Billboard JAPAN


Daily News

【ビルボード】2週連続、ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバムが第1位、第2位を独占

  • 若林暢「【ビルボード】2週連続、ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバムが第1位、第2位を独占」1枚目/1

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、1位、2位は、ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバム2枚の同時チャートインとなり、先週に引き続きトップ2独占という結果になった。CDリリース記念追悼リサイタル全国ツアーが6月末にファイナルを迎えた後も、引き続き各メディアにて注目を集め上位をキープ。8月28日にはNHK「おはよう日本“けさのクローズアップ”」で特集され、先週再度トップに返り咲き、今週もその記録を伸ばした。

 3位と8位には、第156回直木賞を受賞した恩田陸『蜜蜂と遠雷』にまつわるコンピアルバム2枚が同時チャートイン。この2枚も、同時の上位チャートイン記録を順調に伸ばしている。また4位には「“ClassicaLoid”Presents ベスト・クラシック100」がチャートイン。NHK Eテレの人気アニメ「クラシカロイド」の原曲コンピレーションアルバム。クラシック音楽への入門ディスクとしても最適の6枚組だ。小説・マンガ・アニメ原作のコンピアルバムの人気ぶりが、クラシックチャートを大きく賑わせている。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『ヴァイオリン愛奏曲集』若林暢
2位『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』若林暢
3位『蜜蜂と遠雷ピアノ全集[完全盤]』
4位『"ClassicaLoid" Presents ベスト・クラシック100』
5位『月の光~リサイタル・ピース第1集』反田恭平
6位『0歳からの育脳クラシック』
7位『ブルックナー交響曲第5番,第7番,第8番』ヘルベルト・フォン・カラヤン
8位『蜜蜂と遠雷音楽集』
9位『HICHIRIKI Cafe』東儀秀樹
9位『ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第3番、交響曲第4番変ロ長調、交響曲第5番ハ短調「運命」』オットー・クレンペラー、ケルン放送交響楽団

Special Contentsmore

Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
かねてより親交の深い2組の対談インタビューがここに実現!
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
50歳を迎えたノエル・ギャラガーが、ソロ3作目で完成させたキャリア史上もっとも美しいアルバムの背景を紐解く
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
渡辺麻友のラストシングル『11月のアンクレット』。渡辺麻友、柏木由紀、向井地美音、小栗有以がその想いを語る。
T.O シングル『BURNING』インタビュー
T.O シングル『BURNING』インタビュー
従業員400名の会社を経営する青年実業家がDJシーンに殴り込む理由とは?
カケハシ・レコード presents PFM来日記念特集~ユーロ・プログレの最初の道標となったレジェンド・バンド~
カケハシ・レコード presents PFM来日記念特集~ユーロ・プログレの最初の道標となったレジェンド・バンド~
プログレCD専門店、カケハシ・レコードがレジェンド・バンドを解説。
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
飲み仲間であり盟友でもある二人に、これまでの歩みを訊く
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
黄金時代~再評価、そして変わりゆく変わらないグループの魅力。
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
彼らに訪れた試練と復活とは?

Chartsmore