Billboard JAPAN


Daily News

ふぉ~ゆ~、主演舞台を見に来てくれる先輩は…? 「相葉雅紀くん。光一くんは引っ張ってでも…」

  • ふぉ~ゆ~「ふぉ~ゆ~、主演舞台を見に来てくれる先輩は…? 「相葉雅紀くん。光一くんは引っ張ってでも…」」1枚目/1
 舞台「GACHI~全力 entertainment 4U」の公開通し稽古&初日会見が11日、東京都内で行われ、出演者でジャニ-ズJr.ユニット「ふぉ~ゆ~」の福田悠太、越岡裕貴、辰巳雄大、松崎祐介と香寿たつきが出席した。
 舞台は「ふぉ~ゆ~」の4人が初めて原案から手掛けた話題作。
 開幕を目前に控え、福田が「千秋楽まで全力、GACHI(ガチ)で頑張りたい」と意気込みを語ると、越岡も「この作品は1年前の僕たちでも、1年後の僕たちでもできなかった作品。今の“等身大のふぉ~ゆ~”をお客さまに楽しんでもらいたい」とアピ-ルした。
 辰巳も「僕たちが今考える全力のエンタ-テインメント」と胸を張り、松崎も「ずっとお芝居をやってきたけど、今回は歌って踊るという原点に戻った『ふぉ~ゆ~』を見てほしい」と見どころを紹介した。
 そんな4人と初共演した香寿は「かわいくて頼もしくて本当に大好き。私もファンになっちゃった。この4人の頑張りをぜひ見に来て」と呼び掛けた。
 また「もともと落語が大好きだった」という辰巳は、舞台で念願の古典落語「猫の皿」に初挑戦した。落語家の三遊亭歌武蔵に“弟子入り”して稽古を積んだが「まあ難しい。見るのとやるのとでは全く違うので、日々勉強。これからどんどん成長して、今後も落語の仕事をどんどんしていけたら」と野心をのぞかせた。
 「ステ-ジ上で落語を披露したジャニ-ズ初の人物」と知らされた辰巳は「パイオニア(開拓者)、僕ここでゲットですか!?」と大興奮。
 3人に「すごいやん」と突っ込まれる中、「長瀬(智也)さんが(ドラマの)『タイガ-&ドラゴン』でやられていたのを見て、気になってはいたけど、ステ-ジ初は僕だけのもの。すごくうれしい」と感激した様子だった。
 さらに「先輩では誰が見に来てくれる?」という質問も。松崎は「嵐の相葉雅紀くん。僕はアニキと呼ばせてもらっているのですが、この前一緒にご飯に行った時に『見に来て』と言ったら『行くよ!』と言ってくれた。約束したので来てくれると思う」とうれしそうに報告した。
 「ちなみに堂本光一さんは?」と尋ねられると、辰巳は「引っ張ってでも連れてきます!」と宣言。福田は「光一くんは(僕らが)『来てほしいな』と言ってくれるのを待っている(タイプ)。うれしいから言われたい。『光一くん、来てくださいよ』と言って、『え~!? 忙しいんだよ~。分かったよ、行くよ』というのが僕らの(いつもの)やり取りですから。来てくれると思う」と笑顔で期待を口にした。
 舞台は11日~27日、都内、シアタ-クリエを皮切りに、福岡、大阪、愛知で上演予定。

エンタメ OVO

Special Contentsmore

Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
かねてより親交の深い2組の対談インタビューがここに実現!
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
50歳を迎えたノエル・ギャラガーが、ソロ3作目で完成させたキャリア史上もっとも美しいアルバムの背景を紐解く
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
渡辺麻友のラストシングル『11月のアンクレット』。渡辺麻友、柏木由紀、向井地美音、小栗有以がその想いを語る。
T.O シングル『BURNING』インタビュー
T.O シングル『BURNING』インタビュー
従業員400名の会社を経営する青年実業家がDJシーンに殴り込む理由とは?
カケハシ・レコード presents PFM来日記念特集~ユーロ・プログレの最初の道標となったレジェンド・バンド~
カケハシ・レコード presents PFM来日記念特集~ユーロ・プログレの最初の道標となったレジェンド・バンド~
プログレCD専門店、カケハシ・レコードがレジェンド・バンドを解説。
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
飲み仲間であり盟友でもある二人に、これまでの歩みを訊く
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
黄金時代~再評価、そして変わりゆく変わらないグループの魅力。
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
彼らに訪れた試練と復活とは?

Chartsmore