Billboard JAPAN


Special Contents

ATEEZ(エィティーズ)来日記念特集インタビュー



ATEEZ(エィティーズ)来日記念特集インタビュー

 昨年秋にデビューしたばかりのボーイズグループながら、地元・韓国ではもちろん、すでに世界中で高い人気を誇っているATEEZ。間違いなく今後の音楽シーンを背負っていく存在になる彼らがこのたび来日、忙しいスケジュールの間隙を縫ってインタビューに応えてくれた。彼らの人柄や熱い想い、可能性を感じ取ってもらいたい。

参加メンバー:
HONG JOONG
YUN HO
YEO SANG
SAN
MIN GI
WOO YOUNG
JONG HO
※SEONG HWAは、インタビューを欠席いたしました。

何よりステージに対する情熱が大きくなったと思います

--ATEEZ、自分たちではどんなグループだと感じていますか?

ATEEZ - 'Say My Name' Official MV
ATEEZ - 'Say My Name' Official MV

SAN:僕が考えるATEEZの魅力は、8人それぞれ違った表現力とカラーを持っているところだと思います。そんな僕たちがひとつになったとき、更なるシナジー効果を出せる“エイト・メイクス・ワン・チーム”になる。

--メンバーそれぞれATEEZ結成前はどんな活動をしていたのでしょう?

MIN GI:僕は元々ダンスをやっていて、先輩たちとダンサーとして活動していまして、それでヒップホップに関心を持つようになり、ラッパーとしても活動していました。そうしているうちにYUN HOとの出逢いがありまして、それがきっかけでATEEZのメンバーになったんです。

SAN:僕の場合は、事務所のオーディションを受けた時点ではまだダンスへの関心がなかったんです。でも事務所に入ってから関心を持つようになって、メンバーに助けてもらっていろいろ教えてもらいながら、ATEEZになっていきました。

JONG HO:子供の頃から、元々歌が好きでオーディションを受けて練習生になりました。その時代に歌手としての活動に更に興味を持つことが出来て、夢が大きくなってATEEZに入ることになりました。

ATEEZ(エィティーズ)来日記念特集インタビュー

YEO SANG:僕は本当に平凡に勉強をして過ごしている学生でしたが、アイドルになることを夢見るようになって、反対していた両親も説得して、事務所に入りダンスも積極的に習って、こうしてATEEZになりました。

HONG JOONG:最初は作曲をするプロデューサーになりたいと思っていたんです。でも事務所に入ってから練習生になって、曲を書くだけではなく、自分を表現できる歌やダンスやラップにも関心を持つようになってATEEZになりました。

WOO YOUNG:僕は中学生の頃から友達とダンスを踊っていたので、その頃からアイドルになるのが夢だったんです。その後、芸術高校に入り、そこでも練習は続けていたら事務所からスカウトされて、ATEEZに入ることになりました。

YUN HO:僕は子供の頃から音楽を聴くのが好きで、ダンスをすることも好きだったんです。それで芸術高校に合格することが出来てそこでMIN GIと知り合いました。それから事務所のオーディションを受けて、ATEEZの創世記の頃から練習生となって今に至っています。

--ATEEZのメンバーになって何がいちばん大きく変わりましたか?

ATEEZ(エィティーズ)来日記念特集インタビュー

MIN GI:僕の場合は性格が変わったと思います。元々ストレートな性格だったんですが、ATEEZのメンバーになってからは少し柔らかくなって、みんなに合わせることが出来るようになりました。それはメンバーのおかげです。とても感謝しています。

HONG JOONG:これはメンバーみんなそうだと思うんですが、ステージに対する表現方法が変わったと思います。ステージの上で歌やダンスを披露する回数が増えていくにつれて、すごく楽しく出来るようになりましたし、もっと豊かにステージングが出来るようになったと思いますし、何よりステージに対する情熱が大きくなったと思いますね。

NEXT PAGE
  1. ATEEZで【スーパーボウル】のステージに立つのが夢です
  2. Next >

ATEEZで【スーパーボウル】のステージに立つのが夢です

--そんなATEEZにおいてメンバーそれぞれどんな存在になっていきたい?

ATEEZ(エィティーズ)来日記念特集インタビュー

YUN HO:僕はチームの中で何か助けになれるような存在になりたいと思っています。例えば、チーム全体のエネルギーが足りないときは僕が誰よりもみんなにエネルギーを届けられるような、そんなチームの役に立てる存在になりたいです。そういう意味で、メンバーみんなの彼氏的存在でありたいです(笑)。

SAN:ユンホは本当にやさしいからね。

WOO YOUNG:僕の場合は、メンバーみんながステージに対して良い意味での欲がたくさんあると思うんですけど、僕自身もそうした欲は強く持っているので、歌手として、アイドルとして「ステージングが凄いね」と言われるような存在になりたいです。

SAN:ウヨンのパフォーマンスはセクシーなんです。

HONG JOONG:僕はチームの中でリーダーを担当しているんですけど、前に立ってメンバーを引っ張っていくというよりも、中間あたりで「ちょっとチーム全体が揺れているな、悩んでいるな」と感じたら重心をコントロールしてあげられるような、そんなリーダーになりたいです。

SAN:ホンジュンはいちばん格好良い! やっぱりリーダーだなと思います。

YEO SANG:やはり僕も「チームの助けになりたい、チームの役に立てるような存在になりたい」と思って、その為にも黙々と努力をしていきたいと思っています。そして、これからどんどん実力を磨いて、成長した姿をお見せしたいと思います。遠い未来でその努力が認められるようになりたいです。あと、チーム内では、天然だったり、純粋だったり、可愛さだったり、いろんなモノを担当していますが、皆さんからは“イントロの妖精”とも呼ばれていたりします。 

HONG JOONG:ヨサンはイントロダクションの部分、オープニングの部分でよく登場するんです。そこでATEEZのイメージを表現してくれている。そういう意味で“イントロの妖精”と呼ばれているんです。

SAN:あと、ヨサンは目がすごく魅力的だと思います!

ATEEZ(エィティーズ)来日記念特集インタビュー

JONG HO:僕は文字通り「力になれる存在になりたい」と思っています。みんなが重い荷物を持てないときは代わりに持ってあげたりとか、そういう物理的な部分でも普段から力になりたいと思っています。何かみんなが出来ないことがあれば助けてあげたいとも思っていて、チームの末っ子ですが、責任を持ってお兄さんたちを助けたいと思っています!

SAN:僕はステージの下では本当にみんなが気楽に接することができる存在になりたいです。悩みがあったらそれを聞いてあげたり、隣に僕がいることでみんながリラックスできるような、そんな存在になりたいです。ステージの上では、みなさんが僕たちを観たときに「これはもうATEEZしか出来ないだろう」と思ってもらえるような、何か強烈なイメージを抱いてもらえるような存在になりたいです。

MIN GI:ATEEZの音楽的な部分、サウンドの面で力になりたいなと日頃から思っています。そして、ATEEZの中で自由かつ格好良い存在でありたいなと思っています!

--デビューから1年足らずでワールドチャートTOP5入りするなど世界中に注目されている、この状況に対してどんなことを感じていますか?

HONG JOONG:皆さんに関心を持って頂いて、世界中どこへ行っても成果が出せるというのは、本当に嬉しいです。僕たちATEEZは伝えたいメッセージや形にしていきたい音楽が明確にあるチームなので、これからもその部分を表現していきたいと思っています。ファンの皆さんが応援してくださる気持ちに応えることができるようにこちらも頑張りたいと思っています。

--ATEEZで叶えたい夢、挑戦してみたいことがあれば教えてください。

ATEEZ(エィティーズ)来日記念特集インタビュー

SAN:叶えたい夢は、メンバー8人みんながしあわせになること。ケガをしたり、どこか具合が悪くなったりせず、このまましあわせに活動していくことが夢です。

MIN GI:僕はATEEZで【スーパーボウル】のステージに立つのが夢です!

--では、最後に、ファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

HONG JOONG:こうしてインタビューをしてくださって光栄に思っております。ATEEZはこれからも頑張っていきますので、ファンの皆さんが贈ってくださるたくさんの愛に応えていきたいと思っています。僕らは常に新しくビックリさせるような良いステージをお届けしていきます! 皆さんとしあわせな、そして楽しい時間をずっと過ごしていきたいです。

Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」がシングル27.7万枚差を逆転、嵐「BRAVE」を抑えて総合1位獲得

  2. 2

    【先ヨミ速報】AKB48『サステナブル』が1,579,966枚を売り上げミリオン突破

  3. 3

    【ビルボード】嵐『BRAVE』が70.8万枚売り上げてSGセールス首位獲得 2位には米津『馬と鹿』が40万枚越えでチャートイン

  4. 4

    龍玄とし(Toshl)【マスカレイド・展】開催記念インタビュー

  5. 5

    Billboard Japan Hot 100

HOT IMAGES

注目の画像