Billboard JAPAN


NEWS

2018/01/12

<ライブレポート>WONK×The Love Experiment 【"BINARY" TOUR】新たな「音楽」が生まれていく瞬間

 東京を拠点に活動するエクスペリメンタル・ソウル・バンド“WONK”。そしてニューヨークを拠点に活動する気鋭のフューチャー・ソウル・バンド“The Love Experiment”。 日米の新進気鋭の2バンドが、海を超えてコラボレーションしたアルバム『BINARY』を昨年11月にリリースした。直接2バンドが顔を合わせることなく音楽のやり取りのみで制作が進められたというこの作品は、それぞれが活動するフィールドの温度感、個性はそのままに、彼らがベースとするソウル・ミュージックの新たな視野を打ち出した作品として、大きな話題を呼んだ。

 “WONK”としては昨年10月にBillboard Live OSAKAで公演を行い、1st ,2ndともに満員、大盛況のステージであったことも記憶に新しい。そして2018年1月8日、ブルーノート東京での公演を皮切りに、2組による世界初のコラボライブツアーがスタート。2公演目となったBillboard Live OSAKAをレポートする。

 まず“WONK”がステージに登場。長塚(Vo)が「今日はWONKとThe Love Experimentという2つのバンドが奏でる、今夜だけのステージを楽しんでいただきたいと思います!」と高らかに宣言し、“WONK”のパフォーマンスがスタートした。“The Love Experiment”からAndrew Burglass(gt)、Jessi Lee (Sax, Syn)を迎え、序盤からアグレッシヴに会場を揺らしていく。続いて、Kim Mayo (Vo)、Parkere McAllister(Bass)、Devon Dixion (Key)も登壇し、“WONK”と“The Love Experiment”によるパフォーマンスへ。華やかで甘い長塚の歌声に、艶やかで愁いのあるKimの歌声が重なり合う。そして双方のバンドが奏でるサウンドが、更なる高みへとパフォーマンスを発展させていった。

 “WONK”のメンバーがステージを降り、今度は“The Love Experiment”としてのステージがスタート。今回初めての来日を喜びつつ、満面の笑みでステージを見渡すKim。メロディアスで叙情的でありながら、ドリーミーかつエレクトロな要素も感じさせる“The Love Experiment”のサウンドに酔いしれるオーディエンス。今回は“The Love Experiment”のDrum、Charles Burchellの来日が都合により叶わず、“WONK”の荒田洸が2バンドとも演奏を担当した。自身の持ち味はそのままに、“The Love Experiment”の世界観を彼なりに昇華させたプレイに、大きな拍手が沸き起こる。

 終盤は、再び2バンドによるコラボレーション。長塚とKimの絡み合うVOCALが高まり、熱を帯びたところで、二人がステージを降りてセッションが始まる。うねりを帯びるベースライン、そこに鋭く切り込むドラムのアタック。緩やかに音が重なり、新たな「音楽」が生まれていく瞬間を見た。ニューヨークと東京、国境も言語も文化も越えて生まれた『BINARY』という化学反応。そこから更に深化して、新たに踏みだしたエクスペリメンタルな広野。これからこの2組がどんな世界を見せてくれるのか、楽しみだ。そんな予感すら感じたステージだった。

 Photo by 渡邉一生
Text by 杉本ゆかり

◎WONK × The Love Experiment "Binary" 特設サイト
http://www.sweetsoulrecords.com/binary

◎公演情報
【WONK × THE LOVE EXPERIMENT "BINARY" TOUR】

<東京公演>
2018年1月8日(月・祝)ブルーノート東京(終了)

<大阪公演>
2018年1月10日(水)ビルボードライブ大阪(終了)

<名古屋公演>
2018年1月11日(木)名古屋ブルーノート(終了)

◎関連動画
WONK × The Love Experiment "Binary" Trailer Movie
https://www.youtube.com/watch?v=Hew32Hl5QYA

WONK - Midnight Cruise (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=RCc_ly3vBfM

The Love Experiment - "Everywhere"
https://www.youtube.com/watch?v=yDJuoN9129g

◎リリース情報
『BINARY』
WONK × THE LOVE EXPERIMENT
2017/11/8 RELEASE
¥2,222(tax out)

◎『BINARY』トラックリスト
1. Atonement
2. You
3. The World Looks So Brand New
4. Beat-Lude Pt.1
5. Summer Jawn
6. Crazy Love
7. The Light
8. Beat-Lude Pt.2
9. Montreal
10. Fragile Ego
11. Cold World
12. Beat-Lude Pt.3
13. Baby Can't You See
14. Beat-Lude Pt.4
15. Lotus

WONK その他の画像・最新情報へ

What's Hot

関連商品

MONK’s Playhouse
(V.A.) WONK CRAM MELRAW feat.Sara Yoshida from Mononkul Phennel Koliander feat.T.A.M.M.I Shun Ishiwaka Cleanup Trio feat.Niran Dasika Aru-2 Pxrxdigm. feat.Matzuda Hiromu「MONK’s Playhouse」

2017/10/25

[CD]

¥2,808(税込)

Pollux
WONK「Pollux」

2017/09/06

[CD]

¥2,160(税込)

Castor
WONK「Castor」

2017/09/06

[CD]

¥2,160(税込)

Sphere
WONK「Sphere」

2016/09/14

[CD]

¥2,160(税込)

MONK’s Playhouse
(V.A.) WONK CRAM MELRAW feat.Sara Yoshida from Mononkul Phennel Koliander feat.T.A.M.M.I Shun Ishiwaka Cleanup Trio feat.Niran Dasika Aru-2 Pxrxdigm. feat.Matzuda Hiromu「MONK’s Playhouse」

2017/10/25

[CD]

¥2,808(税込)

Pollux
WONK「Pollux」

2017/09/06

[CD]

¥2,160(税込)

Castor
WONK「Castor」

2017/09/06

[CD]

¥2,160(税込)

Sphere
WONK「Sphere」

2016/09/14

[CD]

¥2,160(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【2018 ビルボード・ミュージック・アワード】BTS (防弾少年団)のパフォーマンスが決定 #BBMAs

  2. 2

    SHINee、『SHINee THE BEST FROM NOW ON』リリースまでの「ファンとの想いを繋ぐ」企画の数々

  3. 3

    【ビルボード】SHINeeのベスト・アルバムが総合首位 ユーミンとミセスが続く

  4. 4

    クリスティーナ・アギレラ、ジャスティン・ティンバーレイクに片思いをしていた過去を明かす

  5. 5

    【ビルボード】KAT-TUN「Ask Yourself」が14.4万枚を売り上げ総合首位 米津玄師「Lemon」10週連続ダウンロード1位

HOT IMAGES

注目の画像