100(税込)

CからはじまるABC
忘れらんねえよ「CからはじまるABC」

2011/08/24

[CD]

¥1,100(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ブライアン・メイ、SEIKOから9,000本限定のコラボ時計を発売

  2. 2

    【ビルボード】King Gnu『CEREMONY』が244,976枚売り上げてALセールス首位獲得 すとぷり/Superflyが続く

  3. 3

    クイーンの記念硬貨が発売、バンドがデザインのコインは英国史上初

  4. 4

    テヨン(少女時代)、爆発的な歌唱力&凝ったステージ演出に韓国ファン熱狂

  5. 5

    <ライブレポート>ヴィンテージ・トラブル、オープニングから興奮の坩堝に包まれた大阪公演をレポート

HOT IMAGES

注目の画像