Billboard JAPAN


Special Contents

BiS 『PPCC』インタビュー

BiS 『PPCC』 インタビュー

コンプレックスを抱える全ての少女へ―――
有名になる為なら手段を選ばない、
マドンナを目指す新人アイドルの物語。

 秋田の田舎に一人娘として生まれ、家でリカちゃん人形とばかり遊んでいた幼女が。クラスメイトから嫌がらせを受け、家で音楽ばかり聴いていた少女が。度胸試しとも言えたひとつのオーディションをきっかけにアイドルとなり、自らのコンプレックスと対峙しながら、2012年夏、自分でも想像していなかった“avexからのメジャーデビュー”を果たす。

 今回のインタビューでは、そんなのぞしゃんの生誕~アイドルとしてavexからメジャーデビューする迄を(彼女の大好きな)ロキノン風に振り返りつつ、時に敵を作り、反感や「ブス」などの誹謗中傷を受け、逃げ出しそうになりながらも、問題を起こして怒られながらも、BiSで何を成し遂げんとするのか。ビールジョッキ片手に、彼女の故郷・秋田の名物 きりたんぽ鍋をつつきながら、本音で語って頂いた(※注釈)

のぞしゃん誕生~引きこもり時代「学校での嫌がらせ」

BiS 『PPCC』 インタビュー写真

--のぞしゃんが、この世に生を授かってからアイドルとしてavexからメジャーデビューするまで。まずはロキノン風に振り返りたいんですけど、のぞしゃんが生まれた街はどんなところだったの?

のぞしゃん:秋田県横手市っていう、かまくらと焼きそばが有名な街でごく普通に生まれました。近くの町よりはお買い物をする場所はあったんですけど、やっぱり田舎ではあって、遊びに行きたい場所とかもなく。小さい頃からお友達も少なかったですし、兄弟もいなかったので、ひとりでリカちゃん人形と遊んだりしていました。昔から暗かったですね。遊ぶと言ったら、お絵かきとお飯事(ままごと)ぐらいしかなくて、あとは本を見たりしていました。

--家族はそれぞれどんな人なんでしょう?

のぞしゃん:父は頑固でプライドが高くて、昔から衝突することが多くて。最近だと、私が引き篭もっていることに対してのイライラが募っていて、よくケンカしていました。母は普段からワァー!って感じで。真面目な人ではあるんですが、ずぼらでもあって。私にはどちらの要素もあると思うんですけど、どちらかと言うと頑固な父に似ている気がします。

BiS 『PPCC』 インタビュー写真

--そんな家庭の中でのぞしゃんはどんな風に育てられたんだろう?

のぞしゃん:躾(しつけ)には厳しかったですね。私があまりにも言うことを聞かなくて、押し入れに入れられたりしたこともありました。それは祖母と母に、なんですけど。祖母は優しいんですけど、やるべきことはやらないとダメだ!っていうタイプで。でも私は祖母に一番懐いていたんです。小さいときは母も父も仕事が忙しくて、私が寝てて目を覚ますと隣にいつも祖母がいてくれたんで。でもやっぱりいないときもあって、そのときは「やだぁ!」って一人で泣いていた記憶があります。

--じゃあ、結構ひとりで過ごすことが多かったの?

のぞしゃん:多かったです。小学生のときも鍵っ子でしたし。だからテレビでも何でも人の声を聞くと安心して……。

--そういう心細さはどうやって誤魔化していたんですか?

のぞしゃん:二次元に逃避することで。

--(笑)。具体的には?

のぞしゃん:『セーラームーン』だったり『キューティーハニー』だったり、特に美少女戦士が好きでした。アニメとマンガの世界に逃避していましたね。

BiS 『PPCC』 インタビュー写真

--ちなみに初恋はいつですか?

のぞしゃん:小学校2年生のときです。隣の席の男の子がやけに格好良く見えた瞬間があって。よくわかんないですけど、そのときはキュンとしていました。特に想いを告げることもなかったんですけど、その子の友達には私の態度が分かり易かったからバレていたみたいで。「あいつのこと、好きなんだろ?」って言われました(笑)。

--甘酸っぱいです。思春期特有の反抗期はありましたか?

のぞしゃん:ありました。多分、反抗期っていうのが引き篭もっていた時期なのかな。中学生ぐらい。親と些細なことでケンカをすることが多くなって、お互いにムシャクシャしていて。私が引き篭もっているからどうしても顔は合わせてしまいますし。

--それでも家に居たかったんだ?

のぞしゃん:うーん……。

--以前のインタビューで「人付き合いとか何もかもが嫌になって引き篭もっていた時期もあって、家でひたすら音楽を聴いていた」と仰ってましたけど、そもそもなんでそうなっちゃったんでしょう?

のぞしゃん:小学生のときからイジメまでは行かないんですけど、ちょっとした嫌がらせを受けていたんです。それは自分にも非があって、相手だけの問題ではなかったんですけど、そのときから田舎特有の閉塞感もあるし、嫌になり始めて。中学では同じ小学校だった子たちから、あからさまにコソコソ話をされたり……。

BiS 『PPCC』 インタビュー写真

--「自分にも非があって」と言いましたが、それは大人になってから思えたことですよね、きっと。

のぞしゃん:当時から思ってました。ただ、その嫌がらせをしてきていた子のうちの一人は、私が何もしてないときから好きじゃなかったみたいなんですけど、あるときから私の目が悪くなり、メガネをかけ始めた頃に「睨んできてる」ってわざと私にも聞こえるように言ってきて。そういうこともあって、自分がどうしていいのか分からなくなっちゃって、どんどん引き篭もるようになりました。

--そこからよく表に出ていくようになれましたね。

のぞしゃん:とにかく田舎に居たくなくて。それと、小さい頃からの“女優になる”っていう夢を叶えたかったこともあって。それでケータイから応募できるオーディションとかを受けるようになるんですけど、なかなか引っ掛からなくて。でもルイちゃん(プー・ルイ/BiSリーダー)のBiSメンバーオーディションには受かることができたんですよね。

--ちなみに、引き篭もり中はどんな音楽を聴いていたの?

のぞしゃん:小学校のときはモーニング娘。さんを聴いたり、家族3人で女子十二楽坊さんのコンサートを仙台まで観に行ったりしていました。ロックに目覚めたのは、中学生になってからだと思います。ちょっと大人ぶりたい時期だということもあって、ELLEGARDENを聴くようになり、だんだん細美武士さんの声自体が好きになって。そこからいつの間にかDOPING PANDAとかも聴くようになったり。あとはマドンナだったり、エミネムだったり、レッチリだったり。

--その中で一番救いになった音楽は?

のぞしゃん:マドンナの存在自体が救いでした。絶対的存在。彼女って有名になる為なら手段を選ばないじゃないですか。若いときにはお金を稼ぐ為にヌードモデルをやっていたり。多分、男性を取っ換え引っ換えしていたのも、名前を売る為の手段という面もあるんじゃないかな。そういう“のし上がってやるぜ”精神が大好きです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. これでまた「ブス」って言う人間が増えるんだろうな
  3. Next >
これでまた「ブス」って言う人間が増えるんだろうな

BiS 『PPCC』 インタビュー写真

--のぞしゃん、確実に影響受けてますね。全裸で樹海を走るという、ヌードモデルより凄いこともやっていますし。

のぞしゃん:そうですね(笑)。

--マドンナの位置へ行くには、まだいろんなミラクルを要すると思うんですけれど、それでも秋田で引き篭もっていた頃からしたら、今の生活ってミラクルですよね。

のぞしゃん:そう思います。小さいときからテレビで観ていたスクランブル交差点。今はそこを毎日のように歩いて事務所に行ったり、ライブに行ったりしているんだと思うと、感慨深いですね。「本当にあの渋谷がここなのかな?」って未だに不思議。何も考えず、夢を叶えたい気持ちだけで上京しちゃったので。

--BiSのオーディションは、受かる自信はあったの? それとも度胸試しみたいな意味合いもあったのかな?

のぞしゃん:自信は全くないです。とりあえず行ってみて、これで受からなかったら他のオーディションもちょこちょこ受けて、それでもダメだったら諦めようと思っていて。で、BiSのオーディションでルイちゃんとか、松隈さん(松隈ケンタ/BiSや中川翔子の楽曲を手掛けるサウンドプロデューサー)とかを前にしたんですけど、本当に緊張して、「私なんか絶対ダメだろう……。なんで私はここに来ちゃったんだろう? どうしよう」と思って。恥ずかしかったです。それでも手をブルブルさせながらピアノを弾いたら、BiSに入れることになって。

--自分では、どんなところが採用要因になったと思いますか?

のぞしゃん:オーディションを受けたその日のうちに渡辺さん(マネージャー)から採用を知らせる電話があったんですけど、そのときに「まさか。多分、他の女の子と間違えてるんじゃないかな」と思ったぐらいで。よくこんな根暗を採ってくれたなと思いました。でもこんな感じなので、異質だったんでしょうね。誰もが「私を見て」っていう感じですごく華やかだったんですけど、そこにスッピンで髪ボサボサな田舎娘がいたら、それは嫌でも目立ちますから(笑)。

BiS 『PPCC』 インタビュー写真

--デビュー当時の自分、例えば「BiS」のPV撮影をしていた頃の自分は、どんな女の子だったと思いますか?

のぞしゃん:東京にすごく馴染めなくて戸惑っていました。ユケ(BiSの特攻隊長/2011年12月31日脱退)はバンド経験者だったり、りなはむ(BiSのおばか担当/2011年6月24日脱退)は読者モデルをしていたりで、それぞれ慣れていたこともあったので、「自分がここに居ていいのかな?」というのは常に思っていて。それで辞めたくなるときもあって、ずっと悩んでいたんですけど、「これの為に東京に出てきたのに、辞める訳にはいかないよな」って。

--その結果、ビジュアルも含め大きく変化しましたよね。

のぞしゃん:ずっと田舎者コンプレックスはあったんですけど、いろいろ活動に慣れていく中で変われたのかもしれません。痩せた? いやいや、最近はまた太っちゃって、渡辺さん(マネージャー)にツッコまれています。でも、母にもよく言われることなんですけど、見られている意識って大事なんですよね。そこが大きいと思います。今までは、彼氏もいたことがないし、友達もほとんどいないこともあって、見た目をあんまり気にしてなかったので。

--そんなのぞしゃんが、メンバー同士で濃厚キスりなはむ脱退樹海で全裸ゆっふぃー加入ももクロZに奇襲バンド従えてフェス参戦○○○のロゴをパクって社内ストップ骨にヒビ口内公開でR指定混沌のリキッドワンマンユケ脱退アイドル詐欺(!?)BiSにそっくりな人がRAU DEFとナタリーをディスミッチェルとわっきー加入avexからメジャーデビュー決定と……怒濤の1年と4ヶ月をBiSで過ごしてきた訳ですが、自分の中で特に印象的な出来事があったら教えてください。

のぞしゃん:「My Ixxx」のPVは、監督から「オシャレな映像にするから」って言って頂いていたんですけど、実際の映像は少し違っていて。ぼんやりボカシを入れるぐらいの感じだったので、体のラインがすごく分かっちゃうじゃないですか。だからビックリして。ただでさえ「一番ブス」って叩かれているのに、これでまた「ブス」って言う人間が増えるんだろうなって思いました。

--そう言われることに対しては、笑い飛ばせていたんですか?

のぞしゃん:全然です。デビュー当時からりなはむの見せ方が上手だったこともあって、余計に比べられることも多くて、2ちゃんねるとかでは「ブス」としか書かれていなくて。だから私をずっと応援して下さっているファンの方たちは奇特というか、「何でだろうな?」って思うんですよ。

--「ブス」と書かれることについては、単純にムカついていたと。

のぞしゃん:「ブスであることなんて分かってるよ! いちいち言わなくていいじゃん!」って思ってました。それはデビューしてから一番ツラかった出来事。分かっていることを言われるのが一番嫌いなんです。多分、自分が可愛くて容姿に自信があったら、もっとキャピキャピした雰囲気でやっていたと思いますし。……でも今は「仕方ないよな」って諦めています。アイドルオタクの人たちってみんな言いたいと思うんですよ。ツイッターやブログをやっていたりするのも自己顕示欲の塊でしかないじゃないですか。匿名なのをいいことに好きなこと言いやがって!……と思ったりします。ウフフ。

BiS 『PPCC』 インタビュー写真

--それだけ落ち込んだり苛立ったりしていたら、「私、もう無理だ」ってなることもあったと思うんです。それでも続けられた要因って何だったんでしょうね。

のぞしゃん:母と一緒に上京してきちゃって、すごく迷惑をかけているので。ちゃんと結果を出したい、というのが一番です。マドンナのように売れる為なら手段は選ばない気持ちもありますし、「My Ixxx」のPV撮影も本当は嫌でしたけど、名前を売る為ならやろうと思ったし。

--『IDOL』のリリース前、アイドル詐欺(!?)企画真っ直中のとき、結構病んでいたじゃないですか。正直なところ、あの時期はどんな精神状態だったの?

のぞしゃん:めちゃくちゃでした。本当のことを言えば、研究員(BiSファンの総称)の人たちにも会いたくなかったし、ライブもしたくなかったし。きっかけは、私が真面目な気持ちで書いたブログに対して、人格否定までされたからなんですけど。過激な方に「人としておかしい」みたいなことを書かれて。ご丁寧に自分のコメント付きのリツイートで、そこには悪意があるじゃないですか。そういう人ですらも好きになれというのは、無理な話です。

--ウチの取材に来るのを躊躇ったこともありましたが、ちょうどそのダメージが大きいときだったんですかね?

のぞしゃん:その節は本当にすみませんでした。体調がマックスに良くなくなって、ちょっとした病気にも掛かったりして。精神的にもよろしくない時期だったんですよね。

--あのときは本気で心配しました。もしかしたら立ち上がれないかもしれないなって。

のぞしゃん:自分でもちょっとそれは感じていましたね。でもやるしかなかったです。みんなにすごく迷惑をかけているので、これ以上は迷惑をかけられないと思って。もう学生ではないし、社会人になってしまったので、頑張らないと。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. チャラチャラしたファンなんか要らない~私は戦う
  3. Next >
チャラチャラしたファンなんか要らない~私は戦う

BiS 『PPCC』 インタビュー写真

--逆にその「やるしかない」状況によって救われているところもありますよね、きっと。

のぞしゃん:そうですね。すぐに辞められる状態だったら、私なんかはBiSから一番最初に抜けていたかもしれないので。引き下がれなかったのが良かったかもしれないですね。

--あの時期もそうだし、新メンバーが加入して間もない頃も、ブログとかツイッターで結構攻撃的なことを書いたりしていましたけど、怖さは感じないの?

のぞしゃん:そこの怖さはないですね。個人的には「チャラチャラしたファンなんか要らないな」って思うので。「じゃあ、どうぞ他へ行ってください」って思うんですよね。私も、気になるアイドルがどんなに可愛くても、ブログやツイッターを見てその内容に共感できなければファンにはならないので。それでいいと思う。私、意外と気が強いんです(笑)。

--でも、その件で渡辺さん(マネージャー)にお説教されちゃったんだよね。なんて言われたんですか?

のぞしゃん:「マイナスなことを書いちゃうと、それでみんなに心配をかけちゃうから」って。それを言われてからは自制してます。最近は「自分は自分が思っているよりもたくさんの人に見られているんだな」って思うようにもなったので。自分の本当にくだらないツイートにもわざわざみんな時間を割いてコメントしてくれる。それはすごく有り難いんですけど、申し訳なさもあって。

--では、今は言いたいことや思っていることをどこにぶつけているの?

のぞしゃん:母ですかね。母も職場で嫌なこととか、バカにされることとかあるみたいなんですけど、そうしたことをお互いに喋ることで、少しでも発散できていたらなって。最近は私が出かける頃に母が帰ってきて、私が帰ると母は寝ていたりするので、あんまり喋れていないんですけど、土日はそういうことを喋っていたりします。

--それを録音して世に流したら大変なことになるんだろうね。

のぞしゃん:流せないです。かなりのお金を頂けないと、ちょっと(笑)。

BiS 『PPCC』 インタビュー写真

--それは流さないですけど(笑)、個人的には、ヒリヒリした部分もあってこそのBiSだと思うんですよ。変な話だけど、問題や事件が起きなかったらBiSらしくないというか。そこはどう思います?

のぞしゃん:そう思います。渡辺さんも、そういう騒ぎが起きることで、マイナスもあるけど、それ以上にプラスが大きいことを分かっていろいろ仕掛けてきたと思うので。ルイちゃんは「ドキュメント性が欲しい」って言っているし、私も「アイドルって華やかなだけじゃないよな」ってすごく思うので、ヒリヒリしているのは良いことだなと。ただ、ファンの方たちの心はどんどん荒んでいくかなとも思いますね。自分がアイドルファンの男性で、応援しているグループがこんなに騒動だらけだったら、早々に「もういいや」ってなっちゃう(笑)。

--でものぞしゃん流で考えれば、それは「どうぞ他へ行ってください」になる訳じゃないですか。また、BiSの場合は騒動を起こす度にあらゆる面でステップアップしていますからね。

のぞしゃん:炎上によってマイナス以上のプラスを生んでますよね。渡辺さんって凄いなと改めて思います。

--部外者だから言えるんですけど、「だったら、のぞしゃんに好きなこと言わせちゃえばいいのに」とも思います。

のぞしゃん:もう真っ暗なんで、無理です。

--BiSって、みんな「真っ暗」って言いますよね(笑)。ゆっふぃー(優等生担当)ですら「自分の全部が嫌いです」って言ってたし。まぁブログやツイッターの件はいいとしても、最近のBiSはあんまりヒリヒリしてないよね。

のぞしゃん:そうですね。メンバーが5人という奇数になったんですけど、アイドルグループって奇数だとすごく映えるじゃないですか。必然的にセンターが出来ますし、見栄えが華やかになる。それと、ミッチェルとわっきーがすごく元気な娘なので、BiS全体が今は明るいんですよね。

--明るく元気なのはとても良いことだと思うんですけど、今のBiSって誰も傷付かない活動をしている。まぁそれが普通なんだけど(笑)。でも普通や、ちょっとした面白さだけではBiSは成立してこなかったじゃないですか。

のぞしゃん:そうなんですよ。どうしましょう? メジャーデビューするんで、あんまり過激なことをやり過ぎちゃうと……っていうのがあるじゃないですか。でもレーベルメイトのアイドルさんと顔とかで比べられたら、私なんてアレなんで「どうしようかな?」って思ってます。

BiS 『PPCC』 インタビュー写真

--そろそろクライマックスに突入します。毎日一所懸命に頑張って、イライラしたり悶々としたり病んじゃうときもあると思うんですけど、それでもBiSを続けていく中で、のぞしゃんって何を成し遂げたいんでしょうね。

のぞしゃん:今、ご当地アイドルがたくさんいて、秋田の娘たちもいるじゃないですか。私はもうこっちに出てきているのでロコドル(ローカルアイドル)という括りには入れないんですけど、でもやっぱり悔しくて。相手が年下だろうが、何だろうが、関係なく悔しいんですよね。勝ちたくて。「秋田出身のアイドルって言ったら、のぞしゃんだろ」って言ってもらえるようになりたくて、その為に頑張っている感はあります。

--秋田が生んだスーパースターになりたいと。

のぞしゃん:なりたいですね。加藤夏希さん、佐々木希さんも秋田出身なんですけど、あんな風になりたいなと思ってます。その感覚は子供の頃から変わらない。

--のぞしゃんは“認められたい”んだろうね。

のぞしゃん:認められたい。昔から自己顕示欲の強さは自分でも分かっているんですけど、だったら「やりたいことをやりたいな」って。小学校3年生で長澤まさみさんに一目惚れして、そのときから女優さんになりたいと思っているんですよ。それは今も夢です。なので、将来的には“有名になりたい”というのもありますけど、それ以上にお芝居を続けられる存在でありたい。

--その為にもBiSは成功させなきゃいけません。まず“メジャーデビューシングル『PPCC』オリコン15位以内”が目前のハードルとなっているそうですね。

のぞしゃん:ここで干される訳にはいかないんですけど、15位以内に入れる自信はまだないので、プレッシャーがすごいです。自分がこういう仕事をやってから分かったことですけど、15位って並大抵なことじゃないんですよね。あと、今回は今まで以上にたくさんの方に関わって頂いているんで、「ここで失敗しちゃったら、この先のリリースとか、どうなるんだろうな?」っていう心配はあります。でもメジャーデビュー第一弾らしい曲を作って頂けたので、街中で聴いてもらえるぐらい頑張りたい。

--応援してます。ただ、今作『PPCC』が15位以内に入っても入らなくても、BiSは日本武道館に立って解散すると信じていますし、渡辺さんからは「○○○○○までにやりたい」と聞いています。そこまで戦い続けられそうですか?

のぞしゃん:私は戦う気でいます。だからファンの方たちについてきて頂きたいですね。まだ詳細は言えないんですけど、今年の秋にも大事なワンマンライブ【IDOL is DEAD 2(仮)】があって。そこから先の流れも結構変わるかなって、変われればいいなって思っています。

--それも楽しみですし、武道館でのぞしゃんが咆哮して、今までバカにしてきた連中から認められる瞬間も楽しみにしています。

のぞしゃん:ありがとうございます。やっぱり未だに「ブス」って叩かれていたりしているんですけど、ブスなのは分かっているので、それ以外の私も見てもらえるようになりたいです。

BiS / "PPCC" Music Video (Special Edit)

インタビュー写真

BiS 『PPCC』 インタビュー写真 BiS 『PPCC』 インタビュー写真 BiS 『PPCC』 インタビュー写真 BiS 『PPCC』 インタビュー写真 BiS 『PPCC』 インタビュー写真 BiS 『PPCC』 インタビュー写真 BiS 『PPCC』 インタビュー写真 BiS 『PPCC』 インタビュー写真 BiS 『PPCC』 インタビュー写真 BiS 『PPCC』 インタビュー写真

BiS「PPCC」

PPCC

2012/07/18 RELEASE
AVCD-48455 ¥ 3,981(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.PPCC
  2. 02.歩行者天国の雑踏で 叫んでみたかったんだ
  3. 03.CRACK CRACK
  4. 04.survival dAnce ~no no cry more~
  5. 05.PPCC -Acappella-
  6. 06.歩行者天国の雑踏で 叫んでみたかったんだ -Acappella-
  7. 07.CRACK CRACK -Acappella-
  8. 08.survival dAnce ~no no cry more~ -Acappella-
  9. 09.PPCC -Instrumental-
  10. 10.歩行者天国の雑踏で 叫んでみたかったんだ -Instrumental-
  11. 11.CRACK CRACK -Instrumental-
  12. 12.survival dAnce ~no no cry more~ -Instrumental-

関連キーワード

TAG

関連商品

タイトル未定
BiS「タイトル未定」

2019/11/20

[CD]

¥1,100(税込)

Are you ready?
BiS「Are you ready?」

2019/03/20

[CD]

¥1,100(税込)

Are you ready?
BiS「Are you ready?」

2019/03/20

[CD]

¥3,300(税込)

SOCiALiSM
BiS「SOCiALiSM」

2017/05/31

[CD]

¥1,100(税込)

SOCiALiSM
BiS「SOCiALiSM」

2017/05/31

[CD]

¥4,400(税込)

Re:STUPiD
BiS「Re:STUPiD」

2017/02/22

[CD]

¥2,547(税込)

工業製品
テンテンコ「工業製品」

2016/12/14

[CD]

¥1,650(税込)

うりゃおい!!!
BiS「うりゃおい!!!」

2014/07/02

[CD]

¥2,750(税込)

うりゃおい!!!
BiS「うりゃおい!!!」

2014/07/02

[CD]

¥2,750(税込)

うりゃおい!!!
BiS「うりゃおい!!!」

2014/07/02

[CD]

¥5,500(税込)

うりゃおい!!!
BiS「うりゃおい!!!」

2014/07/02

[CD]

¥19,800(税込)

チャチャチャノチャ!
(教材) ナカヤマユキコ CHIGUSA 長谷知子 くにたけみゆき ちざわゆうこ「チャチャチャノチャ!」

2014/03/19

[CD]

¥1,650(税込)

WHO KiLLED IDOL?
BiS「WHO KiLLED IDOL?」

2014/03/05

[CD]

¥3,300(税込)

WHO KiLLED IDOL?
BiS「WHO KiLLED IDOL?」

2014/03/05

[CD]

¥4,400(税込)

WHO KiLLED IDOL?
BiS「WHO KiLLED IDOL?」

2014/03/05

[CD]

¥5,500(税込)

WHO KiLLED IDOL?
BiS「WHO KiLLED IDOL?」

2014/03/05

[CD]

¥3,300(税込)

WHO KiLLED IDOL?
BiS「WHO KiLLED IDOL?」

2014/03/05

[CD]

¥4,400(税込)

WHO KiLLED IDOL?
BiS「WHO KiLLED IDOL?」

2014/03/05

[CD]

¥5,500(税込)

STUPiG
BiS「STUPiG」

2014/01/22

[CD]

¥1,100(税込)

STUPiG
BiS「STUPiG」

2014/01/22

[CD]

¥1,980(税込)

STUPiG
BiS「STUPiG」

2014/01/22

[CD]

¥3,740(税込)

STUPiG
BiS「STUPiG」

2014/01/22

[CD]

¥1,100(税込)

STUPiG
BiS「STUPiG」

2014/01/22

[CD]

¥1,980(税込)

STUPiG
BiS「STUPiG」

2014/01/22

[CD]

¥3,740(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥1,100(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥1,980(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥3,740(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥1,100(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥1,980(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥3,740(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥1,100(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥1,980(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥3,740(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥1,100(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥1,980(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥3,740(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥1,100(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥1,980(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥3,740(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥1,100(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥1,980(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥3,740(税込)

GET YOU
BiSとDorothy Little Happy「GET YOU」

2013/01/09

[CD]

¥1,320(税込)

GET YOU
BiSとDorothy Little Happy「GET YOU」

2013/01/09

[CD]

¥1,320(税込)

IDOL is DEAD
BiS「IDOL is DEAD」

2012/10/24

[CD]

¥3,143(税込)

IDOL is DEAD
BiS「IDOL is DEAD」

2012/10/24

[CD]

¥4,400(税込)

IDOL is DEAD
BiS「IDOL is DEAD」

2012/10/24

[CD]

¥5,500(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥1,362(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥1,885(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥3,981(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥1,362(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥1,885(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥3,981(税込)

primal.
BiS「primal.」

2011/12/21

[CD]

¥1,572(税込)

primal.
BiS「primal.」

2011/12/21

[CD]

¥1,885(税込)

My Ixxx
BiS「My Ixxx」

2011/08/03

[CD]

¥1,572(税込)

みんなのプー・ルイ
プー・ルイ「みんなのプー・ルイ」

2010/06/23

[CD]

¥1,885(税込)

タイトル未定
BiS「タイトル未定」

2019/11/20

[CD]

¥1,100(税込)

Are you ready?
BiS「Are you ready?」

2019/03/20

[CD]

¥1,100(税込)

Are you ready?
BiS「Are you ready?」

2019/03/20

[CD]

¥3,300(税込)

SOCiALiSM
BiS「SOCiALiSM」

2017/05/31

[CD]

¥1,100(税込)

SOCiALiSM
BiS「SOCiALiSM」

2017/05/31

[CD]

¥4,400(税込)

Re:STUPiD
BiS「Re:STUPiD」

2017/02/22

[CD]

¥2,547(税込)

工業製品
テンテンコ「工業製品」

2016/12/14

[CD]

¥1,650(税込)

うりゃおい!!!
BiS「うりゃおい!!!」

2014/07/02

[CD]

¥2,750(税込)

うりゃおい!!!
BiS「うりゃおい!!!」

2014/07/02

[CD]

¥2,750(税込)

うりゃおい!!!
BiS「うりゃおい!!!」

2014/07/02

[CD]

¥5,500(税込)

うりゃおい!!!
BiS「うりゃおい!!!」

2014/07/02

[CD]

¥19,800(税込)

チャチャチャノチャ!
(教材) ナカヤマユキコ CHIGUSA 長谷知子 くにたけみゆき ちざわゆうこ「チャチャチャノチャ!」

2014/03/19

[CD]

¥1,650(税込)

WHO KiLLED IDOL?
BiS「WHO KiLLED IDOL?」

2014/03/05

[CD]

¥3,300(税込)

WHO KiLLED IDOL?
BiS「WHO KiLLED IDOL?」

2014/03/05

[CD]

¥4,400(税込)

WHO KiLLED IDOL?
BiS「WHO KiLLED IDOL?」

2014/03/05

[CD]

¥5,500(税込)

STUPiG
BiS「STUPiG」

2014/01/22

[CD]

¥1,100(税込)

STUPiG
BiS「STUPiG」

2014/01/22

[CD]

¥1,980(税込)

STUPiG
BiS「STUPiG」

2014/01/22

[CD]

¥3,740(税込)

STUPiG
BiS「STUPiG」

2014/01/22

[CD]

¥1,100(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥1,100(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥1,980(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥3,740(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥1,100(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥1,980(税込)

Fly/Hi
BiS「Fly/Hi」

2013/09/18

[CD]

¥3,740(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥1,100(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥1,980(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥3,740(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥1,100(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥1,980(税込)

DiE
BiS「DiE」

2013/06/26

[CD]

¥3,740(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥1,100(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥1,980(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥3,740(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥1,100(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥1,980(税込)

BiSimulation
BiS「BiSimulation」

2013/03/13

[CD]

¥3,740(税込)

GET YOU
BiSとDorothy Little Happy「GET YOU」

2013/01/09

[CD]

¥1,320(税込)

GET YOU
BiSとDorothy Little Happy「GET YOU」

2013/01/09

[CD]

¥1,320(税込)

IDOL is DEAD
BiS「IDOL is DEAD」

2012/10/24

[CD]

¥3,143(税込)

IDOL is DEAD
BiS「IDOL is DEAD」

2012/10/24

[CD]

¥4,400(税込)

IDOL is DEAD
BiS「IDOL is DEAD」

2012/10/24

[CD]

¥5,500(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥1,362(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥1,885(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥3,981(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥1,362(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥1,885(税込)

PPCC
BiS「PPCC」

2012/07/18

[CD]

¥3,981(税込)

primal.
BiS「primal.」

2011/12/21

[CD]

¥1,572(税込)

primal.
BiS「primal.」

2011/12/21

[CD]

¥1,885(税込)

My Ixxx
BiS「My Ixxx」

2011/08/03

[CD]

¥1,572(税込)

みんなのプー・ルイ
プー・ルイ「みんなのプー・ルイ」

2010/06/23

[CD]

¥1,885(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】ジャニーズWEST「Big Shot!!」が171,051枚を売り上げ総合1位獲得、ストリーミング解禁の嵐5曲がHOT100に同時チャートイン

  2. 2

    【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」が史上初のストリーミング21連覇 配信解禁の嵐は5曲チャートイン

  3. 3

    ジャニーズWEST、『Mステ』ラスト決めポーズが生放送中に決定

  4. 4

    【ビルボード】BiSHがトップ10内に全6作チャートイン ダウンロードAL首位は『FAKE METAL JACKET』

  5. 5

    BiSH 禁断のスク水ライブ解禁で全員ダイブ&サプライズ生誕祭にモモコ歓喜

HOT IMAGES

注目の画像