Billboard JAPAN


Daily News

人気急上昇中のカーディ・B、ビヨンセに大興奮「息もできなかった」 10月には新作リリースも

  • 「人気急上昇中のカーディ・B、ビヨンセに大興奮「息もできなかった」 10月には新作リリースも」1枚目/1

 「Bodak Yellow (Money Moves)」(ボーダック・イエロー(マネー・ムーブス))が大ヒット中のカーディ・B(Cardi B)が来月アルバムをリリースする。

 彼女は、「アルバムを出すのよ。10月にドロップする。自分が10月生まれだから」と最新インタビューで明かしている。10月11日に25歳になる彼女は、「この作品を出すことに少し緊張してるけど、結構いいものができたと思ってるのよ」と自負している。

 「Bodak Yellow」が現在、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”でテイラー・スウィフトの「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」に次いで2位につけているカーディ・Bは、「大変なプレッシャーを感じている」という。「わたしが次に何を出すのか、みんなが様子をうかがってるみたいで、自分としては“多くの人に気に入ってもらえるといいな”って思うだけ。でも自信はある。本当に」とコメントしている。

 「Bodak Yellow」はR&BとラップのチャートでもNo.1になり、今年最もストリーミングされている曲の一つでもある。米ニューヨーク出身の彼女は、まずインスタグラムで注目を浴び、VH1のリアリティ番組『Love & Hip Hop』にレギュラー出演したことでさらなる知名度を得た。「Bodak Yellow」の爆発的ヒットにより、ここ2年ほど男性アーティストばかりが目立っていたヒット・チャートの上位に食い込む活躍を見せた数少ない女性ソロ・アーティストの仲間入りを果たすこととなった。

 「素晴らしい気分だし、圧倒される。たくさんの幸せとたくさんの喜びで胸がいっぱい。信じられない気持ちよ。色々なことを経験したし、ここまで来るために一生懸命努力もした。ようやく自分が欲しかったものが手に入るようになって、他のアーティストやみんなから尊敬も得られるようになった」と彼女は語っている。

 そのアーティストの一人がビヨンセだ。「ビヨンセが気に入ってくれてるのには驚いた。ビヨンセに会ったのよ!」と彼女は声を弾ませ、「“オーマイゴッド!”って感じ。そんな気持ちになるのよ。話せなかったし、息もできなかった」と大スターに会えた体験を振り返った。

 どの女性ラッパーと仕事をしてみたいかと聞かれた彼女は、「全員」と答えているが、具体的にはリル・キム、トリーナ、レミー・マーなどを憧れの人に挙げた。

 そして最後に、スタジオでのレコーディング作業やライブや写真撮影の合間に自分にご褒美をあげる時間を作り出していると彼女は明かした。「最初に散財したのは8万ドル(約880万円)の腕時計だったけれど、それは自分がラッパーだから。ジュエリーが必要でしょ」と彼女は笑った。

イレプレイスブル/リッスン
ビヨンセ「イレプレイスブル/リッスン」
2007/03/07
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
B’DAY
ビヨンセ「B’DAY」
2006/09/04
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
デ・ジャ・ヴ FEAT.JAY-Z
ビヨンセ ジェイ・Z「デ・ジャ・ヴ FEAT.JAY-Z」
2006/07/26
[CD]
¥540(税込)
購入画面へ
デンジャラスリィ・イン・ラヴ
ビヨンセ「デンジャラスリィ・イン・ラヴ」
2003/06/25
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ワーク・イット・アウト
ビヨンセ「ワーク・イット・アウト」
2002/07/10
[CD]
¥864(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore