Billboard JAPAN


Special Contents

【再掲】ダニー・コーチマー来日記念特集~真のミュージシャンズ・ミュージシャン

top_saikei

 派手にソロを決めるロック・スターがいる一方で、地味で手堅いながらもハッとさせられるプレイヤーもいる。職人肌のギタリストの代表的な存在であるダニー・コーチマーは、まちがいなく後者だろう。しかし、その腕は多数のトップ・アーティストから高く評価され、世界中の音楽ファンに愛されている。彼の弾く軽やかなオブリガートは、ヴォーカルと同じくらい雄弁に歌っている。そんな説得力のあるフレーズを弾き続け、すでに50年ものキャリアを重ねてきたダニーこそ、真のミュージシャンズ・ミュージシャンといってもいいかもしれない。ここでは、彼の足取りを追っておこう。

ダニー・コーチマー来日記念プレイリスト

CD
▲『クーチ』

 ダニー・コーチマーは、1946年生まれ。ニューヨーク出身の彼は、10代よりギタリストとして活動を開始。リズム&ブルースのバンドであるキング・ビーズに参加した後、無名時代のジェームス・テイラーが在籍していたフライング・マシーンでも活躍した。1966年にはイギリスに渡ってセッション・ミュージシャンとして活動するが、すぐにニューヨークに戻り、実験的なロック・バンドのザ・ファッグスに加入。ここで出会ったベーシストのチャールズ・ラーキーを誘い、今度はロサンゼルスへ向かう。そして、キャロル・キングを交えてザ・シティを結成。1968年に発表した唯一のアルバム『Now That Everything's Been Said』には「Snow Queen」などの名曲が収められていたが、商業的な成功には至らなかった。

CD
▲『イニュエンドウ』

 1970年にはチャールズ・ラーキーを伴ってジョー・ママを結成。『Jo Mama』(1970年)、『J Is For Jump』(1971年)という2枚のアルバムを発表。その後はリーランド・スカラー、ラス・カンケル、クレイグ・ダーギーというメンバーとともにザ・セクションを結成。『The Section』(1972年)、『Forward Motion』(1973年)、『Fork It Over』(1977年)という3枚のアルバムを残している。また、ザ・セクションとして活躍中の1973年には、初のソロ・アルバム『Kootch』、1980年には2作目のソロ・アルバム『Innuendo』をリリースし、そのソングライティング能力やヴォーカルも高く評価された。

 しかし、彼はソロ・アーティストとしてというよりも、セッション・ギタリストとしての名声を勝ち取ることになる。そのきっかけは、キャロル・キングとジェームス・テイラーだ。ザ・シティ解散後にソロ活動を模索していたキャロル・キングは、初の単独名義のアルバム『Writer』(1970年)に続き、『Tapestry』(1971年)をリリース。この作品が爆発的なヒットを記録することになり、キャロルは一躍トップスターに躍り出た。そして、『Music』(1971年)、『Rhymes & Reasons』(1972年)、『Fantasy』(1973年)と初期の作品に参加したダニーは、キャロルの作品には欠かせない存在となったと同時に、ギタリストとして大きく注目されるようになったのである。また、ジェームス・テイラーとは、1970年の傑作『Sweet Baby James』から密にサポートし、『Mud Slide Slim And The Blue Horizon』(1971年)、『One Man Dog』(1972年)、『Gorilla』(1975年)といった名盤を支えたことで、高く評価されることになった。

CD
▲『孤独なランナー』

 70年代でさらに特筆したいのが、ジャクソン・ブラウンとのコラボレーションだろう。彼の5作目のアルバム『Running On Empty』(1977年)に参加し、名曲「Shaky Town」を提供。その後も『Hold Out』(1980年)、『Lawyers In Love』(1983年)、『Lives In The Balance』(1986年)と、なんらかの関わりを持ち続けている。また、イーグルスのドン・ヘンリーのソロ作品では、プレイヤーとしてだけでなくソングライターとしても重要な役割を担い、「Dirty Laundry」や「All She Wants To Do Is Dance」といったヒット曲も生み出した。他にも、クロスビー&ナッシュ、ニルソン、ウォーレン・ジボン、J.D.サウザー、リンダ・ロンシュタット、トレイシー・チャップマン、ホール&オーツなど、多くの作品やアーティストに関わっている。

 90年代以降もダニーの活躍はとどまることがなく、ジョン・ボン・ジョヴィ、ビリー・ジョエル、ボズ・スキャッグス、ハンソンなど幅広いジャンルのアーティストをサポート。日本でも、伊藤銀次や奥田民生などと共演している。また、自身の新たなバンド、ミッドナイト・イレブンを結成し、アルバム『Midnight Eleven』(2005年)を発表するなど精力的な活動は変わらない。今回の来日公演でも、その卓越したプレイで健在ぶりを見せつけ、ファンを魅了してくれるはずだ。

 なお、今回のツアーで演奏すると思しきセットリストを入手することができた。実際にこれらの曲が聴けるのかどうかは当日のお楽しみだが、参考までにリストアップしておこう。

「You've Got A Friend」

キャロル・キングの1971年の名盤『Tapestry』に収録された、言わずと知れた大名曲で、ダニーはギターで参加している。ジェームス・テイラーが『Mud Slide Slim and the Blue Horizon』(1971)でカヴァーした際もギターで参加。

「Honey Don't Leave LA」

ダニーが在籍していたバンド、アティテュードスが、ジョージ・ハリスン主宰のダークホース・レーベルからリリースしたアルバム『Attitudes』(1976)に書き下ろした楽曲。ジェームス・テイラーがアルバム『JT』(1977)でカヴァーし、翌年シングル・カットもされた。

「Machine Gun Kelly」

ジョー・ママのアルバム『Jo Mama』(1970年)に収められた楽曲。ジェームス・テイラーが『Mud Slide Slim and the Blue Horizon』(1971)でカヴァーしている。

「Somebody's Baby」

ジャクソン・ブラウンとの共作曲で、彼のソロ楽曲として1982年の映画『初体験/リッジモント・ハイ』の主題歌に使用された。

「Dirty Laundry」

ドン・ヘンリーとの共作で、彼のソロ・デビュー・アルバム『Can't Stand Still』(1982年)に収録。シングル・カットもされてHot100で3位となった。

「All She Wants To Do Is Dance」

ドン・ヘンリーに提供した楽曲で、彼のセカンド・アルバム『All She Wants to Do Is Dance』(1985年)に収録。シングル・カットもされてHot100で9位を記録。

「New York Minute」

ドン・ヘンリーとの共作曲で、彼のアルバム『The End of the Innocence』(1989年)収録。翌年シングル・カットされた。

ダニー・コーチマー「危険な遊び」

危険な遊び

2017/06/28 RELEASE
WPCR-17745 ¥ 1,404(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.恋の強敵
  2. 02.ロスト・イン・ザ・シャッフル
  3. 03.キラーズ・キッス
  4. 04.エロール・フリンの亡霊
  5. 05.エンドレス・スリープ
  6. 06.ベティと友だち
  7. 07.危険な遊び
  8. 08.エゴ・トリッパー
  9. 09.映画に夢中
  10. 10.ヘアー・オブ・ザ・ドッグ
  11. 11.ホエン・ジ・イーグル・フライズ

関連キーワード

TAG

関連商品

危険な遊び
ダニー・コーチマー「危険な遊び」

2017/06/28

[CD]

¥1,404(税込)

クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」

2016/06/22

[CD]

¥1,998(税込)

イニュエンドウ
ダニー・コーチマー「イニュエンドウ」

2016/06/22

[CD]

¥1,998(税込)

クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」

2015/10/07

[CD]

¥1,404(税込)

フォワード・モーション
ザ・セクション ダニー・コーチマー リーランド・スクラー クレイグ・ダーギ ラス・カンケル セルジオ・パストラ リー・パストラ「フォワード・モーション」

2014/11/12

[CD]

¥1,080(税込)

ザ・セクション
ザ・セクション ダニー・コーチマー クレイグ・ダーギ リーランド・スクラー ラス・カンケル マイケル・ブレッカー「ザ・セクション」

2014/06/25

[CD]

¥1,080(税込)

イヌエンドゥ
ダニー・クーチマー「イヌエンドゥ」

2011/02/05

[CD]

¥2,592(税込)

クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」

2006/10/25

[CD]

¥1,851(税込)

クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」

2003/02/26

[CD]

¥2,376(税込)

危険な遊び
ダニー・コーチマー「危険な遊び」

2017/06/28

[CD]

¥1,404(税込)

クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」

2016/06/22

[CD]

¥1,998(税込)

イニュエンドウ
ダニー・コーチマー「イニュエンドウ」

2016/06/22

[CD]

¥1,998(税込)

クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」

2015/10/07

[CD]

¥1,404(税込)

フォワード・モーション
ザ・セクション ダニー・コーチマー リーランド・スクラー クレイグ・ダーギ ラス・カンケル セルジオ・パストラ リー・パストラ「フォワード・モーション」

2014/11/12

[CD]

¥1,080(税込)

ザ・セクション
ザ・セクション ダニー・コーチマー クレイグ・ダーギ リーランド・スクラー ラス・カンケル マイケル・ブレッカー「ザ・セクション」

2014/06/25

[CD]

¥1,080(税込)

イヌエンドゥ
ダニー・クーチマー「イヌエンドゥ」

2011/02/05

[CD]

¥2,592(税込)

クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」

2006/10/25

[CD]

¥1,851(税込)

クーチ
ダニー・コーチマー「クーチ」

2003/02/26

[CD]

¥2,376(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    米津玄師はなぜ売れ続けるのか?!  ベスト50に6曲チャートインの秘訣【Chart insight of insight】

  2. 2

    嵐が圧倒的な強さを見せつけ1位に、2018年上半期の音楽ビデオ売上動向発表

  3. 3

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】DA PUMP「U.S.A.」、『MUSIC DAY』出演など露出増で首位再浮上

  4. 4

    ICONIQ改め伊藤ゆみ グラビア初挑戦でまさかのヌード披露! 無邪気な内面も

  5. 5

    安室奈美恵、ファイナルツアー全貌一挙公開の第2弾 独占ドキュメンタリー最新話7/14より配信

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像