Billboard JAPAN


Special Contents

【再掲】マキシ・プリースト 来日記念特集&ドライブにお勧めのプレイリストを公開

top

 レゲエというとジャマイカ発祥の音楽であることは誰もが承知だろうが、実際には世界各地にレゲエのアーティストは存在する。カリブ周辺にとどまらず、北米も南米もヨーロッパも盛んだし、最近だとアフリカのレゲエも注目されている。当然、日本にはジャパレゲと呼ばれる独自のレゲエ文化があるのは周知の通り。しかし、ジャマイカ以外で多数の世界的ヒットを出している国といえば、なんといってもUKだ。アスワド、UB40、スティール・パルスなど数多くのレゲエ・ミュージシャンが登場したが、その頂点といってもいい存在がマキシ・プリースト。ソウルやR&B要素を取り入れたソフトなポップ・レゲエは“キング・オブ・ラヴァーズ・ロック”と呼ばれ、90年代初頭に世界を席巻した。ここでは、間もなく来日公演を行う彼のヒストリーを追っておこう。

CD
▲『マキシ』

 マキシ・プリーストの本名は、マックス・アルフレッド・エリオット。1961年に英国のロンドンで生まれた。彼の両親はジャマイカ移民で、幼い頃からレゲエはもちろん、リズム&ブルースやゴスペルといったブラック・ミュージックに親しみながら育ったという。歌うことを好きになってからも、デニス・ブラウンやグレゴリー・アイザックスといったレゲエ・シンガーだけでなく、マーヴィン・ゲイやアル・グリーン、そしてビートルズからフランク・シナトラにいたるまで様々なミュージシャンから大きな影響を受けた。10代にしてすでにサウンドシステムで歌うことを覚え、80年代を代表するサウンドシステムのサクソン・スタジオ・インターナショナルにも参加している。

Wild World
▲ 「Wild World」MV

 1985年には、ルーツ・レゲエからラヴァーズ・ロックまでを取り入れた初のソロ・アルバム『You're Safe / ユーアー・セーフ』を発表。続いて、1986年には2作目となる『Intentions / インテンションズ』をリリース。持ち前のソウルフルなヴォーカル・スタイルで、英国では話題になった。そして、1988年には初のメジャー作品となるサード・アルバム『Maxi / マキシ』を発表。英国ではチャート上位に食い込み、米国のビルボードでも初めてチャートインを果たした。また、キャット・スティーヴンスの「Wild World / ワイルド・ワールド」を取り上げたことで、ジャンルを超えてメッセージ性を持つレゲエ・シンガーとして英国では確固たる地位を築く。

Close To You
▲ 「Close To You」MV

 そして、世界的に大ブレイクすることになったのは、1990年のこと。プログラミングされたビートがクールな「Close To You / クロース・トゥ・ユー」が全世界で大ヒットを記録。米国ではビルボードチャートのHot100で見事1位を獲得し、90年代を代表するレゲエ・アーティストとして華々しくその存在をアピールした。この曲を含む4作目のアルバム『Bonafide / ボナファイド』も英国で11位、米国でも47位と健闘。「Peace Throughout The World / ピース・スルーアウト・ザ・ワールド」や「Just A Little Bit Longer / ジャスト・ア・リトル・ビット・ロンガー」などもシングル・カットされ、彼の初期を代表する傑作としてUKレゲエ・シーンに大きな指標を打ち立てた。この後、ロバータ・フラックからのラブコールで共演した「Set The Night To Music / ナイト・トゥ・ミュージック」がビルボードチャートのHot100で6位となり、レゲエ・シーン以外のファンにも大きく認知されることになる。

That Girl
▲ 「That Girl」MV

 1992年には、5作目のアルバム『Fe Real / フェ・リアル』を発表。UKエイジアンとして一世を風靡したアパッチ・インディアンとの共演曲「Just Wanna Know / ジャスト・ワナ・ノウ」で話題を呼ぶ。また、1996年にはシャギーとデュエットした「That Girl / ザット・ガール」が大ヒット。ザ・ポリス「Message In The Bottle / 孤独のメッセージ」のカヴァーも披露した6作目『Man With The Fun / マン・ウィズ・ザ・ファン』も大きな評価を得た。その後も、スティーヴィー・ワンダーのカヴァーも収めた『CombiNation / コンビネイション』(1999年)、ショーン・ポールの参加も話題を呼んだ『2 The Max / 2 ザ・マックス』(2005年)、これまで未発表だった名曲を集めた『Refused』(2007年)、ホリデイ・アルバムに挑戦した『Time Of The Year』(2011年)と、寡作ながらも力作を発表し続けている。

Love Somebody
▲ 「Love Somebody」 (Live)

 マキシ・プリースト広く愛される理由は、その懐の深さだろう。シャギーやシャバ・ランクスといったレゲエ・シーンの先鋭たちからリスペクトを受けて共演しているのはもちろんのこと、2008年にはUB40のヴォーカリストに就任するというフットワークの軽さも見せた。また、ジャンルを超えた共演も積極的に行っており、例えばジャズ・フュージョン系のベテラン・ギタリストであるリー・リトナーのアルバム『Wes Bound / ウェス・バウンド』(1993年)では非常に重要なシンガーとしてフィーチャーされていたのもファンにはおなじみだろう。そしてわが国では、織田裕二のヒット・チューン「Love Somebody」(1997年)を共作とデュエットしたことで、お茶の間でも彼の歌声は聞かれることとなった。そして、どんなジャンルでも、そのソウルフルな歌声が不変であることもさすがだ。

Easy To Love
▲ 「Easy To Love 」MV

 今のところ、彼の最新作は2014年に発表された『Easy To Love』。べレス・ハモンドの参加でも話題を呼んだ本作は、ビルボードのレゲエ・アルバム・チャートで2位を獲得。まだまだ、音楽シーンにおいての現役であることが証明されている。そして、ライヴのクオリティも衰えることはないだろう。その存在感は、ぜひ2016年のビルボードライブで味わってもらいたい。

"Holiday" Music Video

マキシ・プリーストが選ぶドライブにお勧めのプレイリストを公開!

 来日間近のレゲエ界のスーパースター、マキシ・プリーストに、ドライブにぴったりのアゲアゲソングをピックアップしてもらった。ボブ・マーリーやクロニクスといったレゲエ・アーティストから、ザ・ウィークエンドやエド・シーランの最新ヒット曲まで、音楽好きのツボを押さえたプレイリストが完成。海岸ドライブや連休の帰省ラッシュ中に聴けば、気分もアガること間違いなし!

1. I'm Going Down - Rose Royce
2. The Closer I Get To You - Roberta Flack & Donny Hathaway
3. I Feel It Coming ft. Daft Punk - The Weeknd
4. Shape Of You - Ed Sheeran
5. Here Comes Trouble - Chronixx
6. Show Me Love - Robin S.
7. Israelites - Desmond Dekker
8. Sweet & Dandy - Toots & the Maytals
9. My Boy Lollipop - Millie Small
10. Tenement Yard - Jacob Miller
11. Jamming - Bob Marley
12. Here I Come - Dennis Brown
13. Time Is The Master - John Holt
14. Pull Up The Vibes - Beres Hammond


Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>

関連キーワード

TAG

ボナファイド
マキシ・プリースト「ボナファイド」
2014/12/17
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
マキシ
マキシ・プリースト「マキシ」
2014/12/17
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ウェス・バウンド
リー・リトナー マキシ・プリースト ボブ・ジェイムス ロニー・フォスター ジョン・パティトゥッチ ハーヴィー・メイソン メルヴィン・デイヴィス スティーヴ・ガッド「ウェス・バウンド」
2012/01/18
[CD]
¥1,132(税込)
購入画面へ
NOW レゲエ クラシックス
(V.A.) マキシ・プリースト ダイアナ・キング シャギー UB40 US3 アンドルー・ドナルズ パト・バントン「NOW レゲエ クラシックス」
2011/08/03
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
NOW レゲエ クラシックス
(V.A.) マキシ・プリースト ダイアナ・キング シャギー UB40 US3 アンドルー・ドナルズ パト・バントン「NOW レゲエ クラシックス」
2011/08/03
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
ボナファイド
マキシ・プリースト「ボナファイド」
2007/10/03
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
マン・ウィズ・ザ・ファン
マキシ・プリースト「マン・ウィズ・ザ・ファン」
2002/09/19
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
ボナファイド
マキシ・プリースト「ボナファイド」
2002/09/19
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
マキシ
マキシ・プリースト「マキシ」
2002/09/19
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
インテンションズ
マキシ・プリースト「インテンションズ」
2002/09/19
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
ユーアー・セイフ
マキシ・プリースト「ユーアー・セイフ」
2002/09/19
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
マン・ウィズ・ザ・ファン
マキシ・プリースト「マン・ウィズ・ザ・ファン」
2002/09/19
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
ボナファイド
マキシ・プリースト「ボナファイド」
2002/09/19
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
マキシ
マキシ・プリースト「マキシ」
2002/09/19
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
インテンションズ
マキシ・プリースト「インテンションズ」
2002/09/19
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
ユーアー・セイフ
マキシ・プリースト「ユーアー・セイフ」
2002/09/19
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
ツイスト・オブ・マーリー~ボブ・マーリーに捧ぐ
リー・リトナー マキシ・プリースト リサ・フィッシャー パティ・オースティン デイヴ・グルーシン マイケル・ブレッカー ウィル・ダウニング ジョナサン・バトラー 他「ツイスト・オブ・マーリー~ボブ・マーリーに捧ぐ」
2001/05/30
[CD]
¥2,621(税込)
購入画面へ
Love Somebody
織田裕二 マキシ・プリースト「Love Somebody」
1997/01/29
[CD Single]
¥1,049(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

Nao Yoshioka インタビュー
Nao Yoshioka インタビュー
10年ぶりの来日を果たすエリック・ロバーソンとの初共演ライブに向けて
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。

Chartsmore