Billboard JAPAN


Shoping

ロッキン・アット・ザ・ホップス(エクスパンデッド)

チャック・ベリー

チャック・ベリー「 ロッキン・アット・ザ・ホップス(エクスパンデッド)」

  • 定価:¥ 2,880(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:UICY-94627
  • 発売日:2010/09/08
  • 発売元:ユニバーサルミュージック インターナショナル
  • JAN:4988005620637
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 2,880(税込)
  • 加算ポイント:576pt
  • 在庫情報:入荷不可

レコチョクでダウンロード

マン法違反の罪で投獄される前のわずかな時間でレコーディングされた音源で構成された第4弾アルバム。 (C)RS

Tracklist
Disc01
01.バイ・バイ・ジョニー
02.ウォリード・ライフ・ブルース
03.ダウン・ザ・ロード・アピース
04.コンフェッシン・ザ・ブルース
05.トゥー・プープト・トゥ・ポップ
06.マッド・ラッド (インストゥルメンタル)
07.アイ・ガット・トゥ・ファインド・マイ・ベイビー
08.ベティ・ジーン
09.チャイルドフッド・スウィートハート
10.ブロークン・アロー
11.ドリフティング・ブルース
12.レット・イット・ロック
13.オールモスト・グロウン (テイク 14) (ボーナス・トラック)
14.オールモスト・グロウン (テイク 28) (ボーナス・トラック)
15.ブルー・オン・ブルー (オルタネイト a/k/a アップチャック) (ボーナス・トラック)
16.ブルー・オン・ブルー (インストゥルメンタル) (ボーナス・トラック)
17.ベティ・ジーン (オルタネイト・テイク 14) (ボーナス・トラック)
18.ベティ・ジーン (オルタネイト・テイク 17) (ボーナス・トラック)
19.カウンティ・ライン (ボーナス・トラック)
20.チャイルドフッド・スウィートハート (オルタネイト) (ボーナス・トラック)
21.ワン・オクロック・ジャンプ (インストゥルメンタル) (ボーナス・トラック)
22.アイ・ジャスト・ウォント・トゥ・メイク・ラヴ・トゥ・ユー (テイク 3) (ボーナス・トラック)
23.ブロークン・アロー (テイク 21) (ボーナス・トラック)
24.レット・イット・ロック (オルタネイト・ミックス) (ボーナス・トラック)
25.トゥー・プープト・トゥ・ポップ (テイク 4A) (ボーナス・トラック)
26.セイ・ユール・ビー・マイン (エクアドルス) (ボーナス・トラック)
27.レット・ミー・スリープ・ウーマン (エクアドルス) (ボーナス・トラック)
チャック・ベリー
チャック・ベリー「チャック・ベリー」
1995/10/27
[CD]
¥2,621(税込)
購入画面へ
ザ・チェス・ボックス
チャック・ベリー「ザ・チェス・ボックス」
1995/10/21
[CD]
¥5,033(税込)
購入画面へ
<BEST OF BEST>
チャック・ベリー「<BEST OF BEST>」
1994/10/26
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore