Billboard JAPAN


Shoping

ItabashirockS 冒険の書

鳥肌ジェット55&LACCO TOWER

鳥肌ジェット55&LACCO TOWER「 ItabashirockS 冒険の書」

  • 定価:¥ 1,944(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:LRIP-4020
  • 発売日:2004/04/15
  • 発売元:LONGLIFE? RECORDS
  • JAN:4532813330204
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 1,944(税込)
  • 加算ポイント:389pt
  • 在庫情報:入荷不可

Tracklist
Disc01
01.春の風 試聴する
02.心 試聴する
03.一番星 試聴する
04.12ヶ月 試聴する
05.カリスマ 試聴する
06.そしてまた歩き出す 試聴する
Disc02
01.一番星
02.みぞれ
03.カリスマ
04.心
05.君が道を歩むなら僕は空へと飛び立とう
06.人独り
07.僕はプラモデル
08.最も最高
09.Hi-Hi
10.FEVER
11.ブレイブハート
12.旅
LACCO TOWER「遥」
2017/08/23
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
薔薇色ノ怪人
LACCO TOWER「薔薇色ノ怪人」
2017/03/15
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
心臓文庫
LACCO TOWER「心臓文庫」
2016/06/08
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
薄紅
LACCO TOWER「薄紅」
2016/02/03
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
非幸福論
LACCO TOWER「非幸福論」
2015/06/17
[CD]
¥3,024(税込)
購入画面へ
非幸福論
LACCO TOWER「非幸福論」
2015/06/17
[CD]
¥3,564(税込)
購入画面へ
狂想演奏家
LACCO TOWER「狂想演奏家」
2014/07/02
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
続・短編傷説
LACCO TOWER「続・短編傷説」
2013/07/17
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ
心枯論
LACCO TOWER「心枯論」
2012/05/16
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
解体心書
LACCO TOWER「解体心書」
2010/10/06
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
如何せん涙はこぼれるもので
LACCO TOWER「如何せん涙はこぼれるもので」
2010/07/21
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
短編傷説
LACCO TOWER「短編傷説」
2009/07/22
[CD]
-
購入画面へ
短編傷説
LACCO TOWER「短編傷説」
2009/07/22
[CD]
¥1,728(税込)
購入画面へ
Melodizm
(オムニバス) Dirty Old Men LACCO TOWER URCHIN FARM JANGA69 Fee DOOKIE FESTA back number「Melodizm」
2009/02/04
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ
ハネビラ
LACCO TOWER「ハネビラ」
2006/07/23
[CD]
-
購入画面へ
雨 手紙 車窓
LACCO TOWER「雨 手紙 車窓」
2005/06/12
[CD]
-
購入画面へ
夕凪
LACCO TOWER「夕凪」
2004/08/12
[CD]
-
購入画面へ
夕凪
LACCO TOWER「夕凪」
2004/08/12
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore