Billboard JAPAN


Daily News

一十三十一、Dorian&Kashifを迎えた豪華ライブで演出した“夏の終わり” ビルボードライブ公演をレポート

  • 一十三十一「一十三十一、Dorian&Kashifを迎えた豪華ライブで演出した“夏の終わり” ビルボードライブ公演をレポート」1枚目/5
 2017年8月31日、一十三十一の公演が六本木・ビルボードライブ東京にて開催された。ゲストとして、彼女の最新アルバム『Ecstasy』のプロデュースを手掛けたDorian、盟友のKashifが出演した。 “夏の終わり”をひしひしと感じる8月の最終…
記事全文・その他画像を表示する(4枚)
GO NO GO
一十三十一「GO NO GO」
2004/12/01
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
フェルマータ
一十三十一「フェルマータ」
2004/06/23
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
360°
一十三十一「360°」
2003/04/09
[CD]
¥2,916(税込)
購入画面へ
感触
一十三十一「感触」
2002/10/09
[CD]
¥1,258(税込)
購入画面へ
WAKE UP!
一十三十一「WAKE UP!」
2002/06/26
[CD]
¥1,258(税込)
購入画面へ
煙色の恋人達
一十三十一「煙色の恋人達」
2002/03/21
[CD]
¥1,258(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore