Billboard JAPAN


Special Contents

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー



BiSH『PAiNT it BLACK』インタビュー

横アリでは「BiSHを好きでいて良かったなぁ」と思わせたいです

 急遽参加することになった【WACK合宿オーディション2018】や著書『目を合わせるということ』を通して浮き彫りになったBiSHモモコグミカンパニーの想い、人間味、覚悟。そして新作『PAiNT it BLACK』発売&ツアー【BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR】後に控える横浜アリーナ公演【BiSH“TO THE END”】について等々語ってもらいました。

WACKオーデ「アイナのサポート役としてなら行きたい……ひとりでした(笑)」

--6泊7日にわたる【WACKオーディション合宿2018】にBiSH代表で参加しましたが、モモコにとってどんな日々になりましたか?

BiSH / PAiNT it BLACK[OFFICIAL VIDEO]
BiSH / PAiNT it BLACK[OFFICIAL VIDEO]

モモコ:結果的に「参加してよかったな」とめっちゃ思います。感謝しかない。大変だったんですけど、普段仕事していて素人の女の子と同じ立場に立つことがなかったんで、貴重な体験でしたね。忘れていたことをたくさん思い出させてくれました。

--例えば?

モモコ:自分がBiSHに入るときの、すごく楽しみだった気持ちとか……今は仕事として毎日忙しく活動していて、そういう楽しむ心をちょっと忘れかけていたんですけど、あんなにWACKに入りたい子がたくさんいて「私たちは面白いことをやっているんだな」って仕事に対する見方が変わりました。

--ただ、元々は合宿に対して懐疑的なツイートをしていましたよね?

モモコ:去年の合宿オーディションをニコ生で観ていたとき、怒りが湧いてきたんですよ。参加しているのがアイナ(※アイナ・ジ・エンド/BiSHメンバー)たちWACKメンバーだけだったらいいんですけど、候補生の子たちが「入りたい!」と思って一生懸命頑張っているのに、その子たちがあんまり表に出ていない印象を受けて。それで大人が裏でアイナたちにコソコソなんかやってるように見えちゃって、それがちょっとイヤでしたね。候補生たちに「渡辺さま~」(※渡辺淳之介/WACK社長)とか言わせているのもイヤでした(笑)。怪しい宗教の団体みたいに見えちゃって。

--そんなシーンもありましたね(笑)。

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

モモコ:そんな環境下でアイナたちが苦しんでいるのも分かって、助けてあげたいけど、渡辺さまの国みたいなイメージがあって(笑)、そこには外から手出しは出来ないみたいな感じだったから、私も置いてけぼりになっちゃって。助けたいけど何も出来ない、その渡辺さんの支配下に置かれている感じもイヤだったんだと思います。当時、BiSHの6人はちょうど良い感じでまとまりかけていた時期なんですよ。なのに、アイナとあっちゃん(※ハシヤスメ・アツコ/BiSHメンバー)だけ合宿に連れて行かれて居なくなっちゃって、チッチ(※セントチヒロ・チッチ/BiSHメンバー)とアユニ(※アユニ・D/BiSHメンバー)が合宿所まで応援に行っても「なんか違う」みたいな感じだったじゃないですか。

--邪魔者扱いみたいな感じはあったかもしれないですね。

モモコ:それでBiSHも分裂していってる気がして、それがちょっと許せなかったです。バラバラにされた感じがして。

--そんなモモコがなんで今回の合宿に行くことになったんでしょうか? 最初はアイナが行く予定だったと思うんですけど。

モモコ:札幌のライブのあとに美味しいお寿司屋さんで打ち上げをしていて、私の右隣が渡辺さんで左隣がアイナみたいな席順で座ってて。で、打ち上げが終わりに近づいてきたときに「渡辺さん、明後日から合宿ですね」ってとりあえず言ってみたら……「おまえが行け」みたいな感じで急に言われました。なんか「思いついた!」みたいな目をしていました(笑)。

--それを言われてどんな気持ちだったんですか?

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

モモコ:そのときはアイナとふたりで行くと思っていて。元々アイナひとりで行かせることには反対で、前回の合宿を観ていたから「ひとりで行ったらもっと孤立しちゃうんじゃないか」と思っていたし、アイナは頑張りすぎちゃうんで、そのサポート役としてなら行きたいと思いました。だから「あ、行きます」って。元々アイナにも「アイナひとりとかおかしいと思う。こんなに忙しいのに、ひとりで行かせたくない」と言っていたので、ふたりで行くんならいいやと思ったんですけど……ひとりでした(笑)。

--急展開でしたよね。

モモコ:「終わった。死んだ」と思いました(笑)。ひとりで活動したことがあんまりなかったし、BiSH以外のWACKメンバー(※今回の合宿には、BiSからペリ・ウブ&パン・ルナリーフィ、GANG PARADEからキャン・GP・マイカも参加)ともそんなに仲良くなかったんで「孤独だな」と思って。あと、アイナじゃなく私ひとりだとニコ生の視聴率も下がっちゃうんじゃないかと思っていたし……

--そこを気にしていたわりには、ニコ生のカメラに対してしばらく浮かない表情を見せていましたよね。

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

モモコ:候補生の子たちに心配されるぐらい、人に喋りかけられなくて。元々お客さんとして私に会いに来てくれていた候補生の子が同じ部屋だったんですけど、その子から「部屋の隅っこで体育座りしてましたけど、大丈夫ですか?」と心配されて(笑)。「あ、ごめん。心配させちゃった」って思うぐらい、本当にひとりぼっちで……「どうしよう?」って感じでしたね。キャンマイちゃんともペリパンちゃんとも仲が良かった訳じゃないんで、とりあえずひとりでいることしか出来なかった。でもそこは時間が解決していって、みんなの私に対する緊張も解れてきたし、それと同時に私も打ち解けていって、だんだん仲良くなっていきました。

--それもあってか、パフォーマンス審査に関しては、モモコのチームは候補生と一緒になって作っている印象を受けました。その結果、いろんな候補生たちが個性を開花させていきましたよね。

モモコ:私、ダンスとか作ったことがなくて、いつもアイナに教えられている方法でしか出来なかったというか……別にアイナのマネをした訳じゃないんですけど、自然とBiSHの感じになっていたと思うんですよ。BiSHもそういう感じで振り付けを作ったりしているんで、その名残りが出たのかなって。あと、前回の合宿で候補生に焦点があんまり当たっていないと思っていたので、今回は「自分よりも候補生の子たちを見てほしいな」という想いもありました。

--候補生には結構触発されてましたよね? 合宿中「私もあんな風になりたかった」と言っていたりして。

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー
▲リソリソ

モモコ:そうですね。リソリソ(※今回の合宿MVP/GANG PARADEに加入)ちゃんは考えられないぐらいしっかりしてて! ちっちゃいのに! リソリソを見て「私は今まで何をしてきたんだ?」と思いました。ひとりでも淡々と行動できる子で、尊敬に値するなと思いましたね。

--想定外のアクション連発で合宿の流れを変えていきましたからね。

モモコ:凄いですよね。どんな人生を歩んできたらああなれるんだろう? 悲しいぐらいしっかりしてる(笑)。最後の個人アピールのときも「森のくまさん」の替え歌を延々と歌っていて、その度胸も素晴らしいなって尊敬できましたね。私が候補生の立場だったらあれは出来ないと思うんで。「私はもうBiSHで3年も活動してるのに、なんでリソリソみたいに出来ないのか」という悲しさもありましたし、でも違う人間だからしょうがないと思うんですけど。

NEXT PAGE
  1. 「普通の生活に戻れなくなるけど、大丈夫ですか?」ということが言いたかった
  2. Next >
インタビュー写真

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

WACK合宿オーディション写真

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー


「普通の生活に戻れなくなるけど、大丈夫ですか?」ということが言いたかった

--ただ、最後の個人アピールは、モモコにとってもひとつのハイライトとなりましたよね。「BiSHにいる自分はいつもすごく無理をしていて。BiSHは「圧倒的なBiSH」って言われているんですけど、私は全然圧倒的じゃなくて……」と、渡辺さんが「辞めんのかと思った! いつ止めようかと思ったよ!」と焦るぐらい、赤裸々な心情吐露を始めました。

BiSH/BiSH-星が瞬く夜に- [OFFICIAL VIDEO]
BiSH/BiSH-星が瞬く夜に- [OFFICIAL VIDEO]

モモコ:個人アピールの順番があったじゃないですか。WACKメンバーが最初に喋るのは知っていたんですけど、何故かキャンマイちゃん、ペリちゃん、パンちゃん、私の順だと思い込んでいて、そのあいだに何を話すか考えようと思っていたんですけど、ゼロの状態でいきなり「モモコ!」と呼ばれて。それで言いたいことが何も言えなくて、ただ時間を言葉で補っている感じで適当に喋っちゃったんですよ。でもその後にみんなの言葉を聞いていたら……なんか心にズシズシ来て、候補生の子たちがあんなに真剣に話しているのに、適当な言葉で話しちゃったことが申し訳なくなっちゃって。それで最後にめっちゃ緊張しながら手を挙げて、自分も身を削って喋ろうと思ったんです。BiSHの立場もあるし、自分が参加した意義として。

--なるほど。

モモコ:BiSHの中でも私は素人っぽいというか……本当に素人だったので。その素人の目線から、渡辺さんやニコ生を観ている人たちに伝えたい訳じゃなくて、候補生の子たちに伝えたかったことを話したんです。だから「辞めたい」とかそういうことじゃないんですよ(笑)。候補生の子たちの話を聞いていたら「変わりたいんです」と言う人が多くて、でも私もBiSHに入ったときそうだったんですよ。だから「おんなじだな」と思って。それで私はいざ入って変わるんですけど、変わった後って……常にもう一段階上に行く為に変わり続けないといけないんですよ。だから「みんな、本当に大丈夫なの?」ということが言いたかった。入ればそりゃちょっと変わるけど、変わり続けるのはすごく難しいことだったので……「普通の生活に戻れなくなるけど、大丈夫ですか?」ということが言いたかった。

--今、モモコ自身は大丈夫なの?

モモコ:大丈夫じゃなかった時期はありました。でも今は全然それが普通になってきているから大丈夫なんですけど。

--どのあたりで「変わり続けなきゃいけない」仕事だと気付いたんでしょう?

BiSH / プロミスザスター[NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS” @ 幕張メッセイベントホール]
BiSH / プロミスザスター[NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS” @ 幕張メッセイベントホール]

モモコ:やっぱり見えるところがすべてだと思うんですよ。で、幕張メッセのワンマンとか「プロミスザスター」とかで一気にぐわぁ~っと行っちゃったときぐらいから、もうメディアの中でしか……それこそ合宿だったらずっと見ていてもらえるけど、本当に表に出たところしか見てもらえなくなってきて、それがすごく難しかったですね。自分が何を思っていても、表に出ていなかったら「無いものになる」って気付いて、歌を普通に歌っているだけでも「変わってない」って言われるし、「他のメンバーが変わっているのに、モモコは全く変わってないじゃん。もっと頑張れよ」とか言われたり……だからそのままでいちゃダメなんだなっていう。入りたての頃は自分の為に変われたんですけど、その後は人の為に変わっていかないといけないんで。見ている人の為に頑張って可愛くならなきゃいけないし、頑張って歌上手くならなきゃいけないし、人の為に頑張るようになってきちゃって、それがツラかったです。

--今は「人の為に変わっていかないといけない」ということを受け入れられているんですか?

モモコ:最近はそれも楽しめるようになってきました。歌うのも楽しくなってきたし。昔は楽しいと思えなくて、無理やりやってる感じだった。

--歌声ひとつ出すのにも照れがありましたよね。

モモコ:ありましたね。自信もなかったし……「歌いたくない」と思いながら一行歌っていた感じだったんですけど、続けていくうちに「自分にしか歌えない歌もあるな」と気付いたりして、それでだんだん声が出せるようになりました。

--自分が歌う意味をちょっとずつ見出していったんでしょうね。それこそ合宿の最終日、大阪城音楽堂【WACK EXHiBiTiON】で披露された「JAM」なんて完全にモモコが歌わなきゃいけない曲に昇華されていましたし。

BiSH / JAM[OFFICIAL VIDEO]
BiSH / JAM[OFFICIAL VIDEO]

モモコ:「JAM」は自分の作詞曲でもあるからすごく感情移入して歌えるんですけど、たしかに合宿の後の「JAM」はそのときにしか歌えなかった「JAM」だったなと思います。合宿オーディションのこととすごく重ね合わせて歌えたと思うんで。歌詞がピッタリだったんですよ。だから渡辺さんがセットリストに入れてくれて良かったなと思いました。

--その曲や歌詞に「歌っている人の人生が乗っかっているな」と感じるとグッと来るじゃないですか。アイナやチッチの歌にはそれがあると思うんですよね。その人が生きてきた道が重なっている感じがするし、モモコもそう感じさせる場面が増えてきている。

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー
▲モモコグミカンパニー/アイナ・ジ・エンド

モモコ:たしかにそうかもしれないです。やっと……って感じですけど、あの日の「JAM」は「泣いた」って言ってくれる人がたくさんいたんですよ。「候補生の子たちも泣いてた」みたいな話も裏で聞いて、「私が合宿に行った意味ってこういうことかな」って思いました。だから良かったです。

--なので、技術的な上手い下手とかじゃないんですよね。聴き手が求めているのは。

モモコ:そうだと思うんですよね。候補生の子たちを見ててもそれは思いました。

--それこそリソリソの「森のくまさん」なんて上手い下手の次元で聴いていた人なんて誰もいない訳で、あの場であれを延々と歌い続けたことに心を動かされた訳じゃないですか。

モモコ:そういうところがWACKの良いところですよね。ちゃんと人間を見ていて、上手い下手とかじゃない感じがWACKの良さなんだろうなってすごく思いました。合宿のダンス審査のときもそうでしたけど、客観的に見たら下手と言われちゃうような子でも、すごく頑張って声を出しながら踊っていて、それにすごく感動しちゃって!「私も頑張らなきゃいけないんだな」とめっちゃ思って。私なんて人前にもう出てるのに、そんな自信なさげに踊ったり歌ったりしていたら申し訳ないと思って……めちゃくちゃ感化されました。

--もしかしたら4人のWACKメンバーの中で気持ちを重ねやすいポイントがいちばんあったのかもしれないですね。

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

モモコ:うん。本当に完全に一緒の目線で合宿に参加していたんで、自分も候補生と同じように「落ちないようにしなきゃな」と思いながらやってました。でも私が本当に候補生だったら、たぶん3日目で落ちていたと思いますね。BiSHという肩書きがなかったら完全に落ちていた気がします。だから「頑張らなきゃな」って。

--先にBiSHでデビューしていて良かったですね。

モモコ:あの頃のBiSHだからたぶん残っていられたんだと思います(笑)。それぐらいみんな魅力的だったし、素晴らしいなって思いました。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 人前で全然泣かない人間だったんですけど、初めて泣いちゃって……
  3. Next >
インタビュー写真

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

WACK合宿オーディション写真

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー


人前で全然泣かない人間だったんですけど、初めて泣いちゃって……

--今年は著書『目を合わせるということ』を出版されて、それとあの合宿はストーリーとしてすごく繋がっているような印象も受けましたし、2018年はモモコグミカンパニーという人間像がすごく浮き彫りになっていってる気がします。

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

モモコ:普通の仕事をしていたら、自分のことをそんなに知ってもらえることってないじゃないですか。でも私は『目を合わせるということ』で本当に赤裸々に自分のことを書いていたり、合宿も自分を赤裸々に見せていたと思うし、そういう本当の自分をたくさんの人に知ってもらえて、それを受け入れてもらえているのならすごく嬉しいです。有り難いなと思います。この世界で生きやすくなりました。本当に。

--具体的には、どう生きやすくなったと思います?

モモコ:「こういう人だ」と思われたほうが自由になれる(笑)。それで合わないと思う人は別に近寄らなくていいし、「おんなじ気持ちだ」と思う人が近寄ってくれればいい。そういう感じになれたんで。だからメンバー内でも「競う」って感じじゃなくなってきました。自分は自分だから自分のやりたいことをやればいい。BiSHはそういう感じになってきましたね。

--今、チッチやアイナが「SMAPみたいになりたい」と以前言っていたことをふと思い出したんですけど、それってメンバー個々のキャラクターや立ち位置をちゃんと確立させることで全員対等になる、ということじゃないですか。今年のモモコの一連の動きによって、そういう未来も見えてきた気がします。

モモコ:たしかに。BiSはこれから1stと2ndにメンバーが分かれて、順位を付けられていくじゃないですか。それはすごく可哀想だなと思うんですけど、BiSHにもそういう時期があったと思うんですよ。順位は浮き彫りにはならないけど、でもなんとなく順位を付けられていたような。なんかそういうのを感じ取って「あーあ……」と思うときもあったんですけど、最近はメンバーみんながお客さんにもどういう人か知ってもらえている気がして。だから競うとかじゃ本当になくなってきました。本当に「個々が」っていう感じになっている。でもそれが悲しくもあるんですけどね。

--それはなんで?

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

モモコ:みんなで何かをひとつにする。そういう時期はもう過ぎた気がしていて。これから横アリ(※5月22日に開催される横浜アリーナワンマン公演【BiSH“TO THE END”】)もあるし、それはもちろんみんなでやるんですけど、横アリが終わったら本当にみんなソロみたいになっていっちゃうんじゃないかなって勝手に思っていて。ライブ以外ではあんまり集まらなくなったりとか。同じWACKでもギャンパレとかBiSとかはみんなでワイワイやっている感じがあるんですけど、BiSHはそういうところが少なくなっちゃうのかなと思ったりしますね。

--でもそこまでの状況になったら「完全にブレイクした」ということですよね。

モモコ:そうですよね。合宿にひとりで参加しながら思ったんですけど、これからはひとりでも頑張らなきゃダメなんだなって。そもそもこの世界はそういう世界なんですよね。候補生の子たちもみんなひとりだったじゃないですか。で、いろいろ思っていることはみんなあったと思うんですけど、でもそれはニコ生のカメラに向けて言えた人しか伝わらないじゃないですか。その感じがもう「芸能界だな」と思って。自分から何かしていかないと何にも出来ないんだろうなと思って。そういうところでニコ生の投票順位とかも決まっていたと思うし、自分から見てもらいに行かないと何にも見てもらえないんだなと思いました。

--そういう気付きも含めて今回のモモコの開花は、BiSHの未来にとって大きいと思いますけどね。

モモコ:開花したんですかね? 自分では分かんないですけどね。

--世間的な印象としては開花ですよ。モモコの本や合宿での日々を見ていた人にとっては、それまでのモモコと印象は変わっていく訳で……

モモコ:そうかもしれない。

--モモコという存在が世の中に浸透していく流れは今回出来たと思うんです。そうなると今度は「リンリンの番だ」とか「あっちゃんの番だ」とか「アユニの番だ」みたいな流れになって、それがすべて上手く行くと本当にSMAPみたいになるのかなって。その突破口だった気がします。今回のモモコの一連の動きは。

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

モモコ:なるほど。自分ではずっと「分かってもらえているのかな」と勝手に思っていたんですけど、でも今回の反響を見て「みんな、そんなに私のこと知らなかったんだな」って思いました(笑)。私、人とずっと一緒にいるのが無理な人なんですよ。リンリンはそういうところを顕著に出しているんですけど、私はたぶんリンリン以上にダメで。合宿に参加する上でそこは一番心配だったんです。自分がどうなってしまうか分からなくて、それで実際に4日目ぐらいでダメになっちゃって。その姿をニコ生で見られているのが結構ヤバかったです。

--めっちゃ背中向けてましたもんね(笑)。

モモコ:カメラとか無理になっちゃって(笑)。夜、ずっと泣いちゃってて。渡辺さんとの面談でも……私その日、WACKメンバーの投票順位が1位じゃなかったんですよ。キャンマイちゃんに負けちゃって。それで「ダメじゃん、BiSHとして」と言われて、でもそう言われている意味もよく分かんなくなっちゃって「私の順位なんかどうでもよくないですか」とか言っちゃって! それで渡辺さんは怒って出て行っちゃって。私、人前で全然泣かない人間だったんですけど、初めて泣いちゃって……「ふがいないな」と思いました。でもあれが私本来の姿なんだと思うし、人前で泣いたとことは自分にとって結構大きかったですね。

--不思議なもので、そういったダメな部分も全部出し切ったことによって、モモコは愛されましたよね。

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

モモコ:そうなんですよね。そのいちばん弱っていたときに、朝ごはんのときも泣きながら味噌汁すすってて(笑)。そしたらアユニが泣きながら電話してきてくれて「モモカン、がんばって。何も出来ないけど、がんばって」みたいな。それでもっと泣いてしまって。チッチとかアイナも電話かけてくれていたんですけど……なんか出れなかったんですよ。初期メンだからかもしれない。弱いところを見せたくなかったのかなぁ。その電話に出たらどうなるか分からなかったから。

--そんな合宿でより絆を深めたBiSHですが、5月22日には横アリワンマンを控えています。

モモコ:ソールドアウトしたんで、とりあえず安心なんですけど……今は楽しみのほうが大きいかもしれないです。幕張メッセのときは緊張しかなかったんですけど、横アリはそれより楽しめそうな予感がしています。旧BiSさんも解散ライブで立った場所なんで、そこでBiSHもやるということが嬉しいです。あとは、横アリでどれだけのお客さんの心を本当に掴めるかの勝負だなと思うし……でも今までのBiSHのお客さんがいるから出来ることだし、横アリが決まって喜んでくれた人たちの為に頑張りたい。そういうBiSHを好きでいてくれる人をこれからも大切にしていきたいし、横アリでは「BiSHを好きでいて良かったなぁ」と思わせたいです。

Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada

タイトル

BiSH / HiDE the BLUE[OFFICIAL VIDEO]
インタビュー写真

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

WACK合宿オーディション写真

BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー BiSH『PAiNT it BLACK』モモコグミカンパニー単独インタビュー

BiSH「PAiNT it BLACK」

PAiNT it BLACK

2018/03/28 RELEASE
AVCD-94027 ¥ 4,320(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.PAiNT it BLACK
  2. 02.SCHOOLYARD

関連キーワード

TAG

関連商品

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥1,620(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥3,024(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥6,458(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥10,800(税込)

プロミスザスター
BiSH「プロミスザスター」

2017/03/22

[CD]

¥1,080(税込)

プロミスザスター
BiSH「プロミスザスター」

2017/03/22

[CD]

¥4,104(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥1,080(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥1,944(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥5,378(税込)

OTNK
BiSH「OTNK」

2015/09/02

[CD]

¥1,080(税込)

BiSH “TO THE END”
BiSH「BiSH “TO THE END”」

2018/08/29

[Blu-ray Disc]

¥10,800(税込)

NON TiE-UP
BiSH「NON TiE-UP」

2018/06/27

[CD]

¥1,080(税込)

PAiNT it BLACK
BiSH「PAiNT it BLACK」

2018/03/28

[CD]

¥4,320(税込)

PAiNT it BLACK
BiSH「PAiNT it BLACK」

2018/03/28

[CD]

¥1,080(税込)

PAiNT it BLACK
BiSH「PAiNT it BLACK」

2018/03/28

[CD]

¥4,320(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥1,620(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥3,024(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥6,458(税込)

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」

2017/06/28

[CD]

¥10,800(税込)

プロミスザスター
BiSH「プロミスザスター」

2017/03/22

[CD]

¥1,080(税込)

プロミスザスター
BiSH「プロミスザスター」

2017/03/22

[CD]

¥4,104(税込)

KiLLER BiSH
BiSH「KiLLER BiSH」

2016/10/05

[CD]

¥6,458(税込)

KiLLER BiSH
BiSH「KiLLER BiSH」

2016/10/05

[CD]

¥3,240(税込)

KiLLER BiSH
BiSH「KiLLER BiSH」

2016/10/05

[CD]

¥6,458(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥1,080(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥1,944(税込)

DEADMAN
BiSH「DEADMAN」

2016/05/04

[CD]

¥5,378(税込)

OTNK
BiSH「OTNK」

2015/09/02

[CD]

¥1,080(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    miwa、ショートカットの新ビジュアル&サブスクリプション解禁

  2. 2

    PEDRO(BiSHアユニ・Dソロプロジェクト)始動『zoozoosea』インタビュー

  3. 3

    BiSHセントチヒロ・チッチ/アイナ・ジ・エンド『夜王子と月の姫/きえないで』単独ソロデビュー記念インタビュー

  4. 4

    【先ヨミ】東方神起『TOMORROW』が10万枚超でアルバム・セールス首位独走中

  5. 5

    ASKAの新しい挑戦、" PRIDE "公演が明日チケット一般販売スタート

HOT IMAGES

注目の画像