Billboard JAPAN


Special Contents

レベル42来日記念特集 ~ライブ映像で振り返る英国フュージョン/ポップ・バンドの歩み&マーク・キングからメッセージも

 4月に来日公演を行う英国バンド、レベル42。1979年に結成され、テクニカルで熱い演奏が魅力のジャズ~ファンク系のバンドとしてデビュー、以降、時代の流れとも呼応しつつ、ポップ・シーンでも活躍する存在へ上り詰めた。これまでに数々の名盤・名曲を残してきた彼らだが、やはりその最大の魅力はライブ。今回は過去のライブ映像とともに、改めてその歩みを振り返ってみたい。

何よりも血汗たぎる熱い演奏が魅力のデビュー期


▲『レベル42』

 リード文にもある通り、レベル42は1979年に結成。ベーシストでヴォーカルのマーク・キングと、キーボードで同じくヴォーカルのマイク・リンダップのいわば双頭バンド。初期はそこにフィル・グールド(ドラムス)、ブーン・グールド(ギター)が所属。また、後述するが、レベル42の“第5のメンバー”とも呼ばれたキーボード/シンセサイザー奏者のウォーリー・バダロウも初期からサポート参加している。

 バンドは1981年の『レベル42』でメジャー・アルバム・デビューを果たす。シングルとして全英38位になった「Love Games」、そしてライブ初期の定番ナンバーである「Heathrow」など、初期の代表曲が多数収録された、渾身のデビュー作だ。


▲『The Early Tapes』

 だが、実はその前年の1980年にバンドはもう一枚の“デビュー・アルバム”を完成させインディーズ・リリースしていた。それが、バンドのブレイク後の1982年に<ポリドール>から再リリースされた『The Early Tapes』。こちらにも「Sandstorm」などの初期の名曲が収録。『レベル42』と対になるシンプルなジャケットも粋で、2枚あわせてバンドの初期作品として楽しみたい。いま思えば、この時期の彼らの“ジャズ~ファンクの要素と歌ものの融合”というトライアルは、後のアシッド・ジャズのアーティストたちにも先駆けていた。

 その後、バンドは、アース・ウィンド・アンド・ファイアーのラリー・ダン/ヴァーダイン・ホワイトをプロデューサーに迎えた4thアルバム『Standing in the Light』(1983年)、ビートルズからマハヴィシュヌ・オーケストラまでを手掛けたケン・スコットをプロデューサーに迎えた5thアルバム『True Colours』(1984年)等をリリース。精力的に作品を重ね、前者では全英9位、後者では全英14位と着実に成果を挙げていく。

 そんな初期の彼らのライブは、とにかくアグレッシブ。以下の【モントルー・ジャズ・フェスティバル】の映像は観客の雰囲気も含めて、当時の臨場感を伝えてくれる。少し長いが時間のある時にぜひ観て欲しい。


▲Level 42 - Live In Montreux(1983)

ウォーリー・バダロウとのタッグによる黄金期


▲『World Machine』

 レベル42にとって大きな転換点となったのが1985年の6thアルバム『World Machine』。制作もウォーリー・バダロウとバンドのセルフ・プロデュース体制に変更。この頃になると、音楽性もぐっとポップス寄りに変化している。その結果、アルバムは全英3位、全米18位を記録。また「Something About You」というヒットにも恵まれ、それまでで最大級の成功を収めた。

 以下のライブ映像は1986年のツアーで訪れたフランスでの模様。曲は1983年のアルバムに収録された「Micro-kid」だが、格段に重心の下がったグルーヴ鉄壁感とスリルに、ひたすらしびれる。


▲Level 42「Micro-Kid」(live/1986)


▲『Running in the Family』

 快進撃は止まらない。続く1987年の7th『Running in the Family』は引き続きバンド&バダロウのプロデュース。「Something About You」と並ぶバンドのヒット曲である「Lessons in Love」を収めたアルバムは全英2位、全米23位とこちらも成功。商業的にはまさに黄金期を迎えていたと言ってよいだろう。

 この時期のライブ映像は、チャリティー団体の「Prince's Trust」が主催したライブよりピックアップ。この晴れやかな場で「Running In The Family」のギターに入っているのは、なんとエリック・クラプトン。バックにホーン隊も入り、華やかな印象が一気に増す。


▲Level 42「Running In The Family」(live/1987)

初期メンバーの離脱と活動休止


▲『Guaranteed』

 順調な流れも永遠には続かない。1987年、バンドに成功をもたらしたサウンドのポップ化に、フィルとブーンのグールド兄弟が反発、バンドを離脱する。以降の2作--8th『Staring at the Sun』(1988年)、9th『Guaranteed』(1991年)にも、当然ながら二人は不参加。これらの作品ではアラン・ホールズワースら著名プレーヤーもレコーディング・セッションに参加したが、商業的にも難しい時期に入り、セールスの苦戦が目立つようになり始める。

 また、1990年にはリンダップが初のソロ・アルバムをリリースするなど、よりミュージシャン個々の動きを強めようという傾向があったのも、この時期。1992年にかけて行われた『Guaranteed』のツアーでは、リンダップのソロ曲「The Spirit Is Free」も同時にライブで披露された(以下、ライブ映像)。1994年の10thアルバム『Forever Now』では、フィル・グールドが一時的にバンドに復帰するが、その後のツアーには帯同せず。以降、バンドは活動休止に至ることとなる。


▲Mike Lindup (From Level 42) - The Spirit Is Free (Live)

ソロ活動~再結成、リンダップの復帰、そして現在に至るまで

 バンドの休止を受けて、1996年よりマーク・キングは本格的なソロ活動をスタート。1984年にもファースト・ソロ・アルバム『Influences』をリリースしていた彼。1999年には2ndソロ・アルバムとなる『One Man』をリリースする。この時期、マークのバンドのライブには、彼の弟でギタリストのネイザンや、サックス奏者のショーン・フリーマンが参加していた。

 そして2002年からレベル42名義での活動が再開。2006年には、リンダップもラインナップに復帰し、12年ぶりとなる新作アルバム『Retroglide』もリリースした。ファンも待ち望んでいた“双頭体制”の完全復活の後、現在まで活動を続けている。

 特集の最後は、2016年の最新ライブ映像を紹介。ジャズもファンクもポップも飲み込んだ演奏は、まさに円熟の極み。ホーン隊も含む編成は、かつての名曲の数々を生き生き、かつモダンに響かせている。来たる来日公演でも、マーク&マイクの演奏と歌唱をはじめ、力強いパフォーマンスに期待したい。


▲Level 42 - LIVE Full Concert 2016

公演に向けてマーク・キングのコメント公開!

関連キーワード

TAG

ブルース・フォー・トニー
アラン・ホールズワース「ブルース・フォー・トニー」
2014/07/23
[CD]
¥3,456(税込)
購入画面へ
サンド
アラン・ホールズワース「サンド」
2014/07/23
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
アタヴァクロン
アラン・ホールズワース「アタヴァクロン」
2014/07/23
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
メタル・ファティーグ
アラン・ホールズワース「メタル・ファティーグ」
2014/07/23
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
ロード・ゲームス
アラン・ホールズワース「ロード・ゲームス」
2014/07/23
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
I・O・U
アラン・ホールズワース「I・O・U」
2014/07/23
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
シークレッツ
アラン・ホールズワース「シークレッツ」
2014/07/16
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
レヴェル・ベスト
レヴェル42「レヴェル・ベスト」
2014/06/11
[CD]
¥1,000(税込)
購入画面へ
ボストン・レコード
ジョン・マクラフリン&ザ・フォース・ディメンション ジョン・マクラフリン ゲイリー・ハズバンド エティエンヌ・ムバペ ランジット・バロット「ボストン・レコード」
2014/04/06
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
トゥ・ザ・ワン
ジョン・マクラフリン ゲイリー・ハズバンド エティエンヌ・ムバペ マーク・モンデシール「トゥ・ザ・ワン」
2010/04/21
[CD]
¥3,000(税込)
購入画面へ
ロード・ゲームス
アラン・ホールズワース「ロード・ゲームス」
2009/03/25
[CD]
-
購入画面へ
秘なる海
ジャン=リュック・ポンティ アラン・ホールズワース「秘なる海」
2009/01/16
[CD]
-
購入画面へ
レヴェル 42
レヴェル42「レヴェル 42」
2007/06/06
[CD]
¥1,028(税込)
購入画面へ
レヴェル42
レヴェル42「レヴェル42」
2006/03/22
[DVD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
レヴェル42
レヴェル42「レヴェル42」
2005/06/25
[CD]
¥1,234(税込)
購入画面へ
All Night Wrong (Stereo & Multi-ch)
アラン・ホールズワース「All Night Wrong (Stereo & Multi-ch)」
2002/09/04
[スーパーオーディオCD]
¥3,456(税込)
購入画面へ
レヴェル・ベスト
レヴェル42「レヴェル・ベスト」
2001/06/21
[CD]
¥2,307(税込)
購入画面へ
ベルベット・ダークネス
アラン・ホールズワース アラン・パスクァ アル・ジョンソン ナラダ・マイケル・ウォルデン「ベルベット・ダークネス」
2000/07/26
[CD]
¥1,800(税込)
購入画面へ
レヴェル 42
レヴェル42「レヴェル 42」
2000/05/01
[CD]
¥1,888(税込)
購入画面へ
ザ・シックスティーン・メン・オブ・テイン
アラン・ホールズワース「ザ・シックスティーン・メン・オブ・テイン」
1999/12/01
[CD]
¥2,621(税込)
購入画面へ
プリンス・トラスト1989
(オムニバス) レヴェル42 スウィング・アウト・シスター ミーシャ・パリス トニー・ハドリー ナイジェル・ケネディ アレクサンダー・オニール ヴァン・モリソン「プリンス・トラスト1989」
1999/12/01
[DVD]
¥4,104(税込)
購入画面へ
フォーエヴァー・ナウ
レヴェル42「フォーエヴァー・ナウ」
1996/11/21
[CD]
¥1,888(税込)
購入画面へ
ナン・トゥ-・ス-ン
アラン・ホールズワース「ナン・トゥ-・ス-ン」
1996/03/10
[CD]
¥2,935(税込)
購入画面へ
オン・ア・レヴェル
レヴェル42「オン・ア・レヴェル」
1994/04/30
[CD]
¥1,468(税込)
購入画面へ
フォーエヴァー・ナウ
レヴェル42「フォーエヴァー・ナウ」
1994/04/21
[CD]
¥2,621(税込)
購入画面へ
ウォーデンクリフ・タワー
アラン・ホールズワース ジミー・ジョンソン チャド・ワッカーマン ゲイリー・ハズバンド スティーヴ・ハント ヴィニー・カリウタ ナオミ・スター「ウォーデンクリフ・タワー」
1993/03/25
[CD]
¥2,935(税込)
購入画面へ
ギャランティード
レヴェル42「ギャランティード」
1991/10/21
[CD]
¥2,548(税込)
購入画面へ
レヴェル・ベスト
レヴェル42「レヴェル・ベスト」
1989/12/16
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ

Chartsmore