Billboard JAPAN


Special Contents

トミタ栞『SPIN』インタビュー



トミタ栞 『SPIN』 インタビュー

「“いろんなトミタ栞を引き出してもらおう”ってところにチャレンジできた」

今作『SPIN』には石野卓球/スネオヘアー/ROCKETMAN/コレサワら数多くのアーティストが参加。そして完成したこのアルバムで彼女のライブが新たなものへと生まれ変わっていく。このときの彼女からそう感じとることができた。

またトミタ栞の恋愛相談に関する話や、憧れの女性・大塚 愛についても語ってくれた。

最近「大人になったよね」って言われるです。前より空気が読めるとか!

--今年6月に新宿BLAZEにて行われた3周年記念ライブ以来の取材になります。

トミタ栞 『SPIN』 インタビュー

トミタ栞:ありがとうございます。そのライブ会場は初めてでしたけど、後方が一段上がっていたり柱もなかったのでお客さんも見やすそうで、またあの会場でやりたいですね。

--ライブ本編は浴衣でのパフォーマンスでしたけど、大変じゃなかったですか?

トミタ栞:何も考えてなかったです。本番で初めてがっちり帯を締めていったら、凄い大変でした(笑) 浴衣には最後まで慣れなかったです……。けど、観に来てくださっているお客さんが少しでも夏気分になって、盛り上がってくれたんじゃないかなと思います。

--ライブではレディビアードさんとの共演もありました。インパクトの強い方だと思いますが、正直怖くなかったですか?

トミタ栞:最初、会う前は怖かったです。でも会ったときに、底抜けに明るい感じで接してくれたので全然人見知りしてる間もなく、一種のキャラクターとして受け入れることができましたね!
一緒に日本テレビ系『ナカイの窓』にも出演させていただいたりして、少しずつビアちゃんをわかってきたんですよ。だからラジオのときには「なんでやねん!」というワードをビアちゃんに覚えてもらって、私が背中を押したら「ナンデヤネン!」って言わせたりとか、遊べるくらいにまで仲良くなりました(笑)
レディビアード:オーストラリア出身の「カワイイコア」パフォーマー。ひげ面×女装姿でプロレスラー、ヘビーメタルシンガー等、あらゆる分野にて活躍している。

--トミタさんは神奈川・横浜という街を第二の故郷のように活動しています。

トミタ栞:tvk『saku saku』で初めてお仕事をさせていただいて、そこで音楽活動もスタートさせていったということもありますので、横浜・みなとみらいは思い出深く、大事な場所に感じています。それにサクサカー(=『saku saku』視聴者)さんも神奈川県民の方が多いのでホーム感がありますね。

--あのユニークな番組に馴染むまで早かったですよね。

トミタ栞:当初はどんな番組かも知らなかったので、「えぇ……サクサク?」って感じでした。収録も実家から通っていて、地元の岐阜にいる間はオンエアも確認できなかったので、本当に番組やってるのかなって思ってました(笑)

--また個性的なMCが出てきた!っと思いましたよ(笑)

トミタ栞:わたしってそんなに独特でした?

--それはラーメンズの片桐仁さんと出演しているテレビ東京『車あるんですけど…?』でも感じます。

トミタ栞:でも最近「なんか大人になったよね」って言われるんですよ。その代わりに「フレッシュさが無くなったよね」とも言われるようになったんですけど、前より常識が備わってきたんだと思います。空気が読めるとか!

出身地・岐阜県飛騨は『君の名は。』の舞台にガッツリなった場所

トミタ栞 『SPIN』 インタビュー

--そしてアルバム『SPIN』のパッケージがいま手元にあるんですけど、デザイン、歌詞ブックでも様々なトミタ栞が感じられますね。

トミタ栞:おぉ! 実は完成品を見るのは初めてなんです! やっぱり人の手に取っていただけるのは嬉しいですね。ちょっと見せてください(パッケージを手に取る)
ファッションとか服が好きなのでいろんな衣装に変えてみたり、衣装が映えるポーズにしてみたり、いろいろ挑戦しました。「古着っぽいのがいい」「チェックがいい」とか自分でリクエストしたりしますし、スタイリストさんと一緒に考えて今回の衣装も決めました。

--ポーズにも“トミタ栞らしさ”っていうのがありますよね。

トミタ栞:独特なカットが選ばれちゃうんですよ。決めのポーズから次のポーズまでの間のカットとか。シングル『カラーFULLコンボ!』のジャケットに関しては、もうカメラを見ないでボールで遊んでるっていう方向で撮影していましたし(笑)

--アルバムにも収録されている「カラーFULLコンボ!」は、石野卓球さんプロデュースでテレビ東京系アニメ『パズドラクロス』の主題歌にもなった楽曲ですね。

※トミタ栞 『カラーFULLコンボ!』ミュージックビデオ(Short Ver.)
▲トミタ栞 『カラーFULLコンボ!』ミュージックビデオ(Short Ver.)

トミタ栞:すごく楽しい曲ですよね。南流石(みなみさすが)先生が付けてくださった振り付けをライブでお客さんにレクチャーしてきたのですが、そのうちにレクチャーする前から踊れる方も出てきて、今ではライブでみんなと楽しく踊れる一曲になりました。
※南流石:日本を代表する振付演出家。サザンオールスターズ/SMAP/大塚 愛など数多くのアーティストに提供している。

--ダンス動画投稿企画もあっていっぱい踊っていますが、毎回楽しそうです。

トミタ栞:「17歳の歌」のときも振り付けがあったんですけど、「カラーFULLコンボ!」は曲自体もカラフルポップな曲なので踊りも映えますし、なにより踊っていて楽しいです。それに振り付けをレクチャーするのが楽しくて、大人の方にも「次はこっち向いて~」とか指導するのが面白いです。私も含め「変なことしてんなぁ」とか思ったりして(笑)

--この曲を機にTVアニメで声優に初挑戦というのも実現しました。

トミタ栞:入り時間に現場へ行ったら有名な声優さんがもう録り終えたあとで、私の収録を声優さんたちが見守っていてくれてたんです。嬉しいんですけど、ホント緊張しちゃって! スタジオでマイク前に立つのは歌のレコーディング時にもあるんですけど、テレビで見るようなだだっ広い収録スタジオというのもあって、すごい緊張していて膝がガクガク震えてました。
声も震えてしまっていないか大丈夫かな? と心配しながらオンエアを観ていたんですけど、演技が硬かったですねぇ(笑)。でも声優さんたちから「また見においで~」と言ってもらえたりして、超楽しかったです! アニメ『パズドラクロス』も毎週欠かさずチェックしてます。

--アニメはよく観られるんですか?

トミタ栞:中学生の時はアニメを観ている友達ってほんの一部くらいしかいなかったんですけど、高校生になったときにはみんな普通に『けいおん!』とか観るようになってたんですよ。なので『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『魔法少女まどか☆マギカ』ですとか、『とある科学の超電磁砲(レールガン)』は観ていました。

--今年の大ヒット作『君の名は。』は観ました?

トミタ栞:観ました観ました! 私の出身地・岐阜県飛騨は映画の舞台になった場所なんですよ。しかも私の通っていた高校が作中に出てくるらしく、いま母校には写真を撮りに来る人がたくさんいるみたいです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. “いろんなトミタ栞を引き出してもらおう”ってところにチャレンジできた
  3. Next >
インタビュー写真

トミタ栞 『SPIN』 インタビュー トミタ栞 『SPIN』 インタビュー トミタ栞 『SPIN』 インタビュー トミタ栞 『SPIN』 インタビュー


“いろんなトミタ栞を引き出してもらおう”ってところにチャレンジできた

--今作『SPIN』にはいろんなアーティストさんと作り上げた曲が収められています。一緒にコラボしてみてどうでしたか?

トミタ栞:前回のアルバム『もしもワールド』のときも、大塚 愛さん、スネオヘアーさんなどから楽曲をいただいていて、やっぱり曲によって歌い方も変わるし、表現方法が違ってくるなんてことを感じていたんです。今回の『SPIN』では、もっとどっぷり浸かって“いろんなトミタ栞を引き出してもらおう”っていうチャレンジができたと思います。

▲トミタ栞 ♪HAPPY AND HAPPY ミュージックビデオ (Short Ver.)
▲トミタ栞 ♪HAPPY AND HAPPY ミュージックビデオ (Short Ver.)

--今作には入っておりませんが、大塚 愛さん提供の楽曲はいままで3曲(「HAPPY AND HAPPY」「だめだめだ」「RounD」)あります。3周年ライブの本編ラストに披露したのがその一曲「RounD」で、“これぞトミタ栞のライブ”だなと感じてカッコよかったです。

トミタ栞:そのときのリハで相当ハケるタイミングを練習したんです。カッコよくハケたいから! 最後、音とバンドメンバーだけ残して私だけ去るっていう演出に挑戦したんですけど、そういうカッコいい終わり方がいいなと思ったのは愛さんの影響があるんじゃないかなと思いますね。

--スネオヘアーさんが手掛けた楽曲は『SPIN』にも入っています。M-05「同じ空の下」は、ライブでは一年前から披露していますね。

トミタ栞:「同じ空の下」は前回のコラボの時からすでにいただいていた楽曲で、ライブで育ててからCDに収録しようとしていたので、ようやく実現しました。今回のアルバムにはいろんなチャレンジが詰まっていることもあって、この曲が無かったらちょっとぐちゃっとしてしまうかもしれないくらい、統一感をもたらしてくれている一曲だと思います。

--そしてトミタ栞ライブのサポートギターでお馴染み町田昌弘さんの手掛けたM-06「Lovingly me!!」にはどんな印象を?

トミタ栞:町田さんは最初のライブからサポートギターをやってくださっていて、誰よりもわたしのライブを観てきてくれたし、歌も聴いてきてくれている。トミタ栞のライブを支える重要人物ですね。それで今回、町田さんにもお願いしたらスゲぇの上がってきてちょっとビビリました。マジか!って(笑)

--トミタさんからのオーダーはあったのでしょうか?

トミタ栞:「カッケーのお願いします!」とか「強いヤツ」とかお願いしたんですけど、初めて聴いたとき想像を超えていてビックリしました! それに、この曲はライブで映えるなと思いましたし、わたしの中で新しいと感じました。

--パンクなサウンドにのせて歌詞に「嫌い」「ウザい」なんてワードが並んでいますが、サビでは「パパパパ パラッパ~♪」とポップなメロディに変わっていきます。

トミタ栞:わたしそういう言葉(「嫌い」「ウザい」とか)まったく言わないんですけど、サビの部分には町田さんの思うトミタ栞が入っていると思います。“強い”や“ポップさ”というような。なので歌入れの時もそれをイメージして歌いました。

「スピン」とは“本に付いている、栞として挟むヒモ”のこと

--アルバムにはROCKETMAN=ふかわりょうさんとのコラボ曲M-08「あいたくちがふさがらない」も収録されています。

トミタ栞:ふかわさんとは(ROCKETMANの)アルバム『I'M MUSIC』でコラボしたのがきっかけで、わたしがやっているFMヨコハマ『だめラジオ』に来てくださったこともありました。そのときTwitterで有吉さんがコメントしてくれたりもして。

--トミタさんは芸人さんとの絡みの相性がいいイメージがあります。

トミタ栞:芸人さんって頭の回転が早い方が多いので、そういう人がそばにいてくれると安心します。わたし言葉とか知らないんで、モゴモゴ口籠っちゃったりしたときに助けてくれるので(笑)
私も『だめラジオ』をやらせてもらって、だいぶ成長してきたんだと思いますけど、いまでも何を言っているのかワケわかんない時は多々あります(笑)

--そしてアルバムタイトルにもなったM-10「スピン」はコレサワさん提供の楽曲です。

トミタ栞:コレサワさんから「スピン」という楽曲をもらったのが先でした。コレサワさんとは初めての顔合わせのときに連絡先を交換したんですけど、曲を作るにあたって「何でもどんどん訊いてください!」ってお願いしたところ、その夜すぐに連絡が来て「今しーちゃんがやりたいことって何?」っていう質問をいただいたんです。
それに箇条書きで何十個か投げたら、歌詞にもいくつか入れてくださっていて、そんなところからいろいろ紐解いて「まだまだやりたいことがたくさんあるんだ」っていうことを感じ取ってくれたんですかね。

「スピン」というのは“本に付いている栞として挟むヒモ”のことなんです。一区切りの意味で「一区切りだけど過去もこれからも、トミタ栞はトミタ栞である」みたいなところからコレサワさんが曲名を付けてくださったんです。それって今回のアルバムのすごく大事なところなんじゃないかと思って、タイトルにもさせていただきました。自分の想いも詰まっていて大事な一曲です。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 大塚 愛さんはすごくなりたい女性です
  3. Next >
インタビュー写真

トミタ栞 『SPIN』 インタビュー トミタ栞 『SPIN』 インタビュー トミタ栞 『SPIN』 インタビュー トミタ栞 『SPIN』 インタビュー


大塚 愛さんはすごくなりたい女性です

トミタ栞 『SPIN』 インタビュー

--そして本作には、ご自身でも新たに作られた楽曲がありますね。M-01「恋な歌」M-09「ぽーい」は作詞作曲、M-04「300」では歌詞を手掛けています。

トミタ栞:「恋な歌」はそれこそ3周年ライブでも仮歌の状態で披露した曲ですけど、「恋な歌」というタイトルで作っていたときに「これって“変な歌”にも見えるよね」となって、曲名は絶対「恋な歌」にしようってなりました。

--ライブでは「恋する女の子のうた」とおっしゃっていましたよね。

トミタ栞:それだけだとつまらなかったので、副音声みたいにセリフも入れてみたりしてます。

--自分で綴る恋心に対する照れ隠しの演出なのかなとか思っていました。

トミタ栞:仮歌の時からいろいろとブラッシュアップしていく中で、「もっと歌詞に深みを」とかやってみたんですけど、深みがそんなにないまま別方向の演出を足すことによって面白い中和が起きそうだなって。
最初は一か所くらいのつもりだったんですけど、しだいにストーリー性が欲しくなっていっぱい喋っちゃいましたね。でも照れ隠しって理由も好きですね(笑)

--「ぽーい」も切ない恋愛の曲ですが。

トミタ栞:こっちの方がリアルで照れちゃいますね! 結構具体的な情景を描いてる感じが。でも、これは恥ずかしくない理由が一つあって、友達の話をネタに作った曲なんです。

--友達から受けた恋愛相談がもとに?

トミタ栞:その子からずっとその話を聞いていて、何か月間か経って連絡してみたら、まだその人のことが好きだったんです。それからいろいろ聞いていたら「さよなら ポーーイ ってできたらいいのにな」って言葉が出てきて、「なにそれ!! 歌詞じゃん!」って。そこからまた根掘り葉掘り聞き直して、電車2駅区間くらいで出来ちゃいました! そのとき何度も過去を掘り返して聞き直したんで、その子からしてみればすごくかわいそうですよねぇ(笑)

わたしはずっと「もうやめな!」 「話を聞いているだけでも全然いいと思えない」とか、その子に返事してたんですけど、それだけ言ってもやっぱりその子は相手のことを好きなままだから、「でも!」って返ってくるんです(笑)

▲トミタ栞 『♪だめだめだ ミュージックビデオ(short ver.)』
▲トミタ栞 『♪だめだめだ ミュージックビデオ(short ver.)』

--そんなリアルな恋愛話から生まれた「ぽーい」の編曲はAqua Timezのダイスケさんです。

トミタ栞:「だめだめだ」でTVアニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』のED主題歌をやらせてもらったときに、Aqua Timezさんも主題歌を担当していて、そのアニメのイベントで初めてお会いしたんです。そのあとラジオに出させてもらったりと繋がりを持てたので思い切ってお願いをしたところ、どストレートなJ-POPに仕上げていただきました。

--作詞を手掛けた「300」では、大人になっていくことへの赤裸々な気持ちが感じられました。

トミタ栞:この曲は、上京したての頃の自分を客観的に思い返して歌詞を書いたんです。その時の気持ちをまとめられるようになったのは「上京した4、5年前とは違うんだよなぁ」って、この歌詞を書いていて思いましたね。

--トミタさんが「このひと大人だな」って思う方はいたりするんでしょうか?

トミタ栞:大塚 愛さんはすごくなりたい女性です。女性としてすごく憧れています。もともと元気なイメージもあったところから、いまやお母さんにもなっていますし、「強さ」と「優しさ」と「可愛らしさ」、全部を兼ね備えていて、ホントに「ああなりたいな!」って思える女性なんです。素敵だわ……(笑)
でも愛さんとは最近でもお食事にいったり連絡はとってます。私がすごい頼るからですかねぇ……相手してくれるんです!

SNS時代のポップガール・トミタ栞 「まずはライブを観てよ!」

トミタ栞 『SPIN』 インタビュー

--そんなアルバム『SPIN』を引っ提げて、来年2017年には横浜・東京・名古屋をまわるツアーが開催されます。

トミタ栞:このツアーはアルバムを引っ提げてまわるのでアルバムの楽曲が軸になるんですけど、そもそもこの作品自体ライブをイメージして曲順を決めたり、アレンジを考えたりした一枚なので、かなり力の入ったライブになると思います。

--ライブになるとこの楽曲たちがさらに輝くんですね。

トミタ栞:まだ生のバンドでやれてないんで、ちょー楽しみです! いまセトリとか構成を決めている段階なんで、生音だとどんな感じになるのかも楽しみなんです!!

--SNS上でも「絶対来てね!」と呼びかけていますよね。今回のアルバムを携えてのライブが今まで以上に楽しめるものになるという、トミタさんの自信を感じました。

トミタ栞:いまって難しいと思うんですよね、観たこともない、聴いたこともない音楽のライブに初めて足を運ぶことって。友達が勧めたとしてもやっぱりその足は重いと思うんです。でも観てもらわないと始まらないし、まずは「観てよ!」「来てよ!」って言わなきゃなって。

--トミタさんのSNSの活用は見ていて面白いです。最近ですと一般の方からTwitterのトップバナーを受け取って何度も更新していましたよね。

トミタ栞:あれは自然と始まりまして、『saku saku』には絵を描いて投稿する企画があったので、その流れでサクサカーさんが送ってくださるんですかね。わたしのファンの方にはサクサカーさんが多かったりするので。わたしもそれで楽しみたいなと思ってやっていました。

--他にも「動物園に行ってきたよ」ってツイートした翌日、AbemaTVの番組でそのときに買ったTシャツを着てでてましたよね。

トミタ栞:「Kanazawa Zoo」の!? それ結構マニアックじゃないですか! わたしTシャツも結構こだわっていて、何か面白いヤツないかなって探してるんです。番組だと上半身しか映らないことが多いので、そこで楽しんでます(笑)

Music Video
インタビュー写真

トミタ栞 『SPIN』 インタビュー トミタ栞 『SPIN』 インタビュー トミタ栞 『SPIN』 インタビュー トミタ栞 『SPIN』 インタビュー

トミタ栞「SPIN」

SPIN

2016/12/07 RELEASE
ESCL-4714/5 ¥ 3,799(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.恋な歌
  2. 02.バレンタイン・キッス
  3. 03.17歳の歌
  4. 04.300
  5. 05.同じ空の下
  6. 06.Lovingly me!!
  7. 07.カラーFULLコンボ!
  8. 08.あいたくちがふさがらない
  9. 09.ぽーい
  10. 10.スピン
  11. 11.あぶりカルビのうた2016 -BONUS TRACK-

関連キーワード

TAG

関連商品

SPIN
トミタ栞「SPIN」

2016/12/07

[CD]

¥3,000(税込)

SPIN
トミタ栞「SPIN」

2016/12/07

[CD]

¥3,799(税込)

カラーFULLコンボ!
トミタ栞「カラーFULLコンボ!」

2016/10/05

[CD]

¥1,000(税込)

カラーFULLコンボ!
トミタ栞「カラーFULLコンボ!」

2016/10/05

[CD]

¥1,700(税込)

バレンタイン・キッス
トミタ栞 feat.Ladybeard「バレンタイン・キッス」

2016/01/20

[CD]

¥1,000(税込)

バレンタイン・キッス
トミタ栞 feat.Ladybeard「バレンタイン・キッス」

2016/01/20

[CD]

¥1,500(税込)

17歳の歌
るみちゃん★○トミタ栞「17歳の歌」

2015/09/02

[CD]

¥1,000(税込)

17歳の歌
るみちゃん★○トミタ栞「17歳の歌」

2015/09/02

[CD]

¥1,500(税込)

もしもワールド
トミタ栞「もしもワールド」

2015/02/18

[CD]

¥3,500(税込)

もしもワールド
トミタ栞「もしもワールド」

2015/02/18

[CD]

¥3,000(税込)

だめだめだ
トミタ栞「だめだめだ」

2014/12/10

[CD]

¥1,000(税込)

だめだめだ
トミタ栞「だめだめだ」

2014/12/10

[CD]

¥1,500(税込)

HAPPY AND HAPPY
トミタ栞「HAPPY AND HAPPY」

2014/07/02

[CD]

¥1,000(税込)

HAPPY AND HAPPY
トミタ栞「HAPPY AND HAPPY」

2014/07/02

[CD]

¥1,500(税込)

きらきら
トミタ栞「きらきら」

2014/04/09

[CD]

¥1,000(税込)

きらきら
トミタ栞「きらきら」

2014/04/09

[CD]

¥1,500(税込)

線香花火
トミタ栞「線香花火」

2013/08/28

[CD]

¥1,028(税込)

線香花火
トミタ栞「線香花火」

2013/08/28

[CD]

¥1,543(税込)

トミタ栞
トミタ栞「トミタ栞」

2013/06/26

[CD]

¥1,543(税込)

トミタ栞
トミタ栞「トミタ栞」

2013/06/26

[CD]

¥1,851(税込)

SPIN
トミタ栞「SPIN」

2016/12/07

[CD]

¥3,000(税込)

SPIN
トミタ栞「SPIN」

2016/12/07

[CD]

¥3,799(税込)

カラーFULLコンボ!
トミタ栞「カラーFULLコンボ!」

2016/10/05

[CD]

¥1,000(税込)

カラーFULLコンボ!
トミタ栞「カラーFULLコンボ!」

2016/10/05

[CD]

¥1,700(税込)

バレンタイン・キッス
トミタ栞 feat.Ladybeard「バレンタイン・キッス」

2016/01/20

[CD]

¥1,000(税込)

バレンタイン・キッス
トミタ栞 feat.Ladybeard「バレンタイン・キッス」

2016/01/20

[CD]

¥1,500(税込)

17歳の歌
るみちゃん★○トミタ栞「17歳の歌」

2015/09/02

[CD]

¥1,000(税込)

17歳の歌
るみちゃん★○トミタ栞「17歳の歌」

2015/09/02

[CD]

¥1,500(税込)

もしもワールド
トミタ栞「もしもワールド」

2015/02/18

[CD]

¥3,500(税込)

もしもワールド
トミタ栞「もしもワールド」

2015/02/18

[CD]

¥3,000(税込)

だめだめだ
トミタ栞「だめだめだ」

2014/12/10

[CD]

¥1,000(税込)

だめだめだ
トミタ栞「だめだめだ」

2014/12/10

[CD]

¥1,500(税込)

HAPPY AND HAPPY
トミタ栞「HAPPY AND HAPPY」

2014/07/02

[CD]

¥1,000(税込)

HAPPY AND HAPPY
トミタ栞「HAPPY AND HAPPY」

2014/07/02

[CD]

¥1,500(税込)

きらきら
トミタ栞「きらきら」

2014/04/09

[CD]

¥1,000(税込)

きらきら
トミタ栞「きらきら」

2014/04/09

[CD]

¥1,500(税込)

線香花火
トミタ栞「線香花火」

2013/08/28

[CD]

¥1,028(税込)

線香花火
トミタ栞「線香花火」

2013/08/28

[CD]

¥1,543(税込)

トミタ栞
トミタ栞「トミタ栞」

2013/06/26

[CD]

¥1,543(税込)

トミタ栞
トミタ栞「トミタ栞」

2013/06/26

[CD]

¥1,851(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ICONIQ改め伊藤ゆみ グラビア初挑戦でまさかのヌード披露! 無邪気な内面も

  2. 2

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】 米津玄師「Lemon」が18回目の首位、LiSA「ADAMAS」が追う

  3. 3

    PANTA x 鈴木慶一 対談~伝説の『マラッカ』と『1980X』を語る

  4. 4

    WEB公開ギリギリのヌード! グラドル&SSW“シンガーソングラドル”藤田恵名の際どいグラビア公開!

  5. 5

    ミスチル2週連続V、米津「Lemon」Wミリオン達成、乃木坂46西野ラスト曲MV公開:今週の邦楽まとめニュース

HOT IMAGES

注目の画像