Billboard JAPAN


HotShotDiscs

ネーネーズ「ディッカ」

ディッカ

ネーネーズ               

2016/01/01 RELEASE

Track List
未来の沖縄音楽シーンを担う新星ネーネーズによる意欲作『ディッカ』

 オキナワン・ポップスにおいて、ネーネーズはとてもユニークな存在だ。民謡の大家であり、同時にコンテンポラリーな沖縄音楽を追求してきた知名定男のプロデュースにより、1990年にデビュー。沖縄における女性コーラス・グループといえば、彼女たちというくらいの存在に成長した。メンバーチェンジを行いながら昨年は結成25周年を迎え、平均年齢が20代前半という若返った新布陣でセルフ・カヴァー作『reborn』をリリースしてメジャー復帰。そして、その流れでいよいよオリジナル・アルバム『DIKKA』が発表された。

 本作には、コンテンポラリーなサウンドを取り入れた作品が充実している。のっけから、ラテンのリズムを取り入れた「HEY MAN」で始まるのはインパクトが大きい。続く「島酒の唄」では、BEGINの島袋優によるブルージーなギターが響き、ファンキーな「ちゃーびらさい」には、かりゆし58の前川真悟がラップ調のヴォーカルで新たな血を入れる。初代ネーネーズはライ・クーダーと共演するなどジャンルを超えた活動が話題になってきたが、その伝統を見事に受け継いでいるといえるだろう。エルヴィス・プレスリーのカヴァー「好きにならずにいられない」を沖縄言葉でさりげなく披露するところも、彼女たちの柔軟な姿勢をあらためて実感できる。

 また、メンバーのひとり、世持葵が2曲ソングライティングでクレジットされることにも注目したい。彼女たちはただ歌うだけでなく、クリエイティヴにも関わっていることで、大きな将来性も感じられる。若いからといって侮ってはいけない。未来の沖縄音楽シーンを彼女たちに託すのは、もはや当然といってもいい。そんなことまで考えさせてしまう意欲作なのだ。(REVIEW:栗本 斉)

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore