Billboard JAPAN


Special Contents

<CUBERS『妄想ロマンス』インタビュー>「夢を“妄想”で終わらせないために」本気で表現と向き合うボーイズユニットの躍進



 早耳な人のあいだでは、すでに話題騒然のCUBERS。メジャー2ndシングル『妄想ロマンス』では、作曲にひろせひろせ(フレンズ)、作詞にひなんちゅ(SILENT SIREN)を迎え、バンド・シーンにも躍進!?『妄想ロマンス』の制作秘話はもちろん、音楽派ユニットとして表現へのこだわり、さらには“イマCUBERSを推すべき理由”などを語ってもらった。

参加メンバー:
優(ユウ)
TAKA(タカ)
春斗(ハルト)
綾介(リョウスケ)
末吉9太郎(スエヨシキュウタロウ)

何もなかった5人だからこそ「夢は叶う」と証明できる

――メジャー・デビューから約5か月が経ちました。周りの環境などで変化はありましたか?

綾介:自分の芯が定まってきたような気がします。以前よりも色々な方々と関わる機会が増えたので、その影響を受けて成長できてるかなって思いますね。

TAKA:ライブも日に日に良くなっていて。お客さんと一体感ある時間を作れてるなって感じることも多いです。僕たちが良いものをお届けして、それにお客さんがリアクションを返してくれる。双方向にコミュニケーションを取りながらライブができてる実感があります。

――最近だと9太郎さんが“オタクあるある”の動画でバズりましたよね。見方によってはファンの方々を敵に回しかねないコンテンツなので、最初はびっくりしました。

末吉9太郎:僕としては愛を持って真似させていただいてるつもりです。だって可愛いじゃないですか。自分がそのアイドルを誰よりも好きだってことを証明したくて、マウントとっちゃうんですもん。もし自分が女の子でアイドル・ファンをしていたら、きっと同じ行動しちゃうだろうし。賛否両論ですけどね(笑)。

――TAKAさんは舞台もお忙しそうですが、個人活動がCUBERSの活動で活きていると感じることはありますか?

TAKA:やっぱり舞台で僕を知ってくださった方が、CUBERSのライブにも足を運んでくださると嬉しいですよね。僕自身の他の一面も知ってもらえますし、メンバーのことも知ってもらえる。時間もお金もかけて会いに来てくれるって、当たり前なことではないので。

――男性アイドルの数って、数年前に比べてすごく増えたと思うんですよ。個人的に2020年には、“男性アイドル戦国時代”が来るような気がしていて。

末吉9太郎:僕も思ってます! 絶対に来ます。

――そんな中で“CUBERSをイマ推すべき理由”って何でしょう? ぜひご本人たちに訊いてみたいです。

綾介:メンバーの個性じゃないですかね。こんなに性格も好きなものもバラバラな5人は、なかなか類を見ないと思うので。色んなグループさんがいますけど、ここまで違うと武器だなって思います。

:僕はCUBERS自体の個性も推しポイントだと思ってます。「100円貰えちゃうワンマン」や「全国キャンピングカーTOUR」や生バンド演奏での「踊らないワンマン」みたいな面白いことをやってきたグループは他にいない。そういうアイドル文化の先駆者になりたいって思いもありますね。

――春斗さんはいかがですか?

春斗:“特別じゃなくても夢を叶えられる”って感じてもらえるところかな。僕たちの始まりは、ド素人の5人組だったので。

:CUBERSって消去法で集まったらしいんですよ(笑)。オーディションをしてみたら、この5人しか残らなかったみたいな。

春斗:そんなメンバーがメジャー・デビューできるって夢がありません? 努力をすれば実現できないことはないかもしれないってパワーを与えられると思うんです。

TAKA:僕はCUBERSが、その過程を“ファンのみなさんと共有して進んでいくグループ”であることを推したい。一緒に青春して、嬉しいことは喜んで、時には挫折を味わってもいいと思う。

――“ファンと一緒に進んでいくグループ”ということですね。

TAKA:CUBERSの5人だけでは辿り着けないところに、ファンの皆さんと一緒だったら辿り着けると本気で思うんです。もちろん、皆さんからいただく以上のものを僕らは返していくので、一緒に夢を追っていただけたら嬉しいですね。

――では、最後に9太郎さん。

末吉9太郎:僕がいることですかね!

――(笑)。

末吉9太郎:嘘です(笑)。“良いところも悪いところも包み隠さず見せるところ”ですね。綺麗に取り繕うことなんていくらでもできるじゃないですか。でもファンの方々は、ダメな部分も含めた僕たちを応援してくれてるんだと思う。だからCUBERSは全部さらけ出すし、どんな変な企画だって全力投球します。

:何もない状態から始まった5人だから、何事にも本気になれるっていうのはあるよね。背水の陣じゃないけど。

TAKA:たしかに。最初から実力があったら、【全国キャンピングカーTOUR】なんてやってなかったかも。

末吉9太郎:CUBERSは「友情・努力・音楽!」のグループだからね。熱いし夢があるし、それでいて音楽もいい。アイドル好きの僕には刺さりますね。


「ただのアイドル」で終わらず、表現者として高見を目指す

――本当に素晴らしい音楽ばかりですよね。メジャーになったからではなく、インディーズ時代の作品も素敵なものばかり。

末吉9太郎:ありがとうございます。こればかりは本当に大人の方々に感謝ですね。恵まれた環境をいただけてすごくラッキーでした。

TAKA:最初から素敵な曲を用意していただけたおかげで、ここまで来れたような気もしていて。楽曲が素敵だからこそ「いい音楽を届けたい!」って思ったし、曲に負けないようにパフォーマンスを磨こうと思えた。CUBERSの音楽に、僕たち自身がすごく救われてきたんです。だからこそ、これからも音楽を大切にして進んでいきたいですね。ライブでもお客さんの心をもっと掴めるグループになっていきます!

――お客さんの心を掴むのに、表現力ってすごく大事だと思うんです。でも、ダンスや歌のレッスンを頑張ってるだけでは、なかなか身につくものでもありませんよね。表現力を向上するために、何かご自身で実行していることや心掛けていることはありますか?

綾介:僕は色んなライブに足を運ぶようにしてます。男性アイドルのライブだって頻繁に行きますし、最近は舞台も。誰かが表現しているところを見るのは勉強になりますね。

――TAKAさんはいかがですか?

TAKA:ミュージカルの現場で受ける刺激がすごく大きくて。役者さんって“演技をする人”として確立してるだけでなく、歌の表現力もすごいんですよ。メッセージ性が強くて、言葉一つひとつが刺さる。音楽をしてる身としては負けられないなって思うし、良いところは盗んで自分のスキルに還元してます。

:僕は以前よりも一層、自分の中で歌詞を読み解くようになりました。「メジャーボーイ」の時、夏まゆみ先生に振り付けだけでなく、ライブの監修もしていただいたんですけど、「歌詞を読んで」ってすごく言われたんです。今まで表現できてるつもりでいたけど、動作に思いが乗りきってなかったというか。分かってるつもりになってたことを痛感させられちゃって。

末吉9太郎:たしかに。僕たちは歌をうたってるから、言葉をしっかり届けることもお仕事だもんね。そういう意味で言うと、僕は本を読み始めました。最初は無理して読んでたんですけど、最近は「活字読みたい!」って思うくらい(笑)。映画もよく観に行きますね。

――いいですね、文化的。ハルトさんはいかがでしょう?

春斗:動画をよく見ます。

――他のアイドルさんのですか?

春斗:それももちろんなんですけど、「泣ける動画」や「面白い動画」を見ることが多いですね。そういう動画を見て「なんで泣けるんだろう」「なんで面白いんだろう」って考えるようにしてるんです。感情の動きを理解してパフォーマンスするようになれば、もっと伝わる表現ができると思うので。

――今作の『妄想ロマンス』も、パワー・アップしたみなさんの表現力がギュっと濃縮した作品になってますよね。リード・トラックの「妄想ロマンス」について、最初に聴いた印象はどんな感じでしたか?

綾介:“ザ・アイドルソング”ってイメージでした。それこそ作曲を担当してくださったひろせひろせさんは、ジャニーズさんの曲とかも手掛けられてますし、お会いした時に「力を入れてキラキラさせてみた」って言ってくださって。

TAKA:思わず口ずさんじゃうよね。すごく耳に残るメロディーだと思うんです。ひなんちゅさんが書いてくださった歌詞も、男心を熟知してるなって(笑)。

――ひろせひろせ節が炸裂してますよね。

春斗:歌いすぎて僕らは慣れましたけど、最初は「こうきたか」って(笑)。

TAKA:ディレクションもひろせひろせさんとひなんちゅさんのお二人にしていただいたので、すごく的確でやりやすかったんですよ。場の空気も温めてくださったから、すごく楽しかったですし。

末吉9太郎:そういえば英語の歌詞もあったけど、春斗くん読めたの? フリガナ振ってたんじゃない?

春斗:さすがに読めたわ!

TAKA:でも、春斗くんはよく英語にフリガナを振ってるよね。僕、よく見るもん。

末吉9太郎:“妄想”は読めたの?

春斗:読みは得意! 書くのはダメかもだけど…。

――この曲の聴きどころはズバリどこでしょう?

TAKA:妄想前から妄想後にストーリーが流れていくので、それを感じ取って聴いてもらえるといいかな。Aメロは妄想前で、サビのラストの“僕は君にキスをする”は妄想後。明確なギャップを出せるように意識してレコーディングしました。

――2曲目の「PEOPLE GAME」はCUBERSにはあまりないロック・チューンですよね。

綾介:系統でいうと「NANDE」や「PINK」と同じ感じなんですけど、もっとセクシーさが増した恋愛曲というか。

:こっちはハシグチカナデリヤさん節炸裂って感じ(笑)。

末吉9太郎:CUBERSって「メジャーボーイ」や「妄想ロマンス」のようなブラック・ミュージックのイメージが強いと思うんです。だからこそ、こういう曲でドキドキしてもらえたらなって。綾介がしてくれた振り付けもけっこうセクシーなんですよ。

綾介:新しい一面を見せれたらいいですね。

――さらなるCUBERS沼に引きずりこんでくれそう!

:実はこの曲、何曲もあるストックの中から選ばれた1曲なんです。他の曲もめっちゃいい作品だらけなんですけど…。

末吉9太郎:会議室で久しぶりに”ストック曲を聴く会”をした時、「何これ、めっちゃいい曲!」の連続だったもんね。

:そうそう。1~2年前に録った曲だと記憶が曖昧になってたりするので、聴くたびに感動した。

TAKA:その中でも「PEOPLE GAME」は僕のイチオシです!

――「Wonderland」もストックの1曲なんですか?

綾介:これは2nd シングルのリリースに合わせて新しく作っていただきました。

末吉9太郎:サビが英語なんです!

TAKA:今までなかったよね。

春斗:世界観が本当にすごいので。

:それこそ「踊らないワンマン」の生バンドでやりたい。

――どんなタイミングで聴きたくなる曲でしょうか?

春斗:寝る前かな。

TAKA:僕は夕暮れがいいかも。

末吉9太郎:帰り道とかね。CUBERSに「Today」って曲があるんですけど、それも歩いてる時に聴きたくなる曲で。「Wonderland」もそんなイメージです。メンバーの声の質感もよく伝わるんですよ。歌い始めが春斗くんからTAKAなんですけど、ここの二人の感じがめっちゃ良くて。僕も私生活でたくさん聴くと思います。


バラバラだからこそ尊重しあえる5人組

――先日「妄想ロマンス」のMVが公開になりました。Twitterを拝見したところ、8月27日に撮影されたのかなと思うのですが、この時期ってまだ暑かったですよね。

春斗:めちゃめちゃ暑かったです。

綾介:ダンスがけっこう激しいから、1回撮るごとに髪の毛が汗でびしょびしょ(笑)。何度もメイクさんに直していただきながら進めた撮影でした。

TAKA:雨も降ったんだよね、あの日。

綾介:その影響で撮影場所が外から中になったりしたシーンもありますね。

――そんなハプニングがあったことを感じさせないぐらい素敵なMVでした。ギャップ萌えが詰まった作品ですよね。

末吉9太郎:そうなんです! なよなよ男子がキラキラ王子になった自分を妄想してるっていうストーリーなんですけど、両極端なCUBERSが見られるお得なMVになってます。なよなよ男子の時はスプレーを使って黒髪にしたり。

TAKA:優だけそのままだったよね?

:うん。僕は両方とも地毛だね。

――みなさん個性的ななよなよ男子で…(笑)。

春斗:なよなよ男子っていうか、きもきも男子だった気もしますけどね(笑)。それでもTAKAだけはかっこよかった!

末吉9太郎:地味にしても隠し切れない原石感? いつもはキラキラしてる人のオフ・モードを見ているようで、僕はすごく興奮しました。あのTAKAと1日部屋でダラダラ過ごしたい!

TAKA:なんだそれ(笑)。僕は綾介のやつ好きだったよ。すっごくリアルで実在してそう。お金持ちの息子っていう設定なんだっけ?

綾介:周りを全て見下してる年収3,000万の医者の息子ね(笑)。ずっと肩も上がってて、上目遣いで周囲を睨んでるっていう…。

――そんな裏設定もあるんですね。

春斗:あります。僕は前髪が気になっちゃう理系のおっちょこちょい男子。恋愛経験とかないのに、ドヤ顔で女性を語るタイプです(笑)。

TAKA:自分より下だと思ったやつには、めっちゃ強気でマウントとるタイプね。

――いそう…。

TAKA:僕は恥ずかしがり屋で内気な男の子。

綾介:ちょっとドジなところは普段のTAKAっぽいよね。

TAKA:そうね(笑)。だから、設定がめちゃくちゃかけ離れてるわけではないかも。でも、見た目がけっこう違うと思うんだけどな…。

綾介:優はおばあちゃんがつけそうなポシェットしてたよね(笑)。

:勘違い野郎の設定だから。間違った方向にオシャレを頑張っちゃう子みたいな。あのウエスト・ポーチも自信満々のオシャレ。

TAKA:眼鏡も大きすぎだし(笑)。僕ね、優がなよなよ男子の時にアホ毛ひどいの好きだったよ。

末吉9太郎:たしかに。可愛かったね。

――9太郎さんはどんな設定なんですか?

末吉9太郎:僕はそのままでした。黒髪にしてカメラの前でポーズとったら、普通にOKでちゃって(笑)。そのままかい! って。

TAKA:なんの違和感もなかったよね(笑)。

末吉9太郎:そのぶんキラキラ王子のほうを頑張りました! めっちゃかっこよくできたんで、ファンの方が増えすぎちゃわないか不安ですもん。

TAKA:いや、照明さんの力…。

末吉9太郎:やめなって! 自覚あるから! 光、大好きです。でも、本物のほうが可愛いって言われるタイプなんで。

一同:えええええ!

末吉9太郎:「えええええ!」じゃねえよ(笑)。



▲CUBERS Major 2nd Single「妄想ロマンス」MUSIC VIDEO


――CUBERSのメンバーは本当に仲がいいですよね。

TAKA:みんな個性が強くてバラバラだから、お互いを尊重しやすいんです。系統が似てると少しのズレが気になったりすると思うんですけど、ここまで違うと多少ズレてても「そういう考えなんだ」って。だから上手くやれてるんじゃないかな。喧嘩も今までなかったです。これだけ一緒にいると、お互いのパーソナルな部分も理解できてますしね。

――では最後に、2019年中に成し遂げたいことをお伺いして締めにさせてください。

TAKA:実家に帰ることかな。凱旋ライブで愛媛に行ったりはしたんですけど、僕の実家はもっと田舎なので。そろそろ地元の空気を吸いたい。

綾介:僕は免許が取りたいですね。

――運転されるんですか?

綾介:顔つきの身分証が欲しくて(笑)。パスポートは普段持ち歩かないし、マイナンバーの通知カードと保険証を持ち歩くのも面倒じゃないですか。なので、原付の免許でも取ろうかなと思ってます。2週間くらいあれば取れるので。

――9太郎さんはいかがでしょう。

末吉9太郎:テラスハウスに住みたいです! テラスハウスに出演されてる方って、毎日がすごく充実されてるじゃないですか。オシャレなカフェでご飯食べてるし、恋愛してるし。僕の生活に足りないものがあそこにはあるので。同じ話を何回も繰り返しで見るくらい大好き。できることなら住人になりたい!

TAKA:春斗くん家でテラスハウスすれば?

綾介:あー…、昭島ハウス(笑)。

末吉9太郎:絶対にやだ!

――(笑)。春斗さんの成し遂げたいこと何ですか?

春斗:今年中にYouTubeでもう1本くらいバズりたいですね。1本目はよかったんですけど、2本目がスベってしまったので…。

末吉9太郎:今年中ってことは、あと2か月ちょいで新しいやつを出さなきゃってことだよ?

春斗:頑張る!

――では、最後に優さんお願いします。

:【CUBERS 東名阪TOUR~僕と君の妄想ロマンス~】をパンパンにすることですね。今回は初めて渋谷CLUB QUATTROのステージにも立たせていただくので、結果を残すことが1番の目標。なんとしてもやりきります。

写真



Interview by 坂井彩花
Photo by Yuma Totuka



サイン入りポラロイド写真を抽選で1名様にプレゼント!

写真

応募方法:2019年10月16日(水)18時までに、Billboard JAPANの公式Twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)をフォロー&ハッシュタグをつけてツイートした読者の中から、抽選で1名様にサイン入りポラロイド写真をプレゼント! 下記の注意事項をご確認のうえ、ふるってご応募ください!

・写真はお選びいただけません。
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりダイレクトメッセージ(DM)をお送りさせていただきます。当選時に@Billboard_JAPANをフォローされていない場合、当選は無効となります。
・当落発表はDM通知および賞品の発送をもって代えさせていただきます。

アザーカット

写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真

CUBERS「妄想ロマンス」

妄想ロマンス

2019/10/09 RELEASE
KICM-1984 ¥ 1,300(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.妄想ロマンス
  2. 02.PEOPLE GAME
  3. 03.Wonderland

関連キーワード

TAG

関連商品

妄想ロマンス
CUBERS「妄想ロマンス」

2019/10/09

[CD]

¥2,750(税込)

妄想ロマンス
CUBERS「妄想ロマンス」

2019/10/09

[CD]

¥1,300(税込)

メジャーボーイ
CUBERS「メジャーボーイ」

2019/05/08

[CD]

¥2,037(税込)

メジャーボーイ
CUBERS「メジャーボーイ」

2019/05/08

[CD]

¥1,222(税込)

はじめてのCUBERS
CUBERS「はじめてのCUBERS」

2019/02/13

[CD]

¥2,037(税込)

SHOOTING STAR
CUBERS「SHOOTING STAR」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

SHOOTING STAR
CUBERS「SHOOTING STAR」

2018/11/21

[CD]

¥4,074(税込)

それじゃ、よろしく
CUBERS「それじゃ、よろしく」

2018/04/18

[CD]

¥1,019(税込)

それじゃ、よろしく
CUBERS「それじゃ、よろしく」

2018/04/18

[CD]

¥1,019(税込)

マゼンタ
CUBERS「マゼンタ」

2017/10/04

[CD]

¥2,037(税込)

マゼンタ
CUBERS「マゼンタ」

2017/10/04

[CD]

¥2,037(税込)

シアン
CUBERS「シアン」

2017/04/19

[CD]

¥2,037(税込)

シアン
CUBERS「シアン」

2017/04/19

[CD]

¥2,037(税込)

PLAY LIST
CUBERS「PLAY LIST」

2016/09/08

[CD]

¥3,056(税込)

PLAY LIST
CUBERS「PLAY LIST」

2016/09/08

[CD]

¥3,056(税込)

STAND BY YOU
CUBERS「STAND BY YOU」

2016/07/20

[CD]

¥1,019(税込)

STAND BY YOU
CUBERS「STAND BY YOU」

2016/07/20

[CD]

¥1,019(税込)

Bi’Bi’Bi’
CUBERS「Bi’Bi’Bi’」

2016/02/10

[CD]

¥1,019(税込)

Bi’Bi’Bi’
CUBERS「Bi’Bi’Bi’」

2016/02/10

[CD]

¥1,019(税込)

SHY
CUBERS「SHY」

2015/10/07

[CD]

¥1,019(税込)

SHY
CUBERS「SHY」

2015/10/07

[CD]

¥1,019(税込)

妄想ロマンス
CUBERS「妄想ロマンス」

2019/10/09

[CD]

¥2,750(税込)

妄想ロマンス
CUBERS「妄想ロマンス」

2019/10/09

[CD]

¥1,300(税込)

メジャーボーイ
CUBERS「メジャーボーイ」

2019/05/08

[CD]

¥2,037(税込)

メジャーボーイ
CUBERS「メジャーボーイ」

2019/05/08

[CD]

¥1,222(税込)

はじめてのCUBERS
CUBERS「はじめてのCUBERS」

2019/02/13

[CD]

¥2,037(税込)

SHOOTING STAR
CUBERS「SHOOTING STAR」

2018/11/21

[CD]

¥1,019(税込)

SHOOTING STAR
CUBERS「SHOOTING STAR」

2018/11/21

[CD]

¥4,074(税込)

それじゃ、よろしく
CUBERS「それじゃ、よろしく」

2018/04/18

[CD]

¥1,019(税込)

それじゃ、よろしく
CUBERS「それじゃ、よろしく」

2018/04/18

[CD]

¥1,019(税込)

マゼンタ
CUBERS「マゼンタ」

2017/10/04

[CD]

¥2,037(税込)

マゼンタ
CUBERS「マゼンタ」

2017/10/04

[CD]

¥2,037(税込)

シアン
CUBERS「シアン」

2017/04/19

[CD]

¥2,037(税込)

シアン
CUBERS「シアン」

2017/04/19

[CD]

¥2,037(税込)

PLAY LIST
CUBERS「PLAY LIST」

2016/09/08

[CD]

¥3,056(税込)

PLAY LIST
CUBERS「PLAY LIST」

2016/09/08

[CD]

¥3,056(税込)

STAND BY YOU
CUBERS「STAND BY YOU」

2016/07/20

[CD]

¥1,019(税込)

STAND BY YOU
CUBERS「STAND BY YOU」

2016/07/20

[CD]

¥1,019(税込)

Bi’Bi’Bi’
CUBERS「Bi’Bi’Bi’」

2016/02/10

[CD]

¥1,019(税込)

Bi’Bi’Bi’
CUBERS「Bi’Bi’Bi’」

2016/02/10

[CD]

¥1,019(税込)

SHY
CUBERS「SHY」

2015/10/07

[CD]

¥1,019(税込)

SHY
CUBERS「SHY」

2015/10/07

[CD]

¥1,019(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    花村想太(Da-iCE)、バンドプロジェクト発表

  2. 2

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「馬と鹿」9週連続で首位 嵐がトップ10内に4曲

  3. 3

    BiSH 禁断のスク水ライブ解禁で全員ダイブ&サプライズ生誕祭にモモコ歓喜

  4. 4

    米津玄師『馬と鹿』の“旅するデカジャケ”、南ア戦に挑むラグビー日本代表へエール

  5. 5

    【先ヨミ・デジタル】星野源の新EP『Same Thing』が27,168DLでアルバム首位独走中 関ジャム効果でスピッツベストがトップ10浮上

HOT IMAGES

注目の画像