Billboard JAPAN


Special

GLIM SPANKY 『愚か者たち』インタビュー (映画『不能犯』主題歌)

GLIM SPANKY 『愚か者たち』インタビュー (映画『不能犯』主題歌)

映画スタッフは「なぜGLIM SPANKYを選んだのか?」

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ

3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催、【STARTERS MA…

LIVE HACKASONG

LIVE HACKASONG

“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン、予約受付中

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー

ラストアイドル『バンドワゴン』インタビュー

秋元康=AKB48~いつかは秋元康=ラストアイドルに

Awesome City Club【Awesome Talks Acoustic Show 2018 New Year Special】インタビュー&プレイリスト

Awesome City Club【Awesome Talks Acoustic Show 2018 New Year Special】インタビュー&プレイリスト

「みんないつも以上に肩の力が抜けてると思うので、素な私たちに注目してみてください」

ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか

ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか

「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」

シュガーヒル・ギャング 2017年イヤーエンドを盛り上げる伝説グループの来日直前インタビュー

シュガーヒル・ギャング 2017年イヤーエンドを盛り上げる伝説グループの来日直前インタビュー

来日メンバーが選ぶ『ベスト・ヒップホップ&ラップ・ソング』プレイリストも公開

玉井健二(agehasprings) インタビュー

玉井健二(agehasprings) インタビュー

蔦谷好位置、田中ユウスケ、田中隼人ら気鋭のクリエイターを世に送り出し、Aimerのプロデュースおよ…

ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー

ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー

「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」

THE ALFEE『人間だから悲しいんだ』インタビュー

THE ALFEE『人間だから悲しいんだ』インタビュー

60超えたバンドがこういうサウンドを出す意義

ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」

ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」

「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」

「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー

「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー

アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。

↑PageTop

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore