Billboard JAPAN


Special Contents

ザ・ニュー・マスターサウンズ来日記念特集 ~サイモン・アレンお勧めのファンキー&ソウルフル・プレイリスト

top

 “銀河系最強のファンク・バンド”の異名で、音楽リスナーやフェス・ファンにもおなじみのザ・ニュー・マスターサウンズの来日公演が迫る中、ドラムのサイモン・アレンにインタビューを敢行。NMSとしてこれまでにカバーをしたことのある曲から、70年代のクラシック・チューンまで、ファンキーでソウルフルな曲を選曲し、それぞれの曲に対するコメントや思い出も語ってくれた。

ザ・ニュー・マスターサウンズ、サイモン・アレンお勧めのファンキー・ソウルフル・ソング

01. Give It Up - Lee Dorsey

アラン・トゥーサンが作曲・プロデュースした曲。ニューオーリンズ・マルディグラのときにNMSでこの曲をカバーしたよ。この時はジョーがリード・ヴォーカルをしてくれたんだ。


02. My Love Is So Fly - Millie Jackson

ミリー・ジャクソンを初めて聞いたのは、2002年にスリーン・フレミング(現在はザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズのヴォーカル)が僕たちのヴォーカルをしていた頃だったね。どの曲を演奏するか探していた時に、この曲も候補のひとつだった。ブルージーでファンキーでロックで、ホーン隊が素晴らしいよ。


03. I'd Rather Be An Old Man's Sweetheart - Candi Staton

この曲のコメディーな歌詞も、電子ピアノも、それからフェイドアウトする直前にグルーヴが高まるところも大好きなんだ。


04. Kissing My Love - Bill Withers

ジェームス・ガッドソンの最高にファンキーなドラムが奏でるエイト・バースのイントロがすっごくグルーヴィーで、ワウワウなギターとピアノに遮られる。そこにストリングスのアレンジも入ってて最高!


05. Tighten Up - Archie Bell & The Drells

初来日のとき、Scoobie Dooと共演したんだ。彼らがこの曲をカバーしていたんだけど、僕たちのキーボード、ジョーが彼らに誘われてこの曲を一緒に演奏したんだよ。これは1968年のオリジナル・バージョンなんだ。


06. Will It Go Round In Circles - Billy Preston

去年、シアトルでショーをしたときに、このアナログ盤を楽屋で見つけてね。すぐにライブ・セットでこの曲を僕たち友人でもあるアメリカのバンド、Turkuazとプレイしたんだ。


07. So Swell When You’re Well - Aretha Franklin

ソウル界の女王によって作曲、演奏された曲(ニューオーリンズを感じる素晴らしいエイト・バースのピアノソロも含む)。これは1973年のアルバムなんだけど、2017年に入ってからこのアルバムを見つけたよ!


08. Mr. Big Stuff - Jean Knight

1971年の曲。ダンスフロアのクラッシックな一曲だ。プロダクションが完璧だね。ドラム、ベース、それからトロンボーンの音をよく聴いてみて!


09. Baby I Love You - Cold Blood

正直に言うと、この曲を前まで聞いたことがなかったんだ。でもコールド・ブラッドのカバー曲「Kissing My Love」が本当に大好きで、この曲はプレイリストに入れようと思ってて(「Kissing My Love」のリピートはせずに!)、コールド・ブラッドの曲をもっと深堀していったらこの曲に辿りついたんだ。この曲はドラムがリードしているように聴こえるんだけど…それか、ファンキーなクラビネットかな?


10. Got To Give It Up (Part 1) - Marvin Gaye

このマーヴィンのトラックは数年前にロビン・シックとファレルにパクられたんだよ(しかもかなり良い感じに!)。でも僕は彼らのおかげでこの宝を見つけることができたから感謝してるよ!


11. Son of a Preacher Man - Dusty Springfield

この曲の美しさはアレンジとプロダクションにある。コーラス部分とアウトロのライド・シンバルの音に注目して聴いてみて。


12. School Boy Crush - Average White Band

この曲を聴くとエア・ベースしちゃうよ。


13. Superman Lover - Johnny “Guitar” Watson

歌の節がムーディーな感じからリリースされる流れが好きなんだ。コーラスにも喜びに満ちているよね。


14. Never Did I Ever Stop Loving You - Alice Clark

アメリカでこの曲を何度がカバーしたことがあるんだ。同じシンガーとホーン隊ではなかったけど。演奏中、ブリッジ(曲のつなぎ目)に感動して泣きそうになることがあったよ。ドラムを叩きながら涙をこらえるのって結構難しいものだね。


15. Fencewalk - Mandrill

1972年の曲。ニューヨーク、ブルックリン出身のバンドだ。ホーン隊、リード・ギターをよく聴いてみて。フェイドアウトしていくように聞こえるかもしれないけど、曲が終わる直前に元のグルーヴがまた戻ってくるんだ。


16. Sliced Tomatoes - The Just Brothers

これも1972年の曲(僕が生まれた年)。90年代にヒットしたファットボーイ・スリムの「ロッカフェラー・スカンク」のサンプル源はこの曲なんだ。


17. Slippery When Wet - The Commodores

ライオネル・リッチーが彼自身にとって一番ファンキーでグローリーだった頃、80年代に音楽性が違う方向に行ってしまう前の曲だね(金銭面ではよかったんだろうけど)。


18. Yes We Can Can - The Pointer Sisters

これは1974年の曲。最近まで、ポインター・シスターズが70年代のファンクな一面を持ってることを知らなかったんだ。僕たちは去年この曲をアラン・トゥーサンが亡くなってしまった後に彼へのトリビュートとして演奏したことがあるんだ。


19. Anti Love Song - Betty Davis

1973年のすごくセクシーな曲。それにアグレッシブなベースも最高。面白い事実なんだけど、ベティーはマイルス・デイヴィスにサイケデリック・ロックとして紹介されてクレジットされたそうだよ。


20. Come On Over - Breakestra

この曲がこのプレイリストの中で唯一の最近(2009年)の曲。僕たちの友人でベーシストとして知られるマイルズ・タケットがこの曲ではドラムを叩いてるんだ。彼のドラムのパートが本当に最高なんだ。



Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>

ザ・ニュー・マスターサウンズのサイモン・アレンからビデオ・メッセージが到着!


▲The New Mastersounds Video Message for Billboard Live Tour 2017

ザ・ニュー・マスターサウンズ「ザ・ナッシュヴィル・セッション」

ザ・ナッシュヴィル・セッション

2016/12/02 RELEASE
PCD-93996 ¥ 2,484(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.One Note Brown
  2. 02.Coming Up Roses
  3. 03.Burnt Back
  4. 04.Drop it Down
  5. 05.The Minx
  6. 06.102%
  7. 07.Carrot Juice
  8. 08.The Vandenburg Suite
  9. 09.Made For Pleasure
  10. 10.In The Middle
  11. 11.Soulshine (bonus tracks for CD)
  12. 12.Monday Meters (bonus tracks for CD)
  13. 13.Make Me Proud! (bonus tracks for CD)

関連キーワード

TAG

ザ・ナッシュヴィル・セッション
ザ・ニュー・マスターサウンズ「ザ・ナッシュヴィル・セッション」
2016/12/02
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
メイド・フォー・プレジャー
ザ・ニュー・マスターサウンズ「メイド・フォー・プレジャー」
2015/10/14
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
セラピー
ザ・ニュー・マスターサウンズ エディー・ロバーツ ピート・シャンド サイモン・アレン ジョー・タットン キム・ドーソン ライアン・ゾイディス「セラピー」
2014/02/05
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
ライヴ・イン・サンフランシスコ
ザ・ニュー・マスターサウンズ エディー・ロバーツ サイモン・アレン ピート・シャンド ジョー・タットン Ryan Scott Alex Baky Colin Brown「ライヴ・イン・サンフランシスコ」
2008/10/17
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
ビー・ユアセルフ
ザ・ニュー・マスターサウンズ エディー・ロバーツ サイモン・アレン ピート・シャンド ボブ・バーチ サム・ベル「ビー・ユアセルフ」
2008/10/17
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
ケブ・ダージ・プリゼンツ
ザ・ニュー・マスターサウンズ エディー・ロバーツ サイモン・アレン ピート・シャンド ボブ・バーチ Jason Rae Atholl Ransome Malcolm Strachan「ケブ・ダージ・プリゼンツ」
2008/10/17
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
グルーヴ・パーティ
(オムニバス) ザ・ニュー・マスターサウンズ スピードメーター ファット・フレッド サム・キニンジャー シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップ・キングス メッセンジャーズ・インコーポレイテッド レス・デマール「グルーヴ・パーティ」
2007/10/05
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
The Other Side of IBIZA
(オムニバス) アバーヴ&ビヨンド ザ・ニュー・マスターサウンズ コリーヌ・ベイリー・レイ A Vida Azul イアン・プーリー ブランク&ジョーンズ「The Other Side of IBIZA」
2007/03/07
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
トレンタ
ジ・エディー・ロバーツ・クインテット エディー・ロバーツ Neil Innes Gordon Kilroy ビル・ローレンス Malcom Strachan「トレンタ」
2007/01/19
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
Be Yourself
ザ・ニュー・マスターサウンズ「Be Yourself」
2007/01/17
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
102%
ザ・ニュー・マスターサウンズ「102%」
2006/12/15
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
ラフネック・ライヴ・イン・パリ
エディー・ロバーツ ビル・ローレンス Neil Innes Gordon Kilroy Malcom Strachan「ラフネック・ライヴ・イン・パリ」
2006/09/15
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
ライヴ・アット・ラ・コヴァ
ザ・ニュー・マスターサウンズ「ライヴ・アット・ラ・コヴァ」
2006/02/17
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
ディス・イズ・ワット・ウィー・ドゥ
ザ・ニュー・マスターサウンズ「ディス・イズ・ワット・ウィー・ドゥ」
2005/04/15
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
ラフネック
エディー・ロバーツ ボブ・バーチ Neil Innes Gordon Kilroy サイモン・アレン ピート・シャンド Jim Corry Nick Riggs「ラフネック」
2004/12/03
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore