Billboard JAPAN


Special Contents

Teresa(テレサ)日本デビューミニアルバム『Hybrid』インタビュー



Teresa(テレサ)日本デビューミニアルバム『Hybrid』インタビュー

「夢を日本でも叶えられることが嬉しいです」

 抜群の10頭身プロポーションにキュートなルックス、愛嬌のあるキャラクター。日本語、北京語、英語、台湾語、客家語と5言語をつかいこなすマルチリンガルでもあり、女優やファッションモデルとしてもアジア各地で活躍している台湾出身アーティスト・Teresaが、歌手として日本デビューミニアルバム『Hybrid』をリリース。これを記念してビルボードジャパンでは初インタビューを敢行した。何もかもが魅力的な彼女のストーリーとヴィジョン、ぜひご覧ください。

憧れの女優さんは安藤サクラさん。映画『百円の恋』に涙が溢れるほど感動

--日本デビューミニアルバム『Hybrid』が10月23日にリリースされます。このタイミングで日本のリスナーにTeresaさんのことを知ってもらう為のインタビューに出来ればと思っているのですが、ご自身ではどんな女の子だなと思いますか?

Teresa「花水木-Hanamizuki (Chinese Ver.)」MusicVideo
Teresa「花水木-Hanamizuki (Chinese Ver.)」MusicVideo

Teresa:台湾のファンの皆さんは、私のことを「かわいい、かわいい」と言って下さっているのですが、自分では「え? 私、かわいい? かわいくないよ」と思っています(笑)。

--いや、とても可愛らしいと思いますよ。

Teresa:自分自身では、どちらかと言うとクールな女の子だなと思っていて。普段はいつでも何でもひとりで行動しているので、誰かと一緒に行動したり、友達と遊んだり、そういうことをあんまりしていない。ひとりの時間が好きなんですよね。もちろん一緒に仕事している仲間にいろいろ相談することはあるんですけど、友達と過ごす時間は少ないかも……私、暗いですかね?

Teresa(テレサ)日本デビューミニアルバム『Hybrid』インタビュー

--そんなことはないと思いますけど(笑)、みんなで頻繁にワイワイ遊んだりはしないんですね?

Teresa:そうそう、ひとりの時間が好き。

--そんな性格でありながら大勢の人とのコミュニケーションを要する芸能界に入ったと。

Teresa:なので、がんばっています(笑)。

--なんで芸能界でデビューしたいと思ったんですか?

Teresa:芸能界に入る前、私はバリスタとしてコーヒーショップで働いていたのですが、友人が出場するヘアコンテストのモデルをやった時に出逢ったプロダクションの方に「芸能界に入ってみないか?」と声をかけて頂いたんです。それがきっかけですね。

--いざ、入ってみた芸能界にはどんな印象を?

Teresa:実は小さい頃から「歌手になりたい」という夢を抱いていて。母がすごく歌が上手なので、その影響が大きかったんでしょうね。なので、デビューできるのはすごく嬉しかったです。もちろん大変なこともたくさんありますけど、自分がやったことで誰かに喜んでもらえるのが昔から好きだったんですよ。バリスタ時代も自分の作ったラテアートでお客さんが喜んでくれると、それに達成感を覚えたりしていたんですよね。だから女優として演技をしたり、歌手としてステージに立ったり、そういうことでファンの皆さんに喜んでもらいたくて、芸能活動を続けているところもあります。

--女優、歌手、モデルと様々な表現をされていますが、まず女優としてのTeresaはどんな風に自己評価されていますか?

Teresa(テレサ)日本デビューミニアルバム『Hybrid』インタビュー
▲シングル『ざくろ』

Teresa:女優として様々な役を演じることで、いろんな人生を体験できることがすごく楽しいですし、勉強になることもたくさんありますし、だからもっといろんなタイプの役を演じられる女優になりたいと思っているんですけど、憧れの女優さんは安藤サクラさんです。彼女が主演している映画『百円の恋』を初めて観たときに、最後まで必死に頑張る姿にボロボロ涙が溢れるほど感動しました。私もボクシングジムに通っているんですけど、ラストの安藤サクラさんがボクシングで戦うシーンは本当に凄かった。涙が止まらなかったです。私も彼女のように何でも演じられる女優を目指したいと思っています。

--では、歌手としてのTeresaはどんな表現者を目指しているんでしょう?

Teresa:3年前に芸能界に入ることを決めてからいろいろ勉強するようになって、演技も歌もイチから挑戦しているんですけど、そのときから目指しているのは、私自身が寝る前に音楽をよく聴くこともあって、聴きやすい歌声を届けられるアーティスト。

NEXT PAGE
  1. 日本のバンドも好きなんですよ。特に好きなのはRADWIMPSさん!
  2. Next >
アーティスト&ジャケット写真

Teresa(テレサ)日本デビューミニアルバム『Hybrid』インタビュー Teresa(テレサ)日本デビューミニアルバム『Hybrid』インタビュー Teresa(テレサ)日本デビューミニアルバム『Hybrid』インタビュー


日本のバンドも好きなんですよ。特に好きなのはRADWIMPSさん!

--プロデューサーの今井了介さんも「エンジェルボイス」とTeresaさんの歌声を評されていますが、実際に優しくて美しい歌声の持ち主ですよね。

Teresa:ありがとうございます! いつでもそういう聴きやすい、聴いていて気持ち良い歌を届けていきたいです。

--日本デビューミニアルバム『Hybrid』はどんな作品になりそうですか?

Teresa(テレサ)日本デビューミニアルバム『Hybrid』インタビュー
▲ミニアルバム『Hybrid』

Teresa:初のアルバムなので、私は女優としていろんな自分を表現して届けられるように頑張っているんですけど、歌手としてもいろんな自分を表現できるように、いろんなTeresaを知ってもらえるように制作しています。日本のリスナーの皆さんに自分の歌を届けられることにドキドキワクワクしていますね。小さい頃からずっと「歌手になりたい」と思っていて、その夢を日本でも叶えられることが嬉しいです。つい3年前までは日本語が全く分からなかったのに(笑)、そんな私が日本で歌手デビューできるなんて本当にビックリです!

--たったの3年間でこれだけ日本語で歌えるようになって、喋れるようにもなったんですね。凄いと思います。

Teresa:通じていますか(笑)?

--めちゃくちゃ通じています! ちなみに、歌手としてどんな夢を抱いていますか?

Teresa:私は今を生きるタイプなんですけど、それでも「世界中で歌っていきたい」という夢はあります。日本ではもちろん、いろんな場所で生バンドを従えてライブがしたいんです! 私、日本のバンドも好きなんですよ。特に好きなのはRADWIMPSさん!

--では、RADWIMPSを自分のバンドとして従えて……

Teresa:アハハハハ!

--ワールドツアーしましょうか。

Teresa:いやいや、そんなの恐縮です! でもチャンスがあればいつか共演してみたいです!

--では、最後に、これからTeresaの音楽を聴いてほしい皆さんへメッセージを。

Teresa:私、日本語はまだまだ勉強中なんですけど、これからいろんな曲を皆さんに聴いてもらえるように頑張りたいと思っています。今回のアルバム『Hybrid』もいろんなTeresaを表現していますので、ぜひ聴いてみてください!

Interviewer:平賀哲雄

Teresa「ホシゾラニ・キミヲオモフ」SHORT MUSIC VIDEO
アーティスト&ジャケット写真

Teresa(テレサ)日本デビューミニアルバム『Hybrid』インタビュー Teresa(テレサ)日本デビューミニアルバム『Hybrid』インタビュー Teresa(テレサ)日本デビューミニアルバム『Hybrid』インタビュー

関連キーワード

TAG

関連商品

HYBRID
Teresa「HYBRID」

2019/10/23

[CD]

¥2,200(税込)

HYBRID
Teresa「HYBRID」

2019/10/23

[CD]

¥2,200(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    草なぎ剛×ユースケ・サンタマリアの新番組『なぎスケ!』配信へ

  2. 2

    関ジャニ∞、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで新クリスマス開幕を宣言

  3. 3

    【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」がストリーミング25連覇 あいみょん「君はロックを聴かない」は総再生回数1億回突破

  4. 4

    【ビルボード】嵐「Turning Up」が2週連続ダウンロード・ソングで首位 トップ100のうち39曲を嵐が占める

  5. 5

    Billboard Japan Hot 100

HOT IMAGES

注目の画像