Billboard JAPAN


Special Contents

大阪のロック大忘年会【FM802 RADIO CRAZY 2015】ライブレポート!

RADIO CRAZY 2015

 2015年12月27日、28日、大阪の年末ロックフェス【FM802 RADIO CRAZY 2015】がインテックス大阪で開催された。関西のラジオFM802主催の「ロック大忘年会」として七回目を迎える今回は、ステージが五つに拡大。二日間に渡って熱いライブが繰り広げられた。
今年もその中からFM802 DJ鬼頭由芽が見たアーティストをいくつかご紹介!

DAY1.12月27日

12/27 11:30~
キュウソネコカミ @L-STAGE

 キュウソネコカミ

初日はLステージのキュウソネコカミでスタート。
開場中の公開リハーサルで披露された「伝統芸能」では、実際にCDでもナレーションを務めたFM802DJ飯室大吾が、ステージ上でCDと同じように曲紹介をするというサプライズもあり、会場は既に楽しむ準備万端。いよいよ本編が始まると「STAR WARS」のテーマに合わせて、ライトセーバーを持ったメンバーが登場。「どうも西宮のジェダイです」とまず一笑い掴んで、聞こえてきたのは「ビビった」。ヤマサキセイヤ(vo&gt)の「よっしゃこいやー!レディクレ始まるよー!」の怒声が鳴り響く。キュウソのライブといえば「DQNなりたい、40代で死にたい」の曲中、ヤマサキセイヤが観客に支えられながら頭上を歩いていく光景がおなじみだが、この日も「『キュウソ』だから九歩あるく!」と客席中央付近までなんとか辿り着き、「ヤンキーこわい」のコール&レスポンスで盛り上げた。最後は彼らの曲の中でもとびきりポジティブな「ハッピーポンコツ」で、これ以上ないほどハイテンションにイベントの幕開けを飾った。


12/27 13:05~
THE ORAL CIGARETTES  @Z-STAGE

THE ORAL CIGARETTES

 続いても関西のバンド、THE ORAL CIGARETTES。ステージに上がると同時に「起死回生STORY」のサビを歌い上げ、一気に観客の心を掴んでいく。彼らは2015年後半、山中拓也(vo&gt)の声帯ポリープの手術のためライブ活動を休止しており、まさに起死回生の復活を遂げたばかり。山中の「帰ってきたよ」の一言が嬉しい。演奏中は「そんなもんすか!?もっとこいよ!」と強気に観客を挑発しながらも、MCでは手術を決めた時の不安だった気持ちを明かした。「いつでも伝えれるわって思ってたけど、いつ伝えられなくなるかわからない。ここでしっかりお礼を言わせてください。ありがとう。」の言葉に客席から惜しみない拍手が贈られる。後半は「気づけよBaby」「狂乱Hey Kids!!」など、2015年に発表された曲で畳みかけ、関西での年内ラストライブを締めくくった。


12/27 14:10~
KEYTALK @Z-STAGE
KEYTALK

 初の武道館公演を成功させ、2015年大躍進を遂げたKEYTALKもZステージに登場。「パラレル」「YURAMEKI SUMMER」など、ツインボーカルならではのスピード感で息をつく暇も与えない。観客が手拍子や歌声で参加できる曲も多く、「MABOROSHI SUMMER」ではMVのダンスの振り付けで応戦するライブキッズたちがとにかく楽しそうだった。大阪のファンには嬉しい「OSAKA SUNTAN」に続いて、最後は文句なしのキラーチューン「MONSTER DANCE」。踊れや騒げやと、年末の祭りに相応しい大熱狂のパフォーマンスで会場を熱くした。


12/27 16:40~
グッドモーニングアメリカ @L-STAGE
LAMP IN TERREN

祭りといえばこちらも欠かせない。毎回たなしん(ba)によるオープニングにも注目が集まるグッドモーニングアメリカ。 今回は「エグスプロージョン」と「とにかく明るい安村」のネタを掛け合わせたダンスを披露。「たなしんの変♪」のリズムでひとしきり会場が温まった後、他のメンバーも登場し、「キャッチアンドリリース」「ディスポップサバイバー」で瞬時にロックムードに染め上げる。彼らも「今年は武道館での成功のために色々な挑戦をした」バンドの一つ。「もっともっと成長していきたいと改めて感じられた一年でした」と金廣真悟(vo&gt)が噛みしめるように語り、ラストは「空ばかり見てた」。満員の観客のシンガロングが会場中に響いた。


12/27 18:15~
フレデリック @M-STAGE
フレデリック

 一曲目の「オドループ」でいきなり会場をダンスフロアに変えたのはフレデリック。まるで呪文のようなフレーズのループで、誰にも真似できないフレデリックワールドを展開していく。彼らがRADIO CRAZYに出演するのは今回で二回目。「(昼の出番だった)去年は踊ってない昼が気に入らない。今年は踊ってない夕方が気に入らない。トリを飾るまで『踊ってない夜が気に入らない』とは絶対に言いません!」と三原健司(vo&gt)が「オドループ」の歌詞になぞらえたMCで会場を沸かせ、「トウメイニンゲン」「オワラセナイト」とこれまた中毒性の高いメロディで観客を惹きつける。2015年はkaz.(dr)が脱退し、三人で新たなスタートを切った彼ら。「ハローもグッバイも0.経験した俺たちが大事なことを伝えるため、ラスト一曲お届けします」と最新曲「ハローグッバイ」を披露。去り際の「フレデリックはここから始まっていきます!」という言葉が頼もしかった。


12/27 18:45~
[Alexandros] @Z-STAGE

 Alexandros

 RADIO CRAZY常連の[Alexandros]はZステージに出演。 まずは「Girl A」を爆音で轟かせると、「Famous Day」「Kick&Spin」とイントロから悲鳴のような歓声が上がる人気曲を連続投下。普段はスーツが多い川上洋平(vo&gt)が、この日はラフなタンクトップ姿で暴れまわる。大阪への愛を惜しみなく伝えるMC、そしてそれに単独公演のような盛り上がりで応える大歓声に、関西のフェスっ子たちとの相思相愛ぶりが窺える。「ロック大忘年会」の場にぴったりな祝祭感満点の「ワタリドリ」でラストを飾り、最後には「12月26日以降の年末ソング」をワンフレーズだけ歌うサービスも。ライブ中、終始ボーカルをかき消すほどの歌声が客席から響き渡り、大阪での彼らの人気ぶりと六月の大阪城ホールライブへの期待を再確認できる夜になった。


12/27 21:05~
サカナクション @Z-STAGE

 Alexandros

 この日のトリを飾ったのはサカナクション。 超満員の観客が今か今かと前のめりに待ちわびる中、一曲目に聞こえてきたのは「ミュージック」。すっかりサカナクションのトレードマークとなった五人横並びでPCに向かうスタイルから、バンド編成へと華麗に変化し、「Aoi」「アルクアラウンド」と見事な流れで魅せていく。「夜の踊り子」では和服の踊り子がステージに出現。艶やかな舞を披露したかと思えば、そのまま大音量のダンスミュージックへと変わり、草刈愛美(ba)と岩寺基晴(gt)のパーカッションで、「アイデンティティ」のイントロに移っていく…。まるで演劇のように完成された流れと華やかな演出に圧倒されっぱなしだったが、アンコールでは山口一郎(vo&gt)が「フェスは久しぶりだからめっちゃ緊張した(笑)」と笑顔を浮かべる場面も。2015年は草刈の出産でライブを休止していた彼ら。それだけに久々のフェス出演を喜ぶファンの熱量も相当高く、ラストの「新宝島」はギターやキーボードのフレーズまでみんなが熱唱していた。「2016年もみんなの元に良い音楽が届きますように」という最後の言葉にも、力いっぱいの声援と拍手で応える関西の音楽好きたちの姿が心に焼き付いた。


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. [DAY2]12月28日
  3. Next >

[DAY2]12月28日

12/28 11:30~
TOTALFAT @L-STAGE

TOTALFAT

 二日目のトップバッターはTOTALFAT。 「音楽のために早起きしてる奴らがどれだけかっこいいか証明しようぜ!」と朝イチから集まったファンを激励しつつ、一曲目の「PARTY PARTY」でメンバー全員すでに汗びっしょり。冬フェスとは思えない真夏のような熱気が会場を包む。Jose(vo&gt)のパワフルなボーカルで始まる「夏のトカゲ」では、曲が始まった瞬間、待ってましたとばかりに客席から雄叫びがあがり、インテックス大阪がライブハウスさながらの盛り上がりに。汗と笑顔でぐちゃぐちゃになりながら暴れまわり、曲のタイトル通り、大興奮の「宴の合図」で二日目のオープニングを彩った。


12/28 14:00~
SHISHAMO @Z-STAGE

SHISHAMO

 ここ数年でロックフェスには欠かせない存在となったSHISHAMO。 すっかりフェスアンセムとして定着した「君と夏フェス」、ロック好き女子の気持ちをリアルに歌った「バンドマン」と、フェス会場によく似合う曲たちが続く。今年で三回目のRADIO CRAZY出演となるが、「今年は大きい場所ですねぇ」と背伸びしながら会場を見渡す宮崎朝子(vo&gt)の姿に客席からも笑顔が溢れる。最後は爽快な冬ソング「君とゲレンデ」で、どんなに広い会場でも真っ直ぐ届く歌声の威力をしっかり証明してみせた。


12/28 14:30~
THE BACK HORN @L-STAGE

/THE BACK HORN

 去年に引き続き出演のTHE BACK HORN。一曲目「声」の開始数秒から存在感たっぷりのへヴィーなサウンドで会場の空気を一変させる。そのまま観客が拳を下ろす間もなく、山田将司(vo&gt)のシャウトが冴えわたる「刃」へ。この日は激しいロックチューンだけでなく、名バラード「美しい名前」も聞くことができた。他バンドも含めてフェスではアッパーな曲が中心になることが多い分、意外な嬉しい選曲に一拍置いて大歓声があがる。息をひそめるように美しいメロディに聞き惚れた後は、「よし、RADIO CRAZYまだまだ行こうぜ!」と再びノイジーなバンドサウンドへ。ニューアルバム「運命開花」から「その先へ」、「真夜中のライオン」と続き、最後は「コバルトブルー」。体が痺れるような刺激的な音で会場を共鳴させた。


12/28 16:05~
BIGMAMA @Z-STAGE

BIGMAMA

 BIGMAMAは、年末らしくベートーヴェンの交響曲第九番をアレンジした「No.9」でスタート。ハンドマイクを持った金井政人(vo&gt)が「会いたかった、大阪!」とステージを縦横無尽に走り抜け、隅々の観客まできっちり笑顔を届ける。「神様も言う通りに」では、「2016年もっといい年にしましょう」というMCも加わり、「たった3秒あれば僕たちは未来を変えていける」という言葉がいつも以上に強いメッセージとして響いたように思う。今年、バンドは結成10周年。「結成から変わらない思いがあります。ここにいる一人一人の心を奪いたい。奪ったら大切にしたい。皆さんの時間を一秒でも預けてくれたら必ず最高の時間にしてみせます」と観客の心をしっかり酔わせて奪い、最後は「MUTOPIA」を関西バージョンで。「すべて忘れて今夜ひとつになろう」という歌詞そのままに、会場が見事に一つになった。


12/28 18:10~
KANA-BOON @Z-STAGE

KANABOON

 地元・大阪出身のKANA-BOONは「ただいま、大阪!」と、まずは「なんでもねだり」を会場みんなでシンガロング。続けて「ウォーリーヒーロー」「結晶星」でキレの良いバンドアンサンブルを披露したあとは、地元ならではのアットホームなMCタイムへ。この日は普段あまりうまくいかないという観客とのコール&レスポンスを、飯田祐馬(ba)主導で練習。谷口鮪(vo&gt)の絶妙な突っ込みも入りつつ、関西バンドらしい笑いの絶えない空間が広がった。後半は「talking」「フルドライブ」、そして発売前の新曲「ランアンドラン」で再びヒートアップ。「色んなことがあっても年末にはこうして地元に帰ってこれて、おかえりって言ってもらえるのは本当に嬉しい」とどれだけバンドが大きくなっても変わらない、地元への思いを伝えてくれた。


12/28 19:10~
the pillows @R-STAGE
the pillows

 今回、a flood of circleの佐々木亮介(vo&gt)をゲストボーカルに迎え、RADIO CRAZYのテーマソング「レディオテレグラフィー」を書き下ろしたthe pillows。FM802では繰り返しオンエアされていた曲だが、ライブで披露されるのはこの日が初めて。「今日は革ジャン新品です!」と気合十分な佐々木を呼び込み、ライブでの初共演が実現した。普段から仲の良い二組ならではの息ぴったりなコラボレーション。普段クールな佐々木が、憧れの先輩と同じステージに立てた喜びを満面の笑顔で語る姿も印象的だった。コラボパートが終わり再び三人に戻ると、続いて過去のライブでも毎回歌詞を変えて披露されていた未音源曲に、この日は山中さわお(vo&gt)が「ずっとラジオが好きだった。ロックを教えてくれたから。」とラジオへの思いを詩に乗せて歌ってくれた。この日だけの特別な演出の連続に会場の盛り上がりも最高潮に。ラストは「funny bunny」「サードアイ」「ハイブリッドレインボウ」と、怒涛の名曲ラッシュで締めくくり、このイベントでしか実現できないプレミアムな夜を届けてくれた。


12/28 19:45~
UNISON SQUARE GARDEN @Z-STAGE

UNISON SQUARE GARDEN

 一方、UNISON SQUARE GARDENもZステージを大きく揺らしていた。舞台上を転げまわるような田淵智也(ba)の激しい暴れぶりはもちろんこの日も健在。それに刺激されるように観客もすっかりモッシュ状態となり、会場の気温がどんどん上がっていく。いつも通りMCは最小限に「桜のあと(all quartets lead to the?)」「オリオンをなぞる」と休憩する暇を一切与えない。彼らの2015年を飾る一曲となった「シュガーソングとビターステップ」では後ろまでびっしり詰まった観客が両手を上げ大合唱するという絶景も広がり、今のバンドの勢いをガツンと感じられる、ジェットコースターのような大興奮のライブとなった。


12/28 21:00~
東京スカパラダイスオーケストラ @L-STAGE
東京スカパラダイスオーケストラ

 二日間のラストは東京スカパラダイスオーケストラ。 「RADIO CRAZY!Are!You!Ready!?」の合図とともにまずは「ルパン三世78’」。熱気ムンムンのフロアに「戦うように楽しんでくれ!」と谷中敦(baritone sax)のシャウトが響く。スカパラがフェスに出演すると、他のアーティストとのコラボレーションを見られるのでは…と期待してしまうところだが、そんな気持ちに応えるようにまずステージに呼び込まれたのは片平里奈。メンバーとお揃いのシックな黒地スーツに身を包み「嘘をつく唇」を披露。曲のセリフ部分では「どうしよう…大阪から帰れなくなっちゃった」と吐息交じりに呟き、小悪魔な魅力を振りまく。更に「カナリヤ鳴く空」ではチバユウスケ(The Birthday)が登場。スカパラの歌ものコラボシングルとしてはかなり初期の曲なだけに観客の嬉しい悲鳴がこだまする。続けてスカシーンの盟友・伊藤ふみお(KEMURI)を迎えて「Pride Of Lions」へと続き、会場はお祭りモード全開。最後はコラボしたゲストたちに加え、舞台袖で見ていたアーティスト陣、FM802 DJもステージ上に大集合。大忘年会らしく、賑やかに華やかに、大団円のフィナーレを迎えた。


さて、ここでレポートできたのはごく一部。実際は二日間で70組以上のアーティストが熱くロックに大忘年会を盛り上げてくれた。ラジオ局が主催のイベントということでステージ間では出演アーティストを招いた公開収録も行われていて、ライブ直後のアーティストのトークを見られるのも嬉しいところ。ライブの合間にはこたつで温まったり、屋台を巡ったり、おみくじを引いたり、ゲームをしたり、餅を食べたり…楽しみ方は無限大。関西のロック好きがロック好きに贈る日本で一番巨大で賑やかな忘年会が今年も幕を閉じた。 今回、残念ながら行けなかったという人は1月11日19時から「RADIO de LIVE CRAZY」と題して8時間に渡り、ライブ音源をお届けする特別プログラムもスタンバイ。ぜひ自宅でフェスの熱気を味わっていただきたい。

text by FM802 DJ&FM802;鬼頭由芽

写真提供:FM802

関連商品

越えていけ/The band
キュウソネコカミ「越えていけ/The band」

2018/04/25

[CD]

¥1,080(税込)

越えていけ/The band
キュウソネコカミ「越えていけ/The band」

2018/04/25

[CD]

¥1,620(税込)

魚図鑑
サカナクション「魚図鑑」

2018/03/28

[CD]

¥4,968(税込)

魚図鑑
サカナクション「魚図鑑」

2018/03/28

[CD]

¥6,048(税込)

魚図鑑
サカナクション「魚図鑑」

2018/03/28

[CD]

¥3,888(税込)

魚図鑑
サカナクション「魚図鑑」

2018/03/28

[CD]

¥7,560(税込)

水色の日々
SHISHAMO「水色の日々」

2018/03/21

[CD]

¥1,200(税込)

GLORIOUS
東京スカパラダイスオーケストラ「GLORIOUS」

2018/03/14

[CD]

¥3,240(税込)

GLORIOUS
東京スカパラダイスオーケストラ「GLORIOUS」

2018/03/14

[CD]

¥6,048(税込)

GLORIOUS
東京スカパラダイスオーケストラ「GLORIOUS」

2018/03/14

[CD]

¥5,616(税込)

Rainbow
KEYTALK「Rainbow」

2018/03/07

[CD]

¥2,808(税込)

Rainbow
KEYTALK「Rainbow」

2018/03/07

[CD]

¥4,104(税込)

情景泥棒
THE BACK HORN「情景泥棒」

2018/03/07

[CD]

¥2,160(税込)

情景泥棒
THE BACK HORN「情景泥棒」

2018/03/07

[CD]

¥3,456(税込)

ドラゴンボール超 超・主題歌集
(アニメーション) 吉井和哉 グッドモーニングアメリカ KEYTALK LACCO TOWER Czecho No Republic ばってん少女隊 アルカラ「ドラゴンボール超 超・主題歌集」

2018/02/28

[CD]

¥3,240(税込)

ちえのわ feat.峯田和伸
東京スカパラダイスオーケストラ 峯田和伸「ちえのわ feat.峯田和伸」

2018/02/21

[CD]

¥1,080(税込)

ちえのわ feat.峯田和伸
東京スカパラダイスオーケストラ 峯田和伸「ちえのわ feat.峯田和伸」

2018/02/21

[CD]

¥2,484(税込)

TOGENKYO
フレデリック「TOGENKYO」

2017/10/18

[CD]

¥2,376(税込)

TOGENKYO
フレデリック「TOGENKYO」

2017/10/18

[CD]

¥2,916(税込)

502号室のシリウス
グッドモーニングアメリカ「502号室のシリウス」

2017/10/04

[CD]

¥3,000(税込)

502号室のシリウス
グッドモーニングアメリカ「502号室のシリウス」

2017/10/04

[CD]

¥3,600(税込)

BLACK MEMORY
THE ORAL CIGARETTES「BLACK MEMORY」

2017/09/27

[CD]

¥1,296(税込)

BLACK MEMORY
THE ORAL CIGARETTES「BLACK MEMORY」

2017/09/27

[CD]

¥1,944(税込)

セツナユメミシ
KEYTALK「セツナユメミシ」

2017/08/30

[CD]

¥1,296(税込)

セツナユメミシ
KEYTALK「セツナユメミシ」

2017/08/30

[CD]

¥1,944(税込)

NO MORE 劣化実写化
キュウソネコカミ「NO MORE 劣化実写化」

2017/08/23

[CD]

¥1,080(税込)

NO MORE 劣化実写化
キュウソネコカミ「NO MORE 劣化実写化」

2017/08/23

[CD]

¥1,620(税込)

PARADISE
KEYTALK「PARADISE」

2017/03/15

[CD]

¥3,132(税込)

PARADISE
KEYTALK「PARADISE」

2017/03/15

[CD]

¥4,104(税込)

PARADISE
KEYTALK「PARADISE」

2017/03/15

[CD]

¥4,104(税込)

あなたが待ってる
THE BACK HORN「あなたが待ってる」

2017/02/22

[CD]

¥1,512(税込)

あなたが待ってる
THE BACK HORN「あなたが待ってる」

2017/02/22

[CD]

¥1,080(税込)

SHISHAMO 4
SHISHAMO「SHISHAMO 4」

2017/02/22

[CD]

¥2,700(税込)

UNOFFICIAL
THE ORAL CIGARETTES「UNOFFICIAL」

2017/02/01

[CD]

¥2,700(税込)

ギリ平成
キュウソネコカミ「ギリ平成」

2018/12/05

[CD]

¥2,808(税込)

ギリ平成
キュウソネコカミ「ギリ平成」

2018/12/05

[CD]

¥4,104(税込)

Cheers!
KEYTALK「Cheers!」

2018/07/18

[CD]

¥2,052(税込)

飄々とエモーション
フレデリック「飄々とエモーション」

2018/07/11

[CD]

¥1,404(税込)

飄々とエモーション
フレデリック「飄々とエモーション」

2018/07/11

[CD]

¥2,376(税込)

the BEST HIT GMA
グッドモーニングアメリカ「the BEST HIT GMA」

2018/07/11

[CD]

¥3,000(税込)

the BEST HIT GMA
グッドモーニングアメリカ「the BEST HIT GMA」

2018/07/11

[CD]

¥3,600(税込)

SHISHAMO 5
SHISHAMO「SHISHAMO 5」

2018/06/20

[CD]

¥3,000(税込)

魚図鑑
サカナクション「魚図鑑」

2018/03/28

[CD]

¥4,968(税込)

魚図鑑
サカナクション「魚図鑑」

2018/03/28

[CD]

¥6,048(税込)

魚図鑑
サカナクション「魚図鑑」

2018/03/28

[CD]

¥3,888(税込)

魚図鑑
サカナクション「魚図鑑」

2018/03/28

[CD]

¥7,560(税込)

水色の日々
SHISHAMO「水色の日々」

2018/03/21

[CD]

¥1,200(税込)

GLORIOUS
東京スカパラダイスオーケストラ「GLORIOUS」

2018/03/14

[CD]

¥3,240(税込)

GLORIOUS
東京スカパラダイスオーケストラ「GLORIOUS」

2018/03/14

[CD]

¥6,048(税込)

GLORIOUS
東京スカパラダイスオーケストラ「GLORIOUS」

2018/03/14

[CD]

¥5,616(税込)

Rainbow
KEYTALK「Rainbow」

2018/03/07

[CD]

¥2,808(税込)

Rainbow
KEYTALK「Rainbow」

2018/03/07

[CD]

¥4,104(税込)

情景泥棒
THE BACK HORN「情景泥棒」

2018/03/07

[CD]

¥2,160(税込)

情景泥棒
THE BACK HORN「情景泥棒」

2018/03/07

[CD]

¥3,456(税込)

ドラゴンボール超 超・主題歌集
(アニメーション) 吉井和哉 グッドモーニングアメリカ KEYTALK LACCO TOWER Czecho No Republic ばってん少女隊 アルカラ「ドラゴンボール超 超・主題歌集」

2018/02/28

[CD]

¥3,240(税込)

ちえのわ feat.峯田和伸
東京スカパラダイスオーケストラ 峯田和伸「ちえのわ feat.峯田和伸」

2018/02/21

[CD]

¥1,080(税込)

ちえのわ feat.峯田和伸
東京スカパラダイスオーケストラ 峯田和伸「ちえのわ feat.峯田和伸」

2018/02/21

[CD]

¥2,484(税込)

ロトカ・ヴォルテラ
KEYTALK「ロトカ・ヴォルテラ」

2018/01/24

[CD]

¥864(税込)

CLIPS
[Alexandros]「CLIPS」

2017/12/20

[DVD]

¥5,378(税込)

CLIPS
[Alexandros]「CLIPS」

2017/12/20

[Blu-ray Disc]

¥6,458(税込)

CLIPS
[Alexandros]「CLIPS」

2017/12/20

[DVD]

¥5,378(税込)

CLIPS
[Alexandros]「CLIPS」

2017/12/20

[Blu-ray Disc]

¥6,458(税込)

TOGENKYO
フレデリック「TOGENKYO」

2017/10/18

[CD]

¥2,376(税込)

TOGENKYO
フレデリック「TOGENKYO」

2017/10/18

[CD]

¥2,916(税込)

502号室のシリウス
グッドモーニングアメリカ「502号室のシリウス」

2017/10/04

[CD]

¥3,000(税込)

502号室のシリウス
グッドモーニングアメリカ「502号室のシリウス」

2017/10/04

[CD]

¥3,600(税込)

BLACK MEMORY
THE ORAL CIGARETTES「BLACK MEMORY」

2017/09/27

[CD]

¥1,296(税込)

BLACK MEMORY
THE ORAL CIGARETTES「BLACK MEMORY」

2017/09/27

[CD]

¥1,944(税込)

セツナユメミシ
KEYTALK「セツナユメミシ」

2017/08/30

[CD]

¥1,296(税込)

セツナユメミシ
KEYTALK「セツナユメミシ」

2017/08/30

[CD]

¥1,944(税込)

NO MORE 劣化実写化
キュウソネコカミ「NO MORE 劣化実写化」

2017/08/23

[CD]

¥1,080(税込)

NO MORE 劣化実写化
キュウソネコカミ「NO MORE 劣化実写化」

2017/08/23

[CD]

¥1,620(税込)

かなしいうれしい
フレデリック「かなしいうれしい」

2017/08/16

[CD]

¥1,296(税込)

かなしいうれしい
フレデリック「かなしいうれしい」

2017/08/16

[CD]

¥2,200(税込)

明日メトロですれちがうのは、魔法のような恋
SHISHAMO「明日メトロですれちがうのは、魔法のような恋」

2017/08/02

[Blu-ray Disc]

¥5,940(税込)

黄昏シンフォニー
KEYTALK「黄昏シンフォニー」

2017/06/07

[CD]

¥1,080(税込)

FAT
TOTALFAT「FAT」

2017/04/26

[CD]

¥2,700(税込)

PARADISE
KEYTALK「PARADISE」

2017/03/15

[CD]

¥3,132(税込)

PARADISE
KEYTALK「PARADISE」

2017/03/15

[CD]

¥4,104(税込)

PARADISE
KEYTALK「PARADISE」

2017/03/15

[CD]

¥4,104(税込)

あなたが待ってる
THE BACK HORN「あなたが待ってる」

2017/02/22

[CD]

¥1,512(税込)

あなたが待ってる
THE BACK HORN「あなたが待ってる」

2017/02/22

[CD]

¥1,080(税込)

SHISHAMO 4
SHISHAMO「SHISHAMO 4」

2017/02/22

[CD]

¥2,700(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    星野源×マーク・ロンソン、幕張メッセで行われたダブルヘッドライナーショーが大盛況で終了

  2. 2

    tofubeatsがキュレーションした「Billboard cafe & dining」書籍+CDのリストが公開

  3. 3

    LiSA、ニューシングル発売記念トークイベント開催 楽曲制作陣の田淵智也・堀江晶太・カヨコが登壇

  4. 4

    <ライヴ・レポート>世界的ヒットメイカー=マーク・ロンソン、星野源とのダブル・ヘッドライナー・ショーで2万人を魅了

  5. 5

    平原綾香、一夜限りのスペシャルライブ開催 映画『メリー・ポピンズ リターンズ』より「幸せのありか」をお披露目

HOT IMAGES

注目の画像