Billboard JAPAN


Daily News

『22年目の告白』入江監督、原作を超えるため約2年かけ挑んだある問題とは?

  • 入江悠「『22年目の告白』入江監督、原作を超えるため約2年かけ挑んだある問題とは?」1枚目/3
 映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』が現在大ヒット公開中だが、入江悠監督が、“ある問題”を解決させるために、脚本を約2年かけ完成させたことを明らかにした。 その“ある問題”とは、現在の日本の法律で撤廃されている時効問題だ。原作『私が殺人犯だ』…
記事全文・その他画像を表示する(2枚)

Chartsmore