Billboard JAPAN


Daily News

東海岸の屈指の名作として受け継がれるであろう、エイサップ・トゥエルヴィのデビュー作『12』(Album Review)

  • 「東海岸の屈指の名作として受け継がれるであろう、エイサップ・トゥエルヴィのデビュー作『12』(Album Review)」1枚目/1

 米NYハーレム地区を拠点とするヒップホップ集団エイサップ・モブのメンバー、エイサップ・トゥエルヴィのデビュー・アルバム『12』が、2017年8月4日にリリースされた。2012年にリリースした、エイサップ・モブ名義のミックステープ『Lords Never Worry』には参加しているが、自己名義のアルバムとしては、本作が初となる。

 本作からは、エイサップ・ロッキーがフィーチャリング・アーティストとして参加した、「Diamonds」が先行曲として発表された。本作には、この曲のような90年代の東海岸を彷彿させる、クールで濃厚なトラックが全14曲、収録されている。

 特に、「Castle Hell」や「Strapped」、「Periodic Table」あたりは、ジェイ・Zやナズの絶頂期を思わせる、もろナインティーズを意識したナンバーだ。ASAP Rockyの従兄弟である、エイサップ・ナストが参加した「EastSideGhost」も、当時のイースト・コースト・ラップを感じさせる。

 ミッドチューンの「Yea Yea Yea (Maps)」や、ラストを飾るトラップ・バラード「Brothers」など、若干おとなしめのナンバーもあるが、やはりハードコアなナンバーが目立つ。「L.Y.B.B」や、エイサップ・ファーグが参加したトラップ調の「Hop Out」などは、かなりヘヴィ。フラットブッシュ・ゾンビーズが参加していることもあり、アルバム中もっともハードだったのは、「A Glorious Death」だった。1曲でお腹いっぱいになる、ボリューム満点のヒップホップらしいナンバーだ。

 NYブルックリン出身のラッパー、ジョーイ・バッドアスや、同NYクイーンズ出身のフレドロ・スターなど、ニューヨーク出身のアーティストで固めているあたりも、本作への拘りを感じられる。クールなトラックとタイトなフロウだけで勝負する姿勢も、エイサップ・トゥエルヴィの男気を感じる。大ヒットはせずとも、東海岸の屈指の名作として、受け継がれるのではないだろうか。


Text: 本家 一成

◎リリース情報
『12』
エイサップ・トゥエルヴィ
2017/8/4 RELEASE

Special Contentsmore

Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
Calmera(カルメラ)×やついいちろう『JAZZY GOLD CHAIR』対談インタビュー
かねてより親交の深い2組の対談インタビューがここに実現!
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『フー・ビルト・ザ・ムーン?』発売記念特集
50歳を迎えたノエル・ギャラガーが、ソロ3作目で完成させたキャリア史上もっとも美しいアルバムの背景を紐解く
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
渡辺麻友のラストシングル『11月のアンクレット』。渡辺麻友、柏木由紀、向井地美音、小栗有以がその想いを語る。
T.O シングル『BURNING』インタビュー
T.O シングル『BURNING』インタビュー
従業員400名の会社を経営する青年実業家がDJシーンに殴り込む理由とは?
カケハシ・レコード presents PFM来日記念特集~ユーロ・プログレの最初の道標となったレジェンド・バンド~
カケハシ・レコード presents PFM来日記念特集~ユーロ・プログレの最初の道標となったレジェンド・バンド~
プログレCD専門店、カケハシ・レコードがレジェンド・バンドを解説。
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
ミト(クラムボン)×徳澤青弦 スペシャル・インタビュー
飲み仲間であり盟友でもある二人に、これまでの歩みを訊く
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
スタイリスティックス 来日記念特集~結成50周年を迎えるベテラン・グループの魅力と歩み
黄金時代~再評価、そして変わりゆく変わらないグループの魅力。
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
ウォーク・ザ・ムーン『ホワット・イフ・ナッシング』発売記念特集 ~天と地を見たシンセ・ポップ・バンドの復活を辿る
彼らに訪れた試練と復活とは?

Chartsmore