Billboard JAPAN


Special Contents

OKAZAKI LOOPS【node_vol.1】開催記念インタビュー



Aimerインタビュー

 音楽、文学、アートなど、様々な文化のクロスオーバーを楽しむことができるイベント【OKAZAKI LOOPS】が2017年6月10日・11日の2日間にわたって京都・岡崎エリアにて開催される。11日のロームシアター京都で行われる【node_vol.1】では、昨年9月に野田洋次郎(RADWIMPS)、Taka(ONE OK ROCK)、TK(凛として時雨)をはじめとする様々なアーティスト陣とのコラボレーション・アルバム『daydream』をリリースして話題を集めた<Aimer>が、京都市立芸術大学卒業生、大学院生、在学生からなる<OKAZAKI LOOPSストリングス>の演奏と共に、この日限りのパフォーマンスを披露する。

 今回のインタビューでは、【node】の仕掛け人であり、Aimerの長年のコラボレーターでもある<agehasprings>がイベントに込めた思いや、ワールド・ミュージックとのクロスオーバーがテーマとなっているこの特別なステージの魅力に迫ると共に、5月3日にリリースされるAimerのベスト・アルバム『blanc』『noir』、そして8月29日に開催される自身初の日本武道館公演についても話を訊いた。

愛され続けている普遍的なものを視覚や聴覚に落とし込む

――2016年9月に行われた第1回目の【OKAZAKI LOOPS】にもご出演されていましたが、いかがでしたか?

Aimer:オーケストラと一緒にライブをするのはその時が初めてだったので、リハーサルからすごく緊張していました。京都で2日間リハーサルをして、本番も2日間やったので、京都でみんなと一緒に合宿しているような、少しずつお互いの波長を同じにしていく感じでした。

――会場のみやこめっせ第3展示場は多目的ホールのような場所で、お客さんもAimerさんのファンではない方もいらしていたと思います。ステージから感じた会場の雰囲気はいかがでしたか?

Aimer:独特な響きの会場で音を掴むのに苦戦しました。自分自身、プラネタリウムや能楽堂とかで歌ったこともありますが、その時も鳴りが毎回違っていて… 毎回試行錯誤しています。そういう難しさがあそこのホールにもありました。なので2日間どちらも違った響きのステージをお届けできたかと思います。

――1日目が終わった後に微調整したり?

Aimer:はい。オーケストラの皆さんもそうだったと思います。1日目が終わってからみんなで「今日はここがちょっと」とか「明日はもっとこうしよう」とか、色んな改善点を探りながらステージを作り上げていきました。

――他のアーティストの方とも様々なコミュニケーションがあったんですね。

Aimer:ありましたね。指揮者の方ともリズムの取り方やグルーヴの作り方について話したりしました。イベント自体が他にないというか、ある意味特殊で挑戦的なもので。だからこそみんなで一緒に作っていく感じがあって、私も徐々に目が爛々としてくるというか(笑)。なんかこう焚きつけられるものがありました。

――通常の音楽フェスとは違う緊張感もありそうですね。

Aimer:すごく印象的だったのは、2日目に全ての演奏が終わった後、客席からの拍手を受けて、色んな歌い手の方やミュージシャンの方がその場で何も決めずにセッションを始めたんです。舞台袖でそれを見ていた私は感動してすごく泣いてしまって。本当に音楽を楽しみながらやってるんだなぁっていうのが伝わってきたし、あぁ音楽ってこういうものだよなぁって改めて気づかされました。

――今回はAimerさんがデビュー前からずっとタッグを組んできたagehaspringsがプロデュースする【node】という新しい企画の第1弾とのことですが、そもそも【node】とはどんな企画なんですか?

Aimer:“node”って交点という意味なんですけど、日本の文化を象徴するような街である京都から、日本人だからこそ持ってる、日本人ならではのものを表現しながら、世界に発信できるもの作っていこう、というのがコンセプトになってます。

――京都は伝統と格式をすごく重んじている街だと思われがちですが、それだけではなく色んな文化を取り入れてきた街でもありますよね。そんな懐の深さがあるからこそ、独特な文化が生まれていくのだと思います。

Aimer:そうですね。私も海外の方に日本で訪れるべき場所として勧めるとしたら、やっぱり昔からの日本の街並みが残っている京都だなって思います。agehaspringsの玉井さんとはずっと一緒にやってきましたけど、玉井さんは最新のスタンダードというものをいつも色んなところから取り入れてらっしゃる方だなぁと思います。なので今回も、愛され続けている普遍的なものを視覚や聴覚に落とし込むということがコンセプトの根底にあるんだと思います。

――ずっと変わらない素晴らしいものと、世界に発信していけるような最新のものを組み合わせていく?

Aimer:そうです。

――さらに今回は、Aimerさんとワールド・ミュージックがクロスオーバーするステージになるとのことですが、もともとワールド・ミュージックとの接点はありましたか。

Aimer:自分のキャリアの中でこういったチャレンジは初めてだと思います。そもそもagehaspringsと一緒にやり始めた頃からずっと、普遍的なものを現代に落とし込むというコンセプトがあったので、それと【node】を掛け合わせて、世界で愛されてる普遍的な音楽と今現在愛されている音楽、あとは今自分たちが表現したいものを組み合わせたステージにしようと。

――音楽に限らず、何十年、何百年も続いていくことって素晴らしいことですもんね。

Aimer:そうですね。誰かに愛されたり誰かの心を打つような、自分が死んでも10年、20年残り続けるようなものを作っていくことは、私が今までずっとテーマにしてきたことでもあります。少し偽善的に聞こえてしまうかもしれないですけど、私の音楽を聴いて生きたいと思えたっていう手紙も貰ったりしてて。初めの頃は自分1人だけで歌ってるって感情が強かったんですけど、活動を続けていくにつれて誰かに影響を与えられるんじゃないかとか、何かを変えられるんじゃないかって思いも生まれてきて。

――そういうものがより感じられるのがライブですよね。お客さんの反応もAimerさんに何かしらの影響を与えているだろうし。

Aimer:ライブは今一番大事にしたいものですね。自分がもともと音楽好きだったので、ライブに行ってそこで歌ってるアーティストと同じ空間で一緒の瞬間を味わうってことに、やっぱりグッとくるというか。こんなにたくさんの人がたったひとつの歌のワンフレーズに心を動かされてるんだなぁって感動を覚えたりもしたので、自分もライブを通じてお客さんとそういった瞬間を共有できたらいいなぁと思ってます。

――なるほど。今回の【node_vol.1】のステージは一夜限りですしね。

Aimer:今回のステージはとても特別なものになると思います。今までのライブを追ってくださってるファンの方も観たことがないようなものになると思います。

――構成はAimerさんとストリングスとバンドですよね。コラボレーションという意味では昨年、様々なアーティストの方とのコラボレーション・アルバムをリリースされましたが、そういった出会いから受けた影響はありますか?

Aimer:色々ありましたね。音楽性の面でも色々と学べましたし、制作のやり方とかもそれぞれ全然違って面白いなぁと。あとはもっと根本的な音楽に対する価値観とか、その人が何のために音楽をやってるのか、あるいは自分がなんのために音楽をやってるのかとか、他のアーティストの方と触れ合う機会も多くなってきて、より一層深く考えるようになりました。

――今回の【node】でもまた新しいチャレンジをして何か変わるかもしれませんね。

Aimer:そうですね。今まであまり触れたことがなかった音楽にもチャレンジします。

――じゃあここでしか聴けない曲も?

Aimer:本当にその日しかやらないかもって曲もありますし、私自身もストリングスの方とご一緒した機会はまだ数回とかで。

――去年の【OKAZAKI LOOPS】が初めてですよね。あとは先日の【Billboard Classics】でも。

Aimer:それだけだと思います。

――今回は「わらべ歌」にも挑戦されると伺いました。

Aimer:その「わらべ歌」も含めて選曲がすごくユニークで。中国語の曲にもチャレンジしたりします。英語以外の外国語で歌をうたったことがないので、今からすごく準備をしてます。

――なるほど。この【OKAZAKI LOOPS】の中でも【node_vol.1】のステージは象徴的なライブになりそうですね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 武道館のその先の可能性を感じてほしい
  3. Next >
武道館のその先の可能性を感じてほしい

――そして5月3日にはベスト・アルバム『blanc』と『noir』が2枚同時リリースとなります。

Aimer:3rdアルバムの『DAWN』をリリースしたのが2年前なんですけど、それまで夜の中の歌っていうのをずっと貫いてきてて、それを一度夜明けに導いて終わりにしようっていう思いから、昨年はある意味暴れるというか(笑)。夜明けの先の光の中でいろんな挑戦をしようと。

――その内の一つが『daydream』だった。

Aimer:そうですね。今までの自分の中の世界を壊すぐらいのものを作ろうという気持ちがあって。光栄なことにこのアルバムを機にたくさんの出会いがあり、武道館での単独公演も決まったので、その前に新しい曲から古い曲までを聴いてほしいなという思いから、今回のベスト盤リリースに至りました。

――『blanc』にはバンド・サウンド主体の力強い曲、『noir』には穏やかなバラード曲と分かれていますが、これはどういった理由から?

Aimer:1stアルバム『Sleepless Nights』の頃はそもそも力強い曲を歌うって選択肢がまずなかったんです。自分の声に合うものを歌っていこうという思いがあったので。でも、それがちゃんと確立できたなってところで「RE:I AM」という曲をきっかけに力強い曲も歌うようになりました。その歌い方を自分のものにしていくのが大変だった時期もありましたけど、それ以降は優しい曲と強い曲の2つの軸を行き来しながら、静と動のようなものをずっとコンセプトにしてきてて。それで今回ベスト・アルバムを出すなら1枚じゃ足りない、じゃあ2枚出すとしたらそういった分け方をしようと。

――"blanc(白)”と"noir(黒)”はファンクラブの名前にも使われていたり、武道館の公演名にもなったりしていますが、この2つの単語はどういった発想から生まれたものなのでしょうか?

Aimer:私、白と黒が好きなんです。チームの中でもAimerの色ってこの2色だよねっていうのはあって。ファンクラブの名前を先につけたんですけど、その時も自分が歌詞の中で表現してる哀しさと嬉しさとか、両極端なものをいつも表現していたいっていう思いがあってこの2色に決めました。それが今回の相反する2枚のアルバムのタイトルとしてもぴったりかなと思って。

――なるほど。Aimerさんの約5年間のキャリアを表すものとしては確かにぴったりかもしれません。そんなキャリアの中でひとつだけターニング・ポイントを選ぶとしたらどこでしょう?

Aimer:うーん…それぞれにたくさんあるんですけど、ひとつ選ぶとしたら「Brave Shine」という曲がそうだったかなぁと思います。昔、ライブ中に声が出なくなっちゃったことがあって。全く声が出ないライブを2時間やってしまったんです。でも「最後まで歌いたいんですけど、聴いてくれますか?」って訊いたら、皆さんが拍手で応援してくださったんです。声にならない声の2時間だったにもかかわらず、「それでも最後までステージにいてくれてありがとう」という言葉をいただけたんです。それがきっかけで、それまで霞がかっていて向こう側にいたような感じの人たちが、私の中ですごく距離が近い人たちになったというか。



▲Aimer 『Brave Shine』MUSIC VIDEO


――途中でやめようとは思いませんでした?

Aimer:その後はステージに立つのが本当に怖かったんです。でも周りのスタッフさんたちが一緒に泣いてくれたりしてとても心強かったですし、周りの人たちに対する気持ちもより強いものになりました。こうなってしまったけれどやっぱり歌いたいという気持ちもあったので、そんな思いを「Brave Shine」には込めています。あとは『DAWN』をリリースしようと思ったのもこの経験があったからで。ここまで暗くなったからあとは夜明けしかないみたいな(笑)。そういった意味でやっぱり「Brave Shine」がターニングポイントでした。

――ベスト・アルバムの曲目や曲順はどうやって決めたのですか?

Aimer:今回はベストということもあって、色んな目で見て決めようという思いがあったので、いつも以上にみんなで話し合って決めました。曲順に関しては、デビュー曲の「六等星の夜」から始めようというのは初めから決めてましたけど。あとは『noir』に入っている新曲の「zero」という曲は、ここで1回リセットしてまた次にいこうという思いを込めた曲なので最後に持ってきています。

――同じく新録曲の「March of Time」と「歌鳥風月」については?

Aimer:“March of Time”って時の経過という意味なんですけど、それが良い言葉だなって思って書き始めた曲ですね。誰かを元気づけたり後押しするような、今まで自分が歌ってこなかったタイプの曲です。最近そういった曲調に取り組むようになってきたんですけど。「歌鳥風月」も、自分の中ではまた新しいタイプだなと思います。曲調はすごく和に傾倒していて、アレンジも何回か繰り返していく内により難解になっていったので、そこから歌詞を書いていくのが難しかったです。

――Aimerさんのシンガーとしての切実な思いのようなものが伝わってきました。

Aimer:「歌鳥風月」では、誰かを強く一途に思う気持ちを表現しているんですけど、私にとってはそれがやっぱり“歌”で。掴むことができない存在だけど、それでもずっと歌い続けていきたいという気持ちを込めました。



▲Aimer 『March of Time』 (5月3日発売BEST ALBUM新録曲・JAL日本航空 企業広告『只今、JALで移動中。3月の校庭篇』使用楽曲)


――どちらのアルバムも、最後の曲はこれからのAimerさんの道筋を照らし出すかのような曲になっているんですね。ちなみにジャケット・アートワークが猫なのには何か理由が?

Aimer:まずジャケットに私自身がバーンって出ることはなくて…。うん、それはないなと思って(笑)。

――(笑)。

Aimer:でも今回は自分の名刺のようなものになる作品で、しかも優しいAimerと強いAimerという2面性がテーマになっているので、そういうのを彼らに…

――猫たちに

Aimer:代弁してもらったというか。だから『noir』の猫はちょっと生意気で尖ってるような表情だし、『blanc』の方は幼気というか清らかな感じ。撮影はすごく大変でしたね。

――これは実際の猫を用意して?

Aimer:そうです。撮影中寝ちゃったりとかして(笑)。

――8月には初の武道館ワンマンが控えていますが、率直にどうですか?

Aimer:ドキドキしています。まだちょっとリアルに想像できなくて。

――イベント出演という形では何度か立たれてますよね。

Aimer:そうですね。3回…かな。

――やっぱり単独公演となるとまた違う?

Aimer:どういうステージにするかにもよりますけど、武道館ではお客さんから見たアーティストって本当これくらいのサイズじゃないですか(指の間を1cmくらい空けて)。でもそういった場所でも歌をすぐそばに感じてもらうためにはどうすればいいのかとか考えてます。

――具体的なステージ・プロダクションなどはこれから練っていかれると思うのですが、やはり内容的には集大成を見せるようなものになりそうですか?

Aimer:そうですね。そしてその先の可能性を感じてほしいなぁと思っています。プロデューサーの玉井さんとも、ずっと誰かの心に長く長く残るものを一緒に作っていこうというところから始まったので。武道館に来てくださった方に、もっと見てみたいって思ってもらえるようなライブをしたいと思っています。自分にとってはやっぱり歌が全てなので、それで誰かの心を動かせればいいなぁと思います。

Aimer「BEST SELECTION “blanc”」

BEST SELECTION “blanc”

2017/05/03 RELEASE
SECL-2143 ¥ 2,980(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.六等星の夜
  2. 02.蝶々結び
  3. 03.あなたに出会わなければ~夏雪冬花~
  4. 04.ポラリス
  5. 05.Re:pray
  6. 06.星屑ビーナス
  7. 07.broKen NIGHT
  8. 08.カタオモイ
  9. 09.君を待つ
  10. 10.茜さす
  11. 11.雪の降る街
  12. 12.everlasting snow
  13. 13.March of Time
  14. 14.歌鳥風月

関連キーワード

TAG

茜さす/everlasting snow
Aimer「茜さす/everlasting snow」
2016/11/16
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
daydream
Aimer「daydream」
2016/09/21
[CD]
¥3,600(税込)
購入画面へ
daydream
Aimer「daydream」
2016/09/21
[CD]
¥4,600(税込)
購入画面へ
daydream
Aimer「daydream」
2016/09/21
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
蝶々結び
Aimer「蝶々結び」
2016/08/17
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
蝶々結び
Aimer「蝶々結び」
2016/08/17
[CD]
¥1,350(税込)
購入画面へ
insane dream/us
Aimer「insane dream/us」
2016/07/06
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
insane dream/us
Aimer「insane dream/us」
2016/07/06
[CD]
¥1,350(税込)
購入画面へ
ninelie EP
Aimer「ninelie EP」
2016/05/11
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
ninelie EP
Aimer「ninelie EP」
2016/05/11
[CD]
¥1,350(税込)
購入画面へ
ninelie EP
Aimer「ninelie EP」
2016/05/11
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
DAWN
Aimer「DAWN」
2015/07/29
[CD]
¥3,218(税込)
購入画面へ
DAWN
Aimer「DAWN」
2015/07/29
[CD]
¥3,650(税込)
購入画面へ
DAWN
Aimer「DAWN」
2015/07/29
[CD]
¥3,980(税込)
購入画面へ
Brave Shine
Aimer「Brave Shine」
2015/06/03
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
Midnight Sun
Aimer「Midnight Sun」
2014/06/25
[CD]
¥3,600(税込)
購入画面へ
Midnight Sun
Aimer「Midnight Sun」
2014/06/25
[CD]
¥3,200(税込)
購入画面へ
StarRingChild EP
Aimer「StarRingChild EP」
2014/05/21
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
StarRingChild EP
Aimer「StarRingChild EP」
2014/05/21
[CD]
¥1,350(税込)
購入画面へ
StarRingChild EP
Aimer「StarRingChild EP」
2014/05/21
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
After Dark
Aimer「After Dark」
2013/11/20
[CD]
¥2,263(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore