Billboard JAPAN


Special Contents

Shuya Okino from KYOTO JAZZ SEXTET Digging “UNITY” playlist

top

 2015年にKyoto Jazz Massiveの沖野修也が始動させたアコースティック・ジャズ・ユニット、KYOTO JAZZ SEXTET。6月にスピリチュアル・ジャズとヒップ・ホップ、さらには和ジャズにも翼を拡張した意欲的な2ndアルバム『UNITY』をリリースし、8月にリリース・ライブを控える沖野修也氏にインタビューを敢行した。1960年代のブルーノートの新主流派モード・ジャズを核にしながらも、単なる懐古趣味にとどまらず、それをモチーフにして“ジャズの現在”を表現することをコンセプトにしたKYOTO JAZZ SEXTETを率いる同氏に、全編オリジナル曲を収録した『UNITY』制作時にインスパイアされた楽曲をセレクトしてもらった。

UNITYに秘められたエッセンスを紐解くプレイリスト

01. Little Sun Flower - Freddie Hubbard

CD

KYOTO JAZZ SEXTETは60年代新主流派の現代化を出発点にしたグループですが、僕個人的に70年代フュージョンのファンでもあるので、やはりその両方を繋ぐ存在としてFreddie Hubbardからの影響は大きいと思います。アルバムの冒頭を飾るPeaceful Windは特に彼から学んだ事が反映されているかもしれません。


02. Maiden Voyage - Herbie Hancock

CD

今回50歳で初めてジャズの作曲に取り組んだのですが、常に自分に言い聞かせたことは、シンプルにして印象的なテーマを作ることでした。Maiden Voyageは新主流派という枠組みを超えたジャズの名曲。Harbieのように・・・とは恐れ多いのですが、世に出す以上は常に彼の事を意識しました。頂上を見上げる感覚。


03. Truth - Kamasi Washington

同時代のジャズという意味では決して無視できないのがこのKamasi Washington。誰も彼とKJSを比べたりしないとは思いますが、かつてPharoah SandersとSleep Walkerの共演をプロデュースした僕としては、彼よりも早く現行のSpiritual Jazzに取り組んだ自負もあります。いつか対バンしたいですね(笑)。


04. Into The Sun - Sleep Walker

CD

『UNITY』に収録した「Song For Unity」はズバリ、日本を代表する現行Spiritual Jazzバンド、Sleep Walkerが今も存続していたら・・・という想いで書いた曲です。現在活動休止中の作曲家、吉澤はじめさんに敬意を表し、彼の音楽シーンへの復帰を祈ってこの曲を作ったのです。影響も何も、モロ直系の作品。


05. ソーラン・ブシ B.H. - Billy Harper

新作に取り組むにあたり、ヒップ・ホップのビートを取り入れた新主流派の現代化を基調に、Spiritual Jazzと和ジャズの両翼に音楽性を拡げるイメージがありました。Billy Harperはアメリカのジャズ・ミュージシャンですが、日本制作で民謡のカバーをした彼の作品は参考になりました。既に3枚目の構想を練っているのですが、よりこの方向に進むかもしれません。


06. Song Of Happiness - McCoy Tyner

CD

新主流派からSpiritual Jazzに翼を拡げる際に、その進化のモデルとなったのがMcCoy Tyner。偉大な作曲家でもあります。楽曲「Ancient Future」には彼の壮大な世界観に少しでも近付きたいという野心も込められています。60年代から70年代にかけて、ディープ且つダンサブルな楽曲を量産した彼は僕のヒーロー。


07. Revelation - Hannibal Marvin Peterson

CD

同じ「Ancient Future」でトランペットの類家心平に僕はHannibalのように吹いて欲しいとリクエストしました。彼が尊敬するのはマイルス・デイビスなんですけどね…。時代を象徴するダンス・ビートに鬼気迫るインプロビゼーションを導入するのはHannibalの手法を引用したと言っても過言ではありません。


08. Still In Love - Shuya Okino

CD

KJS初のボーカル曲にNavasha Dayaを起用したのは、僕のソロで彼女とジャズの相性が抜群にいいということを発見したからでした。通常プロジェクトごとに歌い手を使い分ける僕が、敢えてそのタブーを破りスライド投入してまでもNavashaを抜擢したのはそういう理由があったからです。Still In Loveの KJS remixを作ってもいいかもしれません。


09. Mother Of The Future - Norman Conners

Navasha Dayaをフィーチャーした「Love Light」は、Norman Connersの「Mother Of Future」のような高速ダンス・ジャズを作ってみたい!という純粋な動機からでした。正直、エレクトリック・ベースの方が弾き易いかなと思いつつ、小泉克人に敢えてウッド・ベースを強要したという逸話もあります。


10. Teru - Wayne Shorter

CD

僕はDJなのでどうしてもダンサブルな曲を作ってしまいがちなんです。でも、『UNITY』では一念発起して人生初のバラードにも挑戦。Wayne Shorterの「Teru」を聴いて作った訳ではありませんが、こういう曲を聴く度にやはりバラードはいいなと思います。栗原健の表現力に大いに助けられました。


11. Cape Vaden Blues - Horace Silver

CD

『UNITY』にはストレート・アヘッドなジャズも必要だと思い、「Rising」を収録。ピアノの平戸祐介とドラムの天倉正敬が前作以上に噛み合った事に僕も驚かされました。Cape Vaden Bluesを下敷きにはしていませんが、DJの時に続けてかけてみたいなと思っています。この曲のグルーヴはダンス・ジャズの象徴でもあります。


12. You've Got To Have Freedom - Pharoah Sanders

CD

ご子息Tomoki Sandersがアルバムで2曲も参加しているのでお父さんの作品の影響を受けていない訳がありません!僕は楽譜が読めないので、コード進行の類似性が指摘されても、無意識的に引用したとしか説明できないんですよね。むしろ彼のスピリットの方に感化されているんじゃないですかね。僕が最も好きなジャズ・ナンバーはこれです。



Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>




KYOTO JAZZ SEXTET 類家心平 栗原健 平戸祐介 小泉P克人 天倉正敬 タブ・ゾンビ トモキ・サンダース「UNITY」

UNITY

2017/06/14 RELEASE
UCCJ-2143 ¥ 3,240(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ピースフル・ウィンド
  2. 02.ソング・フォー・ユニティ feat.トモキ・サンダース
  3. 03.ミッション
  4. 04.エインシャント・フューチャー
  5. 05.ウィ・アー・ワン feat.ナヴァーシャ・デイヤ
  6. 06.ラヴ・ライト feat.ナヴァーシャ・デイヤ
  7. 07.チルドレン・オブ・ピース
  8. 08.ライジング
  9. 09.エクストラ・フリーダム
UNITY
KYOTO JAZZ SEXTET 類家心平 栗原健 平戸祐介 小泉P克人 天倉正敬 タブ・ゾンビ トモキ・サンダース「UNITY」
2017/06/14
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
ライヴ・アット・シンフォニー・ホール
カンカワ(KANKAWA) 類家心平 竹内直 小沼ようすけ 本田珠也 小森谷巧「ライヴ・アット・シンフォニー・ホール」
2017/05/17
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
ライヴ・アット・シンフォニー・ホール
カンカワ(KANKAWA) 類家心平 竹内直 小沼ようすけ 本田珠也 小森谷巧「ライヴ・アット・シンフォニー・ホール」
2017/05/17
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
RM jazz legacy 類家心平 坪口昌恭 守家巧 宮嶋洋輔 芳垣安洋 松下マサナオ 石若駿「2」
2016/12/21
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
RM jazz legacy 類家心平 坪口昌恭 守家巧 宮嶋洋輔 芳垣安洋 松下マサナオ 石若駿「2」
2016/12/21
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
2.26 バースデイ・ライブ 30周年 feat.山下洋輔
早坂紗知 山下洋輔 類家心平 RIO 永田利樹 本田珠也「2.26 バースデイ・ライブ 30周年 feat.山下洋輔」
2016/09/17
[CD]
¥3,024(税込)
購入画面へ
コール・ミー
リュウミホ 類家心平 小沼ようすけ 宮本貴奈 本多俊之 Ryu Kawamura Naoto Suzuki Saori Sendo「コール・ミー」
2016/07/27
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
UNDA
類家心平 田中tak拓也 中嶋錠二 鉄井孝司 吉岡大輔「UNDA」
2016/03/23
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
MISSION
KYOTO JAZZ SEXTET 類家心平 栗原健 平戸祐介 小泉P克人 天倉正敬 菊地成孔 西岡ヒデロー「MISSION」
2015/04/15
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
Change Gravity
東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル 坪口昌恭 類家心平 宮嶋洋輔 織原良次 石若駿「Change Gravity」
2014/04/09
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
4 AM
類家心平「4 AM」
2013/11/20
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
The Flow Of Time
山田貴子 類家心平 テリヴァー・チャン 安田幸司 長谷川ガク 大村亘「The Flow Of Time」
2013/10/30
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
Never Give Up!
KANKAWA presents 東北応援ジャズ・バンドアコースティック・グループ 類家心平 竹内直 高内HARU春彦 小山彰太「Never Give Up!」
2011/09/21
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
Sector b
類家心平 4 Piece Band 類家心平 ハクエイ・キム 鉄井孝司 吉岡大輔「Sector b」
2011/09/07
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
Sector b
類家心平 4 Piece Band 類家心平 ハクエイ・キム 鉄井孝司 吉岡大輔「Sector b」
2011/09/07
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore