Billboard JAPAN


Special Contents

倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー



倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー

「どっちの倖田來未が好きですか?」

 歌謡曲/J-POP=~inside~、洋楽=~outside~の二面性を打ち出した新アルバム『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』、何があろうと攻めの姿勢を貫いてきた音楽とライブにより新たなるピークへ踏み出している現状、まさかの和田アキ子×八代亜紀×倖田來未のコラボレーション共演、2度目の47都道府県ツアー等、今回も熱くストレートに語ってもらった。倖田來未、2017年現在のモード。ぜひとも感じ取ってほしい。

新たなるピークへ「妥協をせず、何にも巻かれず、音楽活動を続けてきた結果」

--前回のインタビュー(http://bit.ly/2hsDH7Q)で「ロングツアーをとにかく完走するっていうのが一番のテーマ。1/47じゃなく1/1の感覚でひとつずつの公演をお届けしたい」と仰っていましたが、初の47都道府県ツアー(http://bit.ly/2n4xixX)はいかがでした?

倖田來未 / KODA KUMI LIVE TOUR 2016 ~Best Single Collection~」trailer1
倖田來未 / KODA KUMI LIVE TOUR 2016 ~Best Single Collection~」trailer1

倖田來未:年々踊るボリュームも増えてきているというか、どんどんアクティブになってきているんですけど、年齢を重ねてきているから普通に考えて体力は落ちるじゃないですか。そのギャップを埋めなきゃいけないから、リハーサルは大変だった印象があるんですけど、いざツアーが始まってファンの前に出て行くと、自然と100%以上の力が出ちゃうんですよね。なので、意外と楽勝でした(笑)。

--あれだけ踊り倒して「楽勝」って凄いですね(笑)。本番になると無敵になる。体力落ちているどころか、超人化してるじゃないですか。

倖田來未:ただ、今回のツアー【KODA KUMI LIVE TOUR 2016 ~Best Single Collection~】はベストシングルコレクションツアーということもあって、ここまで盛り上がると思ってなかったんです。昔から観てくれている人は「懐かしい!」「この曲もやってくれるんだ!」ってなるとは思っていたんですけど、会う人会う人に「今回のライブ、後味がめちゃくちゃ良かった」とか「今回のツアー、良いらしいじゃん! 今度行く」みたいなことを言われるとは想像していなくて。私の中では凄い演出が出来た訳でもなかったんです。

--十分凄い演出でしたけどね。

倖田來未:でも自分の中では「もっと出来たな」って。

--東京ドームでスーパーダイブしたり、空中にベンツ吊り上げてそこから登場したり、ジープで客席走り回ってきた倖田來未からしたら……ですよね?

倖田來未:そうそう! だから「ホールでも観覧車ぐらい入れられるでしょ?」みたいな感覚なんです(笑)。Zeppには入れたことがある訳だから。そういう自分からすると演出はちょっと抑え目だったなって。その分、歌とダンス、そして私自身がすごく目立ったライブではあったんですけど、それが大絶賛されたから「え、これでいいの?」と率直に思ったんですよね。でもみんな「後味がよかった」「また来たいと思えた」って言ってくれたから、そういうライブが出来たんだなと思って。

--バランスが絶妙だったんでしょうね。

倖田來未:そういう意味では想像以上の評価を頂けたので、今年はそれを上回るというかね、最低でも対等に持っていかなきゃいけないというプレッシャーから、毎日ライブのこと考えてます!

--そもそもなんで今年も47都道府県ツアーやるんですか? 日本2周目ですよ(笑)。

倖田來未:そうなんですよ!「2周目やります」と言われたとき「えぇ~!?」ってなりましたもん。私もひっくり返りました(笑)。でも去年47都道府県ツアーをやってみて、初めて行った場所の方とかが物凄く喜んでくれたんですよ。やっぱり自分から足を運んでそういう場所にも行くというのは、すごく価値があるなと思えたんです。「倖田來未、観てみたいな」と思ってくれていた人たちが実際に観に来てくれた。そういう人たちが今年もまた足を運んでくれるかもしれないし、将来的にアリーナツアーにも来てくれるかもしれない。なので、その感謝の気持ちを直接また伝えに行きたい思いとまたイチからね、初めましての人たちに倖田來未を知ってもらいに行く感覚もあって、今年も日本一周やらせて頂きたいなって思ったんです。

--たしかに、地元に来てくれないと観に行けない人はたくさんいますもんね。

倖田來未:私もなかなか京都から出ていかなかったですもん。大阪とかよく知らないぐらいだったから。「ドリカムのライブ行きたい!」と思ったときもチケット獲れなくて京都から出られず……だからライブを観れるようになったのはデビューしてからなんですよ。それぐらい一歩踏み出すのって難しかったりするから、こういう機会に「地元に来てくれるんだったら観たい」って思ってくれたらなって。

--僕も何公演か伺わせて頂いて、DVD化された凱旋公演も観させて頂きましたけど、今回のツアーはMCも印象的で。倖田來未は15年前から同じことを言ってるなって。

倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー

倖田來未:ちょっと待って(笑)。それっていいの!?

--いや、悪い意味じゃなくて!

倖田來未:今、バカにした(笑)?

--バカにする訳ないでしょ(笑)! いつでも倖田來未は愛や夢や人生について語り、歌ってきた。何を発信しても揚げ足を取られるような時代に、純粋なメッセージが鼻で笑われてしまうような時代に、それでも人間臭く涙ぐみながら愛や夢について語る。こんなポップスター、なかなかいないよなって改めて思わせてくれたツアーでした。

倖田來未:……嬉しい。それっていつもライブの最後に歌っている「walk」の響き方にも通ずるところがあると思うんですけど、倖田來未にもピークがあって、そのピークから一度落ちて、またそこから少しずつ戻って来ていると自分では思ってるんです。そういう時期を経て、今また歩きだしているときだから愛や夢について泣きながら語っちゃうところもあると思うんですよね。特に去年の47都道府県ツアーは、戻って来てくれたファンがいたりね、チケット即完の公演も多かったりして、そういう状況を見たり聞いたりすると嬉しくって。そんな今だからこその言葉でもあり、その言葉の重みや深みでもあったのかなって。

--今「ピークから一度落ちて」と表現されていましたが、自分の中ではどの時期がそれに当たるんですか?

倖田來未 / 「愛のうた」(from New Album「WINTER of LOVE」)
倖田來未 / 「愛のうた」(from New Album「WINTER of LOVE」)

倖田來未:私の中では「愛のうた」がピークで、その後は落ちていってる感覚でしたね。悔しかったです。

--その感覚の中でどうやってモチベーションを保ち続けてきたんですか?

倖田來未:結婚して子供が生まれて休んでいた時期もあったりしたので、そうなるとどうしても「以前より集客が落ちてる」みたいなことにもなったりして。それはツラいですよ。……でも変わらず、ブレず。倖田來未の良さは“音楽と素直に生きている”ところだと思っているので、そこだけは譲らない。妥協をせず、何にも巻かれず、音楽活動を続けてきた結果が今なのかなって、47都道府県ツアーをやってもお客さんがしっかり入ってくれる現状に繋がってるのかなって思いますね。喋り方とかはね、昨日も「おしとやかに話す」と言いながらぶわぁぁ!って咬ましてきちゃったんですけど(笑)。

NEXT PAGE
  1. 和田アキ子×八代亜紀×倖田來未「a-nationでもあれぐらい強烈な異色コラボを」
  2. Next >
インタビュー写真

倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー


和田アキ子×八代亜紀×倖田來未「a-nationでもあれぐらい強烈な異色コラボを」

--それも素直な倖田來未ですけどね(笑)。

倖田來未:そんな感じなんで「スタッフがついてきてくれるかな?」って不安になることもあるし、こう見えて心配性だったり情けないところもあるんですけど、でも自分が創っている作品に対しては自信を持っていたいと思ってる。そこだけはブレずにやろうと思ってるし、そこだけは絶対に負けない! ライブもそうだし、これだけ広い音楽が出来るのは倖田來未しかいない。その自信を持っているから、今回の『W FACE』にも反骨精神みたいなものが反映されているんです。

倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー

--倖田來未の中で「愛のうた」までがピークとするならば、それは流行やムーブメントとしてのピークでもあったと思うんですよ。「倖田來未が今流行っている」というイメージも手伝ってグレーゾーンの人々が反応した結果のピーク。

倖田來未:そうかもしれない。

--でも今は「これを聴いてもらえたら、観てもらえたら」と攻め続けた倖田來未の音楽やライブにしっかり触れて「うわ、倖田來未って凄いじゃん」と思ってくれたファン。そうした活動に重きを置いた結果として集まった人たちなんですよね。

倖田來未:だからこのまま引き続きブレずに進みたい。倖田來未らしく。今回、久々にプロモーションでテレビに出させて頂くのですが、それに関しても丸くなった倖田來未は見せたくないと思っていて。ファッションもメイクも含め倖田來未らしく「普通じゃないよ」というところも見せたい。相応でありつつ常に突っ走っていたいですね。

--「この人、やっぱり凄いな」と思わせたい?

倖田來未:思わせたい! 馴染みたくない(笑)。

--昨年の『FNSうたの夏まつり』も正にそうでしたもんね。いろんな出演者が次々と出てくる中で、倖田來未は“異質感”を全開に打ち出してくる。

倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー

倖田來未:「異質すぎてすみません」みたいな(笑)。

--ざわっとする感じがちゃんとある。

倖田來未:本当ですか? あのときも本当に良い環境というかね、強烈な演出でしたし、「ここのパートは倖田來未でやりたい」と言ってもらえたのはすごく有り難かった。自分自身がブレずに音楽をやってきた。それを見て聴いてきてくれた人がいたから出来たんだろうなって。

--だからもう貫くしかない訳ですよね。

倖田來未:そしたら先日、和田アキ子さんと八代亜紀さんと倖田來未で『ミュージックフェア』ですよ。この3人で歌う「愛のうた」は半端なかったです。2人とも一言で言うなら“アーティスト”でした。和田アキ子さんが歌えば和田アキ子さんの曲になるし、八代亜紀さんが歌えば八代亜紀さんの曲になるんですよ。それって自分の強みだと思っていたんです。私が歌えばどんな曲でも倖田來未になる。だけど、あのお二方は有無を言わさず凄かった。私のスタッフなんて息するの忘れてましたからね(笑)。でも私も節を出しすぎず、でも世界観から離れ過ぎず歌えるよう頑張ったりして、そういうことも含めて楽しい異色コラボでした。【a-nation】でもあれぐらい強烈な異色コラボをやってほしい! そういうのをファンの人は観たいと思うし、ファンじゃなくても……和田アキ子×八代亜紀×倖田來未って観たくなったと思うんですよ(笑)。今必要なのはそれですよ!

--和田アキ子×八代亜紀×倖田來未に関しては、倖田來未がそれだけ濃いアーティストとして認知されるようになった結果ですよね。

倖田來未:どれだけ凄い大御所と並んでるんだっていう(笑)。

--そして、その倖田來未の濃さは、今回完成した2枚のアルバム『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』にも反映されています。もはや濃すぎて1枚では足りなかった。

倖田來未 / NewAL「W FACE~inside~/~outside~」) -TEASER SPOT-(180SecVer)
倖田來未 / NewAL「W FACE~inside~/~outside~」) -TEASER SPOT-(180SecVer)

倖田來未:その通りでございます(笑)。ただ、ずっと目論んでいた企画ではあったんですよ。15周年の【KODA KUMI 15th Anniversary LIVE The Artist】(http://bit.ly/1nmZwUL)でも“VOCAL/DANCE/ENTERTAINMENT”と倖田來未を構成する要素をそれぞれ打ち出したんですけど、私が歌ってきた音楽を大きくふたつに分けると“歌謡曲”と“洋楽”なんですよ。それが「ブレてる」と言われたことも過去にはあったんですけど、私はどっちも好きなんです。どっちも歌っていて楽しい。あと、1本のライブの中でずーっと踊りながら歌われても飽きるじゃないですか。やっぱりゆっくりしんみり歌を聴きたいとも思うし、私自身が聴かせたいし、それで惚れさせたいから、そうなるとやっぱり歌謡曲も必要なんですよ。なので、そのニ面性をハッキリ打ち出して「どっちが好きですか?」と提示したかった。一度しっかり分けてみたらどうなるのか知りたかったんです。

--でも「どっちが好きですか?」という問いに答えるのは難しいですよ。歌謡曲/J-POPの道(inside)も洋楽/ブラックミュージックの道(outside)も倖田來未はある種極めているし、ジャンルは違えど、どちらもアルバムとしてのストーリーも美しいし、親しみやすさと攻撃性を兼ね揃えてるし、結果的に「どっちかなんて選べない」ってなる。

倖田來未:それが倖田來未なんですよね。予約枚数もほとんど差がないらしくて、だから両方重要なアーティストなんだろうなって。

--この二作で明確化されそうですよね。倖田來未はこれまでもこのニ面性を上手くコントロールしながら表現してきたんだということが。

倖田來未:そういうことも理解してもらえるかもしれないし、デビュー時から「ミラーボールのような女性でいたい」って言い続けてきた結果が今回の『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』なのかなって。「どっちを照らされても歌いこなしてみせる」っていう。例えば「Insane」とか、私はラップが得意じゃないからすごく難しかったんですけど、曲に惚れちゃったから「これを歌いこなせるアーティストになりたい」と思って挑戦したんです。私は「W FACE」とか「Insane」みたいなヒップホップも好きなんですけど、なかなかこういう曲に巡り合う機会もなかったりして。でもこのタイミングで巡り合えたんで「歌いこなせるようにするから入れたい」ってお願いして。

--また、この2作のリリースに向け、2日で6本のMVを撮影したんですよね?

倖田來未:死にかけました(笑)。

--もはやサバイバルですもんね(笑)。

倖田來未:でもそれのおかげで良いMVが撮れたと思っていて。大体MVは1曲3シチュエーションで撮って、カメラワークもバンバン変えて、飽きの来ない5分間ぐらいの映像を作るじゃないですか。だけど、今回は1日で3曲分で時間もなかったから、逆に引き算でシンプルなMVが出来たんです。例えば「Ultraviolet」なんて「ここまでダンスだけで勝負してるビデオあったっけ?」って思うぐらい振り切った内容になったし。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 倖田來未としては「満腹にさせて帰したい」という想いもある
  3. Next >
インタビュー写真

倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー


倖田來未としては「満腹にさせて帰したい」という想いもある

--6本のMVで6人の倖田來未を表現されたそうですね。

倖田來未 / BRIDGET SONG (from Album 「W FACE~inside~」)
倖田來未 / BRIDGET SONG (from Album 「W FACE~inside~」)

倖田來未:そうなんです。まず「BRIDGET SONG」は仕事を一生懸命頑張ってる女性がテーマで、私の周りのスタッフがほとんどが女性で、、そんな彼女達や頑張っている女性に向けた曲を作りたいなって思ったんです。「いろいろ経て今の自分が好き。」そういう「anytime」が大人になったようなミッドナンバーなので、MVもシャツにデニムっていう。今までだったら「せっかくお金かけてMV撮るのに、シャツにデニムってなんやねん!」って思うんですけど(笑)、今回は逆にそれが曲の世界観にも合ったし、新鮮だったんです。

--「Promise you」は?

倖田來未:これはLIXIL住宅研究所「アイフルホーム」TVCMソングということもあって、「無償の愛」をテーマに、MVも温かい気持ちになれる内容にしました。家族・愛する人、そしてライブではファンに向けて思いを届ける一曲になっています。

--続いて「Bassline」。

倖田來未:サックスが格好良すぎる、イントロ勝ちできる楽曲。あと、元々平メロがあんまり好きじゃなかったんですけど、歌ってみたらそこもめちゃくちゃ格好良くなって、めちゃくちゃ倖田來未にハマっちゃったんで、私の中ではランキング上位に入る曲なんです。で、MVでは「この曲でラップしちゃうの?」って思わせるようなファッションで攻めつつ、それこそBillboard Liveとかイメージできる曲でもあるので、スタンドマイクで歌っているシーンも入れました。

--続いて「Ultraviolet」。

倖田來未 / Ultraviolet(from Album 「W FACE~outside~」)
倖田來未 / Ultraviolet(from Album 「W FACE~outside~」)

倖田來未:「Ultraviolet」は今っぽい感じ。ファッションとかもTLCの時代というか、音楽もファッションもあの時代のものが今リバイバルされているから、そういう感じで全部カスタマイズして、ヘアスタイルもドレッドみたいな。それでダンスがめちゃめちゃ激しい。あと、上から乗せる加工というかCG、ギミックみたいなものも使って編集していったMVなので、撮影した日は「これ、大丈夫かな?」と思ったんですけど、最終的にめちゃくちゃ格好良く仕上がってました。

--続いて「Wicked Girls」。

倖田來未:「Wicked Girls」は女の子の日常を描いてるんです。月曜日は前髪切って、火曜日はセール行って、水曜日はケータイがバンバン鳴ってるけど「今日はええわ」みたいな流れになってるんで、MVはグラフィックのCGを入れて、セールの札がバーン!って飛び出したり、ポップでアメコミっぽい感じになりました。すごく可愛い。あと、ヒールでめっちゃ踊ってるんで、このMVもダンスビデオになってます。

--そして「Insane」。

倖田來未:「Insane」のMVは全編モノクロ。フリースタイルで踊っている感じなんですけど、赤いビニールテープを体にバァーって巻きつけていて、その赤いところだけに色が付いてるんです。すごく格好良いです。

--そんな6本のMVにも注目のアルバム『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』リリース後には、2度目の47都道府県ツアー【KODA KUMI LIVE TOUR 2017 ~W FACE~】が控えております。ライブの内容的にも前回を超えるものに出来そうですか?

倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー

倖田來未:超えます! 前回はベストシングルコレクションツアーだったんで、どうしても親しみの中にも懐かしさが共存してしまったと思うんです。でも今回は最新の楽曲ですし、ライブのことを考えて作った曲も結構あるんで、かなり今まで以上に盛り上がる超越したライブになりそうだなと思ってます。ただ、前回のツアーが「後味が良かった」と言って頂けたということは嬉しい。倖田來未としては「満腹にさせて帰したい」という想いもあるので、そこが心配(笑)。

--腹いっぱいになっても美味しければまた食べに来ます(笑)。

倖田來未:「今回も食べたるぞ!」って何度でもトライしてほしいです(笑)。まぁでも今回のツアーは前回以上にファン参加型ライブになると思うし、楽しみにしていてほしいと思います。

--2017年も一気に駆け抜けていく1年になりそうですね。

倖田來未:そうですね。でもまた新作も出したくて。今回のアルバムは『W FACE~inside~』の制作のほうが難しくて、その理由としてはなかなか選曲に苦労してしまったんです。結果的に自信をもってお届けてきる作品になったんで良かったし、「W FACE~inside~」を通じて伝えたかったことでもあるのですが、歌謡曲=昔の曲ってことじゃないんです。歌謡曲というのは、良い曲のことを言うと思うんです。歌謡曲を知らない世代にも、その魅力を知ってほしい。だから今回はレベルを上げたまま歌謡曲をやりたい……という意味で今回曲集めに苦戦した経緯がありました。次は早めに動きたいなと思ってすでにデモテープ集めを始めていて。私自身は今すごく楽しいんですよ、アウトプットするのが。

--なんでそんなに楽しくなってきたんですかね?

Mark Ronson - Uptown Funk ft. Bruno Mars
Mark Ronson - Uptown Funk ft. Bruno Mars

倖田來未:良い意味でも音楽は水モノで、流行りが変わっていくじゃないですか。今は私の中でファンクが流行っていて、私の好きな生楽器系な訳ですよ。ブルーノ・マーズ以降どんどんその波が来てるから、それが私にとっては心地良いサウンド感なんです。今までよりも音楽を聴くようになってきたし、旦那さんと出会えたことでもいろんな音楽を知ることが出来たし、どんどん自分でも形にしてみたい音楽が増えてるんです。だから良い楽曲に出会えるかどうかが重要なんです。発注してもなかなかその通りのものが出来ないので……だから自分も曲が書ければ良かったなとは思うんですけど、ピストン西沢さんいわく「それもやったら死んじゃうよ」とのことなので(笑)。

--音楽も巡り合いですからね。

倖田來未:でもやっぱり「この人に歌ってもらいたい」と思わせるアーティストじゃなければ、良い曲も巡って来ないだろうし、やっぱりブレずに倖田來未は“倖田來未の音楽”をやっていくことが大事なのかなって。正直、今回のアルバムだって「2枚も出して売れなかったらどうしよう?」と思いながら作っていました。でもそれも覚悟の上でやらないと今回の“倖田來未は歌謡曲と洋楽”みたいな表明も出来なかったし、だからこそ1人でも多くの人に手に取ってもらいたいなって思うんですよね。

--では、最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

倖田來未:『W FACE~inside~』と『W FACE~outside~』このふたつで倖田來未ではあるんですけど、みんなの好きな曲がどっちにあるのか知りたいんですよね。だからぜひどちらも聴いてもらって「どっちの倖田來未が好きですか?」その答えを教えてもらえたらと思います!

Interviewer:平賀哲雄

倖田來未 / NewAL「W FACE~inside~/~outside~」) -TEASER SPOT-(180SecVer)
インタビュー写真

倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー 倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー

Koda Kumi「W FACE~inside~」

W FACE~inside~

2017/03/08 RELEASE
RZCD-86309 ¥ 3,780(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.BRIDGET SONG
  2. 02.Bring It On
  3. 03.喜びのかけら
  4. 04.Stand by you
  5. 05.好きでして
  6. 06.君想い
  7. 07.On my way
  8. 08.What’s Up
  9. 09.Promise you
  10. 10.My fun
Disc02
  1. 01.Ultraviolet (MUSIC VIDEO)
  2. 02.Insane (MUSIC VIDEO)
  3. 03.Bassline (MUSIC VIDEO)
  4. 04.Wicked Girls (MUSIC VIDEO)
  5. 05.BRIDGET SONG (MUSIC VIDEO)
  6. 06.Promise you (MUSIC VIDEO)

関連キーワード

TAG

WINTER of LOVE
KODA KUMI「WINTER of LOVE」
2016/01/20
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
WINTER of LOVE
KODA KUMI「WINTER of LOVE」
2016/01/20
[CD]
¥3,780(税込)
購入画面へ
WINTER of LOVE
KODA KUMI「WINTER of LOVE」
2016/01/20
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
恋しくて
倖田來未「恋しくて」
2012/12/26
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
恋しくて
倖田來未「恋しくて」
2012/12/26
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
Go to the top
倖田來未「Go to the top」
2012/10/24
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
Go to the top
倖田來未「Go to the top」
2012/10/24
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
Go to the top
倖田來未「Go to the top」
2012/10/24
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
Beach Mix
Koda Kumi「Beach Mix」
2012/08/01
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」
2012/01/25
[CD]
¥5,616(税込)
購入画面へ
JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」
2012/01/25
[CD]
¥5,616(税込)
購入画面へ
JAPONESQUE
KODA KUMI「JAPONESQUE」
2012/01/25
[CD]
¥8,640(税込)
購入画面へ
Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」
2011/11/30
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」
2011/11/30
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
Love Me Back
倖田來未「Love Me Back」
2011/11/30
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」
2011/09/21
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」
2011/09/21
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
愛を止めないで
倖田來未「愛を止めないで」
2011/09/21
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」
2011/08/17
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」
2011/08/17
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
4 TIMES
KODA KUMI「4 TIMES」
2011/08/17
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
かねてより親交の深い2組の対談インタビューがここに実現!
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
50歳を迎えたノエル・ギャラガーが、ソロ3作目で完成させたキャリア史上もっとも美しいアルバムの背景を紐解く
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
渡辺麻友のラストシングル『11月のアンクレット』。渡辺麻友、柏木由紀、向井地美音、小栗有以がその想いを語る。
T.O シングル『BURNING』インタビュー
T.O シングル『BURNING』インタビュー
従業員400名の会社を経営する青年実業家がDJシーンに殴り込む理由とは?
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
飲み仲間であり盟友でもある二人に、これまでの歩みを訊く
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
黄金時代~再評価、そして変わりゆく変わらないグループの魅力。
松下奈緒 ~この秋に聴きたい、松下奈緒のルーツ・ソングPLAYLIST~
松下奈緒 ~この秋に聴きたい、松下奈緒のルーツ・ソングPLAYLIST~
「いくつになっても、いつ聴いても、好きなものは変わらないんだなあと思います。」
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
彼らに訪れた試練と復活とは?

Chartsmore