Billboard JAPAN


Special Contents

ダニー・コーチマー来日記念プレイリスト

top

 70年代シンガーソングライター・サウンドの確立に貢献したギタリスト/ソングライターのダニー・コーチマーが、同じく音楽シーンを支えてきた鉄壁のサポート陣を率いて7月末に東阪ビルボードライブで来日公演を開催。この来日を記念しダニー本人に、自らが楽曲制作に携わった想い出に残る楽曲について当時の思い出と共に語ってもらった。来日公演の予習としてぜひチェックしてもらいたい。

特集:ダニー・コーチマー来日記念特集~真のミュージシャンズ・ミュージシャン

ダニー・コーチマーの想い出に残るコラボレーション・ソング

01. Dirty Laundry - Don Henley

この曲で何を伝えたいのかというアイデアはドンが考えて、私は古いファルフィッサ・オルガンを弾きながらこのメロディーを作っていったんだ。


02. I Can’t Stand Still - Don Henley

私が最初にメロディーを書いて、その後にドンが歌詞をトラックに乗せて書いたんだ。恋人と別れてもまだ恋に溺れているという内容だよ。


03. Somebody's Baby - Jackson Browne

ジャクソン・ブラウンと一緒に映画『初体験/リッジモント・ハイ(Fast Times at Ridgemont High)』のサウンドトラックのために書いた曲。原作者のキャメロン・クロウが僕たちに話を持ってきてね。私もジャクソンも彼の本を既に読んでいたから、どんな曲にすればいいのか分かっていたよ。


04. Sunset Grill - Don Henley

ドンがこの曲の内容を考えたんだ。ハリウッドのサンセット通りにハンバーガーのスタンドがあってね。そこのハンバーガーは、加工は一切せず完全に手作りで、2人のお気に入りだったんだよ。この曲は最初、8分の6拍子でメロディーを作っていたんだけど、途中で4分の4拍子に変えたんだ。その方が歌いやすいと思ってね。


05. All She Wants To Do Is Dance - Don Henley

この曲はヤマハのDX7(シンセサイザー)を使って書いたんだ。アメリカに最初に入ってきたうちのひとつだったよ。自分の家にそのDX7を持ち帰って、この曲のサウンドを思い付いたんだ。すぐにメロディーも書いて、歌詞は次の日の朝起きてから作業したよ。


06. Machine Gun Kelly - James Taylor

この曲は『Gangsters of the '30s and Their Molls』という本を読んだあとに書いたんだ。この本のタイトルの響きと黙認する妻の物語がとても好きでね。


07. Drivin' With Your Eyes Closed - Don Henley

ギターのリフを思い付いて、そのリフを元に曲を書いていったんだ。曲のタイトルも、思い付いたものをドンに伝えたら、それを使ってくれたよ。


08. Honey Don’t Leave LA - James Taylor

この曲が収録されているアルバム『JT』の制作が始まる直前に書いた曲。原曲は、私が昔いたAttitudesというバンドでレコーディングしたものなんだ。ジム・ケルトナー、デイヴィッド・フォスター、ポール・ストールワースと私の4人でダークホース・レコーズのためにアルバムを2枚作った楽しい思い出があるよ。


09. Shaky Town - Jackson Browne

この曲は、アルバム・ツアーをする前に書いた。デンバーのホテルの部屋で、ジャクソンに聴かせたら、「すぐレコーディングしよう!」ってなってね。これは、巡業暮らしについての内容で、市民ラジオの専門用語を歌詞に入れてみたよ。ジャクソンは今もまだこの曲をライブで演奏してるみたいだね。


10. New York Minute - Don Henley

この曲もドンのアイデアなんだ。秋のニューヨークで感じた気持ちを表現したかったみたいだね。私がピアノでメロディーを書いて、トトのバンドのメンバーとレコーディングしたんだ。素晴らしいミュージシャンたちだよ。


11. I Will Not Go Quietly - Don Henley

ロバート・プラントのコンサートを観に行った後、すぐ家に帰ってこの曲に取り掛かったよ。それで、ドンがアクセル・ローズをスタジオに連れて来て一緒にこの曲を歌ったのさ。まさにハード・ロック!


12. You're Not Drinking Enough - Don Henley

これも大失恋をした後に書いた曲。ドンが徹底的に歌い上げてくれて、しかも、あのサム・ムーアが一緒に歌ってくれたんだよ。本当に誇らしかったね!


Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>

ダニー・コーチマー「危険な遊び」

危険な遊び

2017/06/28 RELEASE
WPCR-17745 ¥ 1,404(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.恋の強敵
  2. 02.ロスト・イン・ザ・シャッフル
  3. 03.キラーズ・キッス
  4. 04.エロール・フリンの亡霊
  5. 05.エンドレス・スリープ
  6. 06.ベティと友だち
  7. 07.危険な遊び
  8. 08.エゴ・トリッパー
  9. 09.映画に夢中
  10. 10.ヘアー・オブ・ザ・ドッグ
  11. 11.ホエン・ジ・イーグル・フライズ

関連キーワード

TAG

危険な遊び
ダニー・コーチマー「危険な遊び」
2017/06/28
[CD]
¥1,404(税込)
購入画面へ
クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」
2016/06/22
[CD]
¥1,998(税込)
購入画面へ
イニュエンドウ
ダニー・コーチマー「イニュエンドウ」
2016/06/22
[CD]
¥1,998(税込)
購入画面へ
クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」
2015/10/07
[CD]
¥1,404(税込)
購入画面へ
フォワード・モーション
ザ・セクション ダニー・コーチマー リーランド・スクラー クレイグ・ダーギ ラス・カンケル セルジオ・パストラ リー・パストラ「フォワード・モーション」
2014/11/12
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ザ・セクション
ザ・セクション ダニー・コーチマー クレイグ・ダーギ リーランド・スクラー ラス・カンケル マイケル・ブレッカー「ザ・セクション」
2014/06/25
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
イヌエンドゥ
ダニー・クーチマー「イヌエンドゥ」
2011/02/05
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」
2006/10/25
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」
2003/02/26
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore